海外旅行保険

【2022年版】ポルトガル渡航の海外旅行保険の選び方を徹底解説

ポルトガル海外旅行保険

南ヨーロッパのイベリア半島に位置する国、ポルトガル。
ポルトガルには大航海時代のロマンを感じられる風景やサッカー観戦などたくさんの観光スポットがあります。
また、ポルトガルはヨーロッパ諸国の中でも物価が比較的安いので、費用を気にすることなく旅行が楽しめるでしょう。
今回は、1度は観光旅行をしてみたい国、ポルトガルに渡航する際に必要な海外旅行保険にについて解説していきます。
ポルトガル旅行を計画している方は、ぜひ最後までご覧ください。

ココがポイント

  1. ポルトガルの治安状況は非常によく、日本と変わらないレベルの治安状況となりますが、バイオ・アルト地区など特定のエリアや観光地では薬物販売やスリなどは横行していますのでこれらに注意して渡航するようにしましょう。
  2. ポルトガルの医療レベルも世界的には非常に高い一方、現地で治療を受ける際にポルトガル語が必要になるケースがありますので、ポルトガル語に不安がある方は海外旅行保険の医療通訳サービスを利用するようにしましょう。
  3. ポルトガルは、3万ユーロ以上の保険の加入および加入証明書の提示が入国の際に求められます。渡航する前に加入した保険の付保証明書の入手を行っておきましょう。

\ 国内主要保険会社を比較 /

無料 オンライン見積り

まずは"簡単"今すぐ見積もり

無料 オンライン見積り                

まずは"簡単"今すぐ見積もり

保険Times Magazineは、海外旅行保険の相談/見積もりサービスを展開する保険Timesが運営するWebメディアです。海外旅行保険の選び方コンテンツを発信しています。

ポルトガルへ渡航する目的や期間によって選ぶべき保険は異なる

海外旅行をする際は、ほとんどの方が海外旅行保険へ加入しますよね。しかし、海外旅行保険の種類は保険会社によって様々であり種類も多いので、どの保険が適しているのか悩むと思います。結論、海外旅行保険は渡航する国や渡航期間、渡航の目的によって選ぶべき保険が異なります。そのため、ポルトガルに旅行へ行く際も、ご自身の渡航プランに合った海外旅行保険に加入することが非常に重要です。

たとえば、2泊3日~1週間程度の短期旅行であれば、所持品に対する携帯品損害や、病気になった時の医療費が補償内容として入っていれば大きな問題はないでしょう。しかし、長期滞在やインターンシップ、留学などを目的としてポルトガルに滞在する場合は、ホテルや家に置いておく所持品に対しても損害の補償がついている方が安心できます。また、滞在期間が長くなるほど、事故や病気をする確立が高くなるため、医療費の補償額もできる限り高い方が良いです。

今回は、ポルトガルに短期~中期滞在する場合に適している海外旅行保険について解説していきます。

ポルトガルの治安

海外旅行保険を選ぶ際、現地の治安状況(盗難事件の大小、テロ事件の発生有無など)によってカバーするべき補償内容も異なってきます。それでは、ポルトガルの治安について見ながら現地で発生確率の高い事件事故について確認していきましょう。

結論、ポルトガルの治安は比較的良いと言えます。しかし、治安が良い国だからと言って安心しきって旅行ができるわけではありません。特に、バイロ・アルト地区は治安が悪いエリアです。具体的には、マリファナが売られていたり、観光客をターゲットにしたすりや置き引きが発生したりしています。そのため、街を歩く時はリュックに財布を入れない、カバンを前に持って盗難防止するなどの対策が必要です。

ポルトガルで発生率の高いトラブル

まずは、スリや置き引きに注意してください。有名な観光地がたくさんあるポルトガルには、観光客が集まります。なので、そんな観光客を狙ったスリや置き引きが人混みで発生しやすいです。貴重品を見えるところに持っていたり、席に置いたままにしていたりすると、格好のターゲットになってしまいます。観光中はカバンから目を離さないこと、手荷物は前側で持つことなどの防犯対策をしましょう。

続いて、バイロ・アルト地区には近づかないようにしてください。観光客の中にはポルトガル民謡を聞こうとバイロ・アルト地区に足を運ぶ人もいます。しかし、バイロ・アルト地区は治安が良くないと言われているエリアです。昼間は危なくなくても、夜間になると飲み屋に行く人で溢れています。また、マリファナが売られていたり、その他のドラッグも売られていたりもします。そして、観光客は服装や顔つきから目立ちやすいので、声もかけられやすいです。それに加えて、夜間は街灯も少ないため、暗く人通りも少ないので、むやみに出歩かない法が良いでしょう。

ポルトガルの医療事情

海外旅行先で、病気をしたらどの病院に行くべきか、治療は受けられるのかなど不安がたくさんありますよね。それでは、ポルトガルの医療事情について解説していきますので、渡航前に心配事を解消しておきましょう。

結論、ポルトガルの医療水準は高いです。
世界水準で見てみると、ポルトガルは93か国中23位となっています。日本は3位なので、日本よりは低い水準ですが、世界的に見ると高いと言えます。なので、医療機関や治療に関して大きな心配はいらないでしょう。

ポルトガルの医療費相場

ポルトガルの病院を利用した場合、どのくらいの医療費がかかるのか気になりますよね。どんな海外旅行保険に加入するかに関しても、医療費がおおよその目安になると思います。では、ポルトガルの医療費の相場を見ていきましょう。

怪我や病気医療費
初診料約100ユーロ
入院(1日あたり)約200ユーロ

日本での医療費は健康保険によって自己負担額が3割になっています。しかし、ポルトガルでは健康保険が使えないため、全額自己負担になります。さらに、入院や手術が必要になる場合は医療費がより高額になるため、保険によるカバーが必要です。また、観光客の大半は私立病院を受診するため、公立病院に比べて医療費が高くなることが予想されます。従って、ポルトガルに渡航する際は万が一の事態を想定して、医療費の補償額が十分にある海外旅行保険に加入することをおすすめします。

\ 国内主要保険会社を比較 /

無料 オンライン見積り

まずは"簡単"今すぐ見積もり

無料 オンライン見積り                

まずは"簡単"今すぐ見積もり

ポルトガルの病院で気を付けるべきトラブル

続いて、ポルトガルの病院を利用した際に、気を付けるべきトラブルについて解説していきます。ポルトガルの病院は設備が整っていても、日本の病院とは違うことも多いため、以下のトラブルに気を付けてください。

まず、ポルトガル語か英語で症状を伝えられない人は通訳に同行してもらいましょう。ポルトガルの病院では日本語が通じません。コミュニケーションに不安がある方は、通訳サービスを利用したり、語学力のある方に同行してもらうことをおすすめします。

また、ポルトガルの病院は基本的に予約制になっています。そのため、急患の場合は総合病院の救急を受診することをおすすめします。しかし、救急外来では重症者が優先されるため、軽症の場合には長時間待たされることもあります。症状が悪化しすぐに見てもらいたい場合は救急車を呼ぶことも考えましょう。

ポルトガルでの治療費の実例

それでは、実際にポルトガルで病気や怪我をした際にかかる医療費についてポルトガルで過去に起きた高額な治療費の実例をもとにご紹介いたします。

事例医療費(日本円)
現地到着後に膝が痛み歩行困難となり受診。深部静脈血栓症と診断され7日間入院。医師が付き添い医療搬送。339万円
サービスエリア内のトイレで嘔吐し救急車で搬送。心筋梗塞と診断され7日間入院。医師が付き添い医療搬送。370万円
クルーズ中、スーツケースを持ち上げた際に15年前の腹部手術箇所が開く。内臓吐出と診断され11日間入院・手術。家族が駆けつける。看護師が付き添い医療搬送。413万円

事例にあるように、入院期間が長く医療搬送が伴う事故の場合は300万円以上の医療費がかかります。高額な支払いが考えられるのは治療関連なので、海外旅行保険を選ぶ際は治療費の金額を要確認しましょう。取り上げたポルトガルの事例は300~400万程度の請求ですが、他のヨーロッパ諸国では入院や手術、医療搬送を含めて3000万円以上かかった事例もあるので、どこまでのリスクを保険でカバーするのかを検討してください。

ポルトガルで日本人観光客が利用しやすい病院

ポルトガルで病院に行く際に、日本人観光客が利用しやすい病院をご紹介します。どの病院に行くべきか悩んだ時は、ぜひ以下のリストから探してみてください。

病院名:UF Infante Santo Hospital (クフ・インファント・サント)/ CUF Tejo (クフ・テージョ)

場所:リスボン

所在地:CUF Infante Santo - Travessa do Castro, 3  及び 070, Av. Infante Santo 34, Lisboa, ポルトガル CUF Tejo – Av. 24 de Julho 171, Lisboa

電話:(21)- 392-6100(代表/月-金曜8時-20時、土日祝 9時-18時の受付)

概要:予約なしでの受診の可否は診療科による。医師は基本的に英語可。支払いは事後払い

病院名:Hospital Lusíadas Lisboa(ルズィアダス・リスボア)

場所:リスボン

所在地:Rua Abílio Mendes(地下鉄青線Alto dos Moinhos(アルト・ドス・モイーニョス)駅近く)

電話:21-770- 4040(国内)(コールセンター/24時間応答)

概要:予約なしの場合は緊急外来にて常時受診可能。医師は基本的に英語可。支払いは事後払い

病院名: Hospital da Luz Lisboa (ルス)

場所:リスボン

所在地:Avenida Lusíada, 100, 1500-650 Lisboa

電話:(21)-710-4400(コールセンター/8時~20時)

   (21)-710-4424 (緊急用・COVID-19の症状がある場合)

概要:予約なしの場合は緊急外来にて常時受診可能。医師は基本的に英語可。支払いは事後払い

場所: リスボン

病院名:CLINICA TSUCHIYA

診療科目:鍼、一般

診療時間:火 10:00~19:00水~金 10:00~18:00土日 09:30~16:00月休診

概要:日本語可能

病院名:CUF Porto Hospital(クフ・ポルト) 

場所:ポルト北部

所在地:Estrada da Circunvalação, 14341

電話:(22)-003-9000(代表/平日8時-20時、土日祝 9時-18時の受付)

概要:予約なしの場合は緊急外来にて常時受診可能。医師は基本的に英語可能

病院名:Hospital Lusíadas do Porto(ルズィアダス・ド・ポルト)

場所:ポルト北部

所在地:Avenida da Boavista, 171(ボア・ヴィスタ庭園の近く)

電話:(22)-605-6450(国内)または +351(21)-770- 4040(国外)(コールセンター/24時間応答)

概要:予約無しの場合は緊急外来にて常時受診可能。医師は基本的に英語可能

\ 国内主要保険会社を比較 /

無料 オンライン見積り

まずは"簡単"今すぐ見積もり

無料 オンライン見積り                

まずは"簡単"今すぐ見積もり

ポルトガルへ渡航する上での海外旅行保険の選び方

ここまでの解説で、ポルトガルの治安や医療事情を理解していただけたと思います。

ポルトガルは比較的に治安の良い国ですが、観光客をターゲットとした犯罪の発生率は高いので、観光中気を抜くことはできません。特に、人混みではスリや置き引き、危険なエリアに近づかないことに注意しましょう。そして、病気や怪我で病院を受診する際は、高額な医療費に備えた保険と急患でない限り予約が必要です。安心して観光旅行をするためにも、予想できるリスクをできるだけカバーできる海外旅行保険に加入しましょう。

ポルトガル渡航の際海外旅行保険の加入が義務付けられている

ポルトガルはシェンゲン協定を締結している国なので、入国するには旅行医療保険(3万ユーロ以上)への加入が求められます。また、保険に加入していることを証明するために、保険証券・付保証明書等をチェックされることがあるので、旅行の際はこれらの書類を携帯するようにしてください。

実際に保険に加入しないまま入国手続きに進むと、入国を拒否されたり、別室で尋問されたりすることがあります。現地で急遽保険に加入できるケースもありますが、入国審査時に慌てずに済むように出国前に余裕を持って保険に加入しておくことが1番です。なので、ポルトガルへ渡航する方は3万ユーロ以上の補償額がある保険へ加入してください。

海外旅行保険の補償内容

ポルトガル旅行には保険が必須だと言われても、たくさんある海外旅行保険の中から、具体的にどの海外旅行保険を選ぶべきか悩みますよね。
そこで、まず最初に海外旅行保険の補償内容について見ていきたいと思います。

メモ

傷害死亡:怪我、不慮の事故で亡くなった場合の定額補償
傷害後遺障害:怪我、不慮の事故で後遺障害が残った場合に等級ごとの補償
治療・救援費:現地で怪我や病気をした時の治療費、移送費、遺体搬送費、被保険者が死亡・入院した場合にご家族が駆けつける費用
疾病死亡:病気で亡くなった場合に定額で補償
賠償責任保険:他人に怪我をさせたり、他人の物を壊したりして損害賠償責任を負った際の補償
携行品損害:持参物が盗難、破損した時の補償
飛行機遅延:飛行機が遅延した際にかかった宿泊費などの補償
飛行機手荷物遅延:飛行機に搭乗し手荷物が届かなかった時、生活必需品にかかった費用の補償

海外旅行保険の補償を大きく分類すると、①医療費、②携帯品、③飛行機遅延、④その他に分けられます。
ポルトガルに渡航する際は、スリや置き引きといった軽犯罪、入院や手術を踏まえた医療費を考慮して、治療・救援費と携行品損害の補償額が高いものを選ぶと良いでしょう。

\ 国内主要保険会社を比較 /

無料 オンライン見積り

まずは"簡単"今すぐ見積もり

無料 オンライン見積り                

まずは"簡単"今すぐ見積もり

海外旅行保険の選び方・比較のポイント

ポルトガルに渡航する際の海外旅行保険を選ぶ時は、補償内容の中でも携帯品損害費と医療費全般の補償額に注目してください。

ポルトガルは比較的に治安が良い国ですが、観光客を狙ったスリや置き引きが多いので、軽犯罪に絶対に遭わないわけではありません。そのため、貴重品を盗まれた時に備えて携帯品損害費の補償額は高い方が安心できます。

また、ポルトガルで病気やケガをした際は基本的に私立病院を受診することになるため、それに伴って医療費も高くなります。さらに、手術や入院が必要な場合、加えて医療搬送が伴う場合には、より高額な医療費が請求されます。実例には400万円を超えるケースもあり、他のヨーロッパ諸国では3000万円以上請求された実例もあります。従って、ポルトガルに渡航する際に医療費の心配をしないために、1000万円ほどの医療費の補償額がある海外旅行保険を選ぶことがおすすめします。

\ 国内主要保険会社を比較 /

無料 オンライン見積り

まずは"簡単"今すぐ見積もり

無料 オンライン見積り                

まずは"簡単"今すぐ見積もり

クレジットカード付帯保険のメリットデメリット

海外旅行に行く際、クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用する方も多いと思います。しかし、クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用する場合にはメリットだけでなく、デメリットが存在します。

まず、加入手続きが簡単で早いことがクレジットカード付帯の海外旅行保険に加入するメリットとして挙げられます。それから、クレジットカード付帯の海外旅行保険は利用回数に制限がなかったり、加入者以外にもそのご家族が利用できるプランがあったりする点もメリットと言えます。しかし、その一方で、クレジットカード付帯の海外旅行保険は補償期間が短いです。短期旅行であれば問題ありませんが、中期~長期の滞在になると補償期間が足りず、クレジットカード付帯の海外旅行保険では不十分な可能性があります。ゆえに、留学やインターンシップ、駐在などを目的として長期滞在をする場合は、クレジットカード付帯海外旅行保険で滞在期間中の補償が足りるかどうかを確認し、適していない場合はクレジットカード付帯ではない海外旅行保険に加入しましょう。

そして、クレジットカード付帯の海外旅行保険では、補償額が足りないことが原因で高額な医療費が支払えないというケースもあります。特に、医療搬送が必要な場合は医療費の項目の中でも搬送費の補償が必須です。
従って、クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用する方は、どこまでのリスクをクレジットカード付帯の海外旅行保険でカバーするのか、どのリスクは許容するのかを慎重に検討してください。

ポルトガルのコロナによる入国制限状況

さて、ポルトガルへの渡航を現実的に考え始めた方もいるのではないでしょうか。しかし、現在(2021年11月)は新型コロナウイルスの影響があります。そのため、海外旅行に行くことに不安を感じている方も多いでしょう。そこで、最後にポルトガルのコロナによる入国制限の状況について見ていきたいと思います。

結論、ポルトガルへの入国は基本的に不可となっています。しかし、ポルトガル政府が承認するワクチン接種証明書を保持している場合と、必要不可欠な渡航目的がある場合には入国可能です。

ただ、現時点で日本のワクチン接種証明書は認められていないので、正直日本からの入国は不可だと言えるでしょう。また、就業、修学、家族との再会、健康、人道的理由などが「渡航目的が不可欠な場合」として該当するかに関しては、駐日ポルトガル大使館に確認が必要です。

ポルトガルへ渡航する際の海外旅行保険プラン例

補償面AプランBプランCプランDプラン
傷害死亡1,000万円1,000万円1,000万円
傷害後遺障害1,000万円30~1,000万円1,000万円
治療・救援費用1,000万円2,000万円無制限3,000万円
緊急歯科治療費用10万円10万円
疾病死亡1000万円2,000万円500万円1000万円
賠償責任1億円1億円1億円
携行品損害30万円30万円10万円
生活用動産
航空機寄託手荷物遅延等費用1万円3万円
航空機遅延あり
テロ等対応費用1万円
弁護士費用100万円100万円
保険料(渡航期間4日)1,680円1,350円4,400円4,570円
保険料(渡航期間7日)2,640円1,810円7,440円6,630円
保険料(渡航期間14日)4,950円4,480円13,650円10,590円
保険料(渡航期間21日)7,250円7,270円18,150円17,160円
保険料(渡航期間29日)10,090円10,610円23,790円22,970円
保険料(渡航期間2ヶ月)46,420円47,840円40,400円
保険料(渡航期間3ヶ月)143,530円57,920円48,940円
保険料(渡航期間6ヶ月)126,810円105,250円

\ 国内主要保険会社を比較 /

無料 オンライン見積り

まずは"簡単"今すぐ見積もり

無料 オンライン見積り                

まずは"簡単"今すぐ見積もり

まとめ

今回の記事ではポルトガルへ渡航する際の海外旅行保険について解説してきました。

また、海外旅行保険の補償内容を検討する上で重要な情報である治安や医療事情についても触れました。
ポルトガル旅行へ行く際は考えうるリスクをカバーでき、滞在期間と渡航目的に合った適切な海外旅行保険に加入しましょう。

特にポルトガルの私立病院を受診する際は高額な医療費の請求が想定されますので、医療費の補償額が十分にある海外旅行保険を選ぶことをおすすめします。海外旅行保険は安心して旅行を楽しむために必要な不可欠なものです。従って、ポルトガル旅行の際には3万ユーロ以上の補償額がある保険に加入してください。

最後に、ポルトガルへの渡航を予定している方は、ぜひこちらの記事を参考にご自身の旅行プランに適した海外旅行保険を選んでください。

\ 国内主要保険会社を比較 /

無料 オンライン見積り

まずは"簡単"今すぐ見積もり

無料 オンライン見積り                

まずは"簡単"今すぐ見積もり

  • この記事を書いた人

保険Times Magazine編集部

保険Times(株式会社インシュアランスブレーン)では、海外旅行保険(留学・ワーホリ・駐在・海外長期渡航など)・火災保険・法人損保に関するお問い合わせを日々多数いただいています。その中で、お客様からのご質問・やり取りの中から「この情報は保険加入前に知っておいた方がいいな」といった内容を記事にまとめて保険の選び方を発信しています。 スタッフの詳細なご紹介:https://hokentimes.com/oversea/staff

-海外旅行保険
-