海外旅行保険 留学情報

オーストラリアの医療費・医療制度を保険のプロが徹底解説

オーストラリア

年間を通して温かく、フレンドリーでのんびりとした自然の多い国オーストラリア。ワーキングホリデーや英語留学、また旅行先として毎年多くの日本人がオーストラリアの地に足を踏み入れています。そんな大自然の広がるオーストラリアに旅行や留学する際に気になる保険。後回しになりがちですが、安心したオーストラリア生活を送るにはとても大切です。ここでは、オーストラリアの現在の医療費や医療制度、また実際に日本人が現地でどのような保険請求があったのか事例をまとめています。

ココがポイント

  1. オーストラリアの医療レベルは非常に高いものの、治療費は驚くほど高額になるケースがあります。
  2. 留学・ワーキングホリデーでは、現地の健康保険に加入できますが、併せて海外旅行保険も加入を検討しておきましょう
  3. 現地のかかりつけ医(GP)の予約は非常に時間がかかり治療が遅れるケースもあります

海外旅行保険の見積りはこちら

保険Times Magazineは、海外旅行保険の相談/見積もりサービスを展開する保険Timesが運営するWebメディアです。海外旅行保険の選び方コンテンツを発信しています。

オーストラリアの医療レベルは最先端

病院

オーストラリアは、日本と同じく世界最高水準の医療先進国と言えます。衛生状況もよく、日本からの渡航者にとって特別な注意を要する状況はありません。また医療機関内はどこも清潔で、受付や看護師等医療従事者も親切で丁寧な場合がほとんどです。実際、難易度の高い手術を受けることを目的に日本から渡航する方も多いです。

オーストラリアの医療制度

オーストラリアは、日本と同じようにメディケアという国民の税金から成り立っている健康保険があります。医療の受け方は日本のように、どの病院にでも直接行ける診療制度ではなく、GP 制度を採っています。またGPをはじめ、合計5つの期間がすべて分業化されている点が日本とは異なります。

  1. GP(総合診療医)
  2. 各種検査機関
  3. 専門医 (スペシャリスト)
  4. 病院
  5. 薬局

日本人が日本の海外旅行保険に入っている場合、加入先の保険会社に連絡し提携している日本語医療センターやGPへ予約して行く形になります。GPはほとんどの場合が英語対応となります。現地には、日本語を話せるスタッフが在籍している病院もありますので、各保険会社のコールセンターへ要望を伝えれば日本語対応可能な病院を紹介してもらうことができます。また、日本語対応ができない病院であっても、医療通訳サービスが付帯されているケースもありますので、契約している保険会社に確認してみましょう。

メディケア制度

オーストラリアでは、日本の国民健康保険のようにオーストラリア人および永住権保持者が加入できるメディケアというシステムがあります。メディケアによってカバーされるものは、公立の病院での診察や治療費、一部のスペシャリスト(専門医)の診察料等があります。ただし、長期の医療費や歯の治療費、救急車のサービス、一部の眼科治療などはカバーされません。その為、現地ではメディケアではカバーされない部分を補足するような形でさらにプライベート保険に加入している方が多いのが現状です。2つの保険に加入していても最大で75%がカバー、残りの25%は自己負担となります。

GP(総合診療医)制度

オーストラリアでは、医療を受けるにはまずGP(General Practitioner/総合診療医)の受診が必要です。

緊急の場合を除き、GPにほとんどの場合予約が必要です。日本のように直接専門医に予約はできず、GPに紹介状をもらわないと受け付けてもらえません。専門医の予約を取り付けるには、2週間~数ヶ月かかることもあります。ただし、時間外医療や救急患者受け入れ体制が整備されています。

風邪や腹痛、外傷、妊娠等々すべてGP受診から医療が始まります。日本で既に専門性の高い病気の診断を受けている方でも同様です。GPの門を叩くところから始める必要があります。血液検査やレントゲンも同じで、患者が血液検査を希望しても、GPの紹介から、血液等検査機関(Pathology)やレントゲン等画像診断施設(Imaging)に依頼状を作成してもらわないと検査が受けられません。GPが入院や手術、専門性の高い治療が必要と判断すると、病院に紹介され専門的な医療を受けることができます。

例外として,救急の病状については、公立病院の一部門である救急部(ED/Emergency Department)を患者が自ら、或いは救急車で受診が可能です。このEDは、24時間オープンとなっています。

病院にかかる際に必要となるもの

・パスポートなどの身分証明書
・海外旅行保険加入証明証
・OSHC保険加入カード(海外留学生健康保険)

参照:外務省ホームページ

オーストラリアの医療費

オーストラリアを訪れる際に、どんなに短期でも外国で起こってしまう怪我や病気。実際は日本と比べて医療費がどのくらい違うのか気になるところです。下記の表は、日本とオーストラリアの医療費の比較です。初診料からも見てわかる通り、オーストラリアの医療費は日本の2倍~3倍以上となっています。

また、日本では健康保険に加入していれば本人の負担は約3割ですので、オーストラリアで保険のなかった場合は、非常に高額な支払いと感じるでしょう。

項目 オーストラリアの医療費 日本(参考)
救急車の料金 公営:35,800円+走行加算150円/Km 無料
民営:通常利用しない 通常利用しない
初診料 12,000円 2,820円
病院代(1日あたり) 個室:88,000円 個室:30,000円~100,000円
ICU:320,000円 ICU:80,000円~100,000円
虫垂炎手術の治療費 総費用:800,000円 600,000円
平均入院日数:3日 4日間
骨折時の治療費

(橈骨末端閉鎖性骨折)

48,000円 20,000円

参照:ジェイアイ保険 海外の医療事情

オーストラリアの保険請求事例

オーストラリアで実際に保険金を請求した際の事例をいくつかご紹介します。日本ではずっと元気だから大丈夫だった、という方ほど海外に行ってまさかの病気や事故に巻き込まれることも少なくありません。まさか自分は、と思わずに万が一の事態に十分備えておきましょう。オーストラリアでは、長期間入院すればするほど、日本では考えられないレベルの治療費が請求されるケースがあります。これらの高額請求にどう対策するかという点は、オーストラリアへ渡航する上で重要なポイントとなります。

内容 支払保険金
呼吸が苦しく咳の症状で受診。肺気胸と診断され18日間入院・手術。 650万円
激しい腹痛・眩暈・吐き気を感じたため受診。子宮内膜症と診断され6日間入院・手術。 393万円
エアーズロック観光中に転倒、顔面を強打しヘリコプターで搬送。胸椎圧迫骨折・肋骨骨折と診断、現地病院からセスナで設備の整った病院へ搬送され4日間入院。家族が駆けつける。 388万円
両に同乗中、運転者が操作を誤り木に衝突しヘリコプターで搬送。腰椎チャンス骨折・肋骨骨折・肝被膜下血腫と診断され14日間入院・手術。家族が駆けつける。看護師が付き添い医療搬送。 328万円
ガソリンスタンドで段差を踏み外し転倒。足関節果部骨折と診断され現地病院からヘリコプターで設備が整った病院へ搬送され合計13日間入院・手術。家族が駆けつける。看護師が付き添い医療搬送。 665万円
坂を駆け下りた際に転倒、太腿を捻って強打し救急車で搬送。大腿骨骨幹部骨折と診断され6日間入院・手術。家族が駆けつける。看護師が付き添い医療搬送。 473万円
高熱で受診。アメーバ赤痢による肝膿瘍と診断され15日間入院。家族が駆けつける。 393万円
語学研修でホームステイ中、精神的に不安定になり救急車で搬送。統合失調症と診断され16日間入院。家族が駆けつける。 316万円
転倒し頭を打った4日後に意識障害となり救急車で搬送。硬膜下血腫と診断され34日間入院・手術。家族が駆けつける。 712万円
クルーズ寄港中のレストランで転倒し腰を強打。大腿骨頸部骨折と診断され12日間入院・手術。家族が駆けつける。看護師が付き添い医療搬送。 388万円

参照:ジェイアイ傷害火災保険 海外の事故例

オーストラリア現地で加入できる健康保険、医療保険

国民健康保険「メディケア」の加入対象者

・オーストラリアの市民権を保有している方
・オーストラリア永住権保持者
・保険料は課税所得の2%

メディケアに申請する方は、パスポートまたはオーストラリア内務省から承認された永住ビザのイミカード(Immicard)のコピーが必要です。

海外留学生向けの医療保険「OSHC」の加入対象者

・オーストラリアの学生ビザ保持者
・長期的に加入できる民間医療保険
・学生ビザと同じ有効期間がある

メディケアが適用されない方はOSHCを提供している民間医療保険会社を選びましょう。

ワーホリビザで渡航する方向けの医療保険「OVHC」の加入対象者

・ワーキングホリデービザ、就労ビザ、新卒者暫定就労ビザの方
・民間医療保険会社が提供している
・取得しているビザと同じ有効期限となる

学生ビザを申請する留学生は、OSHCに加入することが義務付けられています。

留学やワーホリでオーストラリアに長期滞在する場合におすすめの民間海外旅行保険は?

オーストラリアへ留学する場合

3ヵ月未満での留学の場合

3ヵ月未満の留学の場合は、観光ビザと同じとなり自身で保険の加入をすることとなります。短期留学の場合は、クレジットカード付帯の保険、またプラスアルファで留学保険に加入すると安心でしょう。というのもクレジットカード付帯の保険は、標準装備な内容の為、高額な補償や細かな補償がないのが特徴です。クレジットカード付帯保険でカバーしきれない部分をカスタマイズした追加保険がおすすめです。

クレジットカード
【徹底検証】留学・ワーホリはクレジットカード保険で十分?

保険Timesには日々海外留学・ワーホリ・旅行などの保険をどう加入すればいいか?というお問い合わせを多数いただくのですが、その中でもクレジットカードの付帯保険との併用に関するご相談も多くいただきます。 ...

続きを見る

3ヵ月以上の学生ビザでの留学の場合

オーストラリアに学生ビザで留学する場合は、OSHC(Overseas Student Health Cover)と呼ばれる海外留学生保険に加入することが義務付けられています。

オーストラリア留学を考える際は、通常の医療費に関してはほとんどがOSHCでカバーされるため、考慮するべき点は、高額医療費、病院入院時の家族の渡航費、盗難・器物破損、歯科治療費などです。治療費が高額となると、OSHCではカバー仕切れなくなるため、大半の留学生はOSHCと日本からの海外留学保険を加入しています。海外旅行保険の追加加入で下記のようなメリットがあります。

  • 治療費の高額補償が受けられる
  • 治療費系の補償のみで物の保険もカバーできる
  • キャッシュレス・医療通訳など日本語での対応が受けられる点
医師
【海外旅行保険】治療救援費用を徹底解説。いくらつけておくべき?

南国でビーチを楽しんだり、日本では考えられないようなの壮大な山でウィンタースポーツを楽しんでみたりと、旅行や留学にはたくさん楽しみがありますよね。しかし、不意に怪我や病気になってしまうと、言葉もわから ...

続きを見る

携行品損害
【クレカ保険との比較も】海外旅行保険の携行品損害補償

海外旅行保険の補償内容の中でも使用頻度が高いとされる「携行品損害補償」。ところが、実際のところ詳しくこの補償の中身を理解している方はそう多くはないのではないでしょうか。 旅行中の携行品に関する全てのト ...

続きを見る

オーストラリアコアラ
【必見】オーストラリアの留学保険を安く抑える方法とは?

日本人の留学先ランキング5位のオーストラリア。英語圏の中では、アメリカ、イギリスに次ぐ3位の人気渡航先です。(2013年時点)オーストラリアは、イギリスの医療制度を踏襲しているため、非常に健康保険制度 ...

続きを見る

オーストラリアへワーキングホリデーで渡航する場合

ワーキングホリデーでオーストラリアに行く場合、ワーホリビザの申請に保険の加入は必須ではありません。少しでも安く抑えたいと思って保険をためらう方も少なくありません。しかし、実際にワーキングホリデーで実際に病気や事故などの体験談からもわかるように、思いがけないハプニングが多々あります。特にオーストラリアはスポーツアクティビティや独特の生態系、また道路事情の違いなどからいくら注意をしていても防ぎきれないことがあります。特にワーホリの場合に必要な補償内容は下記です。

  • 携行品補償
  • 損害賠償
  • 救済者費用

また、キャッシュレスで診療が受けられ、また日本語での手続きができ保険請求までがスムーズさが最大のメリット特に語学に自信のない方は必ず加入しておきましょう。

オーストラリア
【必見】後悔しない、オーストラリアのワーホリ保険の選び方

オセアニア最大の近代国家であるオーストラリア。海岸部には、紺碧の海に沿ってビルが立ち並び、一歩内陸部に足を踏み入れれば、そこは誰をも圧倒する大自然パノラマが広がっています。そんなオーストラリアは、英語 ...

続きを見る

まとめ

日本と比べ物にならないほどの大自然、青い海に温暖な気候、そして大らかなオージーの人柄。はじめての留学やワーキングホリデーにこの国を選ぶ方も多く、実際に非常に多くの日本人が訪れている国、オーストラリア。大自然を楽しむマリンアクティビティやエアーズロック、そしてサーフィンにスノーボードなどぜひチャレンジしてみたいですよね!

そんな折角の楽しい思い出を台無しにしないようにする為には、事前準備が大切です。備えあれば憂いなしです。オーストラリアの医療事情をしっかり頭にいれて、ご自身に必要な保険を検討してみて下さいね。素敵なオージーライフが送れますように。

\見積もり依頼で保険料が安くなる/

【無料】見積りスタート

海外旅行保険専任アドバイザーに不明点を相談

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • この記事を書いた人

保険Times Magazine編集部

株式会社インシュアランスブレーンでは、生命保険、損害保険の国内主要会社を取り扱っており、"お客様目線での保険選び"ができるようサポートさせていただいております。個人のライフプランから会社のリスクマネジメントなどお気軽にご相談ください。

-海外旅行保険, 留学情報
-,

Copyright© 保険Times Magazine , 2020 All Rights Reserved.