ワーホリ保険 海外旅行保険

【必見】デンマークへのワーホリ保険の選び方を徹底解説

デンマーク

北欧の国デンマーク。一歩、街へ足を踏み出せば、カラフルな家々に街は彩られ、その隙間を時の流れを感じさせないかのようにゆったりと川が流れていく。そんな国で、長期滞在をしてみたいと思ったことはありませんか?デンマークと日本の間にはワーホリ協定があり、毎年の参加人数の限度がないため、デンマークはヨーロッパ生活を夢見る方には非常に人気の国となっております。しかし、初めての海外長期滞在をするにあたって心配なのが保険。海外の医療費はかなり高額になる、などということも聞きますがデンマークはどうなのでしょうか。今回は、デンマークでのワーホリに欠かせない保険に関する情報をご紹介していきます。


ココがポイント

  1. デンマークのホームドクター制は、治療までに時間がかかるなど課題点も存在します。
  2. イエローカードを使えば医療費は無料ですが、物の補償や歯科治療などは含まれないため注意が必要です。
  3. ワーホリ保険加入時は、保険をカスタマイズし、イエローカードが適用されない項目を重点的に補償するようにしましょう。

ワーホリ保険の見積りはこちら

保険Times Magazineは、海外旅行保険の相談/見積もりサービスを展開する保険Timesが運営するWebメディアです。海外旅行保険の選び方コンテンツを発信しています。

デンマークの治安状況について

Institute for Economics and Peaceが発表した2018年度版の、世界安全度ランキングでは、デンマークは堂々の5位にランクインしており、世界比較で見るとその安全度の高さが伺えます(日本は同ランキングで9位)。しかし、外務省によると、近年、若者の薬物使用やギャング同士の銃器を使用した抗争、また外国人犯罪者の流入による治安悪化などが社会問題化しており、安全の確保を怠るべきではありません。重犯罪に巻き込まれるケースとして、夜間にクラブや街頭で行われる薬物の売買や、抗争に巻き込まれてしまうといったことが挙げられます。また、盗難は空港、駅、ホテル、飲食店、観光地などで頻繁に発生しており、昼間であっても持ち物の管理はしっかりとした方がよいでしょう。安全とされる国でも、いつ、どこで犯罪に巻き込まれるかは分かりません。夜の一人歩きや、人気の少ないところを歩くなどはできるだけ控えましょう。具体的な犯罪例は、以下の外務省海外安全ホームページでご覧いただけます。

出典:外務省海外安全ホームページ

デンマークの医療事情について

デンマークの水準

health care index 2020

出典:Health Care Index by Country 2020

Health Care Index by Country2020の調査によると、デンマークの医療水準は世界93か国中4位となっています。ちなみに1位は台湾、2位は韓国、3位は日本となっています。世界的に見ると、韓国の医療水準は非常に高い方であると言えるでしょう。また、OECDによると、デンマークでは卓越した品質管理と改善制度が整備されているとし、世界的に見てもその医療レベルはかなり高いと言えます。そのため、長期滞在をするにあたって気になる現地の医療は、医療レベルが世界的にも保障されたここデンマークでは心配する必要はなさそうです。

デンマークの医療システム

デンマークの医療システムは、他のヨーロッパ諸国と同じくホームドクター制をとっています。ホームドクターとは、かかりつけ医のようなもので、体調が悪くなった場合まずそのホームドクターの予約を取り受診をします。その後、精密検査などの専門性があると判断された場合は、ホームドクターから専門医に連絡が行き、後日、その専門医を受診することができます。この後に詳しくご説明しますが、デンマークでは3か月以上在住する方は原則、ほとんどの医療費がタダになります。医療の質や保険制度を見ると良い面ばかりが目立ちますが、専門医を受診したり、より専門的な処置を受けたりする場合は予約が必須であり、症状によっては長くて3か月ほども待たされるという問題もあります。念のために、そういったマイナス面も覚えておいた方がいいかもしれません。

健康保険証イエローカード

デンマークでは、3か月以上在住する方は原則、無料で受診ができるとご紹介しましたが、そのためにはこの「イエローカード」と呼ばれる健康保険証カードが必要になってきます。デンマークに到着してすぐにCPRカードと呼ばれる住民登録番号をオンラインで申請します。その申請・手続き後、約1~2週間でイエローカードが自宅に送付されます。このイエローカードには、自動的に最寄りのホームドクターが登録されており、体調不良の際にはまずこのカードに登録されているホームドクターの予約をとり受診することができます。イエローカードは、デンマーク生活において欠かせないものですので、現地到着、速やかにCPRカードの申請を行ってください。なお、デンマーク国外でイエローカードの通用する国は、グリーンランド、フェロー諸島、EU諸国、ノルウェー、アイスランド、リヒテンシュタイン、スイスとなっております。

デンマークワーホリに向いている保険・向いていない保険

イエローカードをお持ちの方であれば、原則、医療費が無料のデンマークですが、歯科治療は保険の対象外となっていたり、飛行機や盗難トラブルに関する補償は含まれていなかったりと、特に初めて海外に長期滞在される方にとっては、多少不安要素が残るものとなっています。そこで、デンマークワーホリにおいて、イエローカードと併せて加入しておきたい保険をご紹介します。

デンマークへのワーホリ保険

デンマーク国内の保険と併せて加入しておきたいのが、ワーホリ保険(海外保険)です。基本のパッケージは歯科治療に関する補償項目はありませんが、オプションとして加入することができます。また、医療面だけでなく、持ち物の盗難や破損、飛行機遅延などのトラブルにも対応しているワーホリ保険は、長期の海外滞在において安心材料となりますので、ワーホリに向いている保険と言えます。デンマークのワーホリビザ取得の要件には、海外保険への加入が入っていませんが、万が一のことを考えて加入されることをお勧めします。

国民健康保険・クレジットカード付帯保険

海外へ行かれる方の中には、日本の国民健康保険へ加入したまま渡航される方や、クレジットカード付帯の保険を使用される方がいますが、これらはデンマークワーホリにはあまり向いている保険とは言えません。国民健康保険ですが、デンマークでの長期滞在の際は基本的に医療に関する保険には現地で加入できますし、ワーホリ保険のような他の不安要素をカバーしてくれるものではありません。そのため、現地の保険であれば、国民健康保険がカバーしている項目は十分に補償されるためあまり必要ありません。また、クレジットカード付帯の保険は、いくつか医療項目以外の補償も入っていますが、補償期間が最長90日間と短いため、現地の保険と併せて加入するには不十分なものと言えそうです。

デンマークワーホリの長期滞在で役立つ補償項目

医療面以外をカバーするために必要なワーホリ保険ですが、具体的にどのような補償項目が役に立つのでしょうか。以下にご紹介しますので、参考にしてみてください。

補償項目 解説
1.傷害死亡 けが、不慮の事故で亡くなった場合に定額で補償
1.傷害後遺障害 けが、不慮の事故で後遺障害が残った場合に等級により支払う保険金枠
1.傷害治療費+疾病治療費+救援者費用 現地での怪我、病気の治療費、治療に伴う帰国や他国への移送費用、遺体の輸送費、被保険者が死亡・入院した場合にご家族が駆け付ける費用
1.疾病死亡 病気で亡くなった場合に定額で補償
1.歯科治療 現地で歯科治療を受けた際治療費が支払われる補償
2.賠償責任保険 海外での日常生活で他人にけがをさせたり他人のものを壊したりして損害を与え損害賠償責任を負ったときの補償
2.携行品、生活動産 持参物等の盗難、破損、火災等での損害補償、生活用動産はそれに加え居住中の家財も補償対象
3.航空機寄託手荷物遅延 飛行機に搭乗し手荷物が届かなかった時に購入した生活必需品の費用の補償
3.航空機遅延 飛行機が遅延した際にかかった宿泊費や交通費の補償
4.緊急一時帰国費用 家族が死亡・危篤状態になった場合や登場する飛行機が行方不明の場合に急遽帰国しないといけない場合の交通費や滞在費が補償される
4.弁護士費用 損害賠償請求する際の費用、弁護士への相談費用の補償

ワーホリ保険は、ワーホリを目的として海外に長期滞在することを前提にした補償内容を備えた海外旅行保険のことです。海外で発生しうる様々なリスクをカバーしてくれますが、主だった補償内容は以下となります。大別すると、1.現地で入院した、健康のトラブルが発生した際に補償される補償、2.物を盗まれた、壊した際の補償、3.航空機が遅延した際の補償、4.その他の大きく4つに大別されます。

生活用動産補償

「携行品損害」の場合、外出中に持ち歩いていた物のみが対象となりますが、この「生活用動産補償」は、家の中の物の損害も対象になります。例えば、空き巣に入られて物を盗まれたり、ルームメートやその友人が私物を盗んだり、といった時に役立つ補償内容です。上記2つの補償内容は、カバーされる物に制限があり、現金などはそれに含まれません。また、無制限に補償金を受け取れるわけではなく、補償金の上限も定められていいますので、事前に確認をしておきましょう。携行品損害と生活用動産の項目についてはこちらで詳しく解説してあるのでぜひ参考にしてみてください

デンマークワーホリの長期滞在でワーホリ保険に入っておくメリット

キャッシュレスで受診できる

現地の保険と併せてワーホリ保険に加入される方の多くは、現地の保険が対象としていない歯科治療に関する補償項目を追加されると思われます。イエローカードを持っていれば医療費が無料のデンマークですが、歯科治療となると話は別で、虫歯を治すだけで2万円弱、治療内容によっては10万円以上の費用がかかってしまいます。

しかし、いざ病院へ行こうと思ってもすぐに現金が準備できないこともあり、そんな時にワーホリ保険のキャッシュレスサービスが便利になります。キャッシュレスでの受診は、加入しているワーホリ保険の提携病院であればどこでもでき、現金を準備できないような時にはとても役に立ちます。

医師
【海外旅行保険】治療救援費用を徹底解説。いくらつけておくべき?

南国でビーチを楽しんだり、日本では考えられないようなの壮大な山でウィンタースポーツを楽しんでみたりと、旅行や留学にはたくさん楽しみがありますよね。しかし、不意に怪我や病気になってしまうと、言葉もわから ...

続きを見る

電話での通訳サービス

電話での通訳サービスもワーホリ保険のメリットと言えます。例えば、歯科治療を受け、保険の話をする必要がある場合、デンマーク語、もしくは英語でその内容を把握する必要があります。しかし、いくら語学力が高かったとしても、専門的な話になると理解するのはそう簡単なことではありません。そんな時は、ワーホリ保険加入者が受けられる、電話通訳のサービスをご利用いただけます。ほとんどの保険会社は、時差に関係なく電話で通訳サービスを提供しています。何か保険のことで分からないことがあれば、まず、指定の電話番号へかけてみてください。

飛行機トラブルに対応してくれる

ワーホリ保険ならではメリットとして、飛行機トラブルに関する補償内容があります。海外渡航において、天候によるフライトの遅延やキャンセルなどはつきもの。しかし、いざそのようなトラブルに見舞われてしまうと、緊急のホテル代やそれに伴う最低限の生活物品が必要となってきます。ワーホリ保険に加入をしておけば、そういった飛行機トラブルにも対応しているので安心です。

ロストバゲージ
【ロストバゲージ保険】航空機手荷物遅延補償の内容を解説

何か月も前から有給を申請して、お金を貯め、ようやく実現した海外旅行。今回は複数の都市を周遊するため、最初の都市から次の移動先都市へ飛行機で移動。意気揚々と次の都市の空港へ着いた途端...なんと、「私の ...

続きを見る

自分にあった補償内容にカスタマイズできる

現地の保険があるデンマークでは、ワーホリ保険は不足を補うものとしの役割が大きいです。一般的なワーホリ保険のパッケージですと、1年間で15~20万円ほど。しかし、できるだけ自分に合った補償内容にカスタマイズできるのも、ワーホリ保険のメリットです。必要ない補償項目は外し、必要最低限のものを残したり、追加したりすることで安く保険費を抑えることができます。加入前には、必ず補償内容を確認してみてください。

ワーホリ保険に入っておいたほうがいい方

医療や保険に関する話をデンマーク語・英語でする自信がない方

デンマークの公用語はデンマーク語ですが、ほぼ全ての国民がかなり高いレベルの英語を使うことができます。そのため、デンマーク語が話せなくとも、英語だけで生活ができると言われていますが、医療や保険関係の話を正確にデンマーク語もしくは英語でできるかと言われれば、正直ハードルが高いと言えます。普段は、語学力向上のためにできるだけ自分の力でチャレンジしたいものですが、健康やお金に関わる大切なことは、ワーホリ保険の通訳サービスを利用した方が良いでしょう。専門的なことを外国語でする自信がない、という方は是非ワーホリ保険に加入してください。

屋外での盗難被害が気になる方

安全な国として知られるデンマークですが、近年、犯罪率が上昇しているのも事実です。外出時にいつ、どこで盗難の被害に遭うか分かりませんし、万が一、パソコンや電子辞書など学校に必要で、かつ高額な物が盗まれたとしたら大変です。ワーホリ保険に加入していれば、全額とまではいきませんが、いくらかは補償金として受け取ることができます。盗難などの被害が心配だという方は、ワーホリ保険への加入をお勧めします。

まとめ

デンマークワーホリに関する保険情報はいかがでしょうか。1度は誰もが憧れる北欧での生活。そんな夢を実現するために、デンマークワーホリに参加される方は多くおられます。社会福祉国家として、医療がほぼ全てにおいて無料というデンマークですが、歯科治療は高額になりがち、という抜け穴もあります。また、海外生活において、盗難などの犯罪とは隣り合わせという事実も踏まえて、現地の保険と併せてワーホリ保険に加入しておくことは重要であると言えます。デンマークでの充実した生活を送るためにも、今一度ワーホリ保険への加入を考えてみられてはどうでしょうか?

\見積もり依頼で保険料が安くなる場合も/

【無料】見積りスタート

ワーホリ保険専任アドバイザーに不明点を相談

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • この記事を書いた人

保険Times Magazine編集部

株式会社インシュアランスブレーンでは、生命保険、損害保険の国内主要会社を取り扱っており、"お客様目線での保険選び"ができるようサポートさせていただいております。個人のライフプランから会社のリスクマネジメントなどお気軽にご相談ください。

-ワーホリ保険, 海外旅行保険
-

Copyright© 保険Times Magazine , 2020 All Rights Reserved.