海外旅行保険 留学情報

フランスの医療費・医療制度を海外旅行保険のプロが徹底解説

フランス

日本からも留学やワーキングディで滞在する人が多いフランス。フランスへの渡航目的は様々ですが、有意義な滞在をしたいものです。現地に滞在する上できちんと知っておきたい、把握しておきたいものの1つがフランスの保険事情。フランスに滞在中に体調を崩してしまったりケガをしてしまったりなどで、病院にお世話になることもあるかもしれません。フランスの医療水準や医療費などどのくらい必要になってくるのか、医療制度の違いはどんなものがあるのか、万が一に備えてフランスでの保険事情を確認しておきましょう。

ココがポイント

  1. フランスは医療費が高額なエリア。日本の医療費と同等水準の費用がかかるケースがあることを認識しましょう。
  2. フランスの公的保険は、補償対象外となる項目に注意しましょう。
  3. 現地で日本語の診察などを受ける際は自費になりますので、海外旅行保険の加入をお勧めします。

海外旅行保険の見積りはこちら

保険Times Magazineは、海外旅行保険の相談/見積もりサービスを展開する保険Timesが運営するWebメディアです。海外旅行保険の選び方コンテンツを発信しています。

フランスの医療水準について

医療水準ランキング

出典:Health Care Index by Country 2020

Health Care Index by Country2020の調査によると、フランスの医療水準は世界93か国中5位となっています。ちなみに1位は台湾、2位は韓国、3位は日本となっています。世界的に見ると、フランスの医療水準は高い方であると言えるでしょう。医療技術は高いことから、日本と同等の水準の治療を受けることができます。また、フランスの衛生状態も一般的で日本と変わらないことから、病院においてもほとんど問題はありません。田舎であっても適切な医療を受けることができることから、フランスの医療水準に関しては心配する必要はありません。

フランスの医療制度

医師

フランスは社会保障が手厚い国です。フランスの医療制度は、日本と同様に国民皆保険制度のようなシステムを採用していることから日本と似ている部分もありますが、異なる点もいくつかあります。日本と異なる大きな点は職業(職域)によって加入する保険が変わってくるという点が特徴的です。

かかりつけ医制度

フランスでは、かかりつけ医制度が採用されています。

日本では診断、治療、投薬は同じ病院内で済むことがほとんどですが、フランスではかかりつけ医制度が採用されていることから、まずはかかりつけ医に診断してもらわなければなりません。簡単に説明すると、かかりつけ医に診断してもらい薬局で投薬してもらうという流れになります。検査や治療が必要な場合は専門の病院を紹介されます。これらの点が日本と異なり、日本の考えで行くと少々複雑かもしれません。

フランスでは「一般医」と「専門医」が分かれています。一般医とは日本の開業医に相当しますが、この一般医が「かかりつけ医」の主治医となります。しかし、日本では一般医である開業医に受診してもらう際、飛び込みでも診断してもらうことは可能ですが、フランスでは予約するのが基本になります。そのため、電話で予約を取ってから診断という流れになります。かかりつけ医に診断してもらい、万が一精密検査などが必要になった場合は総合病院や専門医を紹介してもらうという流れになります。また、私立病院、公立病院がありますが、私立病院は早い処置を受けられますが割高です。公立病院は私立病院と比較すると治療費は安くなりますが予約を取るのに時間を要するなど、それぞれメリットやデメリットがあります。

このような点からも、フランスに滞在する際にはかかりつけ医である主治医を探すことが第一のステップです。留学やワーキングホリデイで滞在する場合は、日本語が話せる医師や日本語対応可能な病院を探すのも一つの手段です。

フランスの医療機関の特徴は?

フランスで医療機関を受診する際、日本とは異なる点があるため、渡航準備中に医療機関の特徴をしっかりと把握しておくことが大切です。フランスの医療機関が日本と最も異なる点は、分業制が敷かれていることです。診察、薬、検査を受ける場所が独立しているため、手続きがやや複雑ですフランスの医師は、「一般医」と「専門医」の二種類に分かれて患者の診療にあたります。

一般医とは、日本で言うところの開業医に相当し、主治医制度が推奨されているフランスでは、一般医に主治医の依頼をすることが多いです。主治医を探したい場合は、近隣の薬局に相談すると、近所におすすめする医師や、日本語が通じる医師など貴重な情報を教えてもらえます。日本では、開業医への受診は飛び込みでも対応してもらえますが、フランスの場合は基本的に予約制のため、一般医にかかる時には電話で予約を取ります一般医の判断で、処方せんや検査の指示を受けますが、精密検査が必要だと判断した場合など、状況に応じて専門医や総合病院の医師を紹介してもらいます。専門医は、整形外科医や小児科医など専門に特化した医者を指し、レントゲン撮影や血液検査を行う場合も専門医が担当します。患者は、指示された病院の専門医に電話で予約を取りますが、公立病院の場合は治療費を抑えられるものの、予約に時間がかかります。私立病院は、治療費は割高ですが処置が早く上質なサービスを受けられます。突然高熱が出るなど、救急患者として突発的に治療が必要になった場合は、救急外来を受診して今後の進め方について相談に乗ってもらいましょう。

フランスの健康保険事情

フランスの学生社会保険機構に加入している高等教育機関に、一定期間以上通学する28歳未満の学生は、フランスの社会保険の一つである健康保険への加入が義務付けられています。加入手続きに必要な書類は、住んでいる地域を管轄している健康保険センター「CPAM」に直接出向くか、Webサイトから請求することで手に入ります。学校の事務局に健康保険を加入する旨を申告した後、所定の手続きを「CPAM」で済ませておきます。年間保険料は200ユーロ弱程度かかります。28歳以上の外国人学生は対象外ですが、学校の事務局から加入できる保険を紹介してもらえることがあります。

3ヶ月以上フランスに定住していれば、「CMU」と呼ばれる、フランスの長期滞在者で収入が少ない人向けの基礎医療保険を請求することができます。収入に応じて、一般タイプと医療費無料タイプの2種類から選択することが可能ですが、医療費無料タイプは過去1年間の収入を証明するため、前年の所得税払込用紙を準備する必要があります。どちらの保険もフランス語で書類を準備するため、中級以上のフランス語力が必要です。手続きを開始してから加入が完了するまで少なくとも約3か月程度かかりますが、手早く保険を準備したい場合は、民間の健康保険を利用するという方法もあります。学校の事務局で紹介してもらえることもありますが、保険料は国籍やオプション設定、適用期間などで変動するだけでなく、国民健康保険の番号を取ることができないため、中身をよく吟味してから利用するようにしましょう

フランス長期滞在の場合の保険の選択肢

先述の通り、フランスの学生社会保険機構に登録している高等教育機関(大学もしくはそれに準ずるもの)に一定期間以上在籍する28歳未満の方は、フランスの社会保険セキュリテソシアルの健康保険アシュアランス・マラディへの加入が義務付けられています。セキュリティ・ソシアルに入っておけば日本で海外旅行保険に加入する必要はないのではないかと考える方もいると思います。ここでは、それぞれの保険のメリットデメリットを見比べて、どの組み合わせで加入したら良いか見てみましょう。

セキュリテ・ソシアル

フランスの学生社会保険機構に登録している高等教育機関(大学、またはそれに準ずるもの)に一定期間以上在籍する28歳未満の方は加入が義務付けられている。

セキュリテ・ソシアルのメリット

  • 保険料が年間€200弱。(大学で加入する学生の場合)
  • 滞在3ヶ月目から任意で加入できる。
  • 年齢制限なし
  • 医療機関、検査機関、薬局共に対応が早い。

セキュリテ・ソシアルのデメリット

  • 医療費が高くなっても払い戻し金額には基準額があり、医療費が高額になる程自己負担額が増える。

例)風邪を引いた時の払い戻し基準額は€22。

  • 診察代が基準額通り€22の場合

€22×70%ー負担金€1=€14.40払い戻し分隣、この€14.40が風邪を引いた時の払い戻し金額の基準となります。

€22ー€14.40=€5.60=自己負担分

  • 何らかの理由で基準額を超えて診察代€40になってしまった場合

€40ー€14.40=€25.60=自己負担分このように何らかの理由で診察代が基準額を超えても比例して払い戻し金額が増えるということはなく、自己負担額は増えてしまいます。この自己負担額をカバーするために、ミュチュエルという任意共済保険で賄う方が多いです。

  • 任意加入は3ヶ月目以降なので、最初の3ヶ月は他の保険(クレジット付帯保険など)で賄う必要がある。
  • 任意加入の場合、加入手続き時など、中級程度のフランス語力が必要。

セキュリテソシアルを活用することに向いている方

  1. フランスに長期滞在予定
  2. フランス語に自信がある人
  3. フランスで仕事を探す必要がある人

日本の海外旅行保険

下記で紹介するメリット・デメリットの他にも、他国渡航時や一時帰国中でも保険適用されます。フランスに渡航される場合近隣国に旅行される方も多いと思いますので加入していくことをお勧めします。

日本の海外旅行保険を活用するメリット

  • 申し込み、保険利用時まですべて日本語で対応可能。
  • 治療費用に関していえば補償額内であれば自己負担額0
  • 渡仏前に手続きをすませられるので安心できる。
  • キャッシュレス診療サービスや、24時間365日対応可能なサポートデスクがあるなどサービスが充実している。
  • 医療保険だけでなく、旅行中の対人対物の損害保険、死亡保障など生命保険の役割も担っている。
  • 医療保険だけでなく、旅行中の対人対物の損害保険、死亡保障など生命保険の役割も担っている。
  • 途中帰国の場合解約返戻金が発生する。

日本の海外旅行保険を活用するデメリット

  • 保険料が年間15万円〜26万円と高い。
  • 渡航してしまうと加入ができない。
  • 申し込みから契約証が手元に届くまで1週間程度かかることがある。

ミュチュエル

基本的にセキュリテ・ソシアルの自己負担分をカバーするための任意保険。カバー率によって自己負担分をどこまでカバーするか選ぶことができます。

ミュチュエルを活用するメリット

  • 外国人留学生専用商品も多数ある。
  • インターネット経由で加入できるものが多い
  • 保険料が年間€300と安い。
  • フランスの医療機関がミチュエルに慣れていて払い戻し手続きが比較的スムーズ。
  • 損害賠償、住宅保険なども多くの場合カバーされる。

ミュチュエルを活用するデメリット

  • 中級程度のフランス語が求められる。

まだ慣れないうちは、フランスの医療・保険の制度をフランス語で理解するのはやや難解です。また、自己負担額などの問題もあるのでセキュリテ・ソシアルに加入しつつ慣れるまでは日本の海外旅行保険を利用するのが良いでしょう。保険料を少しでも安くしたいという場合は代理店や保険会社に相談してみましょう。

フランスの医療費

実際フランスでの医療費はどのくらいかかるのか、日本と比較しながら大体の目安をいくつかご紹介していきます。各項目を比較すると、日本とほぼ同額の治療費で受診することができます。ただ、日本は健康保険に加入しているため医療費の3割負担となりますが、フランスでは健康保険に加入していない場合は全額負担となりますので注意が必要です。

項目名 日本 フランス
救急車を呼んだ場合の費用 無料
※日本では救急車は無料ですが、基本的に海外で救急車を利用する際は有料です。
8,300円
フランスでは1kmごとに300円程度加算されていきます。
病院の初診料 3,000円弱程 12,000円~18,000円程度
虫垂炎の治療費 400,000円程(日本の基準額は、10割負担を想定)
※平均入院日数は日本では4日程度
480,000円
※平均入院日数はフランスでは3日と短かめです。
骨折時の治療費 20,000円 40,100円~45,900円程
病院の部屋代(1日平均) 日本 個室:30,000円~100,000円

日本 ICU:80,000円~100,000円

フランス 個室:126,100円

フランス ICU:286,700円

フランスの海外旅行保険加入者の保険金請求事例

フランスで実際に保険金を請求した際の事例をいくつかご紹介します。フランスでは1,000万円を超える請求が発生している点が特徴です。日本へ医療搬送されるような大事故・病気にかかってしまった場合は費用が高額となりますので、これらの高額治療費請求リスクに対応しておくことが重要です。

No. 内容 請求金額
1 美術館を見学中に転倒。大腿骨転子部骨折と診断され20日間入院・手術。家族が駆けつける。看護師が付き添い医療搬送。 707万円
2 胸と肺に息苦しさを訴え受診。狭心症と診断され4日間入院。家族が駆けつける。

 

314万円
3 吐き気・下痢を訴え受診。脳梗塞と診断され15日間入院。家族が駆けつける。看護師が付き添い医療搬送。 573万円
4 夕食後に気分が悪くなり倒れ、頭を強打。翌朝もめまいが続き受診。ウィルス性内耳炎・硬膜下血腫と診断され13日間入院。家族が駆けつける。医師が付き添い医療搬送。 561万円
5 雪で凍っている交差点で滑り転倒。足首の骨折と診断され7日間入院・手術。家族が駆けつける。看護師が付き添い医療搬送。 402万円
6

 

ツアー中に一時的な記憶喪失となり受診。虚血性障害と診断され9日間入院。家族が駆けつける。医師が付き添い医療搬送。 383万円
7 到着後から目の痛みが始まり、翌日目が開けられない状態になり救急車で搬送。角膜潰瘍と診断され10日間入院。看護師が付き添い医療搬送。 351万円
8 遊覧船下船時に転倒し足を強打。大腿骨頸部骨折と診断され9日間入院・手術。家族が駆けつける。 344万円
9 腹痛が続き、バスから降りた直後に嘔吐。大腿ヘルニアと診断され7日間入院・手術。家族が駆けつける。 331万円
10 セーヌ川観光をしている際に脈が乱れ受診。静脈炎と診断され10日間入院。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添い医療搬送。 1,093万円
11 横断歩道を歩行中、車に轢かれ救急車で搬送。頭部外傷・肋骨他骨折と診断され10日間入院。家族が駆けつける。医師が付き添い医療搬送。 942万円
12 モンサンミッシェルを観光中、テラスより落下し救急車で搬送。大腿骨骨折と診断され19日間入院・手術。看護師が付き添い医療搬送。 742万円
13 高熱と発疹を訴え受診。マクロファージ活性化症候群と診断され12日間入院。家族が駆けつける。 549万円
14 靴を履く際、バランスを崩して台にぶつかり人工関節を脱臼。また入院中に膀胱炎を発症。16日間入院・手術。家族が駆けつける。 548万円

留学やワーキングホリデイでフランスに滞在する際の保険は?

留学の場合

フランスに留学する場合、留学する前から日本語で保険の申請ができるのが留学保険。保険の契約内容などを事前に日本語で把握できるというのは大きなメリットです。日本語で保険内容をしっかりと理解した上で保険に加入することができますまた、日本から加入することにより現地でフランス語での手続きがないので安心感もあります。基本的に日本語なので手続きもスムーズです。ただし、注意点としては現地に到着後では日本の保険会社で申し込みは不可能なので出発前に手続きを行う必要があります。

留学保険は保険会社により費用は異なりますが、決して安いものではありません。そのため、いくつかの保険会社に見積もりをしてもらい、補償される内容も含めた上で選ぶのがよいでしょう。またフランスの現地デスクがある留学保険は、医療費の建て替えが不要でキャッシュレスで処理が行える病院の情報を入手できたりもします。また、携行品などの保証があるプランもあるので見合ったプランを選び、万が一に備えておくことも可能です。

ワーキングホリディの場合

フランスにワーキングホリディに行く際には日本からワーホリ保険(長期海外旅行保険)に加入していくのがベターです。ワーキングホリディ中であっても病気やケガで病院にお世話になるということはありますし、万が一のためにも加入しておくといいでしょう。また、フランスは治安は悪くはないとはいえ、盗難などもあるので携行品に対する補償があると安心です。カメラやパソコンなどが盗難に遭ってしまった時のことを考えると携行品の保険にも入っておくのがおすすめです。

また、日本からワーホリ保険に加入しておくと、現地で何かトラブルがあった際にも日本語でサポートを受けられるという安心感があります。現地でフランス語に困った場合でも、日本の保険会社がサポートしてくれるので安心感も大きく異なってきます。

まとめ

留学やワーキングホリデーでフランスに滞在する場合、多くのことを学び充実した時間を過ごしたいものです。海外に滞在する上で何かトラブルが起こった時に、サポートしてもらえる保険はとても重要なものになってきます。保険には様々な種類があり、滞在期間によっても費用なども異なってきます。フランスで安心して充実した時間を過ごすためにも、自分に見合った保険をぜひ見つけてくださいね。

\見積もり依頼で保険料が安くなる/

【無料】見積りスタート

海外旅行保険専任アドバイザーに不明点を相談

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • この記事を書いた人

保険Times Magazine編集部

株式会社インシュアランスブレーンでは、生命保険、損害保険の国内主要会社を取り扱っており、"お客様目線での保険選び"ができるようサポートさせていただいております。個人のライフプランから会社のリスクマネジメントなどお気軽にご相談ください。

-海外旅行保険, 留学情報
-

Copyright© 保険Times Magazine , 2020 All Rights Reserved.