海外旅行保険 留学保険

【必見】オーストラリアの留学保険を安く抑える方法とは?

オーストラリアコアラ

日本人の留学先ランキング5位のオーストラリア。英語圏の中では、アメリカ、イギリスに次ぐ3位の人気渡航先です。(2013年時点)オーストラリアは、イギリスの医療制度を踏襲しているため、非常に健康保険制度が整っている国です。その中で、オーストラリアで入院・通院治療を受けた際の医療費事情とオーストラリアの留学保険を安くする方法についてまとめております。渡航前に是非ご確認ください。

ココがポイント

  1. 日本と比べると、治安も悪く医療費が高いオーストラリア。リスクカバーが重要です。
  2. オーストラリアの治療費は非常に高いため、高額治療となった場合はOSHCでは一時的な費用負担が大きく発生する可能性があります
  3. オーストラリアにおける留学保険選びのポイントは、補償内容のカスタマイズで自分自身にあったプランに加入しましょう。

留学保険の見積りはこちら

保険Times Magazineは、海外旅行保険の相談/見積もりサービスを展開する保険Timesが運営するWebメディアです。海外旅行保険の選び方コンテンツを発信しています。

オーストラリアの治安状況について

オーストラリアの治安は、比較的良いと考えられていますが、やはり日本と比べると危険度が増すのが現状です。近年、麻薬に関する事件(麻薬中毒者による傷害事件など)も増加しており、特に夜間の外出や一人での行動はなるべく避けた方が良さそうです。州都がシドニーであるニューサウスウェールズ州は、日本からの留学生やワーホリ参加者に人気の場所ですが、暴行・傷害事件の発生率は日本の数十倍と言われており、屋外で行動する際は常に周りを気にする必要があります。また、多くの日本人が被害に遭うケースとして、盗難や強盗、車上荒らしが報告されています。オーストラリアは先進国ですが、犯罪率の高さで言えば日本より危険なため、最新の注意を払って行動してください。

※出典:外務省 安全情報ホームページ

オーストラリアの医療事情について

オーストラリアの医療事情について項目別にご紹介していきます。オーストラリアの医療技術は世界的に見ても非常に高く、万が一の場合でも最先端の医療を受けることができます。日本からも、毎年難しい手術などをオーストラリアに受けに行かれる方がおられるほど、その医療レベルには定評があります

オーストラリアの医療機関

オーストラリアの主な医療機関は以下の通りです。

  • GP(ホームドクター)
  • 専門医
  • 公立・私立の総合病院

まず、体調不良を感じたらGP(ホームドクター)、いわゆるクリニックで診察を受けます。GPは、基本的に歯科治療以外の分野を診察することができます。日本でいう、近所の診療所のような感覚です。診察後、より専門的に治療を受けた方がいいと判断された場合、GPから専門医や総合病院へ紹介状を書いてもらい、より精密な診察・検査を受けます。ただし、専門医や総合病院の予約は込み合っていることが多く、次の診察がGPの診察から1週間後になることも少なくありません。

オーストラリアの医療費

オーストラリアの医療費は、日本に比べてかなり高額です日本の医療費を10割負担した場合の金額と比べると、約1.5倍の値段になるという計算もあります。以下に、オーストラリアの主な医療費をご紹介します。

  • 風邪(GPでの診療が20分)⇒約6,000円
  • 骨折の手術費⇒約5万円(手術代のみ)
  • 盲腸の手術⇒約90万円(手術代のみ)
  • 入院時の部屋代⇒約8万円/1日
  • 集中治療室⇒約10万円/1日
  • 医療搬送⇒500~1,600万円
  • 救急車の搬送⇒9万円/1回

前述の通りオーストラリアの医療費はかなり高額です。また、多くの方が医療費に注目されがちですが、最も高額になるのは医療搬送です。事故や意識不明になった際の救急搬送は、膨大な費用を必要とします。そのため保険に加入される際は、補償項目の中にある「救援者費用」も、非常に重要になってきます。

オーストラリアの健康保険制度メディアケアって?

オーストラリアでは、イギリスの制度を踏襲した健康保険制度であるメディアケアが存在しています。日本であれば内科、外科、眼科など病状に応じて診療所や病院が分かれていますが、オーストラリアでは、一般開業医であるGP(General Practitioner-GP)にどんな症状であっても最初は相談することとなっています。そこで、専門医の詳細な治療が必要だと判断された場合、専門医を紹介してもらい詳細な治療を受けるという流れになります。通常の場合、専門医の治療の予約は、少なくとも1週間以上先となりますので、緊急の場合は、GPにその旨を伝えておくと良いでしょう。

留学生の健康保険(OSHC)加入について

外国人が、オーストラリアに学生ビザで留学する場合は、OSHC(Overseas Student Health Cover)と呼ばれる現地の海外留学生健康保険に加入することが義務付けられています。こちら、あくまで学生ビザで留学する場合のみですので、ワーキングホリデーの場合は加入することができません。

ほとんどの学校には提携している保険会社があり、OSHCの申し込み手続きは学校が代行します(学校によって取り扱っている保険会社が異なります)。入学手続き時に学校が授業料と併せて保険料を請求し、生徒の代りに保険会社に支払いをします。オーストラリア到着後、学校を通して保険証カードが各学生に配布されます。メディバンクの場合は、カードの発行はご自身でオンラインで手続きして頂きます。 また、学校によっては個人で申込み手続きをしなければならない場合もあります。

OSHC(Overseas Student Health Cover-海外留学生健康保険)って何?

オーストラリアへ学生ビザで留学する場合、オーストラリア政府によって「OSHC」の加入することが必須となっています。OSHCや日本の海外旅行保険に加入していないと、とんでもなく驚くような高額請求書が届いて困る可能性が生じます。

OSHCは、オーストラリア政府の認めた保険会社5社(ahm OSHC・BUPA Australia・Medibank Private・NIB OSHC・Allianz Global Assistance)が提供しています。オーストラリアの公共医療保険制度(Medicareメディケア)に代わって、OSHCによって滞在中の病気・事故等によるケガの治療費や手術、入院費用、処方箋代などがカバーされます。保険会社によって、歯科治療や眼科治療の追加プランや家族料金など、サービスが異なります。お申し込み方法は、入学手続きの際に学校を通して加入することも可能なようです。もしもオーストラリア現地で加入した場合は、OSHCの保険費用を支払った日より保険の対象期間となりますので、加入までの補償は無いのでお忘れなく。また学校によってはOSHCの手続きを学生に任せるところもあるようですので、必ずご自身で確認をするようにしてください。

気になるOSHCのカバーの範囲をご紹介しますので、ご参考ください。

OSHCの補償範囲

項目 OSHC 保険の適用範囲
医師による治療費 病院以外の場所での場合、医療費の85%がカバーされます。病院にての治療の場合には、医療費の100%がカバーされます。 但し、いずれの場合も、MBSと呼ばれる医療費の基準額を超えている場合は、差額は本人負担となります。
血液検査などの病理検査
レントゲン検査
公立病院での治療費、入院費 基準額を超える場合の差額を除いて、全てOSHCによりカバーされます。
私立病院での治療費、入院費 ほぼ全ての私立病院での医療費がカバーされますが、基準額を超える場合の差額は自己負担となります。
救急車費用 緊急時の救急車使用の費用は、OSHCでカバーされます。
処方箋薬 避妊ピルなどの特定の薬を除き、ほとんどの処方箋薬がOSHCの対象です。また、50ドルを超える薬に対しては、自己負担です。1年間で150ドルを超える場合は、差額の補償はありません(ファミリー・プランの場合は、300ドルまで)。
歯科治療 × OSHCでは一切カバーされません。留学前に歯はしっかり治療しましょう。オーストラリアは歯の治療費が非常に高いからです。

OSHC適用されないケース

  • 歯科治療
  • 眼鏡、コンタクトレンズ
  • 理学療法, 整骨療法, 脊柱指圧療法, 自然療法など、その他の付随的医療サービス
  • 美容整形手術
  • 不妊治療
  • オーストラリア入国後3ヵ月の妊娠に関連した医療サービス (流産、早産なども含む)
  • オーストラリア入国前から取り決められていた治療や持病・障害
  • 医師によって処方されていない、もしくは医薬品給付金規定範囲外での薬物治療
  • 一般例外によって生じた治療、または病院での医療サービス

つまりOSHCの基本は、医療費がカバー範囲となります。万が一、死亡した場合の保険金や、他人にケガをさせてしまったり他人の物を壊してしまった場合の賠償責任は補償されません。OSHCの費用は比較的安く、1ヶ月で $40~$55、1年で$583~$600となっています。ただ基準額を超えると自己負担が発生するということは覚えておいてください。

日本の海外旅行保険では、保険会社によってキャッシュレスで対応できる治療費をはじめ、持参物の盗難や破損の補償、日本語対応サービス等のメリットがあります。そのため、海外旅行保険とOSHCとの併用してご加入されるケースが多くなります。海外旅行をご検討の場合、より最適な補償内容を確認してが加入されることをお勧めいたします。弊社でご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡くださいませ。

オーストラリアで盲腸に感染した場合の治療費

国名 日本 オーストラリア アメリカ 中国 イギリス
医療費 60万円 90万円 300万円 150万円 110万円

オーストラリアで盲腸の手術を実施した場合の治療費用は、日本の1.5倍の90万円となっています。日本の事例は、健康保険を適用していない場合ですので、3割負担と考えると20万円となりますので日本国内で治療を受けるよりも治療費用は高くなってしまいます。

オーストラリアで救急車を呼んだ場合の負担費用

海外では一般的に救急車を呼ぶのは有料のケースが多く、オーストラリアでも救急車を呼ぶ際は有料となっています。

国名 日本 オーストラリア アメリカ 中国 イギリス
救急車費用 無料 約4万円 8万円 3万円 無料

オーストラリアの保険金請求事例

症例 保険料
転倒し頭を打った4日後に意識障害となり救急車で搬送。硬膜下血腫と診断され34日間入院・手術。家族が駆けつける。 712万円
クルーズ寄港中のレストランで転倒し腰を強打。大腿骨頸部骨折と診断され12日間入院・手術。家族が駆けつける。看護師が付き添い医療搬送。 388万円
足元がふらつき救急車で搬送。脳内出血と診断され14日間入院。家族が駆けつける。看護師が付き添い医療搬送。 549万円
胸の痛みと咳のため受診。気胸と診断され14日間入院・手術。家族が駆けつける。 538万円
呼吸が苦しく咳の症状で受診。肺気胸と診断され18日間入院・手術。 650万円
激しい腹痛・眩暈・吐き気を感じたため受診。子宮内膜症と診断され6日間入院・手術。 393万円

出典:ジェイアイ傷害火災保険

オーストラリアでの高額保険料請求事例では、医療搬送や家族がオーストラリアに一緒に渡航するようなケースの場合非常に高額な医療費支払いとなる場合があります。そもそもの医療費が高いことと、治療関係費用以外のコストがかかることで支払いが莫大な金額になる場合があります。

オーストラリアの留学保険の選び方、プラン例

オーストラリアへ留学する際の保険選びの考え方としては、補償充実プラン、補償通常プラン、補償少ないプランの3つに切り分けてどこまでの補償を入れ込むか・削減するかを考えることが重要です。ご自身の健康状態や渡航期間などを加味しながら、最終的にどのプランにすることがいいか決定していくプロセスがいいでしょう。

海外旅行保険の重要な補償内容

参考:AIG損保HP

AIG損保に掲載のある海外で実際に多いトラブル上位では、1.健康にまつわるもの、2.手荷物にまつわるもの、3.航空機にまつわるものの3点がトラブル発生率が高いものとして挙げられています。オーストラリアへの留学保険のプランを選んでいく上でも、まずは上記の3トラブルを抑えつつ、その他の補償をどの程度つけるのか、削るのかを検討しておくのが良いでしょう。オーストラリアでは、特に紫外線が強く肌や目などに影響を受けるケースも多いです。これらの対策としても、健康にまつわる補償内容については厚めにつけておくことがお勧めです。

オーストラリア留学3ヶ月の留学保険プラン例

補償面 Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン
傷害死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
治療・救援費用 無制限 3,000万円 3,000万円 無制限
緊急歯科治療費用 - - - -
疾病死亡 - 1,000万円 1,000万円 1,000万円
賠償責任 5,000万円 1億円 1億円 1億円
携行品損害 30万円 10万円 - -
生活用動産 - - 100万円 30万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 - 3万円 10万円 -
航空機遅延 - あり  2万円 -
テロ等対応費用 - - 1万円 -
弁護士費用 - - 100万 -
保険料 49,310円 48,940円 50,040円 58,160円

上記は、保険プランの一例となります。3ヶ月の保険プランを選ぶ際補償内容の充実度合いによって約3万円〜約6万円程度の範囲の保険料となります。一部のプランのみの掲載となりますので、お見積もり依頼をいただければ、ご要望をお伺いしながら最適プランをご提案させていただきます

留学保険の見積りはこちら

オーストラリア6ヶ月の留学保険プラン例

補償面 Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン
傷害死亡 3,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 3,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
治療・救援費用 無制限 3,000万円 3,000万円 無制限
緊急歯科治療費用 - - - -
疾病死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
賠償責任 1億円 1億円 1億円 1億円
携行品損害 20万円 10万円 - -
生活用動産 - 100万円 30万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 10万円 3万円 10万円 -
航空機遅延 2万円 あり  2万円 -
テロ等対応費用 - - 1万円 -
弁護士費用 - - 100万 -
保険料 112,190円 105,250円 113,870円 127,390円

上記は、渡航期間6ヶ月の保険プランの一例となります。半年間の留学保険の保険料は補償内容の充実度合いによって約6万円〜約12万円程度の範囲の保険料となります。一部のプランのみの掲載となりますので、お見積もり依頼をいただければ、ご要望をお伺いしながら最適プランをご提案させていただきます

留学保険の見積りはこちら

オーストラリア1年渡航の場合の留学保険プラン例

補償面 Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン
傷害死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
治療・救援費用 無制限 3,000万円 無制限 無制限
緊急歯科治療費用 - - - -
疾病死亡 - 1,000万円 1,000万円 1,000万円
賠償責任 5,000万円 1億円 1億円 1億円
携行品損害 30万円 10万円 - -
生活用動産 - 100万円 30万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 - 3万円 10万円 -
航空機遅延 - あり  2万円 -
テロ等対応費用 - - 1万円 -
弁護士費用 - - 100万 -
保険料 209,680円 208,490円 199,680円 246,560円

上記は、渡航期間1年の保険プランの一例となります。1年間の留学保険の保険料は補償内容の充実度合いによって約14万円〜約27万円程度の範囲の保険料となります。一部のプランのみの掲載となりますので、お見積もり依頼をいただければ、ご要望をお伺いしながら最適プランをご提案させていただきます

留学保険の見積りはこちら

まとめ

オーストラリア留学を考える際は、通常の医療費に関してはほとんどがOSHCでカバーされるため、考慮すべきは高額医療費、病院入院時の家族の渡航費、盗難・器物破損、歯科治療費などをカバーするかどうかというところでしょう。治療費が高額となると、OSHCではカバー仕切れなくなるため、大半の留学生はOSHCと日本からの海外留学保険をセット加入しています。とはいえ、留学保険も加入期間が長くなればなるほど高額となります。加入の是非は個々の考え方次第ですので、ぜひ一度ご相談いただければと思います。

\見積もり依頼で保険料が安くなる/

【無料】見積りスタート

留学保険専任アドバイザーに不明点を相談

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • この記事を書いた人

保険Times Magazine編集部

株式会社インシュアランスブレーンでは、生命保険、損害保険の国内主要会社を取り扱っており、"お客様目線での保険選び"ができるようサポートさせていただいております。個人のライフプランから会社のリスクマネジメントなどお気軽にご相談ください。

-海外旅行保険, 留学保険
-,

Copyright© 保険Times Magazine , 2020 All Rights Reserved.