海外旅行保険 駐在保険

【駐在保険】後悔しない補償内容の選び方、プラン例をご紹介

海外の事情は、日本とは大きく異なることがあります。特に大きな問題になりやすいのが、病気やけが、災害といったハプニングに遭遇した時。こういったシーンで活躍してくれるのが、国内外の保険会社が販売している駐在保険です。今回は、この駐在保険について取り上げます。加入することで得られるメリットや選び方などを、ご紹介してしていきましょう。

ココがポイント

  1. 駐在保険を選ぶ際は、渡航先の国によって発生しうるリスクをカバーできているかどうかを確認しましょう。
  2. 保険会社ごとに、駐在員向けの特約などを設定しているケースがあります。
  3. 米国へ駐在する際は、米国駐在員保険プランを提供している保険会社もございます。

駐在保険の見積りはこちら

保険Times Magazineは、海外旅行保険の相談/見積もりサービスを展開する保険Timesが運営するWebメディアです。海外旅行保険の選び方コンテンツを発信しています。

駐在保険とは?

駐在保険は、仕事などの関係で海外に長期間滞在をする方向けに販売されている保険商品です。一般の海外旅行保険よりも補償内容を充実させているのが駐在保険の特徴で、現地で安心して生活が出来るようなプランになっています。滞在期間が長くなる駐在員の場合は、実のところ現地で色々なトラブルに見舞われる可能性が出てきます。病気やけがはもちろんですが、盗難や火災を始めとする予想外の被害に遭う可能性も無きにしも非ずです。長期間の生活でも不便を感じることがないよう、駐在保険は細かい補償内容が沢山加えられています。

例えば、家具や生活用品といった生活動産が対象になるところは、駐在保険ならでは手厚い対応です。また、本人や家族の一大事などで一時的に帰国をしなければならない時にも、渡航費用やホテル代などがカバーされる仕組みになっています。海外で想定されるあらゆるトラブルを経済的に支えてくれるのが、現在発売されている駐在保険の特徴と言えるでしょう。駐在保険は加入者の家族も対象になるケースが多く、一家をあげて海外に滞在する時にも便利な内容になっています。

海外で発生しうるトラブル事例

海外旅行保険の重要な補償内容

出典:AIG損保

海外で発生しうるトラブル事例として最も多いのは健康にまつわるトラブルとなります。海外駐在中に現地で病気にかかった、怪我で病院に行かなければいけなくなったようなケースです。その次に多いのは手荷物にまつわるもの、第三に航空機にまつわるものとなります。これらが最もトラブル発生率が高いという認識をした上で、補償項目の詳細を選んでいきましょう。

駐在保険の補償内容

治療救援費用補償

治療費用は、現地での怪我や病気にあった際に、治療費用が補償される補償項目です。救援者費用は、急病などで国内の家族が現地に向かう時や医師を派遣する時などに支払われる費用です。遭難で救援作業を行う必要が生じた時や治療のために本人が日本に帰国しなければならない時にも、保障が受けられることがあります。

医師
【海外旅行保険】治療救援費用を徹底解説。いくらつけておくべき?

南国でビーチを楽しんだり、日本では考えられないようなの壮大な山でウィンタースポーツを楽しんでみたりと、旅行や留学にはたくさん楽しみがありますよね。しかし、不意に怪我や病気になってしまうと、言葉もわから ...

続きを見る

航空機遅延費用補償、航空機手荷物遅延費用補償

航空機遅延費用は、飛行機の運行が遅れることによって発生した費用が対象に。具体的には、待機する際に支払った食事代や宿泊費などが該当します。航空機寄託手荷物遅延費用は、荷物の到着が遅れた時の費用。必要な品物がすぐに手に入らず、現地で必需品を調達した場合などは、該当する可能性があります。

携行品損害補償、家族総合賠償責任補償、緊急一時帰国補償

緊急一時帰国費用は、日本国内にいる家族が死亡した時や急病などで帰国を余儀なくされる時に支払われます。家族総合賠償責任の場合は、現地で発生する賠償責任に対する費用です。例えば、ホテルの設備や現地で借りている家に損害を与えてしまった時には、こちらの費用が適用になります。生活動産の補償は、家具や家財、手荷物などが対象に。盗難や火災などで品物を失った時に支払われるのが、生活動産についての費用と言えるでしょう。

破損
【クレカ保険との比較】海外旅行保険の個人賠償責任補償を解説

海外旅行保険のパンフレットを眺めていると、どの補償プランの中にも必ずこの「賠償責任保険」という言葉が頻出しているのが見て取れます。賠償責任という言葉の響き、なんだか、決して良い状況で使われるとはどうし ...

続きを見る

携行品
わかりづらい!生活用動産と携行品損害の違いを徹底解説

詳しく知っておきたい携行品損害補償と生活用動産補償の違いに関して。特に海外への留学やワーキングホリデー、長期滞在を計画されている方は、この両者の違いをしっかり理解しておかなければ、いざというときに後悔 ...

続きを見る

駐在保険は何のために加入するもの?

こういった駐在保険は、他の保険商品と同様に万が一のために備えて加入するものです。想定外のアクシデントに襲われた時には、まずまとまった費用が必要になってきます。海外は医療制度も日本とは違い、ちょっとした治療を受けても高額な費用が発生するのが常。このような状況を上手に切り抜けるために利用されているのが、駐在保険です。

通常の海外旅行保険でカバー仕切れない所まで保障してくれる駐在保険は、実用性に富む商品として人気です。保険会社によっては、日本語で対応してくれるコールセンターなどが設けられていることも。日本の保険会社の商品の場合、24時間態勢で問い合わせを受け付けてもらえるケースが多いです。従って、日本語で病院や医師を紹介してもらう目的で駐在保険に加入するという選択も考えられます

海外での高額保険金支払い事例

国名 内容 支払い保険金額
中国 ホテルのドアにぶつかり転倒。大腿骨頚部骨折・くも膜下出血と診断され、36日間入院・手術。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添いチャーター機で医療搬送。 1,736万円
香港 風邪の症状で受診。その数日後、全身の痛みのため救急車で搬送。敗血症性ショックと診断され19日間入院。家族が駆けつける。医師が付き添い医療搬送 2,617万円
ノルウェー クルーズ船内で意識を失いヘリコプターで搬送。肺炎と診断され13日間入院。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添いチャーター機で医療搬送。 3,019万円
カナダ ホームステイ先の居間で口から泡を吹いて倒れ救急車で搬送。脳炎と診断され19日間入院。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添いチャーター機で医療搬送。 3,890万円
アメリカ 咳・息苦しさを訴え受診。気胸と診断され10日間入院・手術。家族が駆けつける。 1,203万円
韓国 トイレで転倒し救急車で搬送。くも膜下出血と診断され55日間入院・手術。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添い医療搬送。 1,461万円

出典:ジェイアイ傷害火災保険

海外で実際に発生した高額保険金支払い事例を掲載しています。入院や怪我でまとまった費用が必要と言っても、どの程度必要なのか?というと、本当に高額な事例では数千万円単位のお金が急に必要になります。これらのような請求事例にまず遭遇しないことが大切ですが、もしものために加入しておかないと大変なことになってしまうリスクを秘めています。

駐在保険に加入する魅力

駐在保険が特に役に立ってくるのが、現地で病院にかかった場合です。駐在保険に加入をしていると、キャッシュレスで診療が受けられます。このような場合は保険会社が提携している病院を利用することが1つの条件となってきますが、慣れない海外でお金の心配をしなくて良い点は大きなメリットになるでしょう。キャッシュレスで診療を受けたい時には、渡航する国に合わせて商品を選ぶのがコツ。提携する病院が多い保険会社であれば、色々な選択が出来ます。駐在保険は、クレジットカードに付帯されている保険よりも概して補償される金額が大きいというメリットがあります。家族も対象になるため、一家全員の医療費の心配がなくなります。

また、家族総合賠償責任や生活動産の補償が付いている点も、見逃せないメリットです。現地で物を壊してしまった、所持品が壊れた・盗まれたといったようなトラブルが起こった時にも、こういった補償に加入していれば安心です。アメリカに駐在する場合は、自動車保険が必要になることがあります。駐在保険に加入をすれば、アメリカでの自動車保険の加入サポートを実施している保険会社もございます。万が一自動車保険でカバーされる金額が少ない時には、不足分を駐在保険が補ってくれる可能性がありますので、現地で車を運転する方は予想以上に大きなメリットが得られるかもしれません。

駐在保険加入にあたっての注意点

駐在保険に加入する時に気を付けておきたいのが、例えばカバーされる医療費の内容です。駐在保険では、渡航中や現地で発生したけが、病気の治療費を対象にしています。従って、持病がある方の場合、症状によっては対象外になる可能性が出てきます。明らかに持病の症状と疑われるような時には費用がカバーされないことがありますので、注意をしましょう。また、駐在保険の対象にならないケースが多いのが、歯の治療や妊娠、出産の費用。こういった費用に関しては、対象外とする保険会社が数多く見られます。保険を当てにして費用の準備をしていなかった、といったことにならないように、加入する時には対象になる症状や範囲をよく確認しておきましょう。

駐在保険は、多くの保険会社が提供をしています。そのため、いざ加入をしようとしてもどこが良いのか判断がつきかねることもあるでしょう。保険会社によって契約出来る期間が変わるケースもあり、比較をするに当たっては少し煩雑な作業が必要になるかもしれません。急を要する時には、このような選択肢の多さが1つのデメリットになることも。渡航する国やライフスタイルなどを考えながら、慎重に商品を選んでいく必要があります。

駐在保険を選ぶポイント

数ある中からベストな駐在保険を選ぶ時には、押さえておきたいポイントが何点かあります。

  1. 契約できる最長期間はどの程度か
  2. 渡航先で発生しうるリスクをカバーできるか
  3. 保険加入照明など会社から求められる証明書が発行できるかどうか

国内の保険会社が取り扱っている駐在保険は、契約期間に幅があるという特徴があります。従って、契約出来る最長期間を確認するのがまず1つ目のポイントになるでしょう。滞在する期間によって最適な商品が変わることも考えられるため、駐在保険に詳しい保険代理店に確認することが重要です。2点目としては、渡航先で発生しうるリスクをカバーできているかどうかです。中国へ駐在する場合とアメリカへ駐在する場合で発生する可能性のあるリスクは全く異なります。渡航先の状況に合わせて補償内容を設定していきましょう。3つ目のポイントは、保険加入の証明書が何語で発行されるかという点です。このような書類は、ビザの申請の際に必要になることもあります。対応してもらえる言語が限られていると、専門のサービスに翻訳などを改めて依頼する必要があり、費用がかさみます。この他にも、保険料やカバーされる費用の内容、サポートサービスの充実度などがチェックポイントになります。

駐在保険に加入する手段

初めて駐在保険を利用する時には、加入の仕方で戸惑う場合があるかもしれません。ただ、駐在保険は色々な保険会社が提供していますので、情報収集をしていれば加入は比較的容易です。例えば、次のような方法で加入することが出来ます。

・会社に保険を手配してもらう

・インターネットで検索して自分で保険を探す

・海外旅行保険専門の保険代理店に相談する

・クレジットカード付帯の保険を活用

海外赴任で外国に駐在する場合は、勤務先の会社を通じて駐在保険に加入する手もあります。前任者などからアドバイスを受けるのも1つのアイデアです。保険会社に直接資料請求をして、自分で加入することももちろん可能。インターネット上から申し込みが出来る商品も多く、時間がない方でも加入の手続きがしやすいのが最近の保険会社のサービスです。加入をせずに現地に行ってしまった場合でも、後から改めて手続きをすることは出来ます。クレジットカードの付帯保険に関しては、補償内容が少なすぎるというデメリットがありますので、付帯保険を使うにせよ駐在保険に並行して加入されることをお勧めします。

クレジットカード
【徹底検証】留学・ワーホリはクレジットカード保険で十分?

保険Timesには日々海外留学・ワーホリ・旅行などの保険をどう加入すればいいか?というお問い合わせを多数いただくのですが、その中でもクレジットカードの付帯保険との併用に関するご相談も多くいただきます。 ...

続きを見る

駐在保険のプラン例

3ヶ月の駐在保険プラン例

補償面 Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン
傷害死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
治療・救援費用 無制限 3,000万円 3,000万円 無制限
緊急歯科治療費用 - - - -
疾病死亡 - 1,000万円 1,000万円 1,000万円
賠償責任 5,000万円 1億円 1億円 1億円
携行品損害 30万円 10万円 - -
生活用動産 - - 100万円 30万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 - 3万円 10万円 -
航空機遅延 - あり  2万円 -
テロ等対応費用 - - 1万円 -
弁護士費用 - - 100万 -
保険料 49,310円 48,940円 50,040円 58,160円

上記は、保険プランの一例となります。3ヶ月の保険プランを選ぶ際補償内容の充実度合いによって約3万円〜約6万円程度の範囲の保険料となります。一部のプランのみの掲載となりますので、お見積もり依頼をいただければ、ご要望をお伺いしながら最適プランをご提案させていただきます

駐在保険の見積りはこちら

6ヶ月の駐在保険プラン例

補償面 Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン
傷害死亡 3,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 3,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
治療・救援費用 無制限 3,000万円 3,000万円 無制限
緊急歯科治療費用 - - - -
疾病死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
賠償責任 1億円 1億円 1億円 1億円
携行品損害 20万円 10万円 - -
生活用動産 - 100万円 30万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 10万円 3万円 10万円 -
航空機遅延 2万円 あり  2万円 -
テロ等対応費用 - - 1万円 -
弁護士費用 - - 100万 -
保険料 112,190円 105,250円 113,870円 127,390円

上記は、渡航期間6ヶ月の保険プランの一例となります。半年間の保険の保険料は補償内容の充実度合いによって約6万円〜約12万円程度の範囲の保険料となります。一部のプランのみの掲載となりますので、お見積もり依頼をいただければ、ご要望をお伺いしながら最適プランをご提案させていただきます

駐在保険の見積りはこちら

1年渡航の場合の駐在保険プラン例

補償面 Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン
傷害死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
治療・救援費用 無制限 3,000万円 無制限 無制限
緊急歯科治療費用 - - - -
疾病死亡 - 1,000万円 1,000万円 1,000万円
賠償責任 5,000万円 1億円 1億円 1億円
携行品損害 30万円 10万円 - -
生活用動産 - 100万円 30万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 - 3万円 10万円 -
航空機遅延 - あり  2万円 -
テロ等対応費用 - - 1万円 -
弁護士費用 - - 100万 -
保険料 209,680円 208,490円 199,680円 246,560円

上記は、渡航期間1年の保険プランの一例となります。1年間の保険の保険料は補償内容の充実度合いによって約14万円〜約27万円程度の範囲の保険料となります。一部のプランのみの掲載となりますので、お見積もり依頼をいただければ、ご要望をお伺いしながら最適プランをご提案させていただきます

駐在保険の見積りはこちら

アメリカ現地で車の運転をされる方

自分が運転していて事故を起こしてしまった際に必要となる補償の一例です。

  1. 自分の治療費、車両に載せていた所有物の修理費等
  2. 相手の治療費と車両、所有物の修理費等
  3. 自分の車両(カーナビ等車両に搭載された機能含む)の修理費

上記3つに関して、海外旅行保険の補償範囲はどこまでだと思いますか?実は、①の自分の治療費、載せていた所有物の修理費等しか海外旅行保険では賄うことができないのです。(ちなみに前者は治療救援費から、後者は生活用動産か携行品損害補償からまかなわれます。)海外旅行保険の賠償責任の補償は自分が車を所有していたことや運転していたことに起因する事故の場合には適用されない上、生活用動産や携行品損害も自動車やオートバイに関しては補償対象外となっております。そのため、別で現地の自動車保険に加入する必要があります。海外旅行保険の会社の中には現地の自動車保険加入のサポートをする会社もございます。自力で現地の自動車保険を探すのに不安があるという方はぜひ保険会社、代理店にお問い合わせ下さい。

海外駐在をするなら入っておいたほうが安心!

保険料という一定のコストがかかる駐在保険は、実のところ加入すべきかどうか迷っている方も多いでしょう。ですが、いざトラブルが起きた時に、生活の支えになってくれるのがこのような保険商品。精神的にも大きな安心を与えてくれますので、駐在する期間が長くなる方は加入を前向きに検討してみてはいかがでしょうか。万が一の備えとして駐在保険に加入をしていれば、現地での生活も思い切り楽しめるようになるでしょう。心配や不安が少なくなることは、予想以上に大きなメリットになってくれます。

\見積もり依頼で保険料が安くなる/

【無料】見積りスタート

駐在保険専任アドバイザーに不明点を相談

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • この記事を書いた人

保険Times Magazine編集部

株式会社インシュアランスブレーンでは、生命保険、損害保険の国内主要会社を取り扱っており、"お客様目線での保険選び"ができるようサポートさせていただいております。個人のライフプランから会社のリスクマネジメントなどお気軽にご相談ください。

-海外旅行保険, 駐在保険

Copyright© 保険Times Magazine , 2020 All Rights Reserved.