海外旅行保険

【必見】世界一周海外旅行保険をカスタマイズして安くする方法

世界一周

この記事を読んでいる方は、これから世界一周または長期での海外旅行を計画されているかと思います。
世界を一周するような、長期の海外旅行なんて、プランを練っているだけでワクワクしますね!ワクワクする気持ちと一緒に、航空券、宿泊先、治安情報など、リサーチしつつ予算と照らし合わせて一つ一つ決めていくのは結構大変なもの。もちろん、それを含めての世界一周の旅ですが、その中でなかなか決断するのが難しいのが海外旅行保険です。

たくさんのプラン、会社、補償内容がありますし、1年以上の旅となると「そもそも海外旅行保険って本当に必要なの?」という言葉が脳裏に浮かぶほど、保険料も高額になってきます。今回は、世界一周旅行・バックパッカーのように国と国を移動しながら旅する人に向けて、わかりにくい長期海外旅行保険の疑問や商品の選び方を紹介します。

ココがポイント

  1. 海外旅行中のトラブル発生率は15%。いつ自分の身にトラブルが発生してもおかしくない確率です。
  2. 滞在する国によってもリスクは変わってきますが、物価が安い国だと逆に治療水準が低く難易度の高い治療は日本へ搬送になり治療費が高額になるケースもあります。
  3. クレカの付帯保険は、補償金額が不足するリスクを考慮して活用しましょう。

海外旅行保険の見積りはこちら

保険Times Magazineは、海外旅行保険の相談/見積もりサービスを展開する保険Timesが運営するWebメディアです。海外旅行保険の選び方コンテンツを発信しています。

世界一周旅行に、海外旅行保険は必要?

海外旅行保険への加入を迷っている方、クレジットカードの付帯保険で十分。と思っている方もいらっしゃると思います。何と言っても世界一周旅行をする上で出来るだけ費用を抑えたい中で海外旅行保険の相場は1年14~26万円程度。プラン選びや会社選びを間違えると想定以上の出費となってしまいます。

ただ、海外旅行中のトラブル遭遇率は15%。7人に1人の割合でトラブルに遭遇しています。決して人ごとではないですね。海外旅行保険が使われるアクシデントのTop3は以下の通り。

海外旅行保険の重要な補償内容

海外旅行保険で外せない上記の3つのトラブルについて補償内容をご説明します。

病院なんて行かないから大丈夫?(治療救援費用)

治療

滅多に体調を崩さないし、体は丈夫だから大丈夫。そもそも風邪や食あたりぐらいは寝てれば大丈夫。怪我なんて、足をくじく程度だろうし、そんなのは湿布でも貼ってれば大丈夫。確かに、世界一周に出ようと思っているくらいですから、それくらいの気合がある人が多いかもしれません。

でも実際は、風邪ぐらい、食あたりぐらい、捻挫ぐらいですまないことが多いのです。また、こんなはずじゃなかった、と思いもかけない理由で病院の世話になることもあります。次の移動の予定が決まっていたり、予算が限られていたりする旅では、体と心に無理を強いることも多く、そういった理由から思わぬところで体調を崩しがちです。また、国によって、気候や環境も違うので、日本にはない感染症やなりやすい疾病があります。

耳が痛いほど見聞きしているとは思いますが、海外の実費医療費は高額です。

実際に海外旅行中にあった話

Aくんは、グリーンピースで世界一周したこともある、ベテラン旅人です。何度も海外に行っているため、今回の旅は海外保険に加入せず旅行することにしました。カナダを旅行中、気にいった街があったので長めに滞在。
知り合いや友人と呼べる人も増えてきたので一緒に飲みに行くことになりました。酒の場で酩酊したAくんは、転んで頭を柱にぶつけてしまい、頭から出血。頭部出血はただでさえ勢いがよいのに、そこにお酒の力も相まって、見た目は惨事です。

そこで、血まみれになっているA君を心配した周りの人達が救急車を呼びました。治療としては簡単なもので、縫うこともなくことなきを得ましたが、このアクシデントでA君が病院から請求された金額は$1400(週末夜間ER代$500+救急搬送$900) でした。キーポイントは、週末の夜、救急車で救急(ER)に搬送。治療費が高額になる条件が揃ったコンボです。病院までは徒歩10分、救急車では2分もかかりませんでしたが、2分しか乗っていないのに、飛行機並みの請求額と、凹んでも凹みきれないA君でした。

「携行品損害補償」とは?

「携行品損害補償」とは、旅行先で携行品が盗難や、破損にあった場合に限度額(例えば30万円)まで補償してくれるものです。この補償には、カメラを落として壊したなどの破損も対象になります。ただし、現金やクレジットカードは補償外なので気をつけてください。

どんなに治安の良い国でも、盗難にあう可能性はあります。もし保険料を抑えたいのだとしたら、あまり高価な物を携行しない旅のスタイルにして、補償額を低く設定することも一案かもしれません。

携行品損害
【クレカ保険との比較も】海外旅行保険の携行品損害補償

海外旅行保険の補償内容の中でも使用頻度が高いとされる「携行品損害補償」。ところが、実際のところ詳しくこの補償の中身を理解している方はそう多くはないのではないでしょうか。 旅行中の携行品に関する全てのト ...

続きを見る

「旅行事故緊急費用」とは?

「旅行事故緊急費用」とは、予約していた飛行機や交通機関がテロ、台風、ストライキで決行・遅延になってしまった際に、負担を余儀なくされた費用に対して支払われるものです。ありそうでなさそう、でもあると負担額が大きいので心配ですね。実際にあった事例では、アルゼンチンで搭乗手続きに行った際に、「この航空会社は昨日倒産したので、あなたのチケットはありません。代替フライトも用意できません」と言われてしまい空港で立ち往生。翌日別の飛行機会社でチケットを購入し移動。この時の航空券や宿泊代も「旅行事故緊急費用」で費用をまかなえたそうです。

もうひとつ、上記3つに加えて外せない「賠償責任補償」

「賠償責任補償」とは、旅行中に誰かに怪我をさせてしまったり、ホテルなどで誤って物を壊してしまった際に補償対象になります。

よくありがちなのは、ホテルのバスタブにお湯を貯めていたことを忘れて床が水浸しになってしまった、フードコートなどで椅子の上に置いてあった誰かのカメラを誤って落としてしまったなどです。こちらも、思いがけず大きな出費になったり、最悪のケースで裁判沙汰になることもなきにしもあらずです。世界一周の旅に出るなら、必ず入っておいたほうが良いでしょう。

破損
【クレカ保険との比較】海外旅行保険の個人賠償責任補償を解説

海外旅行保険のパンフレットを眺めていると、どの補償プランの中にも必ずこの「賠償責任保険」という言葉が頻出しているのが見て取れます。賠償責任という言葉の響き、なんだか、決して良い状況で使われるとはどうし ...

続きを見る

世界一周海外保険はどの保険会社が良い?

日本の保険会社のケース

日本の保険会社から選ぶ場合は、保険会社によって世界一周の保険の取り扱いができるケースとできないケースがあることをまず認識しておきましょう。複数の渡航国にまたがる渡航の場合、加入できないプランなどもあります。また、保険の代理店にもよりますがカスタマイズプランなどを豊富に取り扱っている会社もありますので、世界一周の場合に必要のない補償はできるだけ外していけば、1年間の保険料ベースで15万円前後まで落とせる場合もあります。カスタマイズプランは、ネットに掲載されていないものも多いですので一度相談してみるのも良いでしょう。

アリアンツなどの海外現地保険会社

英語に自信がある人は、クレジットカードの付帯保険が切れるタイミングで海外の保険会社に切り替えるということもできます。こちらは保険料金をぐっと抑えることができます。しかし、キャッシュレス対応不可のため、治療費用は全額建て替えで後日申請のみ、盗難などの携行品損害補償外などというデメリットも。また、保険加入期間に空白ができると加入することができないので、クレジットカードの付帯保険が切れる前に加入しなければなりません。

海外旅行保険を選ぶ際は、必要な補償をカスタマイズしましょう

世界一周に行く上で出来るだけ保険料を抑えたいと考えている方も多いでしょう。そんな時は、補償内容のカスタマイズが重要です。一般的な海外旅行保険は全ての補償がフルパックで入っています。その中で、例えば航空機の遅延やロストバゲージは自分で対応するから不要、死亡補償も死ぬ確率もそこまで高くないから不要、携行品の量も少ないため携行品損害の金額を下げるなど、補償内容や補償金額を調整していくことで保険料を抑えていくことが可能です。フルパックをみて、「これは高いからクレカの保険で行こう」と考えるのではなく、補償内容のカスタマイズ相談ができる専門家に相談して決定するようにしましょう。

世界一周旅行でも使えるクレカ付帯保険上乗せプラン

3ヶ月未満の渡航であれば海外旅行保険会社にもよりますが、クレカ上乗せプランというプランも用意されています。出来るだけ保険料を抑えていくという観点で、クレカで足りなくなる補償を海外旅行保険で補うという考え方です。これを使うことで、世界一周へ渡航する上で不安なクレカの補償を補うことも可能です。

改めて、海外旅行中クレジットカード付帯保険でことは足りるの?

こちらもよくある疑問だと思います。3ヶ月以内の海外旅行だったら、クレジットカード付帯保険があれば、保険会社の商品に加入しなくても良いかもしれません。ただ、クレジットカードの付帯保険で注意しなければならないのが、そのカードが利用付帯自動付帯どちらか?ということ。

利用付帯とは、そのクレジットカードを使って航空券などの旅行に関わる交通機関の支払いを行っていれば海外旅行保険を利用できるというもの。

自動付帯とは、持っているだけで海外旅行保険が適応になるもの。

クレジットカードの付帯保険は便利ですが、そのカードによって補償内容が異なるので、必ず詳細を確認する必要があります。

クレジットカード
【徹底検証】留学・ワーホリはクレジットカード保険で十分?

保険Timesには日々海外留学・ワーホリ・旅行などの保険をどう加入すればいいか?というお問い合わせを多数いただくのですが、その中でもクレジットカードの付帯保険との併用に関するご相談も多くいただきます。 ...

続きを見る

クレジットカードを数枚携帯していれば、1年までカバーされる?

ほとんどのクレジットカードの旅行付帯の保険適応期間は、日本を出発後90日以内です。たとえ数枚クレジットカードを持っていても、それらを組み合わせて1年までカバーすることはできません
クレジットカードを数枚持っている1つメリットといえば、90日以内のトラブルで、補償額を上回る請求が来た場合に、数枚のクレジットカードの補償額を合わせてカバーすることが可能とのこと。また、補償金額も必要最低限しか整っていないクレジットカードが多いですので、海外で事故に巻き込まれた場合に必要な補償金額が全て保障されない場合もあります。

世界一周旅行の保険選びは、日本の保険会社がいい理由

日本語で対応してもらえる

保険料を安く済ませるために、クレジットカードから海外の保険会社に切り替えたりするのも一つの手ですが、実際トラブルに見舞われたときに、日本語で迅速に対応してもらえる有難さは筆舌に尽くしがたいです。元気なときなら現地の言葉でコミュニケーションにチャレンジするも楽しいですが、体調が悪いとき、トラブルに巻き込まれたときは、そういう訳にはいきません。大きな街であれば、通訳も手配してくれるので、かなり心強いです。

補償内容が充実

日本の保険会社の海外旅行保険は、補償内容がかなり充実しています。こんなに手厚く補償してくれるいます。もちろん、必要ないところはバラ掛けなどで自分で調整できるのも嬉しいです。

キャッシュレスの有難さ

急病で病院に行くことになり、「現地の通貨を用意して高額な医療費を払う難しさ」を想像してみてください。
もちろん、クレジットカードが使えればそれに越したことはないですが、北米などの大国でも、日本のクレジットカードが使えない場面もあります。

全ての国地域でキャッシュレスが可能なわけではないですが、それでもキャッシュレスで病院に行けることのありがたみは、利用した人でなければわからないかもしれません。

筆者も、海外長期滞在中、スノーボードで膝を負傷し、手術を受けることになりました。その際、海外旅行保険を使って、通訳を手配。通訳さんが、診療中、手術中、リハビリのケアまで全て付き添ってくれました。海外で手術という不安な心境の中、言葉の面以上に、心理面でのサポートもしていただけて心強かったです。聞くところによると、かかった費用はどうやら100万円以上。何一つ支払うことなく全てが終わったので、実際いくらだったのかもわかりません。キャッシュレスでなければ、建て替えることすら難しかったと思います。

海外の保険会社の対応は冷たい

ベテラン旅行者であれば、アリアンツなどの海外の保険会社を利用するのも手ですが、日本の保険会社のような丁寧な対応は期待できませんのでご注意を。もちろん、きちんと対応してくれますが、日本の手厚さに比べて、海外のドライな対応はトラブル時は余計にしんどいかもしれません。

日本で待っている家族も安心

世界一周などの長期の旅行に出るなら、日本にいる家族を安心させるのも大事なことです。愛する家族が、どんな保険を持っているのかも知らずに見知らぬ国いるというのは、家族にとっては不安です。日本の保険会社だったら、日本の家族から問い合わせや対応をしてもらえるという利点もあります。

長い旅こそ、安心を買おう

いかがでしたでしょうか。世界一周旅行の海外旅行保険に対する疑問が、少しでも解消されればいいなと思います。長い旅こそ安心を買う。良い旅になりますように!

\見積もり依頼で保険料が安くなる/

【無料】見積りスタート

海外旅行保険専任アドバイザーに不明点を相談

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • この記事を書いた人

保険Times Magazine編集部

株式会社インシュアランスブレーンでは、生命保険、損害保険の国内主要会社を取り扱っており、"お客様目線での保険選び"ができるようサポートさせていただいております。個人のライフプランから会社のリスクマネジメントなどお気軽にご相談ください。

-海外旅行保険

Copyright© 保険Times Magazine , 2020 All Rights Reserved.