ワーホリ保険 海外旅行保険

【必見】後悔しない、オーストラリアのワーホリ保険の選び方

オーストラリア

オセアニア最大の近代国家であるオーストラリア。海岸部には、紺碧の海に沿ってビルが立ち並び、一歩内陸部に足を踏み入れれば、そこは誰をも圧倒する大自然パノラマが広がっています。そんなオーストラリアは、英語圏の留学先やワーキングホリデー先の国として大変人気の高い国で、学生やワーホリで現地に滞在する日本人の数はゆうに3万人を超えています。今回は、日本人に人気の国オーストラリアでのワーホリに関わる、保険についてご紹介していきます。渡航するにあたって多くの方がこの保険に関することにお悩みのようですので、参考にしてみてください。

ココがポイント

  1. オーストラリアは、医療水準が非常に高い反面、医療費は高額な国です。
  2. ワーホリでオーストラリアへ渡航する際は、現地の健康保険と合わせて日本のワーホリ保険加入も検討しましょう
  3. 日本のワーホリ保険は、補償内容をカスタマイズし自分の条件にあったプランを選択することが重要です。

ワーホリ保険の見積りはこちら

保険Times Magazineは、海外旅行保険の相談/見積もりサービスを展開する保険Timesが運営するWebメディアです。海外旅行保険の選び方コンテンツを発信しています。

目次

オーストラリアの治安状況について

オーストラリアの治安は、比較的良いと考えられていますが、やはり日本と比べると危険度が増すのが現状です。近年、麻薬に関する事件(麻薬中毒者による傷害事件など)も増加しており、特に夜間の外出や一人での行動はなるべく避けた方が良さそうです。州都がシドニーであるニューサウスウェールズ州は、日本からの留学生やワーホリ参加者に人気の場所ですが、暴行・傷害事件の発生率は日本の数十倍と言われており、屋外で行動する際は常に周りを気にする必要があります。また、多くの日本人が被害に遭うケースとして、盗難や強盗、車上荒らしが報告されています。オーストラリアは先進国ですが、犯罪率の高さで言えば日本より危険なため、最新の注意を払って行動してください。

※出典:外務省 安全情報ホームページ

オーストラリアの医療事情について

オーストラリアの医療事情について項目別にご紹介していきます。オーストラリアの医療技術は世界的に見ても非常に高く、万が一の場合でも最先端の医療を受けることができます。日本からも、毎年難しい手術などをオーストラリアに受けに行かれる方がおられるほど、その医療レベルには定評があります

オーストラリアの医療機関

オーストラリアの主な医療機関は以下の通りです。

  • GP(ホームドクター)
  • 専門医
  • 公立・私立の総合病院

まず、体調不良を感じたらGP(ホームドクター)、いわゆるクリニックで診察を受けます。GPは、基本的に歯科治療以外の分野を診察することができます。日本でいう、近所の診療所のような感覚です。診察後、より専門的に治療を受けた方がいいと判断された場合、GPから専門医や総合病院へ紹介状を書いてもらい、より精密な診察・検査を受けます。ただし、専門医や総合病院の予約は込み合っていることが多く、次の診察がGPの診察から1週間後になることも少なくありません。

オーストラリアの医療費

オーストラリアの医療費は、日本に比べてかなり高額です日本の医療費を10割負担した場合の金額と比べると、約1.5倍の値段になるという計算もあります。以下に、オーストラリアの主な医療費をご紹介します。

  • 風邪(GPでの診療が20分)⇒約6,000円
  • 骨折の手術費⇒約5万円(手術代のみ)
  • 盲腸の手術⇒約90万円(手術代のみ)
  • 入院時の部屋代⇒約8万円/1日
  • 集中治療室⇒約10万円/1日
  • 医療搬送⇒500~1,600万円
  • 救急車の搬送⇒9万円/1回

前述の通りオーストラリアの医療費はかなり高額です。また、多くの方が医療費に注目されがちですが、最も高額になるのは医療搬送です。事故や意識不明になった際の救急搬送は、膨大な費用を必要とします。そのため保険に加入される際は、補償項目の中にある「救援者費用」も、非常に重要になってきます。

オーストラリアで盲腸に感染した場合の治療費

国名 日本 オーストラリア アメリカ 中国 イギリス
医療費 60万円 90万円 300万円 150万円 110万円

オーストラリアで盲腸の手術を実施した場合の治療費用は、日本の1.5倍の90万円となっています。日本の事例は、健康保険を適用していない場合ですので、3割負担と考えると20万円となりますので日本国内で治療を受けるよりも治療費用は高くなってしまいます。

オーストラリアで救急車を呼んだ場合の負担費用

海外では一般的に救急車を呼ぶのは有料のケースが多く、オーストラリアでも救急車を呼ぶ際は有料となっています。

国名 日本 オーストラリア アメリカ 中国 イギリス
救急車費用 無料 約4万円 8万円 3万円 無料

オーストラリアの国民保険制度

オーストラリアには、同国の市民権もしくは永住権保持者のみに対する国民健康保険がありますが、もちろんワーホリビザで入国する日本人は加入することができません。また、学生ビザ取得の際は、OSHC(Overseas Students Health Cover)と言われる保険への加入が必須となっており、入学予定の学校から直接案内が届くことが多いようですが、ワーホリビザ取得者はその限りではありません。そのため、出国前から保険に関する情報収集が必要となります。

ワーキングホリデーで加入できる現地の健康保険は?

オーストラリアへワーキングホリデーでご渡航の場合、どんな保険が必要なのでしょうか。学生ビザを取得される場合は「OSHC」に加入することが必須となっていますが、ワーキングホリデーでの現地保険についてご紹介します。ワーキングホリデービザ取得には保険の加入が義務付けられていません。そのため、保険無しで渡航する、という選択もあります。そうなった場合、現地で医療費などが全額自己負担となります。海外は医療費が高いというイメージがありますが、オーストラリアだって例外ではありません。例えば、風邪にかかり診てもらいたい、骨折した、または救急車を呼ぶとなったら、ご自身の全額負担となります。想像を超える高額な保険金請求となるので、結果、なにかしら保険加入は必要と考えていただくのが良いでしょう。

現地の健康保険として、OVHC(海外ビジター健康保険Overseas Visitors Health Cover)があります。海外からの旅行者や就労者のための健康保険となり、加入資格はどのようなビザを保有かによって決まるので、ご注意ください。学生ビザ保有では、OVHCのご加入が出来ないことになります。OVHCへの加入できる主なワーキングホリデービザは、Working Holiday(417)、Work and Holiday(462)、Second Working Holiday Visaとなります。

OVHC保険の特徴

OVHC保険の特徴は以下2点となります。

・指定病院のみキャッシュレス可能

・現地のオーストラリア人と同じ補償

OVHC保険の補償内容は、Budget Visitors・Visitors Plusによって異なります。

Budget Visitorsは、通院治療費(Hospitalのみ)、処方箋薬、入院治療費、救急車。Visitors Plusは、Budget Visitorsの補償に加え、通院治療費がGP・放射線医・病理医・専門家・Hospitalまで補償となります。 Visitors Plusの保険料は、補償範囲が広い分、Budget Visitorsの保険料の1.4倍程度となるので、必要な補償を確認する必要があります。そして現地保険に加入されたとしても、医療費のみのカバーとなります。滞在中の持参物の盗難や破損、賠償責任などの補償は付いていません。日本の海外旅行保険では、現地でのケガや病気に加え、万が一のトラブルに備えての補償となりますので、ご自身に合った補償をご渡航前にご検討ください。

OVHCのメリットデメリット

オーストラリアへワーホリ渡航する際は、OVHCに加入を検討するケースもあるかと思います。以下で、OVHCに加入するメリット・デメリットをまとめます。

OVHCのメリット

  1. 支払いのタイミングをカスタマイズできる
  2. 日本の保険会社より保険料が安い

日本のワーホリ保険と比較すると、日本のワーホリ保険は渡航日から帰国日まで一括で保険に加入する必要がありますが、OVHCは週払い、月払い、年払いなど任意のタイミングで保険料を支払うことができます。日本のワーホリ保険より安いため、コストメリットがある点も見逃せません。

OVHCのデメリット

  1. 補償内容に制限がある
  2. 日本語のサービスがない
  3. キャッシュレスサービスがほとんどない

OVHCのデメリットとしては、まず治療関連の費用のみが補償範囲となりますので、物の保険やその他のリスクに関しては補償されないことになります。物の保険は必要ないという方もいらっしゃるかもしれませんが、現地で発生するトラブルのなかでもっとも多いのは健康に関する点ですが、航空機や物のトラブルも非常に多いですので、それらは自己責任となる点が特徴です。また日本語サポートサービスはありませんので、全て英語で手続きを実行する必要があります。また、現地の保険はキャッシュレスではないため、日本の健康保険も同様ですがまず自身で費用を立て替えてそのあとかかった費用を請求する流れになります。日本でも医療保険に加入する人が圧倒的に多いのは、不意に発生した高額支払いに健康保険だと耐えられないためでしょう。

オーストラリアの長期滞在で役に立つワーホリ保険の補償内容

ワーホリ保険の補償は様々ですが、その中でも役立つ保険とは何でしょうか?保険と言えば医療に関する補償内容がメインですが、こちらでは医療と併せて移動時に関する補償内容もご紹介します。

救済者費用

保険内容の多くを占めるのが医療に関することです。その中でも、診察や治療に対する補償が多くを占めますが、最も金額が大きくなるのが医療搬送にかかる際の費用です。例えば、スポーツによるケガの治療が緊急性を要する場合、オーストラリアから日本の搬送費とその他の治療を含むサービスを含めると合計1,500万円ほど。一般的に、定期便を利用した搬送費は500~600万円、チャーター便を使用した場合は1,600万円と言われています。あまり、医療搬送される可能性はないにせよ、特にスポーツなどをされる方は是非確認してみてください。

医師
【海外旅行保険】治療救援費用を徹底解説。いくらつけておくべき?

南国でビーチを楽しんだり、日本では考えられないようなの壮大な山でウィンタースポーツを楽しんでみたりと、旅行や留学にはたくさん楽しみがありますよね。しかし、不意に怪我や病気になってしまうと、言葉もわから ...

続きを見る

飛行機に関する補償内容

海外生活のトラブルとして、医療や携行品に関するものの他に、飛行機に関する「航空機遅延費用」や「航空機寄託手荷物」などがあります。乗る予定にしていたフライトが遅れ、宿泊費や食費、移動費などが必要になった場合に役に立つのが「航空機遅延費用」。航空会社に預けた荷物の到着が遅れ、身の回りの生活必需品が必要になった際に役に立つ「航空機寄託手荷物」などがあります。こちらは、現地の保険の補償内容に含まれていないことが多く、日本のワーホリ保険に加入するメリットの1つと言えます。

携行品損害(生活用動産)

長期滞在をするにあたって、加入しておいた方が良い補償がこの「携行品損害(生活用動産)」です。「携行品損害」という補償項目は比較的、耳にすることが多いと思います。これは、カメラやカバン、時計など外出時に持ち歩いている物が破損したり、盗難の被害に遭ったりした場合の補償です。一方、「生活用動産」というのは、ワーホリ滞在中、アパートが空き巣の被害に遭い家財道具や生活品が盗まれた場合に役立つ補償項目です。持ち歩いている物に対する補償の「携行品損害」に対し、住んでいる家の中の物に対する補償が「生活用動産」です。多くの保険では、「生活用動産」は補償項目に付け加える形になり、それに合わせて保険費も上がります。しかし、オーストラリアは日本と比べて盗難の被害が多い国のため、これら二つは必ず加えておきたい補償項目と言えます。

オーストラリアの長期滞在でワーホリ保険に入っておくメリット

1年間という長期の滞在において、ワーホリ保険に加入するメリットとはどのようなものか、こちらでご紹介します。

補償内容が充実している

ワーホリ保険に加入する一番のメリットと言えば、補償内容が充実している点です。現地の保険も医療に関しては比較的充実していますが、その他の携行品や渡航中のトラブル、損害賠償、救済者費用に関わる補償はカバーされていないことがほとんどです。現地の保険料が日本のワーホリ保険よりも安いのは、多くがカバーされている補償項目が少ないという理由です。海外へ行って生活をするということは、日本の空港からすでにトラブルに見舞われる可能性があるということです。細かな点まで補償してくれる日本のワーホリ保険が、より安心できるワーホリにしてくれます。

キャッシュレスで受診などのサービスの充実性

ワーホリ保険に加入している場合、その保険会社の提携医療機関ではキャッシュレスで受診できます。急に体調が悪くなったり、突然の事故に巻き込まれたりした際は緊急を要します。そんな時、よりスムーズに受診するためにも、このキャッシュレスの制度は重要になってきます。医療機関によっては、キャッシュレスで受診できない所もありますので、事前の確認が必要です。現地で病院に行く際、医療英語が話せないケースのために医療通訳サービスなどが付帯されているケースもあります。緊急のタイミングで慌てて病院に行くことになると、普段の英語力が発揮できない可能性もありますので、非常に安心なサービスです。

補償内容をカスタマイズできる

日本の保険会社の多くは、自分で保険をカスタマイズできるプランを提供しています。もともとカバー範囲が広い日本のワーホリ保険を、カスタマイズすることでさらに手厚くすることができます。逆に、スタンダートプランに入っている補償項目で、必要のないものがあれば除外し、保険料をより安く抑えることもできます。はじめから補償項目が固定されていることが多い現地の保険にはないメリットです。

日本語で加入から保険金手続きまでを行える

海外の生活で、いざ緊急を要するトラブルが発生した場合、母語である日本で理解したり、会話ができたりすれば安心です。特に、医療や保険の専門用語は難しく、加入にあたって保険内容を把握するだけでも大変です。その点、加入から保険金の手続きまですべて日本語でできる日本のワーホリ保険は安心です。また、何かが起こった際にも、会社によっては24時間体制で対応をしてくれるので、パニックに陥ることはありません。現地での保険の延長はよくあるお問い合わせの一つです。煩雑な手続きは必要なく、日本語で契約更新できる点もポイントでしょう。

オーストラリアの長期滞在でワーホリ保険に入ったほうがいい方

ワーホリでオーストラリアに長期滞在する際に、日本のワーホリ保険に加入したほうがいいのは、どのような方なのでしょうか?前述しましたワーホリ保険のメリットをもとに、3点ご紹介いたします。また以下記事にて実際にオーストラリアにてワーホリや留学にあたり、急なトラブルに見舞われた方の体験談について紹介しておりますので、こちらの記事や以下に記載した様な項目に当てはまるかな?と思われた方はワーホリ保険の加入をお勧めいたします

医療費以外の面も心配な方

長期間、海外に滞在するとなれば全てが自己責任です。医療以外にも、事故やアパートの浸水トラブルなどにより賠償金請求をされることもあり得ます。そういった、医療以外の面でも補償してくれるのがワーホリ保険。特に、ワーホリに参加される方の中には現地で車を運転される方もおられます。ご自分の体以外のことで不安要素がある方は、ワーホリ保険に加入されたほうが良いと思われます。

キャッシュレスで受診を望まれる方

日本のワーホリ保険のメリットとしても挙げた、キャッシュレス。現地の保険も、後日保険金としてお金が返って来るとは言え、急に受診が必要になった際は高額な医療費を先払いする必要があります。しかし、ワーホリ保険の場合は、保険番号を提示するだけで、キャッシュレスで受診することができます。急な高額支払いが心配という方には、現地の保険よりも日本のワーホリ保険の方がお勧めです。

万が一の時は日本語で対応したい方

急なトラブルに巻き込まれたら、パニックに陥り冷静な判断ができないことも。さらに、英語のみの状況では、状況把握すらまともにできない可能性もあります。英語の習得を目的にワーホリ参加をされる方は多いと思いますが、緊急を要する場合は日本語できるだけ正確に状況把握と対処をすることが先決です。日本語対応が受けられるワーホリ保険であれば、緊急時もしっかりとした対応を日本語で受けることができます。

オーストラリアでのワーホリ保険の選び方とプラン例

オーストラリアでのワーホリ保険プラン例をご紹介します。保険の選び方としては、渡航期間や持病の有無、日本での通院頻度などを参考に、自分の体調をまず認識しましょう。それに加え、オーストラリアは紫外線が強い国ですので、体調や目、肌への影響があり現地で病気が発症するケースも多く存在します。物に関する保険は、海外へ持参するものがどんなものかを見返して設定していくべきです。あとは、発生頻度の高い航空機手荷物遅延、航空機遅延や、賠償責任保障、死亡保障などはどこまでリスクテイクするかという議論ですので、専門家にも相談しながら決定していくと良いでしょう。

オーストラリア3ヶ月のワーホリ保険プラン例

補償面 Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン
傷害死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
治療・救援費用 無制限 3,000万円 3,000万円 無制限
緊急歯科治療費用 - - - -
疾病死亡 - 1,000万円 1,000万円 1,000万円
賠償責任 5,000万円 1億円 1億円 1億円
携行品損害 30万円 10万円 - -
生活用動産 - - 100万円 30万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 - 3万円 10万円 -
航空機遅延 - あり  2万円 -
テロ等対応費用 - - 1万円 -
弁護士費用 - - 100万 -
保険料 49,310円 48,940円 50,040円 58,160円

上記は、保険プランの一例となります。3ヶ月の保険プランを選ぶ際補償内容の充実度合いによって約3万円〜約6万円程度の範囲の保険料となります。一部のプランのみの掲載となりますので、お見積もり依頼をいただければ、ご要望をお伺いしながら最適プランをご提案させていただきます

ワーホリ保険の見積りはこちら

オーストラリア6ヶ月のワーホリ保険プラン例

補償面 Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン
傷害死亡 3,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 3,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
治療・救援費用 無制限 3,000万円 3,000万円 無制限
緊急歯科治療費用 - - - -
疾病死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
賠償責任 1億円 1億円 1億円 1億円
携行品損害 20万円 10万円 - -
生活用動産 - 100万円 30万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 10万円 3万円 10万円 -
航空機遅延 2万円 あり  2万円 -
テロ等対応費用 - - 1万円 -
弁護士費用 - - 100万 -
保険料 112,190円 105,250円 113,870円 127,390円

上記は、渡航期間6ヶ月の保険プランの一例となります。半年間の保険の保険料は補償内容の充実度合いによって約6万円〜約12万円程度の範囲の保険料となります。一部のプランのみの掲載となりますので、お見積もり依頼をいただければ、ご要望をお伺いしながら最適プランをご提案させていただきます

ワーホリ保険の見積りはこちら

オーストラリア1年渡航の場合のワーホリ保険プラン例

補償面 Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン
傷害死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
治療・救援費用 無制限 3,000万円 無制限 無制限
緊急歯科治療費用 - - - -
疾病死亡 - 1,000万円 1,000万円 1,000万円
賠償責任 5,000万円 1億円 1億円 1億円
携行品損害 30万円 10万円 - -
生活用動産 - 100万円 30万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 - 3万円 10万円 -
航空機遅延 - あり  2万円 -
テロ等対応費用 - - 1万円 -
弁護士費用 - - 100万 -
保険料 209,680円 208,490円 199,680円 246,560円

上記は、渡航期間1年の保険プランの一例となります。1年間の保険の保険料は補償内容の充実度合いによって約14万円〜約27万円程度の範囲の保険料となります。一部のプランのみの掲載となりますので、お見積もり依頼をいただければ、ご要望をお伺いしながら最適プランをご提案させていただきます

ワーホリ保険の見積りはこちら

オーストラリアへワーホリ渡航する方の1年間の保険料相場と補償内容を決めるポイント

保険Timesでは、オーストラリアのワーキングホリデー参加する方へのワーホリ保険コンサルティングを数多く実施させていただいております。記事をご覧のみなさんも、保険料を安くしながら補償内容を充実させておきたいというニーズをお持ちの方も多いかと思います。ここでは、実際にカナダ渡航されたお客様がどの程度の保険料のプランに入っているかをご紹介させていただきます。

保険料 加入割合
~15万円台 15%
16~17万円台 53%
18~19万円台 16%
20~22万円代 14%
23万円以上 2%

平均保険料:172,627円

上記のように、1年間のオーストラリアへのワーキングホリデーという同じ条件でもそこそこ加入される保険内容にばらつきがでます。基本、お客様の条件をお伺いした上で、お客様に選んでいただく相談型のサービスですので、意図的に高い保険を売ろうというスタンスはとっておりません。なぜ、上記のようなばらつきがでるのかを以下で解説します。

1年間保険料が~15万円の場合(お客様全体の15%)

~15万円で1年間渡航しようと思うと、補償内容は必要最低限にする必要があります。上記のプラン例に出ているような死亡補償や航空機手荷物遅延など付加的な補償内容は全てなくして、最も請求する可能性の高い治療費系の補償のみもしくは、治療費系+物補償最低限といったプランがこちらにあたります。

1年間保険料が16~17万円の場合(お客様全体の53%)

16~17万円の場合は、治療救援費を抑えつつ、他の補償も複数装着できるようなプランになります。上記プラン表でいくとDプランのようなプランがこちらに相当します。~15万円のプランですと、事故が起こった場合に対応しきれないといったことは発生する確率が高まりますので、まんべんなく補償をつけておきたい、かつ保険料を下げたいといったご要望のあるお客様はこちらを選択されるケースが多く、最も大きなボリュームゾーンになっています。

1年間保険料が18~19万円の場合(お客様全体の16%)

18~19万円の場合は、治療救援費をしっかりつけつつ、他の補償もつけられる一般的なワーホリ保険の水準の補償内容となります。

1年間保険料が20万円以上の場合(お客様全体の16%)

20万円以上の場合は、治療救援費無制限+その他補償も充実したプランにするとこの程度の保険料がかかってきます。治療救援費をどの程度つけるかという点については、正直どこまでのリスクをカバーするかという観点かと思います。また、エージェントが提供するワーホリプログラムなどに参加するにあたり、治療救援費は無制限でないと受けられないといったお客様以外の要因でこちらのプランを選択される方も多くいらっしゃいます。

まとめ

紺碧の海やどこまでもひろがる地平線。都市化が進んだ街中を一歩出れば、大自然に包まれる国オーストラリアは多くの日本人ワーホリ参加者に人気があります。また、他の欧米と比べ人種差別が少ない国として知られており、外国人にも住みやすい国でもあります。毎年、多くの方がオーストラリアのワーホリに参加されますが、その多くが保険に関する悩みを持っておられます。オーストラリアに長期滞在する際に心配だと思う点を明確にし、ご自分に合った保険に加入してください。

\見積もり依頼で保険料が安くなる/

【無料】見積りスタート

ワーホリ保険専任アドバイザーに不明点を相談

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • この記事を書いた人

保険Times Magazine編集部

株式会社インシュアランスブレーンでは、生命保険、損害保険の国内主要会社を取り扱っており、"お客様目線での保険選び"ができるようサポートさせていただいております。個人のライフプランから会社のリスクマネジメントなどお気軽にご相談ください。

-ワーホリ保険, 海外旅行保険
-,

Copyright© 保険Times Magazine , 2020 All Rights Reserved.