ワーホリ保険 海外旅行保険

【2022年版】ワーホリ保険のおすすめ3選と失敗しない選び方を解説!

選択

「ワーキングホリデーの渡航先が決まった」「現地で通う学校が決まった」となったら、次はワーキングホリデー用の保険加入ですよね。

ワーキングホリデーは、通常の海外旅行よりも長期滞在になるため、ワーホリ保険への加入が必要不可欠です。

2020年3月以降、コロナウイルスの蔓延によって、海外渡航の制限は今まで以上に厳しくなっています。

渡航先の保険に加入することはできるのかワーホリ保険を扱っているおすすめの保険会社など、ワーホリ保険に関する情報をまとめて解説していきます。

ココがポイント

  1. ワーホリ保険とは、海外に長期間滞在することを前提にした保険
  2. 保険料は、保険期間補償内容・加入する保険会社によって異なる
  3. 入国前のワーホリ保険加入が必須な国もある。

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"ワーホリ保険の見積もり返答

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"ワーホリ保険の見積もり返答

保険Times Magazineは、海外旅行保険の相談/見積もりサービスを展開する保険Timesが運営するWebメディアです。海外旅行保険の選び方コンテンツを発信しています。

ワーホリ保険でおすすめの保険会社3選

握手している手

ワーホリ保険への加入を検討する場合におすすめの保険会社を3社、ピックアップしてご紹介します。

いずれも渡航先で手厚いサポートを受けることができるので、海外への滞在に慣れていない方には特におすすめです。

保険会社によっては、ワーキングホリデーのように長期間の海外滞在の場合は保険料が非常に高くなるといったケースもあります。

ワーホリで渡航に合った保険会社を選択することが重要です。

東京海上日動

日本の損害保険会社のリーディングカンパニーでもある東京海上日動。

ワーホリで渡航されるお客様も多く選択される保険会社です。

特徴的なのは、現地からLINEの無料通話で海外総合サポートデスクに相談できる点です。

日本から持って行った携帯電話で電話すると、国際電話料金がかかってしまいますよね。

しかし、東京海上日動では通信料のみでサポートデスクに連絡できるようになりました。

東京海上日動のワーホリ保険の詳細はこちら

ジェイアイ傷害火災

ジェイアイ傷害火災(JTBとAIGの合弁会社)は、海外主要36都市に対面相談可能なJIデスクを展開している保険会社です。

対面での相談デスクを海外都市に持っているのはジェイアイ傷害火災だけ。

通院や入院に関する手配を始め、パスポートの紛失や生活のお困りごとの相談にも乗ってもらえます。

ジェイアイ傷害火災のワーホリ保険の詳細はこちら

AIG損保

米国を中心に、世界55万か所以上の医療機関でキャッシュレス対応が可能なAIG損保。

長年、海外旅行保険の老舗として根強く人気があります。

「Doctors Me(ドクターズミー)」という、海外から医師に相談できるサービスなど、AIG損保ならではのサービスも展開しています。

保険料をクレジットカード払いできる点も、AIG損保の魅力の1つです。

AIG損保のワーホリ保険の詳細はこちら

ワーホリ保険とは?海外旅行保険との違いについて

プールサイドで仕事している人

「ワーホリ保険と海外旅行保険、何が違うの?」

と疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。

ワーホリ保険は、海外旅行保険よりも長期滞在を前提にした特約が多く用意されている保険商品です。

海外旅行で渡航する際、現地の滞在先はホテルやゲストハウスなどがメインで、渡航期間も1週間前後の渡航の方が多いかと思います。

一方、ワーキングホリデーで渡航する場合は、基本的に半年以上の長期滞在になるはずです。

「滞在先(寮やアパート)に置いていた物が盗まれた」

「ボヤ騒ぎを起こしてしまった」

など。

長期滞在中のトラブルを手厚く補償してくれるのが、ワーホリ保険です。

コロナ禍におけるワーホリ保険の選び方

選び方

海外旅行保険含め、ワーホリ保険では、新型コロナウイルスを通常の「病気(風邪や発熱)」と同じ位置付けにしています。

そのため、もし滞在先でコロナに感染して医療機関を利用した場合は『治療・救援費用』あるいは『疾病治療費用』の補償が適用されます。

ただし、滞在先の国が定めているガイドラインに従って治療を受けることになるので、最新情報は常にチェックしておきましょう。

また、現在は「新型コロナ感染時の治療費を補償している保険に加入している証明書」の提出が必要になることもあります。

入国前のPCR検査、及び陰性証明書の提出を求められることもあるため、渡航先でどのような書類が必要になるのか早めに確認しておくことも大切です。

ワーホリ保険を扱っている保険会社であれば対応に慣れているので、不明点や不安な点があれば随時相談してください。

尚、2020年以降は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、帰国後の補償期間を延長している保険会社がほとんどです。

保険会社を選ぶ際は、帰国後にどこまで補償してもらえるのかという点も確認しておくと良いでしょう。

【関連記事】新型コロナウイルスに関する海外旅行保険の補償内容>> 

必須ポイント

  • キャッシュレスで治療を受けられるか
  • 滞在先で通訳サービスを受けられるか
  • 緊急事態が発生した場合、家族(親など)からの連絡で保険会社のサポートを受けられるのか
  • 入院などで家族の渡航が必要になった場合の補償は含まれているのか
  • 滞在先のアパートや寮でトラブルが起きた場合の賠償責任も補償されるのか(水浸し・失火など)
  • 自転車やパソコンなど、住居内での盗難・破損についても補償されるのか

特に、コロナ禍において重要な補償は『疾病治療費用』治療救援費用』です。

新型コロナウイルスに感染した場合、「自宅待機」となるのか「特定の病院で治療を受ける」となるのかは滞在先によって判断が異なります。

自宅待機の場合でも補償されるのか、日用品の購入も補償対象になるのかなど、いざという時に備えて保険会社に確認しておきましょう。

また、海外は医療費が高額なので、キャッシュレス(一時的な自己負担なし)で医療機関を利用できるのかという点も要チェックです。

スマホやカメラなどの所持品が紛失・盗難被害にあうというトラブルも、ワーホリ渡航中に発生する確率が高いです。

『生活用動産補償』は、現地へ持ち込んだパソコンやスマホ、現地購入した自転車などに対しての補償です。

長期滞在になるワーホリでは、物品に関するトラブルも多くなりがちなので、持ち物に関する補償も必ず付けておきましょう。

その他にも、補償内容は様々あります。

「どの補償が必要で、どの程度備えておけば良いのか」は、滞在先や滞在期間によって異なります。

保険Timesでもご相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"ワーホリ保険の見積もり返答

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"ワーホリ保険の見積もり返答

【カナダ渡航】ワーホリ保険の選び方

カナダへワーホリ渡航する際、「現地の医療保険に加入するか、ワーホリ保険に加入するか」という点で悩む方が多いです。

現地の医療保険に加入する場合

  • 保険料が安い
  • 日本語でのサポートを受けられない
  • 帰国後の保険金請求が複雑

カナダの医療保険は保険料が安価なので、コスト面を考慮するのであれば良いのかもしれません。

ただし、日本語のサポートは一切ないため、補償内容を交渉できるレベルの語学力が必須です。

また、書面上の契約規約や補償項目を理解するための読解力も必要になるため、初めて渡航する方にはあまりおすすめできません。

帰国後に保険金請求する場合の手続き方法も複雑なので、慣れていないと苦労することでしょう(ドル建てで日本の銀行へ送金される)。

本来、ワーホリ保険は現地へ渡航した際のリスクを回避する商品です。

ご自身の経験値なども踏まえて、どちらの保険に加入するか検討してください。

詳細を知りたい方は、以下の関連記事もご確認ください。

関連記事|カナダのワーホリ保険の選び方

カナダ
【2022年版】カナダワーホリ保険の選び方・現地保険との比較をご紹介

カナダへのワーキングホリデーについて、インターネット上で調べれば調べるほど「保険料が高い」、治療救援費用、生活動産補償など色んな補償内容があるけれどどの補償がいくら必要なのかがよくわからない・・といっ ...

続きを見る

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"ワーホリ保険の見積もり返答

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"ワーホリ保険の見積もり返答

【オーストラリア渡航】ワーホリ保険の選び方

オーストラリアへワーホリ渡航する際、「OVHCに加入するか、ワーホリ保険も並行して加入した方が良いのか」という点で悩む方は多いと思います。

OVHCとは、オーストラリアへ旅行やワーホリ、就労目的で滞在する外国人が加入できる健康保険です。

OVHCの特徴

  • オーストラリア渡航後も加入できる
  • 滞在中のケガや病気に関する医療費のサポートを受けられる
  • ビザの種類によってはOVHCへの加入が必須な場合がある
  • ワーホリ保険並みの手厚い補償は受けられない

OVHCは、申請するビザの種類によっては加入できない場合もあるため、渡航条件を確認しつつ申し込みましょう。

また、OVHCはあくまで現地の医療保険なので、航空機の遅延・運休による損害や、生活動産など滞在中の物損トラブルは補償されません。

オーストラリアでワーホリする場合は、OVHC+ワーホリ保険への加入を検討しましょう。

関連記事|オセアニア地域のワーホリ保険の選び方

シドニー
オーストラリアのワーホリ保険の選び方、現地の格安保険との比較も!

オセアニア最大の近代国家であるオーストラリア。海岸部には、紺碧の海に沿ってビルが立ち並び、一歩内陸部に足を踏み入れれば、そこは誰をも圧倒する大自然パノラマが広がっています。そんなオーストラリアは、英語 ...

続きを見る

ニュージーランド
ニュージーランドワーホリ保険の選び方と保険プランをご紹介

南西太平洋に浮かぶ国、ニュージーランド。主要な2つの島と、無数の小さな島々によって構成され、多くの自然と人の暮らしが調和した国です。その大自然を生かした第一次産業の酪農・畜産と、映画のロケ地などを全面 ...

続きを見る

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"ワーホリ保険の見積もり返答

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"ワーホリ保険の見積もり返答

【イギリス渡航】ワーホリ保険の選び方

イギリスへのワーホリでよく使われるのは、「YMSビザ」ではないでしょうか。

最大2年間現地滞在できる就労ビザで、弊社でも多くのお客様からお問い合わせをいただきます。

また、イギリスでは現地の健康保険制度である「NHS」を利用すれば、医療費は原則無料となります。

NHSに加入した場合に利用できる医療機関は、国によって運営されている医療機関がメインです。

しかし、「待ち時間が長い」「手術は半年先まで予約がいっぱい」など、利便性が低いというデメリットも・・・・・・。

一方、渡航前にワーホリ保険へ加入しておけば、私立の病院をキャッシュレスで利用できるため、すぐに治療を受けられます(ロンドン市内には日系の病院があります)。

不慣れな土地で、日本語サポートや医療機関をキャッシュレスで受診できるのはありがたいですよね。

イギリスへワーキングホリデーで渡航する際は、滞在先での事故や病気、第三者をケガさせてしまった場合の賠償責任補償にも対応している保険を選ぶようにしましょう。

詳しくは以下の記事もご覧いただければ幸いです。

関連記事|ヨーロッパ地域のワーホリ保険の選び方

イギリス フランス デンマーク ポーランド ドイツ アイルランド ノルウェー ポルトガル スロバキア オーストリア チェコ スペイン オランダ リトアニア アイスランド ハンガリー エストニア

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"ワーホリ保険の見積もり返答

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"ワーホリ保険の見積もり返答

【アジア・南米渡航】ワーホリ保険の選び方

ワーホリ保険を検討する際、保険金額(どのくらい保険をかけておけば良いのか)という点で悩まれることになると思います。

欧米諸国とアジア諸国では、医療費の水準が異なります。

欧米の方が医療費は高い傾向にあり、アジアは日本とほぼ同じ水準の医療費になっていることが多いです。

そのため、アジア諸国へ渡航する際のワーホリ保険では『医療・救援費用』が500万円以上、欧米の場合は1,000万円以上のものをおすすめします。

関連記事|アジア地域のワーホリ保険の選び方

韓国 台湾 シンガポール 香港

関連記事|南米地域のワーホリ保険の選び方

アルゼンチン チリ

ワーホリ保険の必要性について

警備員の背中

「ワーホリ保険に加入しなくてもいい?」

「保険料が高いから、できれば加入したくない」

という方は少なくありません。

起こるかどうかも分からないトラブルに備えて、高い保険料を支払うというのは、なんだか損をしている気分になってしまいますよね。

しかし、海外と日本では生活環境や医療水準などが全く異なります。

「日本なら数千円で済む治療が、海外では数十万円かかった」

などという事例は、海外渡航者によくあることです。

入院が必要になった場合、数百万円~数千万円単位で請求されることもあります。

保険に加入していれば補償してもらえますが、加入していなければ全額自己負担です。

また、入国審査やビザ申請の際にも、ワーホリ保険への加入が必要な場合もあります。

入国審査でひっかかる場合がある

カナダやフランス、ドイツなどでは、ワーホリ保険に加入していないと入国審査で引っ掛かる場合があります。

空港での入国審査に引っかかると、最悪の場合はそのまま強制帰国です。

もちろん、航空費は自己負担。

国によっては、保険へ加入していないと入国許可が下りないこともあるため、ワーキングホリデーで渡航する際はワーホリへ加入しておいた方が確実なんです。

保険加入がビザ取得の条件になっている国もある

ビザを申請する際に、ワーホリ保険への加入証明書を提示しなくてはいけないケースがあります。

近年、ワーホリ保険加入をビザ発行の条件にしている国が増えているので、ビザ申請に間に合うよう保険加入手続きを進めましょう。

ちなみに、ドイツでは妊娠をカバーした保険に加入することなど、細かい条件が付帯されています。

加入条件となっている補償内容は、必ず事前に確認しましょう。

現地語の保険加入証明書提出を求められることもある

ワーホリビザを申請する際、現地語の「保険加入証明書」を提出するよう求められることがあります。

滞在先の言語で証明書を発行してもらえるか、保険会社に確認してください。

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"ワーホリ保険の見積もり返答

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"ワーホリ保険の見積もり返答

現地の就労先からワーホリ保険の加入を求められるケースも

就労先によっては、ワーホリ保険への加入が受け入れ条件になっていることがあります。

事前に加入していない場合は自分で現地の保険に加入することになりますが、保険金請求やカスタマサーポートが非常に煩雑で後悔したという声も上がっています。

ぜひ、渡航前にワーホリ保険への加入を検討しておきましょう

ワーホリ保険加入に関するよくある質問

疑問

「歯医者に通うのも保険の補償内?」

「クレジットカードの保険と併用できる?」

ワーホリ保険加入に関するよくある質問をご紹介します。

歯科治療補償はつけておいた方がいい?

ワーホリで長期渡航する際、日本でよく歯医者に通っている方は、歯科治療も補償しておいた方が安心だと思います。

ただし、歯科治療補償は、他の補償内容に比べて利用条件が細かく定められています。

  1. 日本でかかっている病気は補償対象外になるため、渡航後6ヶ月経過しないと保険適用されない。
  2. 最大10万円までしか補償されない。

要するに、現在日本で治療中の歯は、出国前に治療を終わらせた方が得策ということです。

また、歯科治療の技術レベルは国によって異なります。

歯科治療補償は、痛みが出た場合などの緊急時に利用するものと捉え、本格的な治療は帰国後に行うことを前提にした方がいいかもしれません。

その他、詳細条件については以下の記事でも解説させていただいておりますので気になる方は確認してみてください。

関連記事|治療系の補償項目

治療救援費用 歯科治療補償

クレジットカードに付帯してる海外保険でカバーできないの?

ほとんどのクレジットカードには、渡航後3ヶ月の保険が付帯されています。

3ヶ月以内に帰国予定であれば、クレジットカードの付帯保険だけで乗り切れるかもしれません。

ただし、治療費の補償金額が「最大200万円まで」など低いため、ほかの保険と組み合わせて利用した方が無難です。

 

関連記事|身の回り品(物)に対する補償項目

携行品損害 携行品損害と生活用動産の違い 個人賠償責任

関連記事|航空機に関する補償項目

航空機手荷物遅延(ロストバゲージ)    航空機遅延費用

関連記事|その他の補償項目

既往症がある場合  一時帰国中補償 緊急一時帰国補償  その他補償内容やサービス

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"ワーホリ保険の見積もり返答

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"ワーホリ保険の見積もり返答

 

実際にあったワーホリ中のトラブル事例

落ち込んでいる人

保険Timesを読んでくださっている方たちから、ワーホリ中に無保険状態で高額請求された体験談を教えていただきました。

以下は、カナダとオーストラリアでワーキングホリデー中、読者の方が実際に体験したトラブルをまとめたインタビュー記事となっています。

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

まとめ

航空券とパスポートを持っている手

今回は、ワーキングホリデーを満喫するために活用すべき、ワーホリ保険について解説してきました。

安価な保険への加入を模索しがちですが、「滞在する国(地域)で必要な補償内容」を満たしていなければ、保険に加入する意味がありません。

ビザ申請や入国審査でワーホリ保険加入が条件になっている国もあるため、スケジュールに余裕をもって対応できるよう準備を進めていきましょう。

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"ワーホリ保険の見積もり返答

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"ワーホリ保険の見積もり返答

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • この記事を書いた人

保険Times Magazine編集部

保険Times(株式会社インシュアランスブレーン)では、海外旅行保険(留学・ワーホリ・駐在・海外長期渡航など)・火災保険・法人損保に関するお問い合わせを日々多数いただいています。その中で、お客様からのご質問・やり取りの中から「この情報は保険加入前に知っておいた方がいいな」といった内容を記事にまとめて保険の選び方を発信しています。 スタッフの詳細なご紹介:https://hokentimes.com/oversea/staff

-ワーホリ保険, 海外旅行保険