ワーホリ保険 海外旅行保険

【徹底解説】ビザ申請に必須のドイツワーホリ保険の選び方

ドイツ

ヨーロッパではG8に入る経済大国のドイツ。ドイツと日本はかつての世界大戦中、「日・独・伊」三国同盟を結んでいたぐらい歴史的に見ても日本とは非常に親交の深い国なのですが、残念ながら昨今、一般的な日本の方がドイツという国に対するイメージは、「サッカーが強い国とビールが美味しい!」ぐらいしか思い浮かばれない方が多いのではないでしょうか。

このように日本人と一見すると馴染みの薄いドイツですが、2010年6月から新たなワーキングホリデーの対象国として協定を結んだ国の1つに入りました。以来、元々日本人にとって馴染みの薄かったはずのドイツにワーホリビザを取得し、ドイツに長期滞在するお若い方が、年々増加傾向にあります。特に首都ベルリンの日本人滞在者数は、顕著な伸びを見せており、2018年時点の現在では、ベルリン市内で日本人が滞在できる適度な予算の部屋を探す事が容易ではないほどなのです。

それでは今回は、日本の方に馴染みの薄いドイツへワーホリで長期滞在を検討される方向けに、現地の生活事情を踏まえ、ぜひ検討しておくべき「ドイツワーホリ向けの海外旅行保険内容」について詳しく解説してまいります。

ココがポイント

  1. ドイツの医療水準は世界的に高く、医療費水準も日本と同等レベルです。1回数百万円単位の高額治療費請求が発生しています。
  2. ドイツでワーホリ渡航する際は、ビザ申請時にワーホリ保険の加入が必須となっています。妊娠初期症状・歯科治療がカバーされていることがワーホリ保険の条件です。
  3. ワーホリ保険は、補償内容を渡航条件やご自身の体調に合わせてカスタマイズすることで保険料を抑えられます。

ワーホリ保険の見積りはこちら

保険Times Magazineは、海外旅行保険の相談/見積もりサービスを展開する保険Timesが運営するWebメディアです。海外旅行保険の選び方コンテンツを発信しています。

ドイツの治安状況について

ドイツの治安は、ヨーロッパの中でもトップクラスに良い方です。現地のドイツの人々の平均教育レベルも高く、真面目で非常にマナーのある国民性ですので、よほど危険な地域に行かなければ、まず目立った犯罪に巻き込まれることはありません。

1点気を付ける事があるとすれば首都ベルリンは、ご存じのようにベルリンの壁崩壊以降、旧の東ドイツ、および経済レベルの貧しい東欧地域からの移民がどっと増えましたので、そういった移民による窃盗、スリ、子供のあたり屋などが現在でも横行しています。面倒なことに巻き込まれないためにもこういった移民が多い地域には、近づかないことです。

またこれを踏まえて、部屋が見つからない、滞在費が安いからという理由で、滞在先に東欧との国境地域を選ばれることもお薦めできません。中心部と違って国境地域は様々な人々がいますので、決して日本の方にとって安心して住める地域ではありませんから、この辺りも注意するべきでしょう。

ドイツの医療事情について

ドイツ医療水準

出典:Health Care Index by Country 2020

Health Care Index by Country2020の調査によると、ドイツの医療水準は世界93か国中14位となっています。ちなみに1位は台湾、2位は韓国、3位は日本となっています。世界的に見ると、ドイツの医療水準は高い方であると言えるでしょう。医療技術は高いことから、日本と同等の水準の治療を受けることができます。

ドイツの医療制度の基本は、「ホームドクター制」というのを取っており、今回滞在先に決めた自宅・勤務先の近くに自身のかかりつけの一般医、内科医などを予め決めておき、何かあった時にはそのホームドクターにかかる場合が一般的です。専門医・大学病院などの大きな医療機関での治療が必要な場合は、このホームドクターからの紹介で訪れる手順になります。ドイツの国民・日本からの在住者も含めてドイツではドイツに滞在するすべての人に「健康保険の加入」が義務付けられており、病院での治療はその保険を使って治療を受ける事になり、医療費自体もこの保険を適用して受ける場合、一般的な治療のほとんどは無料です。もし、保険に加入していない場合は、治療費を実費で支払うことになりますので、その場合の治療費は日本の実費治療の1.5倍ほどかかることになります。

しかし、ワーキングホリデービザを取得する方の場合は、この対象にはならず、ビザの取得時に滞在予定全行程分の保険を予め日本の保険に加入してくることが義務付けられていますつまりワーホリビザでドイツに行かれる方は、日本で自身の目的に合った海外旅行保険に加入することになります。いずれにしましても、ドイツの医療機関を直接受診するにはドイツ語もしくは英語での対応になりますので、語学力に自信のない方に取りましてもイザという時のためには、日本の保険会社が提携した日本語通訳付きの医療機関が受診できる準備が必要と言えます。

また、海外でドイツでのワーホリビザを取得する事を決められて、海外のドイツ領事館にワーホリビザを申請する方も増えております。長期滞在する場合はこの保険をどこでどういう風に加入するかを考慮する必要がありますので、海外からインターネットで日本の保険に加入するかなどの対応を迫られることも出てきます。この点に関する詳細は現在滞在している国のドイツ領事館・大使館に問い合わせてみましょう。

ドイツの長期滞在に向いているワーホリ保険とは

ビザ申請時に必須のワーホリ保険に関し、カバーされる補償内容について解説します。専門用語が多くてわかりにくいですが、解説部分を読んでいただくと理解しやすいかと思います。

ワーホリ保険の補償内容

補償項目 解説
1.傷害死亡 けが、不慮の事故で亡くなった場合に定額で補償
1.傷害後遺障害 けが、不慮の事故で後遺障害が残った場合に等級により支払う保険金枠
1.傷害治療費+疾病治療費+救援者費用 現地での怪我、病気の治療費、治療に伴う帰国や他国への移送費用、遺体の輸送費、被保険者が死亡・入院した場合にご家族が駆け付ける費用
1.疾病死亡 病気で亡くなった場合に定額で補償
1.歯科治療 現地で歯科治療を受けた際治療費が支払われる補償
2.賠償責任保険 海外での日常生活で他人にけがをさせたり他人のものを壊したりして損害を与え損害賠償責任を負ったときの補償
2.携行品、生活動産 持参物等の盗難、破損、火災等での損害補償、生活用動産はそれに加え居住中の家財も補償対象
3.航空機寄託手荷物遅延 飛行機に搭乗し手荷物が届かなかった時に購入した生活必需品の費用の補償
3.航空機遅延 飛行機が遅延した際にかかった宿泊費や交通費の補償
4.緊急一時帰国費用 家族が死亡・危篤状態になった場合や登場する飛行機が行方不明の場合に急遽帰国しないといけない場合の交通費や滞在費が補償される
4.弁護士費用 損害賠償請求する際の費用、弁護士への相談費用の補償

怪我や病気に関する治療費用や救援者費用などの一般的な海外旅行保険で補償されているものは当然含まれています。また相手に怪我をさせたりアパートの失火責任により家主から損害賠償を請求された場合など加入者に非がある場合に利用できる「個人賠償責任」、盗難などの被害に遭遇した場合に利用できる「生活用動産」など長期滞在が必要となるワーホリ生活の中で起きる可能性のある多種多様なトラブルも補償してもらえるところがワーホリ保険の特徴のひとつです。さらに「航空機寄託手荷物遅延費用」や「航空機遅延費用」、「旅行事故緊急費用」などの航空機に関連する補償、何らかの理由で一時的に帰国しなければいけなくなった場合の「緊急一時帰国費用」などの補償もあります。

このようにただの海外旅行ではなく長期滞在が必要なワーホリだからこそ必要な補償が充実している点や、補償されている内容が幅広い点がワーホリ保険の大きな魅力だと言えるのです。また補償内容に関してはすべて日本語で対応してもらえるので、語学に自信がない人や勉強中の人でも安心して補償を利用できるようになっています。

ドイツのワーホリ保険加入時の注意点

ワーキングホリデーの方向けの長期滞在対象者保険も、通常の海外旅行保険も「基本保障内容」に関しては同様です。繰り返しになりますが、ドイツは基本保障内容に加え、「歯科保障」・女性の方は「妊娠初期検診・症状」の特約を付けなければならない、かつその部分の保障が付いていることを客観的に証明する保険資料が必要な為、これらの条項を証明できる書類を発行してくれる保険会社を選ぶべきでしょう。

ドイツの医療費水準は高い?医療費水準各国比較(盲腸の治療費比較)

国名 日本 ドイツ アメリカ(Hawaii) 中国 イギリス
医療費 60万円 50万円 256万円 150万円 110万円

ドイツの医療費水準はどの程度かを盲腸の治療をベースに比較してみましょう。ドイツで盲腸の手術を受けた場合の医療費は50万円と日本と同等水準になっています。日本では健康保険が適用になりますので、実際の負担額ベースで比較すると非常に高額と感じるかと思います。

ドイツで救急車を呼んだ場合の費用

国名 日本 ドイツ フィリピン 中国 イギリス
救急車費用 無料 約2~7万円 無料 3万円 無料

一般的に海外で救急車を呼ぶ場合は有料となっておりますが、ドイツでも有料となっています。他の国は無料の国もありますが、中国だと3万円の費用がかかります。

ドイツでの海外旅行保険加入者の高額保険金請求事例

ドイツにおける高額保険金請求事例としては、現地で重症や治療難易度の高い怪我や病気により数百万円レベルの保険金請求が発生しています。スペインへ渡航する際は、この高額な保険金請求リスクをどうカバーするかが重要なポイントとなってきます

事故事例 支払い保険料
発熱・腹痛の症状を訴え受診。憩室炎と診断され17日間入院・手術。家族が駆けつける。看護師が付き添い医療搬送。 540万円
ホテルのバスルームで足を滑らせ転倒、頭と腰を強打し救急車で搬送。腰椎圧迫骨折と診断され15日間入院・手術。家族が駆けつける。 351万円
朝食後に胸の痛みを訴え救急車で搬送。心筋梗塞と診断され5日間入院・手術。家族が駆けつける。医師が付き添い医療搬送。 374万円
体調不良が続いた後に倒れ受診。脳腫瘍と診断され13日間入院。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添い医療搬送。 388万円
市内を歩行中に転倒、コンクリートに腰を強打し救急車で搬送。胸椎圧迫骨折と診断され9日間入院・手術。家族が駆けつける。 338万円
レストランで昼食時に転倒し腰を強打。骨盤骨折と診断され33日間入院・手術。看護師が付き添い医療搬送。 518万円
ハイデルベルク城内のカフェテリアで椅子から立ち上がった際に転倒、腰を強打し救急車で搬送。大腿骨頸部骨折と診断され10日間入院・手術。家族が駆けつける。看護師が付き添い医療搬送 486万円
トイレで意識を失って倒れ、便器に胸を強打。気胸・肋骨骨折と診断され11日間入院・手術。家族が駆けつける。医師が付き添い医療搬送。 475万円
飛行機から降りた直後に意識を失い救急車で搬送。肺塞栓症と診断され14日間入院。家族が駆けつける。医師が付き添い医療搬送。 383万円
横断歩道の段差に躓き転倒し肩を強打。上腕骨近位端骨折と診断され8日間入院・手術。家族が駆けつける。看護師が付き添い医療搬送。 323万円
高熱を訴え救急車で搬送。肺炎と診断され10日間入院。家族が駆けつける。医師が付き添い医療搬送。 314万円
ホテルの入口に向かう坂道でバランスを崩し転倒。上腕骨・橈骨骨折、肩脱臼と診断され11日間入院・手術。家族が駆けつける。 307万円

出典:ジェイアイ傷害火災保険

ドイツワーホリ保険に加入する際のポイント

ワーホリ保険は、現地に到着してからでは日本の保険会社に申し込みをすることができないため、必ず出発前に日本国内から申し込みを行います。ワーホリ保険にかかる費用は、保険会社によって異なりますが、割安なプランでも年額で13万円程度かかります。ワーホリ保険を申し込む際に、複数の保険会社から見積もりを取り、補償内容と併せて判断することで、ワーホリ保険にかかる費用を自身の状況に見合う価格帯に近づけることができるようになります。会社によっては、保険料の払い戻しが日本に帰国した後になる場合もあるため、現地である程度の現金が必要になることが起こります。

ドイツのワーホリ保険を安くする方法とは

ドイツへワーホリする際の保険選びの考え方としては、補償充実プラン、補償通常プラン、補償少ないプランの3つに切り分けてどこまでの補償を入れ込むか・削減するかを考えることが重要です。ご自身の健康状態や渡航期間などを加味しながら、最終的にどのプランにすることがいいか決定していくプロセスがいいでしょう。

海外旅行保険の重要な補償内容

参考:AIG損保HP

AIG損保に掲載のある海外で実際に多いトラブル上位では、1.健康にまつわるもの、2.手荷物にまつわるもの、3.航空機にまつわるものの3点がトラブル発生率が高いものとして挙げられています。ドイツへのワーホリ保険のプランを選んでいく上でも、まずは上記の3トラブルを抑えつつ、その他の補償をどの程度つけるのか、削るのかを検討しておくのが良いでしょう。

ドイツ3ヶ月のワーホリ保険プラン例

補償面 Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン
傷害死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
治療・救援費用 無制限 3,000万円 3,000万円 無制限
緊急歯科治療費用 - - - -
疾病死亡 - 1,000万円 1,000万円 1,000万円
賠償責任 5,000万円 1億円 1億円 1億円
携行品損害 30万円 10万円 - -
生活用動産 - - 100万円 30万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 - 3万円 10万円 -
航空機遅延 - あり  2万円 -
テロ等対応費用 - - 1万円 -
弁護士費用 - - 100万 -
保険料 49,310円 48,940円 36,170円 58,160円

上記は、保険プランの一例となります。3ヶ月の保険プランを選ぶ際補償内容の充実度合いによって約3万円〜約6万円程度の範囲の保険料となります。一部のプランのみの掲載となりますので、お見積もり依頼をいただければ、ご要望をお伺いしながら最適プランをご提案させていただきます

ワーホリ保険の見積りはこちら

ドイツ6ヶ月のワーホリ保険プラン例

補償面 Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン
傷害死亡 3,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 3,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
治療・救援費用 無制限 3,000万円 3,000万円 無制限
緊急歯科治療費用 - - - -
疾病死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
賠償責任 1億円 1億円 1億円 1億円
携行品損害 20万円 10万円 - -
生活用動産 - 100万円 30万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 10万円 3万円 10万円 -
航空機遅延 2万円 あり  2万円 -
テロ等対応費用 - - 1万円 -
弁護士費用 - - 100万 -
保険料 112,190円 105,250円 77,310円 127,390円

上記は、渡航期間6ヶ月の保険プランの一例となります。半年間のワーホリ保険の保険料は補償内容の充実度合いによって約6万円〜約12万円程度の範囲の保険料となります。一部のプランのみの掲載となりますので、お見積もり依頼をいただければ、ご要望をお伺いしながら最適プランをご提案させていただきます

ワーホリ保険の見積りはこちら

ドイツ1年渡航の場合のワーホリ保険プラン例

補償面 Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン
傷害死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
治療・救援費用 無制限 3,000万円 無制限 無制限
緊急歯科治療費用 - - - -
疾病死亡 - 1,000万円 1,000万円 1,000万円
賠償責任 5,000万円 1億円 1億円 1億円
携行品損害 30万円 10万円 - -
生活用動産 - 100万円 30万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 - 3万円 10万円 -
航空機遅延 - あり  2万円 -
テロ等対応費用 - - 1万円 -
弁護士費用 - - 100万 -
保険料 209,680円 208,490円 159,060円 246,560円

上記は、渡航期間1年の保険プランの一例となります。1年間の保険の保険料は補償内容の充実度合いによって約14万円〜約27万円程度の範囲の保険料となります。一部のプランのみの掲載となりますので、お見積もり依頼をいただければ、ご要望をお伺いしながら最適プランをご提案させていただきます

ワーホリ保険の見積りはこちら

ワーホリ保険の付帯サービス

キャッシュレスで受診できる

ワーホリ保険の付帯サービスとして保険会社の提携病院であればキャッシュレスで受診することができるため安心です。海外と日本の治療費水準は異なるため、渡航先によって高額な治療費を請求されるケースが多発しています。その場で手持ちの資金がないといったことがないように、病院で治療を受ける際は保険会社が病院に直接治療費を支払いシステムになっています。診察料金を気にせずに病院へ行けることは、ワーホリ保険のメリットと言えます。

医療通訳サービス

現地で治療を受ける際に、英語ならまだしも様々な国に渡航する際に医療会話をドイツ語で話すことは難易度が高いです。その際、自分が伝えたいことを医療通訳サービスが代わりに伝えてくれるサービスが提供されています。緊急事態だととっさに難易度の高い会話ができないといった可能性もありますので、現地で重宝されるサービスです。

その他サポート

スーツケースの破損、パスポートの紛失など治療関連以外の現地でのトラブルにも対応する保険会社があります。対面でのサポートデスクを展開する保険会社では、アパートの契約など現地生活での困りごとを気軽に相談でき便利です。日本の意思にオンラインで相談できるサービスを提供している会社もあり、各社によってサポート体制は異なります。

まとめ

日本人にとって、ヨーロッパ最高水準クラスに快適に過ごせる国、ドイツ。ワーキングホリデービザ申請書類に予め「歯科治療項目」を必ず入れてくること....などをわざわざビザの申し込み要件に入れてくれてあるあたりが、他国にない「予め起こりそうなトラブルには事前に先回り対策を」という合理的な考え方が徹底してる証拠です。つまりワーホリの方々がドイツでの滞在を快適に過ごせるために、万全対策を政府が打ってくれているのです。このように「かゆいところに手が届く」国へワーホリで滞在できる体験は、皆様の人生の良き勉強の機会となるでしょう。

\見積もり依頼で保険料が安くなる/

【無料】見積りスタート

ワーホリ保険専任アドバイザーに不明点を相談

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • この記事を書いた人

保険Times Magazine編集部

株式会社インシュアランスブレーンでは、生命保険、損害保険の国内主要会社を取り扱っており、"お客様目線での保険選び"ができるようサポートさせていただいております。個人のライフプランから会社のリスクマネジメントなどお気軽にご相談ください。

-ワーホリ保険, 海外旅行保険
-

Copyright© 保険Times Magazine , 2020 All Rights Reserved.