海外旅行保険 留学保険

【2022年版】ポルトガルの留学保険の選び方と保険プランをご紹介

ポルトガル留学保険

他の欧米諸国と比べると比較的安く留学することができるポルトガル。また、ヨーロッパの中でも物価が安く、生活費を抑えることができるため、留学渡航先の候補として考える方もいらっしゃるでしょう。ポルトガル留学には、留学保険が必須であることはご存じでしょうか。ポルトガルへ留学に行かれる際の留学保険の選び方についてまとめましたのでご確認ください。

ココがポイント

  1. ポルトガルへ留学する際は、留学保険の付保証明がビザ申請時に必須となっています。
  2. ポルトガル留学の留学保険の選び方のポイントは、自身の体調や渡航際の荷物の状況などに合わせて補償内容をカスタマイズすることです。
  3. 留学保険選びが難しい場合は、留学保険のプロのアドバイザーに相談しましょう。
最短“即日”見積もり

保険Timesでは、語学留学、海外進学など多種多様な目的で海外渡航するお客様を中心に顧客満足度96.2%、累計7,000件以上のご契約をいただいております。

留学保険選びをされる際はお気軽にお見積り依頼をいただければ幸いです。

\ ご渡航直前でも加入可能 /

無料 メールで見積もり            
最短“即日”見積もり

保険Timesでは、語学留学、海外進学など多種多様な目的で海外渡航するお客様を中心に顧客満足度96.2%、累計7,000件以上のご契約をいただいております。

留学保険選びをされる際はお気軽にお見積り依頼をいただければ幸いです。

\ご渡航直前でも加入可能/

保険Times Magazineは、海外旅行保険の相談/見積もりサービスを展開する保険Timesが運営するWebメディアです。海外旅行保険の選び方コンテンツを発信しています。

ポルトガルでの高額保険金請求事例

過去、ポルトガルに渡航した方で実際に保険を使った方の高額支払い事例を見てみましょう。傾向が見えてくるかと思います。

事故内容保険金請求金額
サービスエリア内のトイレで嘔吐し救急車で搬送。心筋梗塞と診断され7日間入院。医師が付き添い医療搬送。370万円
クルーズ中、スーツケースを持ち上げた際に15年前の腹部手術箇所が開く。内臓吐出と診断され11日間入院・手術。家族が駆けつける。看護師が付き添い医療搬送。413万円

ポルトガルにおける高額保険金請求事例としては、手術を伴う治療難易度の高い怪我や病気になった場合や、医療搬送が必要となるケースで高額な保険金請求が発生しています。ポルトガルへ渡航する際は、この高額な保険金請求リスクをどうカバーするかが重要なポイントとなってきます。

引用:ジェイアイ傷害火災保険HP

クレジットカードの付帯保険では治療費用が全額カバーされないケースも

渡航期間が短い場合は、クレジットカードの付帯保険で渡航しようと考える方もいらっしゃるかと思います。クレジットカードの付帯保険のメリットは、言わずもがな費用がかからない点にありますがクレジットカードの保険を利用する場合は、事前にしっかり確認しておきたいポイントがあります。

利用付帯か自動付帯か

クレジットカードの保険は、大きく自動付帯と利用付帯に分かれます。自動付帯の場合は、そのクレジットカードを保有しているだけで保険が使えるというものですが、利用付帯の場合は渡航に関連する費用をクレジットカード決済すれば使えるというものです。ご自身がお持ちのクレジットカードが利用付帯の場合は、利用付帯の条件を確認して保険が適用される状態にして渡航するようにしましょう。

補償金額は十分か?

クレジットカードの付帯保険は、往々にして補償金額が最低限となっているケースがあります。クレジットカードの治療費用の補償額は100万円〜300万円程度に設定されているケースが多いです。100万円も補償されれば十分だと考える方もいらっしゃるかと思いますが、日本で病院に行く際は健康保険が適用となっており治療費用の3割しか負担しなくてもよいため実際はその3倍以上の治療費がかかっていることになります。中期間の入院となるとたちまち足りなくなる場合がありますので、こちらもしっかり確認してから判断するようにしましょう。クレカの付帯保険については以下の記事でも詳細をご説明しています。

クレジットカード
【徹底検証】留学・ワーホリはクレジットカード保険で十分?

保険Timesには日々海外留学・ワーホリ・旅行などの保険をどう加入すればいいか?というお問い合わせを多数いただくのですが、その中でもクレジットカードの付帯保険との併用に関するご相談も多くいただきます。 ...

続きを見る

ポルトガル留学のビザ申請時に留学保険が必須

ポルトガルに3ヶ月以上滞在する場合は、ビザ申請時に海外旅行用の保険に加入しているかどうかの証明を提出する必要があります。ポルトガルに留学する際は留学保険が必須といえるでしょう。

ビザ申請時に必要な留学保険の条件は「ポルトガル滞在中の救急治療や病気、けがの治療費、場合によっては日本への送還費用を保証すること」です。この条件をクリアするには、治療・救援費用もしくは傷害治療費用+疾病治療費用+救援者費用 が付帯されている留学保険を選べば問題ないです。補償金額の指定はないようですが、高額治療請求のリスクをカバーするためにも1,000万円以上の補償があるほうがよいです。

また、ビザ申請時には条件を満たしていることが確認できる保険書類の提出が必要となりますので、加入された留学保険の付保証明書の準備をしましょう。付保証明書は留学保険加入時に受け取る保険証券とは違いますので、保険会社または加入された保険代理店に付保証明書を発行してもらうよう伝える必要があります。忘れずに依頼しましょう。

ポルトガルへ渡航する上での留学保険の選び方

では、ポルトガルへ渡航する上で留学保険はどのように選べば良いのでしょうか。まずは留学保険の補償内容を確認しておきましょう。

 

留学保険の補償内容

①傷害死亡→怪我、不慮の事故で亡くなった場合に定額で補償 

②傷害後遺障害→怪我、不慮の事故で後遺障害が残った場合に等級により支払う保険金枠 

③治療・救援費用→現地での怪我、病気の治療費用、治療に伴う帰国や他国への移送費用、遺体搬送費用、被保険者が死亡・入院した場合にご家族が駆けつける費用 

④疾病死亡→病気で亡くなった場合に定額で補償 

⑤賠償責任保険→海外での日常で他人に怪我をさせたり、他人の物を壊したりして損害を与え損害賠償責任を負ったときの補償 

⑥携行品損害→持参物の盗難や破損に備える補償 

⑦生活用動産→携行品損害の補償に加えて家財も補償対象 

⑧飛行機手荷物遅延→飛行機に搭乗し手荷物が届かなかった時に購入した生活必需品の費用の補償 

⑨飛行機遅延→飛行機が遅延した際にかかった宿泊費など諸雑費の補償 

留学保険は大きく分けて、1.治療系の補償、2.物の補償、3.航空機関連の補償、4.その他の補償 に分類されます。特に保険金請求が多いのは、治療系の補償と物の補償です。治療系の補償は、ポルトガルで生している高額保険金請求など総合的にみて、1,000万円以上で設定しておくと安心でしょう。とはいえ、それ以上の保険金請求となるケースもありますので、あとはどの程度のリスクまでカバーしておきたいかという考え方になります。物の補償、航空機関連の補償は何か事故があっても自己負担で支払うということであれば補償額を減らす、無くしても良いかと思います。ただ、⑤の個人賠償責任だけは、現地で物を壊して弁償しなければならなくなった場合などの補償で、実際発生した場合の弁償額が非常に高額になるケースもありますので、こちらは外さないのが無難かと思います。

最短“即日”見積もり

保険Timesでは、語学留学、海外進学など多種多様な目的で海外渡航するお客様を中心に顧客満足度96.2%、累計7,000件以上のご契約をいただいております。

留学保険選びをされる際はお気軽にお見積り依頼をいただければ幸いです。

\ ご渡航直前でも加入可能 /

無料 メールで見積もり            
最短“即日”見積もり

保険Timesでは、語学留学、海外進学など多種多様な目的で海外渡航するお客様を中心に顧客満足度96.2%、累計7,000件以上のご契約をいただいております。

留学保険選びをされる際はお気軽にお見積り依頼をいただければ幸いです。

\ご渡航直前でも加入可能/

ポルトガルでコロナに感染した場合の留学保険

ポルトガルで新型コロナウイルスに感染した場合、留学保険で対象となるのでしょうか。留学保険での新型コロナウイルスの扱いは他の病気と同じ扱いなので、留学保険でも補償の対象となります。通院費・入院費・薬代に加えて、入院3日以上した場合は日本からご家族が駆けつける費用も補償されます。

ポルトガルは留学保険が必須なので、万が一現地でコロナに感染した場合は保険会社のサポートの元に病院の手配をしてくれます。保険会社の対応はすべて日本語ですし、緊急性がある場合は保険会社から日本のご家族に連絡することもあります。留学保険に加入しておくことで、費用面以外にも安心感をもつことができると思います。コロナに感染した場合については、下記の記事に詳細を解説していますのでご確認ください。

covit19
【必見】新型コロナウイルスに関する海外旅行保険の補償内容を解説

世界中で感染が拡大した新型コロナウイルスですが、海外にいる間や日本に帰国後に感染した場合に、海外旅行保険(=留学保険やワーホリ保険など)でどこまで補償されるのでしょうか?補償されるとしたらどんな費用が ...

続きを見る

ポルトガル3ヶ月の留学保険プラン例

補償面AプランBプランCプランDプラン
傷害死亡1,000万円1,000万円1,000万円1,000万円
傷害後遺障害1,000万円1,000万円1,000万円1,000万円
治療・救援費用無制限3,000万円3,000万円無制限
緊急歯科治療費用----
疾病死亡-1,000万円1,000万円1,000万円
賠償責任5,000万円1億円1億円1億円
携行品損害30万円10万円--
生活用動産--100万円30万円
航空機寄託手荷物遅延等費用-3万円10万円-
航空機遅延-あり 2万円-
テロ等対応費用--1万円-
弁護士費用--100万-
保険料49,310円48,940円36,170円58,160円

上記は、保険プランの一例となります。3ヶ月の保険プランを選ぶ際補償内容の充実度合いによって約3万円〜約6万円程度の範囲の保険料となります。一部のプランのみの掲載となりますので、お見積もり依頼をいただければ、ご要望をお伺いしながら最適プランをご提案させていただきます

最短“即日”見積もり

保険Timesでは、語学留学、海外進学など多種多様な目的で海外渡航するお客様を中心に顧客満足度96.2%、累計7,000件以上のご契約をいただいております。

留学保険選びをされる際はお気軽にお見積り依頼をいただければ幸いです。

\ ご渡航直前でも加入可能 /

無料 メールで見積もり            
最短“即日”見積もり

保険Timesでは、語学留学、海外進学など多種多様な目的で海外渡航するお客様を中心に顧客満足度96.2%、累計7,000件以上のご契約をいただいております。

留学保険選びをされる際はお気軽にお見積り依頼をいただければ幸いです。

\ご渡航直前でも加入可能/

ポルトガル6ヶ月の留学保険プラン例

補償面AプランBプランCプランDプラン
傷害死亡3,000万円1,000万円1,000万円1,000万円
傷害後遺障害3,000万円1,000万円1,000万円1,000万円
治療・救援費用無制限3,000万円3,000万円無制限
緊急歯科治療費用----
疾病死亡1,000万円1,000万円1,000万円1,000万円
賠償責任1億円1億円1億円1億円
携行品損害20万円10万円--
生活用動産-100万円30万円
航空機寄託手荷物遅延等費用10万円3万円10万円-
航空機遅延2万円あり 2万円-
テロ等対応費用--1万円-
弁護士費用--100万-
保険料112,190円105,250円77,310円127,390円

上記は、渡航期間6ヶ月の保険プランの一例となります。半年間の保険の保険料は補償内容の充実度合いによって約6万円〜約12万円程度の範囲の保険料となります。一部のプランのみの掲載となりますので、お見積もり依頼をいただければ、ご要望をお伺いしながら最適プランをご提案させていただきます

最短“即日”見積もり

保険Timesでは、語学留学、海外進学など多種多様な目的で海外渡航するお客様を中心に顧客満足度96.2%、累計7,000件以上のご契約をいただいております。

留学保険選びをされる際はお気軽にお見積り依頼をいただければ幸いです。

\ ご渡航直前でも加入可能 /

無料 メールで見積もり            
最短“即日”見積もり

保険Timesでは、語学留学、海外進学など多種多様な目的で海外渡航するお客様を中心に顧客満足度96.2%、累計7,000件以上のご契約をいただいております。

留学保険選びをされる際はお気軽にお見積り依頼をいただければ幸いです。

\ご渡航直前でも加入可能/

ポルトガル1年渡航の場合の留学保険プラン例

補償面AプランBプランCプランDプラン
傷害死亡1,000万円1,000万円1,000万円1,000万円
傷害後遺障害1,000万円1,000万円1,000万円1,000万円
治療・救援費用無制限3,000万円3,000万円無制限
緊急歯科治療費用----
疾病死亡-1,000万円1,000万円1,000万円
賠償責任5,000万円1億円1億円1億円
携行品損害30万円10万円--
生活用動産-100万円30万円
航空機寄託手荷物遅延等費用-3万円10万円-
航空機遅延-あり 2万円-
テロ等対応費用--1万円-
弁護士費用--100万-
保険料209,680円208,490円159,060円246,560円

上記は、渡航期間1年の保険プランの一例となります。1年間の保険料は補償内容の充実度合いによって約14万円〜約27万円程度の範囲の保険料となります。一部のプランのみの掲載となりますので、お見積もり依頼をいただければ、ご要望をお伺いしながら最適プランをご提案させていただきます

最短“即日”見積もり

保険Timesでは、語学留学、海外進学など多種多様な目的で海外渡航するお客様を中心に顧客満足度96.2%、累計7,000件以上のご契約をいただいております。

留学保険選びをされる際はお気軽にお見積り依頼をいただければ幸いです。

\ ご渡航直前でも加入可能 /

無料 メールで見積もり            
最短“即日”見積もり

保険Timesでは、語学留学、海外進学など多種多様な目的で海外渡航するお客様を中心に顧客満足度96.2%、累計7,000件以上のご契約をいただいております。

留学保険選びをされる際はお気軽にお見積り依頼をいただければ幸いです。

\ご渡航直前でも加入可能/

ポルトガルの留学保険を安くするためのコツ

ポルトガルの留学保険を安く抑えるためのポイントは3つあります。

治療費の補償金額をどこまで抑えるか

留学保険の各補償項目の中で、一番保険料が高いのが治療費に関する項目です。したがって、治療費の補償金額を抑えることがポルトガルの留学保険を安くするためのポイントとなります。3か月以上滞在する場合は留学保険が必須ですが、過去の事故事例から、治療費の補償金額が低い留学保険でも問題がないという考え方もできます。一方で、治療費の補償金額が極端に低い留学保険に加入するのは、高額治療になってしまった場合のことを想定するとリスクが非常に高いです。ご自身の健康状態などを考慮しながら、どこまで治療費の補償金額を抑えることができるのかを検討することが保険料を安くするための重要なポイントとなります。

治療費以外の補償項目をどこまで削るか

保険料を安くするためのポイントとして、補償項目を削ることが効果的です。治療費以外の補償項目に関しては、補償金額を下げても保険料はあまり変わりません。ご自身の中で必要のない補償項目を削ることで、保険料を抑えることができる可能性があります。ただし、個人賠償責任(他人を怪我させたり他人の物を壊した場合の損害賠償金の補償)については、保険料も非常に安い補償項目ですので、万が一のことに備えて付けておくことをお勧めします。どの補償項目を削るのが良いのか悩む場合は、留学保険のアドバイザーに相談することをお勧めします。

どの保険商品・保険会社を選択するか

渡航先によって保険料が異なる保険商品の場合、ポルトガルの留学保険は他の国や地域と比べて保険料が安くなる傾向があります。一方で、渡航先によって、保険料が一律な保険商品もあります。どの保険商品・保険会社を選択するかによって、ポルトガルの留学保険の保険料に大きく影響します。各保険会社の留学保険がどういった特徴があるのかをしっかり確認することが保険料を安くするポイントとなります。

上記のポイントをしっかり抑えた上で留学保険を選ぶときに、ご自身の希望に合った内容を自由に設計したいと考える方もいらっしゃるでしょう。しかし、各保険会社の留学保険で100%フリープランで販売しているところはほとんどなく、数ある留学保険のプランからご自身の希望に一番近いプランを探す必要があります。各保険会社に連絡して確認することもできますが、手間と時間がかかりますので、留学保険のプロの保険代理店に相談することが一番良い方法です。特に、複数の保険会社の保険プランを扱っているところであれば、ご自身の希望に近いプランが見つかる可能性が高いです。また、ご自身の希望の内容が適切かどうかもアドバイスしてくれるでしょう。

留学保険の付帯サービス

留学保険には便利な付帯サービスがついています。代表的なものとしては、1.キャッシュレス治療サービス2.医療通訳です。実際に治療に数百万円かかってしまったとして、その場で金額を立て替えることは現実的ではないでしょう。そのため、留学保険にはキャッシュレスサービスがついており、治療を受けた後に治療費を支払う必要がなく、保険会社が医療機関に直接治療費を支払ってくれるサービスがついています。海外の治療費は高額になるケースがあるため、キャッシュレスサービスは非常に重宝されるサービスとなっています。2つ目が医療通訳サービスです。英語が話せても、体調不良の中医療の専門用語を現地で話すというのも難易度が高いでしょう。保険会社が手配した医療通訳を介して治療が受けられるというサービスもよく利用されるサービスとなっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ポルトガルへ留学で渡航する場合は留学保険が必須ですので、守りの部分である留学保険はしっかり検討して加入しておく必要があります。実際どうやって選ぶべきか悩んでしまうという方は、留学保険の専門アドバイザーに相談するのも一つかと思います。なかなか一生涯で留学保険を真剣に選ぶ機会もないかと思いますので、保険のプロに是非相談してみてください。

最短“即日”見積もり

保険Timesでは、語学留学、海外進学など多種多様な目的で海外渡航するお客様を中心に顧客満足度96.2%、累計7,000件以上のご契約をいただいております。

留学保険選びをされる際はお気軽にお見積り依頼をいただければ幸いです。

\ ご渡航直前でも加入可能 /

無料 メールで見積もり            
最短“即日”見積もり

保険Timesでは、語学留学、海外進学など多種多様な目的で海外渡航するお客様を中心に顧客満足度96.2%、累計7,000件以上のご契約をいただいております。

留学保険選びをされる際はお気軽にお見積り依頼をいただければ幸いです。

\ご渡航直前でも加入可能/

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • この記事を書いた人

保険Times Magazine編集部

保険Times(株式会社インシュアランスブレーン)では、海外旅行保険(留学・ワーホリ・駐在・海外長期渡航など)・火災保険・法人損保に関するお問い合わせを日々多数いただいています。その中で、お客様からのご質問・やり取りの中から「この情報は保険加入前に知っておいた方がいいな」といった内容を記事にまとめて保険の選び方を発信しています。 スタッフの詳細なご紹介:https://hokentimes.com/oversea/staff

-海外旅行保険, 留学保険
-