海外旅行保険

【2022年版】南アフリカ渡航の海外旅行保険の選び方を徹底解説

南アフリカ海外旅行保険

アフリカ大陸の最南端に位置する南アフリカ。豊かな自然とおしゃれな町並みが広がっている国です。南アフリカに行ったら、ヨハネスブルクやケープタウンを訪れたい人が多いはず!また、アフリカならではのサファリも堪能したいですよね。

今回は、そんな魅力あふれる南アフリカに渡航する際に、必要な海外旅行保険について解説していきます。さらに、海外旅行保険に加入するにあたり、検討材料ともなる治安や医療事情についても解説します。南アフリカへの渡航を考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

ココがポイント

  1. 南アフリカは犯罪発生率が高く治安が良いとは言えません。観光客や長期滞在している外国人への軽犯罪も多発していますので、物の保険は必須と言えるでしょう。
  2. 医療体制は、一部の私立病院は日本と同じレベルですが一般的な病院の医療レベルは高いとは言えません。現地で治療が行えないような病気や怪我の場合周辺国や日本への搬送が伴い費用が高額になるリスクがあります。
  3. 海外旅行保険は、現地の治安状況や健康状況を踏まえて補償内容を設定するのが良いでしょう。南アフリカの場合、物・治療それぞれしっかりつけておく必要があります。

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"海外旅行保険の見積もり返答

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"海外旅行保険の見積もり返答

保険Times Magazineは、海外旅行保険の相談/見積もりサービスを展開する保険Timesが運営するWebメディアです。海外旅行保険の選び方コンテンツを発信しています。

南アフリカへ渡航する目的や期間によって選ぶべき保険は異なる

海外旅行をする際は、まず海外旅行保険へ加入しますよね。しかし、海外旅行保険の種類も年々触れているので、どの保険が適しているのか悩みますよね。結論ですが、海外旅行保険は、渡航する国や渡航期間、渡航の目的によって選ぶべき保険が異なります。そのため、南アフリカに海外旅行へ行く際も、ご自身の渡航プランに合った海外旅行保険に加入することが非常に重要です。

たとえば、2泊3日~1週間程度の短期旅行であれば、所持品に対する携帯品損害や、病気になった時の医療費が補償内容として入っていれば大きな問題はないと言えます。しかし1ヶ月以上の長期滞在や、留学などで南アフリカに滞在する場合は、ホテルや家に置いておく所持品に対しても損害の補償がついている方が安心できます。加えて、滞在期間が長くなるほど、事故や病気をする確立が高くなるため、医療費の補償額もそれなりに高い方が良いです。

今回は、南アフリカに短期~中期滞在する場合に適している海外旅行保険について解説していきます。

南アフリカの治安

治安に関連する情報を収集して記載する(南アフリカで発生率の高いトラブルなど)海外旅行に行く際、渡航先の国の治安が良いのか悪いのか知りたいですよね。観光プランを立てる際も、治安を考慮すると思います。

それでは、早速南アフリカの治安について見ていきます。結論、南アフリカは犯罪発生率が高い国なので、治安が良いとは言い難いです。アフリカ諸国の中でも、南アフリカは発展している国であり、観光客も多くなってきています。そのため、観光地で観光客をターゲットにして軽犯罪が発生しやすくなっているのです。発展している観光国だからと言って、安心して観光することは難しいので、トラブルに遭わないように十分気を付けましょう。

南アフリカで発生率の高いトラブルなど

では、具体的に南アフリカではどのようなトラブルに気を付けるべきなのでしょうか。観光客が気を付けるべき犯罪について見ていきます。まず、南アフリカではスリやひったくりに注意してください。人が密集する場所で、スリやひったくりが起きやすくなっています。特に、バスや電車などの狭い空間で行われることが多いので、手荷物から目は離さないでください。

次に、強盗にも注意が必要です。強盗は南アフリカの中でも大都市で発生しやすく、昼夜を問わず起こっているので、日中でも油断はできません。また、複数人で犯行に及ぶことが大半なので、単独行動はしないようにしてください。最後に、スマートフォンやパソコンを容易に持ち歩かない、人混みで取り出さないようにしましょう。南アフリカの人々から見て、日本人はお金を持っている人だと認識されています。

そのため、日本人が所有する金目のものを犯罪グループの人でなくても、目を付けます。従って、財布やパスポートなどの貴重品以外にも、スマートフォンやパソコンを持ち歩かなく、カバンから取り出すことにも注意が必要です。

南アフリカの医療事情

海外旅行先で、病気をしたらどの病院に行くべきか、治療は受けられるのかなど不安がたくさんありますよね。そこで、ここからは南アフリカの医療事情について解説していくので、渡航前に心配事を確認しておきましょう。結論、南アフリカの医療レベルは、一部の私立病院では日本と同等ですが、それ以外の病院では高いとは言えません

南アフリカでは、公立病院よりも私立病院を利用することがほとんどで、私立病院の医療費は高額です。そのため、万が一南アフリカで病院に行く必要があった時に備えて、医療費の補償額が十分にある海外旅行保険に加入しておきましょう。特に、入院や医療搬送が必要になった場合は、通常の治療と比較して医療費が跳ね上がるので、注意してください。

南アフリカの医療費の相場

南アフリカで私立病院を利用した場合、医療費が高額ですが、具体的にどのくらいかかるのか気になりますよね。どの海外旅行保険に加入するかについても、医療費が目安になると思います。そこで、まずは、南アフリカの医療費の相場を見ていきます。

項目費用額(円)
入院した時の部屋代公立病院:個室 11,800円

私立病院:個室 16,100円

手術費(虫垂炎・アキレス腱断裂)公立病院:230,400円・183,800円

私立病院:276,000円・230,400円

外来初診料公立病院:2,700円

私立病院:7,000円

ヨハネスブルクから日本への移送費1,929,000円

ストレッチャー使用で医師1名、看護師1名付き添いの場合

日本での医療費は健康保険によって自己負担額が3割になりますが、南アフリカでは健康保険が使えないため、満額自己負担になります。従って、私立病院の医療費が高い南アフリカに渡航する際は、1000万円以上の医療費補償がある海外旅行保険に加入することをおすすめします。

南アフリカでの治療費の実例

私立病院の治療費が高い南アフリカにおいて、実際に病気や怪我をした時どのくらいかかるか知りたいと思います。そこで、南アフリカでで起きた高額な治療費の実例をご紹介いたします。

事故事例保険金支払い金額
クルーズ船内で胸の痛みを訴え、下船し救急車で搬送。気胸・肺炎と診断され36日間入院・手術。家族が駆けつけ、医師・看護師付き添いでチャーター機にて搬送。2414万円

実例の通り、治療に加えて入院や医療搬送が伴うと、格段に治療費が上がることが分かります。

特に、医師や看護師が付き添っての医療搬送費が高いです。そのため、南アフリカに渡航する際に加入する海外旅行保険は、医療費の補償額が2000万円以上のものをおすすめします。

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"海外旅行保険の見積もり返答

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"海外旅行保険の見積もり返答

南アフリカの病院で気を付けるべきトラブル

さて、続いては南アフリカの病院を利用した際に、気を付けるべきことについて解説していきます。日本の病院とは違うことも多いので、病院を訪れる際は以下のトラブルに気を付けましょう。まず、入院が必要になった場合は、緊急移送先に指定されている、ヨハネスブルグやプレトリアの大きな私立総合病院を受診しましょう。南アフリカはまだまだ医療レベルが高いとは言い難い国なので、私立病院の中でも日本と同等レベルの治療を受けられる私立総合病院がおすすめです。また、コミュニケーションが取りづらいこともあるので、緊急を要しない治療に関しては日本で受診する方が良いです。

次に、医療費の支払いについても注意が必要です。

なぜなら、海外傷害保険に加入していないと、自分で一度立て替えて払うことになるため、一部の私立病院では受診ができないことがあります。医療費が支払えないということがないように、治療費をどのように支払うのかを確認してから受診しましょう。

南アフリカで日本人が利用しやすい病院

南アフリカで病院に行く際に、日本観光客が利用しやすい病院をご紹介します。どの病院に行くべきか悩んだ時は、ぜひ以下に掲載されている病院から探してみてください。

病院名:Life Groenkloof Hospital (Little Company of Mary)

場所:プレトリア

住所:50 Geore Storrar Drive, Groenkloof, Pretoria, 0181

電話番号:(012)-424-3600(代表)、(012)-460-4744(救急部,Emergency Unit)

備考:日本大使館斜め前位に位置している。トラベルクリニックも併設されており黄熱病などの予防接種が可能。

病院名:Life Wilgers Hospital

場所:プレトリア

住所:Denneboom Road, Wilgers Ext. 14, Pretoria

電話番号:(012)-807-8100(代表)、(012)-807-8285(救急部,Casualty Department)

備考:欧米からの移住者がよく利用する。

病院名:Netcare Unitas Hospital

場所:センチュリオン

住所:Clifton Avenue, cnr Cantonment Road, Centurion

電話番号:(012)-677-8000(代表)、(012)-677-8214(救急部,Casualty Department)

備考:プレトリア周辺では最大の全診療科を持つ469床のハイレベルな私立病院。

病院名:Netcare Milpark Hospital

場所:ヨハネスブルグ

住所:9 Guild Road, Parktown west, Johannesburg

電話番号:(011)-480-5600(代表)、(011)-480-5910(救急部,Casualty Department)

備考:南アフリカでは最も信頼できるトップレベルの病院。。緊急移送会社が搬送先によく利用。

病院名:Mediclinic Morningside Hospital

場所:ヨハネスブルグ

住所:Cnr Rivonia & Hill Road, Morningside, Johannesburg (Sandton)

電話番号:(011)-282-5000(代表)、(011)-282-5126/7(救急部,Casualty Department)

備考:サントン地域の邦人・外国人が最も利用する各科とも充実した病院。

医師名:Dr. J. Teeger

場所:ヨハネスブルグ

住所:7, 3rd Street, Houghton 2198, Johannesburg

電話番号:(011)-728-4298(代表)

備考:個人開業の一般医で、ヨハネスブルグ在留邦人がよく利用。

南アフリカの入国条件では、海外旅行保険の加入は"推奨"

南アフリカへ渡航するにあたり、海外旅行保険の条件は推奨となっています。その他の要件もありますので、渡航前にしっかり確認した上で渡航するようにしましょう。

日本からの入国に際しての主な検疫措置は以下のとおり。

ポイント

1.出発の72時間前までに取得したPCR検査陰性証明書(認可を受けた医師が検査を行い、同医師の氏名・署名が必要)を提示しなければならない。

2.南アフリカ到着時に健康状態・感染者との濃厚接触の有無が確認され、感染が疑われる症状や感染者との濃厚接触が確認される場合、義務的なPCR検査(費用は自己負担)を受けなければならない。PCR検査の結果、陽性であることが判明した場合、指定された隔離場所にて10日間隔離される(費用は自己負担)。また、南アフリカ到着時に自己隔離が必要となる場合、滞在先住所の証明を提示しなければならない。

3.海外渡航保険への加入を推奨する

南アフリカへ渡航する上での海外旅行保険の選び方

ここまでの解説で、南アフリカの治安や医療事情を理解していただけたと思います。南アフリカは、犯罪が発生しやすいため、治安が良い国とは言えません。従って、観光客は特にスリやひったくり、強盗などに注意が必要です。また、南アフリカの病院では日本と同等レベルの治療を受けることが難しく、私立病院の医療費は高額です。そのため、このように事前に考えられるリスクをできるだけ海外旅行保険でカバーすることが重要と言えます。

しかし、たくさんある海外旅行保険の中から、具体的にどの海外旅行保険を選ぶべきか悩みますよね。そこで、まずは海外旅行保険の補償内容について見ていきたいと思います。

海外旅行保険の補償内容

まずは、海外旅行保険の補償内容を1項目ごとに見ていきます。

メモ

傷害死亡:怪我、不慮の事故で亡くなった場合の定額補償
傷害後遺障害:怪我、不慮の事故で後遺障害が残った場合に等級ごとの補償
治療・救援費:現地で怪我や病気をした時の治療費、移送費、遺体搬送費、被保険者が死亡・入院した場合にご家族が駆けつける費用
疾病死亡:病気で亡くなった場合に定額で補償
賠償責任保険:他人に怪我をさせたり、他人の物を壊したりして損害賠償責任を負った際の補償
携行品損害:持参物が盗難、破損した時の補償
飛行機遅延:飛行機が遅延した際にかかった宿泊費などの補償
飛行機手荷物遅延:飛行機に搭乗し手荷物が届かなかった時、生活必需品にかかった費用の補償

海外旅行保険の補償を大きく分類すると、①医療費、②携帯品、③飛行機遅延、④その他に分けられます。
南アフリカに渡航する際は、ひったくりや置き引きといった軽犯罪、医療搬送を伴う医療費を考慮して、治療・救援費と携行品損害の補償額が高いものを選ぶと良いでしょう。

海外旅行保険の選び方・比較のポイント

南アフリカに渡航する際の海外旅行保険を選ぶ時は、携帯品損害費と医療費全般の補償額に特に注意すると良いです。

南アフリカでは観光客を狙った犯罪が発生しており、貴重品を盗まれるリスクがあります。そのため、携帯品損害費の補償額が高い海外旅行保険に加入しておくと安心できます。また、南アフリカで安心な治療を受けるには、医療費の高い私立病院に行くことになります。さらに、入院や医療搬送が必要な場合は、格段に医療費が上がります。従って、1000~2000円の医療費補償額がある海外旅行保険を選びましょう。加えて、南アフリカの病院では、日本語が通じないため、通訳サービスがある海外旅行保険を選ぶことをおすすめします。

以上のことから、海外旅行保険は南アフリカで観光を安心して楽しめる補償やサービスがあるものを選ぶと良いです。

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"海外旅行保険の見積もり返答

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"海外旅行保険の見積もり返答

クレジットカード付帯保険のメリットデメリット

海外旅行に行く際、クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用する方も多いと思います。そこで、ここからは南アフリカに渡航する際に、クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用する場合のメリットとデメリットを解説していきます。

まず、加入手続きが簡単で早いことがクレジットカード付帯の海外旅行保険に加入するメリットとして挙げられます。さらに、クレジットカード付帯の海外旅行保険は、利用回数に制限がなかったり、加入者以外にもそのご家族が利用できるプランがあったりする点もメリットです。

その一方で、クレジットカード付帯の海外旅行保険は、補償期間が短いものがあります。短期旅行であれば、ほとんどの場合問題ありませんが、中期~長期の滞在になると、補償期間が足りず、クレジットカード付帯の海外旅行保険では、不十分な可能性が高いです。

従って、留学やインターンシップ、駐在など長期滞在をする場合は、クレジットカード付帯海外旅行保険で滞在期間中の補償が足りるかどうかを確認し、適していない場合は一般的な海外旅行保険に加入しましょう。また、クレジットカード付帯の海外旅行保険では、補償額が足りず、高額な医療費が支払えないというケースもあります。特に、医療搬送をする場合は、医療費の項目の中でも搬送費の補償が必須です。ですので、クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用する方は、どこまでのリスクをクレジットカード付帯の海外旅行保険でカバーするのか、どういったリスクは許容するのかを慎重に検討してください。

南アフリカのコロナによる入国制限状況

さて、ここまでの解説で、南アフリカへの渡航を考え始めた方もいるのではないでしょうか。しかし、現在(2021年10月)はコロナ禍真っ只中ですよね。そのため、海外旅行に行くことが不安な方も多いでしょう。そこで、南アフリカのコロナによる入国制限の状況について解説していきたいと思います。

結論、南アフリカは全ての国からの渡航を許可しています。

従って、出発前72時間以内のPCR検査の陰性証明携行があれば、南アフリカに入国可能です。それに加えて、海外旅行保険の加入も求められており、搭乗時に保険の加入を書類で確認されます。また、南アフリカ入国時には、健康状態や濃厚接触者でないかが確認されます。もし、濃厚接触者であったり、陽性であったりした場合は、10日間の隔離が必要です。さらに、隔離が必要な場合にかかる費用は自己負担である点にも注意しましょう。

南アフリカへ渡航する際の海外旅行保険プラン例

南アフリカへ渡航する際の海外旅行保険プラン例を以下に掲載しました。この他のプランも多数ありますが、何を重視して補償内容や金額をセットしていくかは渡航の目的や期間によっても異なってきますので、プラン選びでお悩みの場合は保険のプロアドバイザーへ相談することをお勧めします。

補償面AプランBプランCプランDプラン
傷害死亡1,000万円1,000万円1,000万円
傷害後遺障害1,000万円30~1,000万円1,000万円
治療・救援費用1,000万円2,000万円無制限3,000万円
緊急歯科治療費用10万円10万円
疾病死亡1000万円2,000万円500万円1000万円
賠償責任1億円1億円1億円
携行品損害30万円30万円10万円
生活用動産
航空機寄託手荷物遅延等費用1万円3万円
航空機遅延あり
テロ等対応費用1万円
弁護士費用100万円100万円
保険料(渡航期間4日)2,160円2,710円4,400円4,570円
保険料(渡航期間7日)3,450円3,630円7,440円6,630円
保険料(渡航期間14日)6,580円8,980円13,650円10,590円
保険料(渡航期間21日)9,970円14,520円18,150円17,160円
保険料(渡航期間29日)13,700円21,090円23,790円22,970円
保険料(渡航期間2ヶ月)56,080円 47,840円 40,400円
保険料(渡航期間3ヶ月)97,900円57,920円 48,940円
保険料(渡航期間6ヶ月)126,810円 105,250円

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"海外旅行保険の見積もり返答

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"海外旅行保険の見積もり返答

まとめ

今回の記事では、南アフリカへ渡航する際の海外旅行保険について解説してきました。また、海外旅行保険の補償内容を検討する上で重要な情報である治安や医療事情についても理解していただけたと思います。南アフリカ旅行へ行く際は、考えうるリスクをカバーでき、滞在期間と渡航目的に合った適切な海外旅行保険に加入しましょう。特に、南アフリカの私立病院は医療費が高いので、病気や怪我をした時に備えて、医療費の補償額が十分にある海外旅行保険を選ぶことをおすすめします。

海外旅行保険は安心して旅行を楽しむために必要な不可欠なものですので、慎重に補償内容を検討してください。南アフリカへの渡航を予定している方は、ぜひこちらの記事を参考にご自身の旅行プランに適した海外旅行保険を選んでください。

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"海外旅行保険の見積もり返答

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"海外旅行保険の見積もり返答

  • この記事を書いた人

保険Times Magazine編集部

保険Times(株式会社インシュアランスブレーン)では、海外旅行保険(留学・ワーホリ・駐在・海外長期渡航など)・火災保険・法人損保に関するお問い合わせを日々多数いただいています。その中で、お客様からのご質問・やり取りの中から「この情報は保険加入前に知っておいた方がいいな」といった内容を記事にまとめて保険の選び方を発信しています。 スタッフの詳細なご紹介:https://hokentimes.com/oversea/staff

-海外旅行保険
-