海外旅行保険

【2022年版】ラトビア渡航の海外旅行保険の選び方を徹底解説

ラトビア海外旅行保険

バルト三国の一国である、ラトビアはリトアニアとエストニアの間に位置する国です。長く広がるビーチと広大な自然がラトビアの美しい景観となっています。そんなラトビアでは、宮殿や大聖堂など中世の歴史を堪能することはもちろん、壮大な自然に癒されることもできます。また、リガ中央市場というヨーロッバ最大級とも言われている巨大な市場食べるローカルグルメもラトビア旅行の魅力の一つです。

今回は、ラトビアに渡航する際に、必要となる海外旅行保険について解説していきます。ラトビアへの渡航を考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。


ココがポイント

  1. ラトビアでは、テロ事件など国際的な大事件の発生は近年ありません。スリや置き引きなど観光客を狙った犯罪は継続的に発生していますので、現地へ携行する物については携行する物の金額などを踏まえて補償を設定するのが良いでしょう。
  2. ラトビアの病院は、ロシア語かラトビア語でのコミュニケーションとなります。現地語が話せない場合は、海外旅行保険の通訳サービスを活用すると良いでしょう。
  3. ラトビアへ渡航する際、海外旅行保険の加入が必須となっています。最低でも3万ユーロ以上の医療補償がついている海外旅行保険に加入するようにしましょう。

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"海外旅行保険の見積もり返答

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"海外旅行保険の見積もり返答

保険Times Magazineは、海外旅行保険の相談/見積もりサービスを展開する保険Timesが運営するWebメディアです。海外旅行保険の選び方コンテンツを発信しています。

ラトビアへ渡航する目的や期間によって選ぶべき保険は異なる

海外旅行をする際は、ほとんどの方が海外旅行保険へ加入すると思います。しかし、海外旅行保険の種類は保険会社によって様々であり種類も多いので、どの保険が適しているのか悩むでしょう。結論、海外旅行保険は渡航する国や渡航期間、渡航の目的によって選ぶべき保険が異なります。そのため、ラトビアに旅行へ行く際も、ご自身の渡航プランに合った海外旅行保険に加入することが非常に重要です。

たとえば、2泊3日~1週間程度の短期旅行であれば、所持品に対する携帯品損害や、病気になった時の医療費が補償内容として入っていれば大きな問題はないでしょう。
ですが、長期滞在やインターンシップ、留学などを目的として長期滞在する場合は、ホテルや家に置いておく所持品に対しても損害の補償がついている方が安心できます。
また、滞在期間が長くなるほど、事故や病気をする確立が高くなるため、医療費の補償額もできる限り高い方が良いと言えます。

今回は、ラトビアに短期~中期滞在する場合に適している海外旅行保険について解説していきます。

ラトビアの治安状況

現地の治安状況(盗難事件の大小、テロ事件の発生有無など)によって海外旅行保険でカバーするべき補償内容も異なります。なので、ラトビアの治安状況を現地で発生確率の高い事件事故から確認していきましょう。

結論、ラトビアの治安は比較的良いと言われています。

他のヨーロッパ諸国と比べて、治安が落ち着いている国です。しかし、首都のリガとその他の地域では治安状況に差があり、首都リガ付近では防犯が必要です。また、地方でも最低限の防犯は必要なので、安全な国だからといって日本と同様に過ごすことは辞めておきましょう。

ラトビアで発生率の高いトラブル

まず、ラトビアで発生しやすいトラブルは、スリと置き引きです。駅やバスターミナルなど人混みになる場所で特に注意が必要になります。また、スーツケースなどの大きな荷物を持ちながら、エスカレーターのない場所を移動し、荷物の運搬に手こずっていると、その隙を狙われることがあります。スーツケースを置きっぱなしにしても、日本ではあまり盗まれることはありませんが、ラトビアをはじめ海外では、大きな荷物でも盗まれてしまいます。なので、所持品からは目を離さない、手から離さないようにしましょう。

続いて、ぼったくりに気をつけてください。
日本人は観光客だということが分かりやすく、現地の値段を知らないとぼったくりのターゲットになってしまいます。特に、タクシー、観光案内、バーなどで注意が必要です。明らかにおかしい額を請求された時は、何がいくらなのかをきちんと聞きましょう。また、バーなどで不当額を請求されないよう、飲みすぎには注意してください。

最後に、高価なものを身に着けるのは避けましょう。
派手な服装や、ブランド物のバッグなどは窃盗のターゲットとして狙われやすいです。また、ブランドものを購入したショッピングバッグを手に持つことも避けた方が良いでしょう。街歩きをする時の手荷物は最低限にし、現金やクレジットカードなども必要分以上は持ち歩かないようにしてください。

ラトビアの医療事情

海外旅行先で、病気をしたらどの病院に行くべきか、治療は受けられるのかなど不安がたくさんありますよね。万が一に備えて、事前に渡航先の医療事情を把握しておくことが重要です。では、ラトビアの医療事情について解説していきますので、渡航前に心配事を解消しておきましょう。

結論、ラトビアでは先進国一般の医療を受けることができます。
ですが、首都や都会と地方では医療機関の軒数が異なるので、渡航先によっては安心できる病院が見つからないこともあり得ます。また、私立病院やプライベートクリニックを受診した場合、高額な医療費がかかります。なので、ラトビアに渡航する際は、医療費の補償額が十分な海外旅行保険に加入しましょう。

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"海外旅行保険の見積もり返答

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"海外旅行保険の見積もり返答

ラトビアの病院で気を付けるべきトラブル

続いて、ラトビアの病院を利用した際に、気を付けるべきトラブルについて解説していきます。医療設備が整った病院であっても、日本の病院とは違うことも多いため、以下のトラブルに気を付けてください。

まず、コミュニケーション、言語の問題に注意が必要です。ラトビアの病院では、主にラトビア語かロシア語が使用されています。なので、予約の電話や診断は現地語でのコミュニケーションとなります。邦人向けの病院など一部の医療機関では、英語も通じますが、一般的には通じないと思っていた方が良いです。なので、病院を受診する時は、ラトビア語に精通した方に同行してもらいましょう。

次に、気温がマイナス20度近くになる極寒の冬に病院へ行く際は待ち時間が多くなることがあります。ラトビアの冬は非常に寒く、室内では暖房を付けるため、湿度が下がります。その結果、風邪や呼吸器の感染症にかかりやすくなります。この時期の医療機関は患者が多く、診察までに長く待たされることがあるので、注意してください。

ラトビアで日本人観光客が利用しやすい病院

ラトビアで病院に行く際に、日本人観光客が利用しやすい病院をご紹介します。どの病院に行くべきか悩んだ時は、ぜひ以下のリストから探してみてください。

病院名: Gailezera Sliminca

場所:リガ

診療科目:総合病院

TEL: 6700-0610

住所: Hipokrata iela 2, Riga, LV-1038

診察時間: 月~金曜 08:00~17:00、土~日曜 09:00~15:30、緊急時は24時間対応

英語: 可

必要書類: パスポートなどの身分証明書、海外旅行保険証

病院名:Riga First Hospital

場所:リガ

TEL: 6736-6323

住所: Bruninieku St.5, LV-1001

英語: 可

診察時間: 月~金曜 08:00~18:00、緊急時は24時間対応

必要書類: パスポートなどの身分証明書、海外旅行保険証

診療科目:内科、外科、眼科、歯科、小児科、産婦人科、耳鼻科、皮膚科

病院名:Stradins Sliminca (英語名: Pauls Stradins Clinical University Hospital)

場所:リガ

TEL: 6706-9280、6706-9600

住所: Pilsonu iela 13, Riga, LV-1002

診察時間: 緊急時は24時間対応

英語: 可

必要書類: パスポートなどの身分証明書、海外旅行保険証

診療科目:内科、外科、眼科、歯科、耳鼻

病院名: DIPLOMATISKA SERVISA MEDICINAS CENTRS

TEL: 6722-9942、2652-5711

住所: 18 Baznicas street, Riga LV1010

診察時間: 月~金曜 08:00~19:00

英語: 可(英語を話せるドクターがいる)

必要書類: パスポートなどの身分証明書、海外旅行保険証

診療科目:内科、歯科、小児科、産婦人科

病院名:Consilium Medicum

TEL: 6750-5047

住所: Riga, Rupniecibas 7

診療時間: 月~金曜 09:00~20:00、要予約

英語: 可

必要書類: パスポートなどの身分証明書、海外旅行保険証

診療科目:内科、皮膚科、産婦人科、耳鼻咽喉科

ラトビアへ渡航する上での海外旅行保険の選び方

ここまでの解説で、ラトビアの治安や医療事情を理解していただけたと思います。

ラトビアは、比較的治安の良い国ですが、観光客をターゲットとしたスリや置き引きなどの犯罪にあう可能性は高いです。
特に、日本人は観光客だということが見た目から分かりやすく、大きなカバンや高価なものを身に着けていると恰好のターゲットとなります。
一方、病気や怪我でラトビアの病院を受診する際は、高額な医療費請求が予想されるため、医療費の補償額が十分にある保険へ加入しましょう。
安心して観光旅行をするためにも、予想できるリスクをできるだけカバーできる海外旅行保険に加入することがおすすめです。

ラトビア渡航の際海外旅行保険の加入が義務付けられている

ラトビアはシェンゲン協定を締結している国なので、入国するには旅行医療保険(3万ユーロ以上)への加入が求められます。
また、保険に加入していることを証明するために、保険証券・付保証明書等をチェックされることがあるので、旅行の際はこれらの書類を携帯するようにしてください。

保険に加入しないまま入国手続きに進むと、入国を拒否されたり、別室で尋問されたりすることがあります。
空港や現地で急遽保険に加入できるケースもありますが、入国審査時に慌てずに済むように出国前に余裕を持って保険に加入しておくことが1番です。
従って、ラトビアへ渡航する方は3万ユーロ以上の補償額がある保険へ加入してください。

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"海外旅行保険の見積もり返答

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"海外旅行保険の見積もり返答

海外旅行保険の補償内容

まず最初に海外旅行保険の補償内容について見ていきたいと思います。

メモ

傷害死亡:怪我、不慮の事故で亡くなった場合の定額補償
傷害後遺障害:怪我、不慮の事故で後遺障害が残った場合に等級ごとの補償
治療・救援費:現地で怪我や病気をした時の治療費、移送費、遺体搬送費、被保険者が死亡・入院した場合にご家族が駆けつける費用
疾病死亡:病気で亡くなった場合に定額で補償
賠償責任保険:他人に怪我をさせたり、他人の物を壊したりして損害賠償責任を負った際の補償
携行品損害:持参物が盗難、破損した時の補償
飛行機遅延:飛行機が遅延した際にかかった宿泊費などの補償
飛行機手荷物遅延:飛行機に搭乗し手荷物が届かなかった時、生活必需品にかかった費用の補償

海外旅行保険の補償を大きく分類すると、①医療費、②携帯品、③飛行機遅延、④その他に分けられます。
ラトビアに渡航する際は、スリや置き引きといった軽犯罪、入院や手術を踏まえた医療費を考慮して、治療・救援費と携行品損害の補償額が高いものを選ぶと良いでしょう。

海外旅行保険の選び方・比較のポイント

ラトビアに渡航する際の海外旅行保険を選ぶ時は、補償内容の中でも携帯品損害費と医療費全般の補償額に注目してください。

比較的に治安の良い国と言われていますが、日本とは違い観光客を狙ったスリや置き引きなどの犯罪発生率が高いので、危険な目に絶対に遭わないわけではありません。
そのため、万が一貴重品を盗まれた時に備えて携帯品損害費の補償額は高い方が安心できます。
また、病気やケガをした際は基本的に私立病院を受診することになるため、それに伴って医療費も高くなります。
さらに、手術や入院が必要な場合、加えて医療搬送が伴う場合には、より高額な医療費が請求されます。
他のヨーロッパ諸国では、1000万円以上請求された実例もあるので、最低でも1000万円程度の医療費の補償額がある海外旅行保険を選ぶことをおすすめします。

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"海外旅行保険の見積もり返答

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"海外旅行保険の見積もり返答

クレジットカード付帯保険のメリットデメリット

海外旅行に行く際、クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用する方も多いと思います。
しかし、クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用する場合にはメリットだけでなく、デメリットが存在します。

まず、加入手続きが簡単で早いことがクレジットカード付帯の海外旅行保険に加入するメリットとして挙げられます。
加えて、クレジットカード付帯の海外旅行保険は利用回数に制限がなかったり、加入者以外にもそのご家族が利用できるプランがあったりする点もメリットと言えます。
しかし、反対にクレジットカード付帯の海外旅行保険は補償期間が短いです。
短期旅行であれば問題ありませんが、中期~長期の滞在になると補償期間が足りず、クレジットカード付帯の海外旅行保険では不十分な可能性があります。
ゆえに、長期滞在をする場合は、クレジットカード付帯海外旅行保険で滞在期間中の補償が足りるかどうかを確認し、適していない場合はクレジットカード付帯ではない海外旅行保険に加入してください。

そして、クレジットカード付帯の海外旅行保険では、補償額が足りないことが原因で高額な医療費が支払えないというケースもあります。
特に、医療搬送が必要な場合は医療費の項目の中でも搬送費の補償が必須です。
従って、クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用する方は、どこまでのリスクをクレジットカード付帯の海外旅行保険でカバーするのか、どのリスクは許容するのかを慎重に検討してください。

ラトビアのコロナによる入国制限状況

ここまでの解説で、ラトビアへの渡航を現実的に考え始めた方もいるのではないでしょうか。
しかし、現在(2021年12月)は新型コロナウイルスの影響があるため、海外旅行に行くことに不安を感じている方も多いでしょう。
そこで、最後にラトビアのコロナによる入国制限の状況について見ていきます。

結論、日本からラトビアへの入国は原則禁止となっており、厳しい規制がかかっています。

ただし、渡航の目的が以下の場合は入国することが可能です。

メモ

・ラトビア人およびその家族、ラトビアの滞在資格所持者
・EU、EEA、スイス、英国国籍者およびその家族、これらの国の滞在許可所持者が居住国に戻るためにラトビアを通過する場合
・旅客交通従事者
・船員
・仕事(ラトビア商人(Latvian merchant:ラトビアで登録されている企業または個人)の職務上の義務履行のため(設備の導入、維持等)に入国を要し、ラトビア投資開発公社による認定を受けた場合)
・外交官およびその家族が任務のためにラトビアを通過する場合
・留学生
・スポーツ従事者(所定のスポーツイベント等に関連する場合)
・医療サービスを受けるため
・未成年者の帰国の付き添い
・文化関係者(ラトビア文化省に承認された場合)
・研究
・飛行機による乗り継ぎ(制限区域から出ないこと)

また、日本からの渡航はワクチン接種完了者および罹患後回復した者(EU、EEA、スイス、英国で発行されたデジタルEU証明書を提示が必要)は入国が可能となっています。
ただ、日本の市区町村等で発行するワクチン接種証明書の有効性は現在確認中です。

そして、入国する際には以下の手続きが必須です。

注意ポイント

①入国前48時間以内PCR検査の専用ウェブサイトから事前登録
・入力後、登録したメールアドレス宛にQRコードが送付され、それをラトビアに向かう国際線の航空機に搭乗する際等に提示(乗り継ぎを含む)
②搭乗72時間以内のPCR検査の陰性証明の取得
・有効な言語は英語、フランス語、ドイツ語、ロシア語
・罹患後回復し6ヶ月以内の人は、陰性証明の代わりに医師の診断書の提出が必要
・私用車で入国する場合は、陰性結果であることを事前のウェブサイト登録の際に入力する必要があり、国境警備隊または国家警察により登録の確認が実施される。
・12歳未満の子供、新型コロナウイルスに係るワクチン接種済みの者、乗組員および空港制限区域を出ない乗り継ぎ客は陰性証明書取得義務の対象外。
③10日間の自己隔離
・過去14日間の人口10万人あたりの感染者数が75人より多い国からラトビアへの渡航の場合には10日間の自己隔離が必要
・ワクチン接種完了者および罹患後回復した人については日本を含む特定の条件国からラトビアに戻る際の自己隔離義務が免除

ラトビアへ渡航する際の海外旅行保険プラン

ラトビアへ渡航する際の海外旅行保険プラン例は以下となります。自身の携行品の量、健康状態によっても入るべき保険は異なってきますので、最適なプラン選びは海外旅行保険のプロアドバイザーへ相談するのが良いでしょう。

補償面AプランBプランCプランDプラン
傷害死亡1,000万円1,000万円1,000万円
傷害後遺障害1,000万円30~1,000万円1,000万円
治療・救援費用1,000万円2,000万円無制限3,000万円
緊急歯科治療費用10万円10万円
疾病死亡1000万円2,000万円500万円1000万円
賠償責任1億円1億円1億円
携行品損害30万円30万円10万円
生活用動産
航空機寄託手荷物遅延等費用1万円3万円
航空機遅延あり
テロ等対応費用1万円
弁護士費用100万円100万円
保険料(渡航期間4日)1,680円1,350円4,400円4,570円
保険料(渡航期間7日)2,640円1,810円7,440円6,630円
保険料(渡航期間14日)4,950円4,480円13,650円10,590円
保険料(渡航期間21日)7,250円7,270円18,150円17,160円
保険料(渡航期間29日)10,090円10,610円23,790円22,970円
保険料(渡航期間2ヶ月)46,420円47,840円40,400円
保険料(渡航期間3ヶ月)143,530円57,920円48,940円
保険料(渡航期間6ヶ月)126,810円105,250円

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"海外旅行保険の見積もり返答

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"海外旅行保険の見積もり返答

まとめ

今回の記事ではラトビアへ渡航する際の海外旅行保険について解説してきました。また、海外旅行保険の補償内容を検討する上で重要な情報である治安や医療事情についても触れました。
ラトビアに旅行へ行く際は考えうるリスクをカバーでき、滞在期間と渡航目的に合った適切な海外旅行保険に加入しましょう。

安全な国だからと言って日本と同じ意識で旅行しないことや、ターゲットとなりやすい格好で出歩かないことに注意してください。加えて、ラトビアで病院を受診する際は高額な医療費の請求が想定されますので、医療費の補償額が十分にある海外旅行保険を選ぶことをおすすめします。海外旅行保険は安心して旅行を楽しむために必要な不可欠なものであり、ラトビア旅行の際には3万ユーロ以上の補償額がある保険への加入が必須です。

最後に、ラトビアへの渡航を予定している方は、ぜひこちらの記事を参考にご自身の旅行プランに適した海外旅行保険を選んでください。

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"海外旅行保険の見積もり返答

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"海外旅行保険の見積もり返答

  • この記事を書いた人

保険Times Magazine編集部

保険Times(株式会社インシュアランスブレーン)では、海外旅行保険(留学・ワーホリ・駐在・海外長期渡航など)・火災保険・法人損保に関するお問い合わせを日々多数いただいています。その中で、お客様からのご質問・やり取りの中から「この情報は保険加入前に知っておいた方がいいな」といった内容を記事にまとめて保険の選び方を発信しています。 スタッフの詳細なご紹介:https://hokentimes.com/oversea/staff

-海外旅行保険
-