海外旅行保険

【プロが解説】海外旅行保険に入らないまま渡航しても大丈夫?

海外旅行保険 入らない

海外旅行に行くのは短期間だし、保険に入らなくて良いんじゃない?

日数のわりに高いイメージがあるから、海外旅行保険には入らない

海外旅行に行くだけでお金がかかるのに、保険に加入するなんてもったいないと思う方も、少なくないでしょう。

しかし、海外では日本と違い予想できないハプニングが起こる可能性が高いです。

あらかじめ不安要素を取り除くことで、海外旅行をより楽しく過ごせるでしょう。

今回は、海外旅行中に加入しておくと安心な保険について解説します。

この記事を読んだあなたは、海外旅行保険について理解し、不安が解消されるでしょう。


\ 国内主要保険会社を比較 /

無料 オンライン見積り

まずは"簡単"今すぐ見積もり

無料 オンライン見積り                

まずは"簡単"今すぐ見積もり

保険Times Magazineは、海外旅行保険の相談/見積もりサービスを展開する保険Timesが運営するWebメディアです。海外旅行保険の選び方コンテンツを発信しています。

海外旅行保険って何?

海外旅行保険とは、海外旅行中にケガをした場合や自分の持ち物を盗まれた場合などのトラブルに対応するための保険です。

旅行期間に合わせて加入することができます。

海外旅行保険の補償内容

海外旅行保険の補償内容は、主に4つあります。

・病気やケガの補償(治療費用、傷害死亡・後遺障害、疾病死亡、救援者費用など)

・他人に対する補償(賠償責任)

・持ち物に対する補償(携行品損害)

・その他の補償(航空機の遅延に関する補償など)

4つの補償内容の詳細をみていきます。

病気やケガの補償

・治療費用病気やケガで病院に行ったときの治療費を補償

・傷害死亡・後遺傷害:ケガで死亡または後遺障害が生じた場合の補償

・疾病死亡:病気で死亡または後遺障害が生じた場合の補償

・救援費用:入院して日本から家族を読んだ場合の交通費や滞在費を補償

保険会社により異なりますが、キャッシュレス・メディカル・サービスといった対応があります。

保険会社が提携する病院で治療してもらえば、保険会社が支払いをしてくれるため、その場で自分で治療費を払わなくて良いサービスです。

急なケガや病気でかかる費用でお金が減らず、海外でも安心して治療を受けられます。

他人に対する補償

・賠償責任:他人の身体や物に損害を与えてしまった場合の補償

スーツケースを落として他人にケガをさせてしまったり、お土産店で商品を壊した時など、他人や他人の物に対して損害を与えてしまった場合に補償されます。

自分のことだけではなく、他人に対しての危険を対策することも大切です。

持ち物に対する補償

・携行品損害:身の回りの物の、盗難や破損を補償

海外旅行中に自分が持っている物が盗まれたり、壊れた場合に補償されます。

海外では、パソコンやカメラ、アクセサリーを盗まれることは珍しくありません。

日本ではあまり想定しないことも、海外では当たり前に起こるため、持ち物にも保険をつけた方が良いでしょう。

その他の補償

・航空機遅延費用:航空機の欠航や遅延により、宿泊費や食事代が発生した場合の補償

・航空機寄託手荷物遅延等費用:航空会社に預けた荷物が、到着せず衣類や生活必需品を購入した場合の補償

・弁護士費用:旅行中に被害に遭い、弁護士に法律相談を行った場合の補償

海外旅行中において、飛行機が遅れるなどのトラブルはよく発生します。

予想外のハプニングに備えておくことで、安心して過ごせるでしょう。

日本で加入している生命保険・医療保険との違い

死亡の補償は「生命保険」、ケガや病気の補償は「医療保険」に入っているから、わざわざ海外旅行保険に加入しなくても補償があると思っている方も多いのではないでしょうか。

たしかに、日本で加入している保険でも、万が一の時は保険金が支払われます。

しかし「入院日額5,000〜10,000円」が多い日本の医療保険では、海外では高額な医療費がかかるため、カバーできないことがほとんどです。

海外で入院した場合、手術をして入院しても家族が迎えに来なければならない時、数十万円〜数百万円かかり、日本の医療保険では役に立ちません。

海外旅行保険では、日額の医療費ではなく、500万円〜3,000万円とかかった医療費を支払う仕組みになっているため、医療費を自己負担することが少ないです。

また、提携する病院を利用すると保険会社が支払ってくれるため手持ちのお金を使わなくても良いことや、飛行機が遅延した時の補償など海外旅行に特化したサービスや補償が充実していることも日本で加入している保険と違います

海外旅行保険に入らないと危険?

海外旅行

海外旅行保険に入ると、どんなメリットとデメリットがあるのか紹介します。

海外旅行保険のメリット

高額な治療費や救援費用に対応

海外旅行保険に入る一番のメリットは、海外での高額な治療費を補ってくれることです。

海外の医療費は、日本と保険制度が違うため、日本人の感覚とはかけ離れた高額な場合があります。

日本では体調を崩すことがない方でも、海外では食事や水、環境が違うため、旅行中に体調を崩す方も少なくないでしょう。

治療費をカバーしてくれるだけではなく、「病院の紹介」「キャッシュレス対応」も海外旅行保険に加入していないと受けれない特有のサービスです。

また、救援費用を補ってくれることも大きなメリットです。

家族の渡航費や滞在費だけではなく、搬送費も救援費用でカバーできます。

クレジットカードで支払いができない場合もあり、お金がなく治療を受けれない可能性もあるため、海外旅行保険に加入することをおすすめします。

事故やトラブル時のサポート体制が整っている

トラブルに遭った時は誰でも不安になりますが、海外で日本語が通用しないとさらに不安が増すでしょう。

海外旅行保険に加入していると、「トラブルの対応や相談を日本語で受けれる」「病院での通訳を手配してくれる」「土地勘が分からない海外でも近くの病院を紹介してくれる」といった、万が一の時に心強いサービスが用意されています

楽しい旅行にするための不安を取り除くためにも、サポート体制が整っている海外旅行保険に入る方が良いでしょう。

海外旅行保険のデメリット

旅行のたびに申し込みが必要

海外旅行保険は一般的な保険と違い、旅行に行くたびに申し込み手続きが必要になります。

わざわざ窓口まで足を運び、必要書類を提出しないといけません。

年に数回旅行に行く方にとっては、そのたびに保険料がかかり料金が高額になる場合もあります。

しかし、現在はインターネットで気軽に海外旅行保険に入ることもでき、一度使い方が分かれば手間と思うことなく申し込みが可能です。

海外旅行中のリスクを考えると、手間がかかったとしても海外旅行保険に入らないという選択を取らない方が良いでしょう。

海外旅行保険に入る時のポイント

海外旅行保険に入る時の、補償内容を選ぶポイントや加入方法を紹介します。

補償内容を選ぶポイント

補償内容を選ぶポイント6つを、手順に沿って紹介します。

①加入する人と人数を確認

海外旅行保険では、契約者ではなく、旅行する被保険者が誰かにより、選択するプランが異なります

加入する方が、子どもなのか高齢者なのかによっても必要な補償内容が変わってきます。

一家の大黒柱の場合は、死亡や治療費ともに多く設定したい場合もあるでしょう。

反対に、子どもの場合は、死亡に関する補償は少なめにし、治療費や損害賠償を手厚くしたい方もいます。

加入する方の希望にあったプランに加入することをおすすめします。

また、加入する人数が、個人なのか家族なのかによってもプランが異なります。

家族の場合は、まとめて申し込むと、保険料がお得になるため、加入する人と人数を考えることが大事です。

②旅行期間を確認

海外旅行保険は、契約できる日数が3か月までと設定されている場合が多いです。

3か月を超える長期滞在や、海外出張、留学の場合は、別途専用のプランが用意されているため、海外旅行保険ではない選択をする必要があります。

③旅行先の医療体制やを確認

医療費が高額な場合が多いため、旅行先の衛生状況や、医療事情を調べておく必要があります。

また、治安や交通ルールが悪くスリや事故の可能性が高くなるため、渡航先の事情により補償内容の手厚さが変わります。

旅行先には、どれくらいのリスクがあるか確認してから、補償内容を決めると良いでしょう。

④補償されない場合の条件を確認

海外旅行中に、マリンスポーツなどのアクティビティを体験される方も多いでしょう。

特定の危険を伴うスポーツには補償が対象外となったり、免責事項がつく場合もあります

万が一に備えて海外旅行保険に入ったのに、補償されないと意味がありません

事前にしっかり補償されない場合の条件を確認しましょう。

⑤クレジットカードを確認

クレジットカード付帯の保険の場合、補償内容が足りないことも少なくありません。

足りない補償だけをカバーする海外旅行保険もあるため、まずはお手持ちのクレジットカードの補償内容を確認しましょう。

⑥サポート体制を確認する

トラブルが発生した場合、一番頼りになるのが保険会社のサポートです。

海外と日本では時差があるため、24時間受付のサポート体制が整っている方が良いでしょう。

また、キャッシュレス・メディカル・サービスの対応があるかないかでは、何かあって病院に行く時のお金の不安が変わってきます。

補償内容以外のサービスを確認して、安心できるサポートを受けましょう

\ 国内主要保険会社を比較 /

無料 オンライン見積り

まずは"簡単"今すぐ見積もり

無料 オンライン見積り                

まずは"簡単"今すぐ見積もり

海外旅行保険の加入方法は4通り

申し込み

海外旅行保険に加入するには以下の方法があります。

窓口で申し込み

保険代理店や、旅行代理店の窓口で申し込む場合は、販売員が要望にあった補償プランを紹介してくれます。

旅行代理店だと、海外旅行の申し込みと一緒に海外旅行保険の加入ができる場合もあり、手間をかけずに保険に入ることが可能です。

窓口まで足を運ぶことや、他社の補償内容と比較することができないデメリットもありますが、難しいことも分かりやすく説明を受けれることが魅力でしょう。

インターネットで申し込み

インターネット申し込みは、自宅にいながら気軽に手続きができ、じっくり検討できます。

人件費がかからないため、窓口で保険に加入するより安く契約できることが魅力です。

補償内容を自分で考える必要はありますが、海外旅行保険は通常の保険のように補償内容に迷うほど種類がなく限られているため、ご自身で設定することは難しくないでしょう。

空港の保険カウンターで加入する

国際空港では、海外旅行保険のカウンターが設置されており、出発前でも保険に加入することができます。

加入し忘れていたり、保険を考える時間がなかった方でも、その場ですぐに申し込みが可能な嬉しいサービスです。

しかし、自宅から空港までの間は補償されず、カウンターの営業時間があるため、早朝や深夜のフライトの方は利用できません。

クレジットカード付帯保険に加入

クレジットカードの種類によりますが、無料で海外旅行保険の補償がついているカードも存在します。

年会費無料のクレジットカードでも、付帯されているものもあるため、持っているカードの内容を確認してみると良いでしょう。

しかし、海外旅行保険に比べると補償内容が充実していないことが多いです。

\ 国内主要保険会社を比較 /

無料 オンライン見積り

まずは"簡単"今すぐ見積もり

無料 オンライン見積り                

まずは"簡単"今すぐ見積もり

クレジットカード付帯の保険との違い

クレジットカード付帯の保険を利用すると、別途保険料がかからずお得だと思っている方も多いでしょう。

しかし、適応条件があることや、補償内容が不足してる場合もあるため、事前に持っているカードを確認した方が良いです。

クレジットカード付帯の保険とは

クレジットカード付帯サービスには「自動付帯」と「利用付帯」といった2種類があります。

れぞれ補償が適用される付帯条件が異なるので、確認していきましょう。

自動付帯

クレジットカードを持っているだけで、自動的に補償が適応される保険です。

クレジットカードが使える状態であれば良いため、別途申し込みの必要もありません。

しかし、補償内容が少なかったり、全ての補償項目が対象となっていない場合もあるため注意が必要です。

利用付帯

飛行機のチケット代や旅行代金をクレジットカードで支払うと、補償が適応される保険です。

旅費をクレジットカードで支払えば、自動付帯よりも手厚い補償内容になることが多いです。

保険期間も90日間まで補償されているため、長期旅行にも対応できます。

補償内容の違い

保険会社やクレジットカードにより異なりますが、一例として一般的な海外旅行保険とクレジットカードの補償額をまとめました。

補償内容海外旅行保険クレジットカード
傷害死亡1,000万円500万円
後遺障害1,000万円500万円
傷害治療1,000万円200万円
疾病治療1,000万円270万円
疾病死亡1,000万円なし
救援費用1,000万円100万円
賠償責任1億2,000万円
航空機寄託手荷物遅延1万円なし
航空機遅延1万円なし
携行品損害30万円20万円

海外旅行保険において、一番重要な治療費において、クレジットカードの補償内容は海外旅行保険に比べ劣っていることが分かります。

万が一の治療費を考えるとクレジットカードの補償内容だけでは、不安でしょう。

\ 国内主要保険会社を比較 /

無料 オンライン見積り

まずは"簡単"今すぐ見積もり

無料 オンライン見積り                

まずは"簡単"今すぐ見積もり

クレジットカードは海外旅行保険と組み合わせることもできる

クレジットカード付帯の保険だけでは不安な場合、海外旅行保険と補償内容を組み合わせて、補償内容を手厚いものにすることも可能です。

一例として組み合わせ後の合算をまとめました。

補償内容海外旅行保険クレジットカード合算
傷害死亡1,000万円500万円1,500万円
後遺障害1,000万円500万円1,500万円
傷害治療1,000万円200万円1,200万円
疾病治療1,000万円270万円1,270万円
疾病死亡1,000万円なし1,000万円
救援費用1,000万円100万円1,100万円
賠償責任1億2,000万円1億2,000万円
航空機寄託手荷物遅延1万円なし1万円
航空機遅延1万円なし1万円
携行品損害30万円20万円50万円

海外旅行保険に加入し、持っているクレジットカードの補償と組み合わせることにより、十分な補償が確保されます。

海外旅行保険は、「節約プラン」「おすすめプラン」「補償充実プラン」など、プランが充実しています。

クレジットカードの補償額を確認して、海外旅行保険のプランを選ぶと、より手厚い補償になるでしょう。

\ 国内主要保険会社を比較 /

無料 オンライン見積り

まずは"簡単"今すぐ見積もり

無料 オンライン見積り                

まずは"簡単"今すぐ見積もり

意外と安い?海外旅行保険のプラン例

海外旅行保険は高いイメージがある方も多いでしょう。

しかし、実際はどれぐらいの費用がかかるのでしょうか。

海外旅行保険のプラン例

個人で7日間ハワイに旅行に行く時の保険料について、調べました。

補償内容 A社B社C社
傷害死亡1,000万円1,000万円1,000万円
後遺障害1,000万円1,000万円30~1,000万円
傷害治療1,000万円1,000万円無制限
疾病治療1,000万円1,000万円無制限
疾病死亡1,000万円1,000万円500万円
救援費用1,000万円1,000万円無制限
緊急歯科治療10万円補償あり10万円
賠償責任1億円1億円1億
航空機寄託手荷物遅延1万円10万円5万円
航空機遅延なしなし5万円
携行品損害30万円30万円30万円
テロ等対応1万円10万円なし
弁護士費用100万円100万円なし
7日間の保険料2,750円2,660円7,440円

1日あたり400円~1,000円で、手厚い保険に加入することができます。

400円で不安なく海外旅行を楽しめると考えると、安いのではないでしょうか。

\ 国内主要保険会社を比較 /

無料 オンライン見積り

まずは"簡単"今すぐ見積もり

無料 オンライン見積り                

まずは"簡単"今すぐ見積もり

保険料を抑えるなら、インターネット加入の海外旅行保険がおすすめ

インターネットで保険に加入すると、窓口よりも安く入ることができます。

インターネット加入が安い理由は、「店舗」「人件費」などを削減でき、コスト削減分を保険料に反映させ低価格での提供が可能になっています。

インターネット加入だからといって、補償内容が衰えていたり、サポートが不十分なわけではありません。

海外旅行でお金がかかる中、少しでも保険料を抑えたいならインターネットからの加入がおすすめです。

 

海外旅行保険は入るべき

海外旅行保険は加入が義務付けられていませんが、加入した方が良いでしょう。

海外では日本と違いさまざまな危険が潜んでおり、治療費に莫大な金額がかかることが分かりました。

インターネットから保険に加入すれば、自宅で手軽に安く保険に加入できます

海外旅行を存分に楽しむためにも、ご自身に合ったプランに加入しましょう。

\ 国内主要保険会社を比較 /

無料 オンライン見積り

まずは"簡単"今すぐ見積もり

無料 オンライン見積り                

まずは"簡単"今すぐ見積もり

  • この記事を書いた人

保険Times Magazine編集部

保険Times(株式会社インシュアランスブレーン)では、海外旅行保険(留学・ワーホリ・駐在・海外長期渡航など)・火災保険・法人損保に関するお問い合わせを日々多数いただいています。その中で、お客様からのご質問・やり取りの中から「この情報は保険加入前に知っておいた方がいいな」といった内容を記事にまとめて保険の選び方を発信しています。 スタッフの詳細なご紹介:https://hokentimes.com/oversea/staff

-海外旅行保険