ワーホリ保険 海外旅行保険

【解説】フランスワーホリビザ申請に必要なワーホリ保険の選び方

フランス

フランスはEU内で20%近くの面積を占め、日本の面積と比べて1.8倍もある大国です。スポーツも盛んでサッカーはもちろん、自転車競技(ツール・ド・フランス)、バスケットボール、ラグビーなども有名ではないでしょうか。自動車産業においてもルノーやプジョーはフランスの企業であり、日本で走っている車を目にすることも多いでしょう。西は大西洋、南は地中海に面し、穏やかな気候で過ごしやすい国と言われています。

産業、文化が発達したフランスで学びながら働くことができるワーキングホリデーは非常に魅力的な制度です。フランスはワーホリ協定国となっており、最長1年のワーキングホリデービザが取得可能です。とはいえ海外であり日本と法律や医療事情が大きく違うため、リスク管理は重要となります。今回はそういったリスクに備えるワーホリ保険の選び方について解説します。

ココがポイント

  1. フランスは医療水準が高くその分医療費も高額です。高額な支払いリスクをワーホリ保険でカバーしておきましょう。
  2. フランスワーホリの際のビザ申請時にワーホリ保険の加入が必須となっています。
  3. ワーホリ保険の選び方としては、自身の体調や携行品の量に合わせて補償内容をカスタマイズするようにしましょう。

ワーホリ保険の見積りはこちら

保険Times Magazineは、海外旅行保険の相談/見積もりサービスを展開する保険Timesが運営するWebメディアです。海外旅行保険の選び方コンテンツを発信しています。

フランスの治安状況について

フランスの治安状況については、あまり良いとはいえません。パリなどの都心部ではスリが多く、日本人観光客などは格好のターゲットとして被害に遭っているようです。現地警察も取り締まりを強化していますが、スリの場合現行犯でなければ逮捕ができないことから、犯罪の発生率は低くなっているとは言えません。

慣れないうちは現金を小分けにして持つ、財布に紐を付け鞄等に繋いでおくといった防犯対策が必要になるでしょう。何よりも日本は治安が良い国である反面、防犯意識は世界的に見て低いと思われがちです。なるべく早く現地に馴染み、観光客として目立たないように振る舞うことが重要と考えられます。

また商品の押し売り被害なども報告されており、語彙力が低いうちは理解できないまま購入させられないよう注意が必要です。親切に話しかけてくれる人の中にはそういった押し売りを行う人もいるため、渡航前に一定の語彙力は身につけておくべきでしょう。

近年はテロの警戒もあり、武装した警官が街にいることもあり犯罪抑止に一役買っているようです。とはいえフランスではスリなどの軽犯罪が多い傾向にあるため、命の危機にさらされるまでは無いけれども生活に支障をきたす犯罪に巻き込まれるリスクはあります。こういった点は注意すべきと考えられます。

フランスの医療事情について

医療水準ランキング

出典:Health Care Index by Country 2020

Health Care Index by Country2020の調査によると、フランスの医療水準は世界93か国中5位となっています。ちなみに1位は台湾、2位は韓国、3位は日本となっています。世界的に見ると、フランスの医療水準は高い方であると言えるでしょう。医療技術は高いことから、日本と同等の水準の治療を受けることができます。また、フランスの衛生状態も一般的で日本と変わらないことから、病院においてもほとんど問題はありません。田舎であっても適切な医療を受けることができることから、フランスの医療水準に関しては心配する必要はありません

フランスの医療事情において日本と最も異なる点は、完全な分業制になっているという点です。日本では初診から治療、投薬まで1つの病院で完結するのが一般的です。しかしフランスにおいてはまず主治医による診断、その後投薬は薬局を紹介、検査や治療に関しては専門の病院を紹介するというかたちになっています。なのでフランスに滞在する際においてはまず主治医を見つけることから始める必要があります。緊急の場合は緊急病院がありますが、そうでない場合は複数の病院を回ることは珍しくありません。この点は日本と大きく違う点と言えるでしょう。

ワーホリ渡航の場合は、現地の健康保険に加入できない

フランスには、28歳以下で4ヶ月以上現地に滞在する外国人も加入できるセキュリテ・ソシアルというフランス政府が運営している健康保険制度があります。ただ、ワーホリ渡航の場合はワーキングホリデービザにて入国することになりますので、滞在許可証の申請をする必要がないため現地の健康保険制度に加入することができません。ワーホリビザを申請する際にワーホリ保険の加入が必須となっているため、特に気にすることはないと思いますが、現地で就労する際に雇用主から聞かれる可能性もありますので一応記載させていただきました。

フランスの長期滞在に向いているワーホリ保険とは

ビザ申請時に必須のワーホリ保険に関し、カバーされる補償内容について解説します。専門用語が多くてわかりにくいですが、解説部分を読んでいただくと理解しやすいかと思います。

ワーホリ保険の補償内容

補償項目 解説
1.傷害死亡 けが、不慮の事故で亡くなった場合に定額で補償
1.傷害後遺障害 けが、不慮の事故で後遺障害が残った場合に等級により支払う保険金枠
1.傷害治療費+疾病治療費+救援者費用 現地での怪我、病気の治療費、治療に伴う帰国や他国への移送費用、遺体の輸送費、被保険者が死亡・入院した場合にご家族が駆け付ける費用
1.疾病死亡 病気で亡くなった場合に定額で補償
1.歯科治療 現地で歯科治療を受けた際治療費が支払われる補償
2.賠償責任保険 海外での日常生活で他人にけがをさせたり他人のものを壊したりして損害を与え損害賠償責任を負ったときの補償
2.携行品、生活動産 持参物等の盗難、破損、火災等での損害補償、生活用動産はそれに加え居住中の家財も補償対象
3.航空機寄託手荷物遅延 飛行機に搭乗し手荷物が届かなかった時に購入した生活必需品の費用の補償
3.航空機遅延 飛行機が遅延した際にかかった宿泊費や交通費の補償
4.緊急一時帰国費用 家族が死亡・危篤状態になった場合や登場する飛行機が行方不明の場合に急遽帰国しないといけない場合の交通費や滞在費が補償される
4.弁護士費用 損害賠償請求する際の費用、弁護士への相談費用の補償

怪我や病気に関する治療費用や救援者費用などの一般的な海外旅行保険で補償されているものは当然含まれています。また相手に怪我をさせたりアパートの失火責任により家主から損害賠償を請求された場合など加入者に非がある場合に利用できる「個人賠償責任」、盗難などの被害に遭遇した場合に利用できる「生活用動産」など長期滞在が必要となるワーホリ生活の中で起きる可能性のある多種多様なトラブルも補償してもらえるところがワーホリ保険の特徴のひとつです。さらに「航空機寄託手荷物遅延費用」や「航空機遅延費用」、「旅行事故緊急費用」などの航空機に関連する補償、何らかの理由で一時的に帰国しなければいけなくなった場合の「緊急一時帰国費用」などの補償もあります。

このようにただの海外旅行ではなく長期滞在が必要なワーホリだからこそ必要な補償が充実している点や、補償されている内容が幅広い点がワーホリ保険の大きな魅力だと言えるのです。また補償内容に関してはすべて日本語で対応してもらえるので、語学に自信がない人や勉強中の人でも安心して補償を利用できるようになっています。

フランスの医療費水準は高い?医療費水準各国比較(盲腸の治療費比較)

国名 日本 フランス アメリカ(Hawaii) 中国 イギリス
医療費 60万円 108万円 256万円 150万円 110万円

フランスの医療費水準はどの程度かを盲腸の治療をベースに比較してみましょう。フランスで盲腸の手術を受けた場合の医療費は108万円と日本よりも高額となっています。日本では健康保険が適用になりますので、実際の負担額ベースで比較すると非常に高額と感じるかと思います。

出典:ジェイアイ傷害火災保険

フランスで救急車を呼んだ場合の費用

国名 日本 フランス フィリピン 中国 イギリス
救急車費用 無料 約1万円 無料 3万円 無料

一般的に海外で救急車を呼ぶ場合は有料となっておりますが、フランスでも有料となっています。他の国は無料の国もありますが、中国だと3万円の費用がかかります。

出典:ジェイアイ傷害火災保険

フランスでの海外旅行保険加入者の高額保険金請求事例

フランスにおける高額保険金請求事例としては、現地で重症や治療難易度の高い怪我や病気により日本へ緊急医療搬送されるケースにおいて1,000万円を超える保険金請求が発生しています。フランスへ渡航する際は、この高額な保険金請求リスクをどうカバーするかが重要なポイントとなってきます

事故事例 支払い保険料
美術館を見学中に転倒。大腿骨転子部骨折と診断され20日間入院・手術。家族が駆けつける。看護師が付き添い医療搬送。 707万円
胸と肺に息苦しさを訴え受診。狭心症と診断され4日間入院。家族が駆けつける。 314万円
吐き気・下痢を訴え受診。脳梗塞と診断され15日間入院。家族が駆けつける。看護師が付き添い医療搬送。 573万円
夕食後に気分が悪くなり倒れ、頭を強打。翌朝もめまいが続き受診。ウィルス性内耳炎・硬膜下血腫と診断され13日間入院。家族が駆けつける。医師が付き添い医療搬送。 561万円
雪で凍っている交差点で滑り転倒。足首の骨折と診断され7日間入院・手術。家族が駆けつける。看護師が付き添い医療搬送。 402万円
ツアー中に一時的な記憶喪失となり受診。虚血性障害と診断され9日間入院。家族が駆けつける。医師が付き添い医療搬送。 383万円
到着後から目の痛みが始まり、翌日目が開けられない状態になり救急車で搬送。角膜潰瘍と診断され10日間入院。看護師が付き添い医療搬送。 351万円
遊覧船下船時に転倒し足を強打。大腿骨頸部骨折と診断され9日間入院・手術。家族が駆けつける。 344万円
腹痛が続き、バスから降りた直後に嘔吐。大腿ヘルニアと診断され7日間入院・手術。家族が駆けつける。 331万円
セーヌ川観光をしている際に脈が乱れ受診。静脈炎と診断され10日間入院。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添い医療搬送。 1,093万円
横断歩道を歩行中、車に轢かれ救急車で搬送。頭部外傷・肋骨他骨折と診断され10日間入院。家族が駆けつける。医師が付き添い医療搬送。 942万円
モンサンミッシェルを観光中、テラスより落下し救急車で搬送。大腿骨骨折と診断され19日間入院・手術。看護師が付き添い医療搬送。 742万円
高熱と発疹を訴え受診。マクロファージ活性化症候群と診断され12日間入院。家族が駆けつける。 549万円
靴を履く際、バランスを崩して台にぶつかり人工関節を脱臼。また入院中に膀胱炎を発症。16日間入院・手術。家族が駆けつける。 548万円

フランスワーホリ保険に加入する際の注意点

ワーホリ保険は、現地に到着してからでは日本の保険会社に申し込みをすることができないため、必ず出発前に日本国内から申し込みを行います。ワーホリ保険にかかる費用は、保険会社によって異なりますが、割安なプランでも年額で13万円程度かかります。ワーホリ保険を申し込む際に、複数の保険会社から見積もりを取り、補償内容と併せて判断することで、ワーホリ保険にかかる費用を自身の状況に見合う価格帯に近づけることができるようになります。会社によっては、保険料の払い戻しが日本に帰国した後になる場合もあるため、現地である程度の現金が必要になることが起こります。

フランスのワーホリ保険を安くする方法とは

フランスへワーホリする際の保険選びの考え方としては、補償充実プラン、補償通常プラン、補償少ないプランの3つに切り分けてどこまでの補償を入れ込むか・削減するかを考えることが重要です。ご自身の健康状態や渡航期間などを加味しながら、最終的にどのプランにすることがいいか決定していくプロセスがいいでしょう。

海外旅行保険の重要な補償内容

参考:AIG損保HP

AIG損保に掲載のある海外で実際に多いトラブル上位では、1.健康にまつわるもの、2.手荷物にまつわるもの、3.航空機にまつわるものの3点がトラブル発生率が高いものとして挙げられています。フランスへのワーホリ保険のプランを選んでいく上でも、まずは上記の3トラブルを抑えつつ、その他の補償をどの程度つけるのか、削るのかを検討しておくのが良いでしょう。

フランス3ヶ月のワーホリ保険プラン例

補償面 Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン
傷害死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
治療・救援費用 無制限 3,000万円 3,000万円 無制限
緊急歯科治療費用 - - - -
疾病死亡 - 1,000万円 1,000万円 1,000万円
賠償責任 5,000万円 1億円 1億円 1億円
携行品損害 30万円 10万円 - -
生活用動産 - - 100万円 30万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 - 3万円 10万円 -
航空機遅延 - あり  2万円 -
テロ等対応費用 - - 1万円 -
弁護士費用 - - 100万 -
保険料 49,310円 48,940円 36,170円 58,160円

上記は、保険プランの一例となります。3ヶ月の保険プランを選ぶ際補償内容の充実度合いによって約3万円〜約6万円程度の範囲の保険料となります。一部のプランのみの掲載となりますので、お見積もり依頼をいただければ、ご要望をお伺いしながら最適プランをご提案させていただきます

ワーホリ保険の見積りはこちら

フランス6ヶ月のワーホリ保険プラン例

補償面 Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン
傷害死亡 3,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 3,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
治療・救援費用 無制限 3,000万円 3,000万円 無制限
緊急歯科治療費用 - - - -
疾病死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
賠償責任 1億円 1億円 1億円 1億円
携行品損害 20万円 10万円 - -
生活用動産 - 100万円 30万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 10万円 3万円 10万円 -
航空機遅延 2万円 あり  2万円 -
テロ等対応費用 - - 1万円 -
弁護士費用 - - 100万 -
保険料 112,190円 105,250円 77,310円 127,390円

上記は、渡航期間6ヶ月の保険プランの一例となります。半年間のワーホリ保険の保険料は補償内容の充実度合いによって約6万円〜約12万円程度の範囲の保険料となります。一部のプランのみの掲載となりますので、お見積もり依頼をいただければ、ご要望をお伺いしながら最適プランをご提案させていただきます

ワーホリ保険の見積りはこちら

フランス1年渡航の場合のワーホリ保険プラン例

補償面 Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン
傷害死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
治療・救援費用 無制限 3,000万円 無制限 無制限
緊急歯科治療費用 - - - -
疾病死亡 - 1,000万円 1,000万円 1,000万円
賠償責任 5,000万円 1億円 1億円 1億円
携行品損害 30万円 10万円 - -
生活用動産 - 100万円 30万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 - 3万円 10万円 -
航空機遅延 - あり  2万円 -
テロ等対応費用 - - 1万円 -
弁護士費用 - - 100万 -
保険料 209,680円 208,490円 159,060円 246,560円

上記は、渡航期間1年の保険プランの一例となります。1年間の保険の保険料は補償内容の充実度合いによって約14万円〜約27万円程度の範囲の保険料となります。一部のプランのみの掲載となりますので、お見積もり依頼をいただければ、ご要望をお伺いしながら最適プランをご提案させていただきます

ワーホリ保険の見積りはこちら

ワーホリ保険の付帯サービス

キャッシュレスで受診できる

ワーホリ保険の付帯サービスとして保険会社の提携病院であればキャッシュレスで受診することができるため安心です。海外と日本の治療費水準は異なるため、渡航先によって高額な治療費を請求されるケースが多発しています。その場で手持ちの資金がないといったことがないように、病院で治療を受ける際は保険会社が病院に直接治療費を支払いシステムになっています。診察料金を気にせずに病院へ行けることは、ワーホリ保険のメリットと言えます。

医療通訳サービス

現地で治療を受ける際に、英語ならまだしも様々な国に渡航する際に医療会話をフランス語で話すことは難易度が高いです。その際、自分が伝えたいことを医療通訳サービスが代わりに伝えてくれるサービスが提供されています。緊急事態だととっさに難易度の高い会話ができないといった可能性もありますので、現地で重宝されるサービスです。

その他サポート

スーツケースの破損、パスポートの紛失など治療関連以外の現地でのトラブルにも対応する保険会社があります。対面でのサポートデスクを展開する保険会社では、アパートの契約など現地生活での困りごとを気軽に相談でき便利です。日本の意思にオンラインで相談できるサービスを提供している会社もあり、各社によってサポート体制は異なります。

まとめ

産業、文化が発達しているフランスでのワーキングホリデーはたくさんのことを学ぶことができ、有意義な時間を過ごせるものとなります。そんなときにトラブルに遭った場合は、できるだけ早く元の生活に戻ることが重要です。ワーホリ保険では色々なリスクに対応することができるため、安心してワーキングホリデーを楽しむためにも検討してみてはいかがでしょうか。

\見積もり依頼で保険料が安くなる/

【無料】見積りスタート

海外旅行保険専任アドバイザーに不明点を相談

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • この記事を書いた人

保険Times Magazine編集部

株式会社インシュアランスブレーンでは、生命保険、損害保険の国内主要会社を取り扱っており、"お客様目線での保険選び"ができるようサポートさせていただいております。個人のライフプランから会社のリスクマネジメントなどお気軽にご相談ください。

-ワーホリ保険, 海外旅行保険
-

Copyright© 保険Times Magazine , 2020 All Rights Reserved.