海外旅行保険

【2022年版】ラオス渡航の海外旅行保険の選び方を徹底解説

ラオス海外旅行保険

ラオスに渡航する際の海外旅行保険について、選び方から海外保険のモデルプランまで詳しく解説しています。「ラオスの治安はどうなの?」「医療費用は高いの?」「クレジットカード付帯の海外旅行保険のメリットやデメリットは?」「新型コロナで入国状況は?」といった気になる疑問にもお答えしています。ラオスへの渡航を考えている方は、ぜひご覧ください。

ココがポイント

  1. ラオスでは、テロなどの発生はないものの政府軍と反乱軍の武力衝突による民間人の死傷山岳民族の闘争による殺人などが発生しており治安には十分注意して渡航するようにしましょう。
  2. ラオスの医療水準は低いため、入院などの治療が必要な場合は隣国のタイで治療を受けるか、日本へ搬送することとなります。搬送が伴う場合治療費用が高額になるケースが多いため、それらのリスクをカバーできる保険に加入して渡航するようにしましょう。
  3. 海外旅行保険の選び方は、現地の医療事情や治安状況を踏まえて決定するのが良いでしょう。ラオスは治安:不安定 医療:医療水準が低い という傾向ですので、海外旅行保険加入は必須と言えます。
ネット上で見積もり完了

保険Timesのオンライン契約なら、国内主要保険会社を比較・見積もりが可能!短期の海外旅行、留学、出張など多様な目的で海外渡航する際にご利用いただけます。

\ ネット上で見積もり完了 /

無料 オンライン見積もり

ご渡航直前でも加入可能

ネット上で見積もり完了

保険Timesのオンライン契約なら、国内主要保険会社を比較・見積もりが可能!短期の海外旅行、留学、出張など多様な目的で海外渡航する際にご利用いただけます。

無料 オンライン見積もり

ご渡航直前でも加入可能

保険Times Magazineは、海外旅行保険の相談/見積もりサービスを展開する保険Timesが運営するWebメディアです。海外旅行保険の選び方コンテンツを発信しています。

ラオスへ渡航する目的や期間によって選ぶべき保険は異なる

ラオスへ渡航するときの海外保険選びは、目的や滞在期間によって変わってきます。
観光や短期留学でラオスに渡航をされる場合は、このままこの記事を最後までご一読ください。

ラオスの治安状況や現地の医療事情も説明しているので、留学生、出張者、駐在者にとっても役立つはずです。弊社では、留学保険、海外出張・駐在保険も扱っていて、目的や個人の事情にあった保険を選ぶための個別相談に応じています。お気軽にお問い合わせください。

ラオスの治安

2021年12月現在、日本の外務省はラオスの一部を危険度「レベル2不要不急の渡航は止めてください」、その他全土を「レベル1:十分注意してください」に指定しています。

ラオス政府によると、ラオスではテロ組織による事件は発生していないとのことです。ただし、政府軍と反政府軍の武力衝突による民間人の死傷、山岳民族の闘争による殺人、ナイトクラブ内で不良同士の銃撃乱射による死傷、といったような事件は起きています。

その他、さまざまな犯罪がおきていて、日本人を狙った犯罪も発生しています。街中で多額の現金・装飾品・クレジットカードの持ち歩きはNGです。貴重品は目の届くところで肌身離さず、単独・夜間行動は回避。親切そうでも知らない人から飲食物をもらったり、食事や同行の誘いに絶対に応じないようにすることをおすすめします。

在ラオス日本大使館に報告された日本人の被害をまとめました。

一般犯罪

注意

【スリ】泥酔時や、イベントなどの多数の人が集まるところで気を取られているすきに貴重品をすられる。
【ひったくり】バイクで追い抜きざまに、バッグなどをひったくられる。バックを放さないで引きずられたり、抵抗して拳銃で打たれたケースもあり。
【置き引き】カフェ、レストラン、長距離バス内、多数が集まる場所で荷物から目を離したちょっとのすきに持ち去られる。

日本人を狙った特殊犯罪

注意

【賭博強要詐欺】日本への留学相談をしたいなどと話しかけられて食事に誘われる。その後一軒家の賭博場に連れて行かれて負けさせられ、ATMと質屋でキャッシング限度額まで現金を引きださせられる。
【睡眠薬強盗】食事に誘われてトイレで席をたったすきなどに飲食物に睡眠薬を入れられ、眠っているすきに貴重品を奪われる。

薬物犯罪

ラオス国内では安い違法薬物が大量に出回っていて、入手は簡単。そのため、ラオス当局は取締りを強化していて、毎年20名程度の違反者が死刑判決を受けています。2014年には、外国人女性も麻薬密輸未遂で死刑判決を受けました。日本人の逮捕者も相次いでいるとのことです。日本人の場合はたとえ海外で麻薬を保持したとしても、現地での処罰とは別に日本の法律でも罰せられます。

わずか20g以下の薬物所持で、罰金と1年〜10年の刑務所入りの刑。100g以上所持すると「終身刑」か「死刑」のどちらかです。

誰かから短時間だけ荷物を預かって、たとえその中に麻薬が入っていたことを知らなくても、所持していたとして罰せられます。薬物には間違っても手を出さず、他人の荷物は一瞬でも預からないようにしてください。

ラオスの医療

日本の外務省によると、ラオスの医療水準は近隣諸国と比べてもかなり低いのことです。日本人がよく利用している首都ビエンチャンのクリニックでさえ、できる検査や治療はかなり限られています。

医療事情とよくあるトラブル事例

ラオスでよくある医療関連の問題やトラブルをピックアップしました。

ポイント

・入院・手術・精密検査・専門医の診察の多くは、タイをはじめとした近隣諸国に移動をしての受診や医療搬送となるのが一般的。
・海外旅行保険を取り扱っている病院があまりない。
・ほとんどの病院では現金払いのみで、クレジットカードが使えない。
・英語での意思疎通でさえ難しいことがよくある。

何かあった時のために、ラオスに大金を持ち歩くことは非現実的ですし、そもそも満足な検査や治療が受けられません。海外旅行保険に入っていれば、タイなどの近隣国にあるキャッシュレスサービスが使える病院の紹介・予約もしてもらえますし、日本語通訳サービスも利用可能です。また、医療搬送になったり、治療費が高額になったりしても安心です。

ラオスにおける治療費の実例

検査・入院・専門医による治療は基本的に近隣国への医療搬送となるため、搬送されるケースが多いタイでの実例を紹介します。

ラオス→(医療搬送)→タイで緊急手術→(医療搬送)→日本で入院・長期治療。といったようなケースもありえます。タイでかかる医療費用に加えて、タイへの移動費や医療搬送費用もかかります。

状況保険金支払額
オートバイにはねられる→搬送。頭蓋骨骨折・硬膜外血腫・鎖骨骨折と診断され28日間入院・手術→家族が駆けつける→医師・看護師が付き添いで医療搬送939万円
発熱→肺炎と診断され12日間入院→家族が駆けつける→医師・看護師が付き添いで医療搬送637万円
ホテルの階段で転倒→離島からプーケットに移動→外傷性血胸・肋骨骨折と診断され7日間入院→医師・看護師が付き添いで医療搬送396万円

出典:ジェイアイ傷害火災保険(2017・2019年)

ネット上で見積もり完了

保険Timesのオンライン契約なら、国内主要保険会社を比較・見積もりが可能!短期の海外旅行、留学、出張など多様な目的で海外渡航する際にご利用いただけます。

\ ネット上で見積もり完了 /

無料 オンライン見積もり

ご渡航直前でも加入可能

ネット上で見積もり完了

保険Timesのオンライン契約なら、国内主要保険会社を比較・見積もりが可能!短期の海外旅行、留学、出張など多様な目的で海外渡航する際にご利用いただけます。

無料 オンライン見積もり

ご渡航直前でも加入可能

ラオスで日本語で受診できる病院一覧

French Medical Center (通称:フレンチクリニック)

【所在地】Kouvieng Road, Simuang, Vientiane(フランス大使館所有グランドの一角)
【電話・FAX】(021)-5525-6129, (020)-9869-4959(歯科)
【緊急電話】(020)-56554794
【診療時間】月~金曜 8:30~12:00 / 13:30~17:00 土・日曜日9:00~12:00 / 13:30~17:00
【支払方法】現金のみでクレジットカード不可、一部の海外旅行傷害保険の利用可能
【日本語】日本人医師が勤務(2020年10月現在)同医師の勤務時は日本語で診察可能

ラオスへ渡航する上での海外旅行保険の選び方

ラオス渡航時の海外旅行保険の選び方について解説します。上記で説明した通り、ラオスでは満足な検査や治療が受けられません。そのため、タイなどの近隣国への移動や医療搬送となるケースが一般的で、費用がかさみます。

ですので、日本の外務省ではそれをカバーできる海外保険への加入をおすすめしています。では、海外旅行保険をどう選べばよいのでしょうか。まずは海外旅行保険の補償内容についてから解説させていただきます。

海外旅行保険の補償内容

まず最初に海外旅行保険の補償内容について見ていきたいと思います。

メモ

傷害死亡:怪我、不慮の事故で亡くなった場合の定額補償
傷害後遺障害:怪我、不慮の事故で後遺障害が残った場合に等級ごとの補償
治療・救援費:現地で怪我や病気をした時の治療費、移送費、遺体搬送費、被保険者が死亡・入院した場合にご家族が駆けつける費用
疾病死亡:病気で亡くなった場合に定額で補償
賠償責任保険:他人に怪我をさせたり、他人の物を壊したりして損害賠償責任を負った際の補償
携行品損害:持参物が盗難、破損した時の補償
飛行機遅延:飛行機が遅延した際にかかった宿泊費などの補償
飛行機手荷物遅延:飛行機に搭乗し手荷物が届かなかった時、生活必需品にかかった費用の補償

海外旅行保険の補償を大きく分類すると、①医療費、②携帯品、③飛行機遅延、④その他に分けられます。
ラオスに渡航する際は、スリや置き引きといった軽犯罪、入院や手術を踏まえた医療費を考慮して、治療・救援費と携行品損害の補償額が高いものを選ぶと良いでしょう。

ラオスへの海外旅行保険選び方・比較のポイント

ジェイアイ傷害火災保険「2019年度海外旅行保険事故データ(2019年4月~2020年3月)」にに掲載されていたアジア地域における補償の請求件数の割合は、上位3項目「治療・救援費用」「携行品損害」「旅行事故緊急費用」合計が96%以上を占めています。そのため、この3項目のに充分な金額をかけておいたほうがいいです。

特に「治療・救援費用」は、請求件数は約66%とかなり多いです。ラオスからタイなどの近隣国に医療搬送となった場合は、高額な「治療・救援費用」がかかります。ですので、これを充分にカバーできる金額をかけておくことをおすすめします。
クレジットカード付帯海外旅行保険のメリット・デメリット
ラオスへの渡航では、クレジットカードに付帯している海外旅行保険のみではカバーできない可能性が高いです。

根拠を探るべく、クレジットカードのメリット、デメリットをみてみましょう。

クレジットカード付帯 海外旅行保険のメリット

メモ

・海外旅行保険は基本的に無料(クレジットカード年会費・利用費などに含まれる)
・海外旅行に行くたびに、海外保険の契約をしなくていい(クレジットカードを持って出国するか、そのカードで旅費の支払いをするかで海外旅行保険が自動的に有効になる)
・年に何回旅行しても、その都度海外旅行保険を利用できる
・海外旅行一回につき、90日間補償のクレジットカードが多い
・複数のクレジットカードを持ち、海外旅行保険の補償金額を合算して増額することは可能

クレジットカード付帯 海外旅行保険のデメリット

メモ

・海外保険を有効にする条件が大変なクレジットカードもある(カードの使用開始から一定期間経過しないとダメ、宿泊費・交通費・ツアー代をカード払いにしないとダメなど)
・キャッシュレス対応がないクレジットカードもある(診療費を自分で払って帰国後に清算)
・補償の金額が低い
・一部の項目だけ補償金額を増やしたり、減らしたりすることができない
・持病は補償対象外のクレジットカードがほとんどで、持病の補償を特約として追加することができない
・病気死亡の補償がないクレジットカードが多い

クレジットカードの「治療費費用」の補償金額はプラチナやゴールドカードであっても、200〜300万円程度。無料や格安会費のクレジットカードは、もっと補償金額が少なくなります。

プラチナやゴールドのクレジットカードを3枚持っていたとしても、補償金額の合計が多くて600〜900万円。この金額でさえ、ラオスで何かあったときにカバーできない可能性が高いです。そのため、「治療費費用」を十分カバーできる海外旅行保険に入ることをおすすめします。

ネット上で見積もり完了

保険Timesのオンライン契約なら、国内主要保険会社を比較・見積もりが可能!短期の海外旅行、留学、出張など多様な目的で海外渡航する際にご利用いただけます。

\ ネット上で見積もり完了 /

無料 オンライン見積もり

ご渡航直前でも加入可能

ネット上で見積もり完了

保険Timesのオンライン契約なら、国内主要保険会社を比較・見積もりが可能!短期の海外旅行、留学、出張など多様な目的で海外渡航する際にご利用いただけます。

無料 オンライン見積もり

ご渡航直前でも加入可能

コロナによる入国制限状況

2021年12月現在、新型コロナの市中感染国(日本含む)を出発・経由した渡航者は、ラオスへの入国は禁止されています。

状況は日々変わるので、渡航前に最新情報を外務省のページでチェックすることをおすすめします。

ラオスへ渡航する際の海外旅行保険プラン

補償面AプランBプランCプランDプラン
傷害死亡1,000万円1,000万円1,000万円
傷害後遺障害1,000万円30~1,000万円1,000万円
治療・救援費用1,000万円2,000万円無制限3,000万円
緊急歯科治療費用10万円10万円
疾病死亡1000万円2,000万円500万円1000万円
賠償責任1億円1億円1億円
携行品損害30万円30万円10万円
生活用動産
航空機寄託手荷物遅延等費用1万円3万円
航空機遅延あり
テロ等対応費用1万円
弁護士費用100万円100万円
保険料(渡航期間4日)1,290円1,330円4,400円4,570円
保険料(渡航期間7日)2,890円1,770円7,440円6,630円
保険料(渡航期間14日)6,160円4,390円13,650円10,590円
保険料(渡航期間21日)9,210円7,100円18,150円17,160円
保険料(渡航期間29日)12,620円10,320円23,790円22,970円
保険料(渡航期間2ヶ月)27,400円47,840円40,400円
保険料(渡航期間3ヶ月)48,530円57,920円48,940円
保険料(渡航期間6ヶ月)126,810円105,250円

まとめ

ラオスへ旅行をする際に必要となる海外旅行保険について解説しました。ラオスの治安や医療事情ついても理解していただけたかと思います。

ラオスでは入院・手術・精密検査・専門医の診察の多くは、タイなどの近隣諸国での診療が一般的です。医療搬送となって高額な費用がかかる可能性もあるため、日本の外務省も海外保険にはしっかりと加入することをおすすめしています。旅行時には、もしものときのために、海外旅行保険の補償内容や緊急連絡先などが書かれた冊子を持っていくといいでしょう。

ラオスに行く際には、ぜひこちらの記事を参考に、自分に合った海外旅行保険を選んでくださいね。海外保険選びで迷った場合や個別相談をしたい場合は、ご遠慮なく当社にご相談ください。

200以上の国と地域に対応

グローバルWIFIなら、200国以上の国と地域に対応しており海外渡航中に気軽にWIFIが利用できます。24時間365日の安心サポートで充実した海外旅行をお楽しみいただけます。

200以上の国と地域に対応

グローバルWIFIなら、200国以上の国と地域に対応しており海外渡航中に気軽にWIFIが利用できます。24時間365日の安心サポートで充実した海外旅行をお楽しみいただけます。

 

ネット上で見積もり完了

保険Timesのオンライン契約なら、国内主要保険会社を比較・見積もりが可能!短期の海外旅行、留学、出張など多様な目的で海外渡航する際にご利用いただけます。

\ ネット上で見積もり完了 /

無料 オンライン見積もり

ご渡航直前でも加入可能

ネット上で見積もり完了

保険Timesのオンライン契約なら、国内主要保険会社を比較・見積もりが可能!短期の海外旅行、留学、出張など多様な目的で海外渡航する際にご利用いただけます。

無料 オンライン見積もり

ご渡航直前でも加入可能

  • この記事を書いた人

保険Times Magazine編集部

保険Times(株式会社インシュアランスブレーン)では、海外旅行保険(留学・ワーホリ・駐在・海外長期渡航など)・火災保険・法人損保に関するお問い合わせを日々多数いただいています。その中で、お客様からのご質問・やり取りの中から「この情報は保険加入前に知っておいた方がいいな」といった内容を記事にまとめて保険の選び方を発信しています。 スタッフの詳細なご紹介:https://hokentimes.com/oversea/staff

-海外旅行保険
-