海外旅行保険

【2021年版】スイスへ海外旅行保険の選び方を徹底解説

スイス海外旅行保険

スイスは、山岳地帯に覆われた中央ヨーロッパに位置する国です。スイスと言えば、世界屈指の名峰「マッターホルン」をイメージする方も多いのではないでしょうか。また、チーズやワインも有名なグルメですよね!

今回は、そんな魅力溢れるスイスに渡航する際に必要な海外旅行保険の選び方について徹底解説していきます。さらに、海外旅行保険に加入するうえで知っておきたいスイスの治安や医療事情についても解説します。スイスに渡航したいと考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

ココがポイント

  1. スイスは、世界的に見ても治安が良い国ですが、観光客を狙った軽犯罪は発生が確認できているため、観光地や空港での置き引きや盗難などには注意しましょう。
  2. スイスの医療水準は、こちらも世界的に見ても非常に高い一方、日本人が現地で治療を受ける際言語コミュニケーションの課題が発生します。海外旅行保険の通訳サービスなどを有効に利用しましょう。
  3. 海外旅行保険は、補償内容、補償金額、付帯サービスなどを総合的に見て検討することが必要です。もしプランの選び方がわからない場合は、海外旅行保険のプロアドバイザーへ相談するようにしましょう。

\見積もり依頼で保険料が安くなる/

【無料】見積りスタート

海外旅行保険専任アドバイザーに不明点を相談

保険Times Magazineは、海外旅行保険の相談/見積もりサービスを展開する保険Timesが運営するWebメディアです。海外旅行保険の選び方コンテンツを発信しています。

スイスへ渡航する目的や期間によって選ぶべき保険は異なる

海外旅行に行く時は、海外旅行保険に加入しますよね。しかし、いざ加入するとなると、どの海外旅行保険を選ぶべきか悩む方も多いでしょう。結論、海外旅行保険は渡航する国、渡航期間、渡航目的によって選ぶべき保険が異なります。スイスに渡航する場合も渡航期間と渡航目的によって適している海外旅行保険が変わってくるため、ご自身の渡航プランに合った海外旅行保険に加入することが重要です。

たとえばですが、2泊3日程度の短期旅行の場合、所持品に対する携帯品損害や万が一病気になった時の医療費が補償内容についていれば加入すべき海外旅行保険として大きな問題はないでしょう。その一方で、1ヶ月以上の長期滞在、留学やインターンシップ、駐在といった渡航目的の場合は、携帯品だけでなくホテルや家に置いておく所有物に対しての補償内容もついている方が安心です。さらに、滞在期間が長くなるほど、病気や事故にあう確立が高くなるため、医療費全般の補償額も高い方が安心できます。

今回は、スイスに短期~中期滞在する場合に、必要な海外旅行保険について解説していきます。

そのため、スイスに長期滞在、留学やインターンシップでの滞在をする方は、こちらの記事をご覧ください。

スイス
【2021年版】スイスの留学保険の選び方と保険プランをご紹介

スイスへ留学することを決めていく際、最後に決定するのがどの保険に加入するか?ということではないでしょうか。スイスはシェンゲン協定国ですので入国の際に留学保険の加入が必須となっている国です。とはいえ、人 ...

続きを見る

スイスの治安

海外旅行に行く際、渡航先の国の治安が良いのか悪いのか知りたいですよね。観光プランを立てる時にも、治安を考慮すると思います。それでは、スイスの治安状況について見ていきましょう。

結論、スイスの治安はヨーロッパ諸国内だけでなく、世界全体として見ても良い国だと言えます。実際に、治安の良い国ランキングでは、9位の日本を抑えて、スイスは6位に位置しています。このことからもスイスが治安の良い国だということが分かりますよね。

しかし、治安が良いからと言ってすべてが安全だとは言えません。現に、スイスではひったくりや置き引きなどの軽犯罪が日常的に発生しています。特に、観光客が集まる観光スポットや駅、空港での発生率が高いです。日本より治安が良いと言っても、必ず安全だとは限らないことを理解しておきましょう。

スイスで発生率の高いトラブル

それでは、スイスに渡航した場合、どのようなトラブルが発生しやすいのかを見ていきます。
以下がスイスで発生率が高いと言われているトラブルの一覧です。

メモ

・ひったくり
・置き引き
・グループ犯罪

スイスで発生しやすいひったくり被害

スイスで発生しやすいひったくりは、人が集まりやすい観光スポットや駅、空港といった場所で起こっています。手荷物に注意していても人混みでは、盗まれた様子が分かりにくいため、ひったくりが起こる場所となっています。そして、ひったくりは2~3人のグループで行われることが多く、1人が他事に気を引いた隙に、もう一人がひったくりを行い、3人目がいる場合はその犯行現場を隠す役となっています。

犯行グループには女性がいることも多く、見た目からは不信感がなく観光客が被害にあいやすい状況と言えるため、人混みに行く際は必要以上の物を持ち歩かないこと、カバンは肌身離さないようにしましょう。

スイスで発生しやすい置き引き被害

置き引きもひったくり同様に、人混みで発生しやすい犯罪です。特に、スーツケースやボストンバッグなど大きな荷物は床に置きがちですよね。置き引きは荷物から目を離した隙に被害にあうことが多いため、人混み以外にもホテルやタクシー乗り場、バス停などでも起こっています。そのため、大きな荷物であっても必ず所持品からは目を離さないようにしてください。

スイスで発生しやすいグループ犯罪の被害

スイスでは、2~3人のグループで軽犯罪を実行するケースが増えています。若い女性がグループの一員となっていることも多く、傍から見たら違和感がない方も多いです。この手口を利用して、道案内をしたり、荷物を運ぶのを手伝ったりと親切な行動をしている間に貴重品を盗みます。見知らぬ人がカバンや洋服のポケットに手を伸ばそうとしている時は、窃盗にあう可能性があるので、注意してください。特に、2~3人に囲まれた時は、たとえ女性であっても要注意です。

スイスの医療事情

海外旅行先で病気や怪我をしたら、治療が受けられる病院があるのか心配ですよね。また、受けられる治療のレベルも気になると思います。そこで、まずはスイスの医療事情について、医療水準から見ていきます。

結論、スイスの医療は先進国一般もしくはそれ以上の水準と言えます。医療レベルが世界トップクラスの日本と比較しても、看護師の人数や医薬品製造数では、スイスの方が上回っており、世界全体で見ても医療レベルは高いでしょう。また、観光客が利用できる病院もあるため、旅行中の病気や怪我でも安心して治療を受けられます。ただし、重症な場合や治療が困難な場合は隣国もしくは日本に医療搬送されるケースも考えられるため、万が一の場合を想定しておくと良いです。そして、スイスの医療費は高額であるため、スイスに渡航する時はあらかじめ医療費の補償額を確認しておきましょう。

スイスの医療費の相場

スイスの医療費は高いですが、実際に治療を受けるとなった時、どのくらいかかるのか知りたいですよね。どの海外旅行保険に加入するかを決める際にも、医療費は目安になります。そこで、スイスの主な医療費をご紹介します。

外来初診料胃腸炎の場合

公立:9,400円

私立:6,500~13,200円

部屋代公立:個室48,200~65,400円

私立:個室82,500円

手術費(入院費込み)中耳炎の場合

公立:244,300円

私立:332,200~353,700円.

ジュネーブから日本

への移送費

1,500,400円

日本での医療費は健康保険によって自己負担額が3割になりますが、スイスでは健康保険が使えないため、満額自己負担になります。この点においても医療費が高いスイスに渡航する際は、医療費が1000万円以上ある海外旅行保険に加入することがおすすめです。

スイスでの高額医療費の実例

医療費が高いスイスで、実際に病気や怪我をした時どのくらいの費用がかかるか知りたいと思います。そこで、スイスで起きた高額な医療費の実例をご紹介いたします。

病気や怪我の症状医療費(円)
ハイキング中に足を滑らせ転倒し、足首骨折。8日間入院。家族が駆けつけた。413万円
スキー場でリフトに乗る際、金属の床が外れ3メートル落下し医師が付き添いヘリコプターで搬送。大腿骨骨折で10日間入院・手術。家族が駆けつける。700万円
発熱・耳が聞こえなくなり受診。大葉性肺炎・中耳炎で18日間入院。家族が駆けつける。医師が付き添い医療搬送。701万円
ハイキング中に転倒し看護師が付き添いヘリコプターで搬送。脛骨・腓骨骨折と診断され13日間入院・手術。688万円
バスルームで転倒、腰を強打し看護師が付き添い救急車で搬送。腰椎破裂骨折と診断され12日間入院。家族が駆けつける。1269万円

実例を見て分かる通り、観光中に起きた病気や怪我の治療費として400~1000万円以上かかっています。医師や看護師が付き添う医療搬送が必要になると、一気に医療費が高くなります。そのため、スイスに渡航する際は、医療費全般の補償額として最低でも1000万円以上ある海外旅行保険を選びましょう。

スイスの医療機関でよくあるトラブル

スイスは医療水準が高いので、よほど重症でない限りスイスで治療を受けられます。しかし、日本の病院とは違うことも多いため、日本では考えられにくいトラブルが起こることもあります。では、スイスの医療機関ではどのようなトラブルが起こりやすいのでしょうか。結論、スイスの病院では以下のトラブルに気をつけてください。

メモ

・コミュニケーショントラブル
・クレジットカードの使用

それでは、順に解説していきます。

スイスの病院において、特に重大なトラブルは発生しにくいですが、やはりコミュニケーションのトラブルは起こり得ます。

日本語しか話せない場合、日本語対応可能なスタッフがいない病院だと、症状を適切に伝えることが難しいです。また、保険を適用する場合や医療搬送が伴う場合は、慎重なコミュニケーションが必要です。そのため、英語やドイツ語、フランス語などが話せない場合は、スイスの公用語が話せる友人に同行してもらうか、通訳サービスを活用しましょう。

続いて、スイスの病院へ行く際は、クレジットカードが使用できるかをあらかじめ確認してください。大半の病院では、問題なくクレジットカードを使用できますが、中にはクレジットカード対応不可の病院も存在します。スイスは医療費が高いので、クレジットカードが使用できないと支払いができない可能性が高いです。加えて、海外旅行保険を適用するためには、領収書や処方箋などの書類が必要なので、必ず発行してもらってください。

スイスで日本人が行きやすい病院一覧

スイスで病院に行く際、日本人が利用しやすい病院をご紹介します。
どの病院に行くべきか悩んだ時は、こちらに掲載されている病院から探してみてください。

病院名:INSELSPITAL BERN

場所:ベルン

住所:FREIBURGSTRASSE15,3010 BERN

電話番号:+41-31-632-2111

診察時間:救急24時間

診療科目:総合

備考:外科に日本人医師が勤務。日本語英語対応可能

病院名:DR. YASUHIRO SUZUKI(医師名)

場所:ウスター

住所:OBERLANDSTR. 60, 8610 USTER

電話番号:+41-43-266-9881

診療科目:精神神経科

備考:日本語・英語対応可能

病院名:SPITAL VISP (SPITAL WALLIS)

場所:ビスプ

住所:PFLANZETTASTRASSE 8, 3930 VISP

電話番号:+41 27 604 33 33

診察時間:救急24時間

診療科目:総合

備考:日本語英語対応可能

病院名:HSU Christophe François 

場所:ジュネーブ

住所: Boulevard James-Fazy 4, 1201 Genève

電話番号::022 738 18 48

診療科目:皮膚科

備考:日本語対応可能な医師が在勤

病院名:ROCH-SUZUKI Risako(医師名)

住所: Avenue de la Foretaille 33, 1292 Chambésy

電話番号: 022 758 25 78

診療科目:小児科

備考:日本語対応可能な医師が在勤

病院名:STAMPFLI ANDRES Tomoe(医師名)

住所:Hôpital de la Tour, Avenue J.-D.-Maillard 3, 1217 Meyrin

電話番号:022 719 62 60

診療科目:心臓

備考:日本語対応可能な医師が在勤

スイスへ渡航する上での海外旅行保険の選び方

ここまでの解説で、スイスの治安や医療事情を理解していただけたと思います。スイスは治安の良い国ですが、観光客をターゲットとした軽犯罪には注意が必要です。また、スイスで病気になり、治療が難しい場合は医療搬送されるケースがあります。そのため、こういったリスクを海外旅行保険で補うことが重要です。

しかし、具体的にどの海外旅行保険を選ぶべきか悩みますよね。なので、まずは海外旅行保険の補償内容について見ていきます。

海外旅行保険の補償内容

最初に、海外旅行保険の補償内容を1項目ごとに解説していきます。

傷害死亡:怪我、不慮の事故で亡くなった場合の定額補償
傷害後遺障害:怪我、不慮の事故で後遺障害が残った場合に等級ごとの補償
治療・救援費:現地で怪我や病気をした時の治療費、移送費、遺体搬送費、被保険者が死亡・入院した場合にご家族が駆けつける費用
疾病死亡:病気で亡くなった場合に定額で補償
賠償責任保険:他人に怪我をさせたり、他人の物を壊したりして損害賠償責任を負った際の補償
携行品損害:持参物が盗難、破損した時の補償
飛行機遅延:飛行機が遅延した際にかかった宿泊費などの補償
飛行機手荷物遅延:飛行機に搭乗し手荷物が届かなかった時、生活必需品にかかった費用の補償

海外旅行保険の補償を大きく分類すると、①医療費、②携帯品、③飛行機遅延、④その他に分けられます。

スイスに渡航する際は、ひったくりや置き引きなどの軽犯罪、隣国や日本への医療搬送を伴う医療費を考慮して、治療・救援費と携行品損害の補償額が高いものを選ぶことがおすすめです。

海外旅行保険の選び方・比較のポイント

スイスに渡航する際の海外旅行保険を選ぶ時は、携帯品損害費とい医療費全般の補償額に特に注意しましょう。スイスでは観光中に貴重品を盗まれるリスクがあるため、携帯品損害費が高い海外旅行保険に加入しておくと安心して旅行できます。また、スイスの治療費は高額なため、病気や怪我をしても心配なく治療を受けられるように、1000万円以上の補償額がある海外旅行保険に加入しておくと良いです。実際に、スイスで治療を受けた場合、400~1000円以上の治療費がかかっている実例があります。そして、スイスの病院では、英語かフランス語が話せないと症状を伝えることができないケースが想定されるので、通訳サービスがある海外旅行保険を選ぶことをおすすめします。以上のことから、海外旅行保険はスイス旅行を安心して楽しめる補償やサービスがあるものを選びましょう。

クレジットカード付帯海外旅行保険のメリット・デメリット

海外旅行に行く際、クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用する方も多いでしょう。そのため、ここからはスイスに渡航する際の海外旅行保険が、クレジットカード付帯の海外旅行保険である場合のメリットとデメリットを解説していきます。まず、クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用するメリットしては、加入手続きが簡単なことが挙げられます。また、保険を利用する回数にも制限がなかったり、家族も利用できるプランがあったりもします。

しかし、クレジットカード付帯の海外旅行保険は、補償期間が短いものもあるため、長期滞在をする際の海外旅行保険としては適していないものも存在します。従って、留学やインターンシップ、駐在など長期滞在をする場合は、クレジットカード付帯海外旅行保険で滞在期間中の補償が足りるかを確認してください。加えて、クレジットカード付帯海外旅行保険では、高額な医療費がかかった場合、補償額が足りないというケースがあります。特に、医療搬送する際は、医療費の中でも搬送費の補償が必要です。そのため、クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用する方は、どこまでのリスクがカバーできるのか、どのようなリスクは許容するのかを慎重に検討しましょう。

スイスへ渡航する際の海外旅行保険プラン

スイスへ渡航する際の海外旅行保険プラン例は以下となります。海外旅行保険を選ぶ際のポイントは、補償内容、補償金額、保険会社をどう選択するかという点です。これらは個々人の健康状態や予算感によっても変わってきますので、海外旅行保険の専門アドバイザーに詳細を相談して決定するのが良いでしょう。

海外旅行保険の見積りはこちら

補償面AプランBプランCプランDプラン
傷害死亡1,000万円1,000万円1,000万円
傷害後遺障害1,000万円30~1,000万円1,000万円
治療・救援費用1,000万円2,000万円無制限3,000万円
緊急歯科治療費用10万円10万円
疾病死亡1000万円2,000万円500万円1000万円
賠償責任1億円1億円1億円
携行品損害30万円30万円10万円
生活用動産
航空機寄託手荷物遅延等費用1万円3万円
航空機遅延あり
テロ等対応費用1万円
弁護士費用100万円100万円
保険料(渡航期間4日)1,680円1,350円4,400円4,570円
保険料(渡航期間7日)2,640円1,810円7,440円6,630円
保険料(渡航期間14日)4,950円4,480円13,650円10,590円
保険料(渡航期間21日)7,250円7,270円18,150円17,160円
保険料(渡航期間29日)10,090円10,610円23,790円22,970円
保険料(渡航期間2ヶ月)46,420円47,840円40,400円
保険料(渡航期間3ヶ月)143,530円57,920円48,940円
保険料(渡航期間6ヶ月)126,810円105,250円

まとめ

今回の記事では、スイスへ渡航する際の海外旅行保険について解説してきました。また、海外旅行保険の補償内容を検討する上で知っておきたい治安や医療事情についても理解していただけたと思います。スイスに旅行へ行く際は、滞在期間と渡航目的に合った適切な海外旅行保険に加入しましょう。

特に、スイスは医療費が高い国なので、万が一病気や怪我をした時に備えて、医療費の補償額が十分な保険を選ぶことをおすすめします。海外旅行保険は心配事なく安心した旅行を楽しむために、必要な不可欠なものですので、慎重に補償内容を検討してください。スイスへの渡航を予定している方は、ぜひこちらの記事を参考に、ご自身の旅行プランに適した海外旅行保険を選んでくださいね。

\見積もり依頼で保険料が安くなる/

【無料】見積りスタート

海外旅行保険専任アドバイザーに不明点を相談

  • この記事を書いた人

保険Times Magazine編集部

保険Times(株式会社インシュアランスブレーン)では、海外旅行保険(留学・ワーホリ・駐在・海外長期渡航など)・火災保険・法人損保に関するお問い合わせを日々多数いただいています。その中で、お客様からのご質問・やり取りの中から「この情報は保険加入前に知っておいた方がいいな」といった内容を記事にまとめて保険の選び方を発信しています。 スタッフの詳細なご紹介:https://hokentimes.com/oversea/staff

-海外旅行保険
-

保険の選び方にお困りですか?
かんたん10秒お問い合わせ
保険選びにお困りですか?
【無料】簡単10秒お見積り

Copyright© 保険Times Magazine , 2021 All Rights Reserved.