海外旅行保険

【必見】高額治療費に注意!バリ島の海外旅行保険の選び方

バリ

リゾート地として、多くの外国人観光客からも継続的人気を誇っているバリ島。一度は訪れたことがあるという方も多いのではないでしょうか?物価も安く、気軽に行くことができるため、多くの日本人観光客達も訪れています。去年1年間で約1,400万人の日本人観光客が訪れているほどです。そんなバリまでは直行便を使用しても約7時間は掛かってしまい、乗り継ぎ便を使用するとなるともう少し時間が掛かることが懸念されます。

一度は訪れてみたいと憧れるバリに対して、皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?エメラルドブルーの海と白い砂浜が思い浮かぶという方も多いのではないかと思います。そのようなリゾート地で海外旅行保険が必要となるのでしょうか?実際のバリ島というのを皆さんにご紹介しつつ、バリ旅行での海外旅行保険について、その重要性というものを考えていきましょう。

ココがポイント

  1. バリ島では難易度の高い治療になると現地で治療できず日本へ緊急搬送となるケースがあり、高額な治療費請求リスクへの対応が必要です。
  2. クレジットカード保険を利用する場合は、利用条件をしっかり確認しましょう。また、現地でかかる費用をカバーしきれないリスクを認識しておきましょう。
  3. 長期滞在になればなるほど、通院や物の破損盗難などのリスクは上昇傾向です。

海外旅行保険の見積りはこちら

保険Times Magazineは、海外旅行保険の相談/見積もりサービスを展開する保険Timesが運営するWebメディアです。海外旅行保険の選び方コンテンツを発信しています。

インドネシアへの留学保険を検討の方はこちらの記事をご覧ください。

気になるバリの治安について

犯罪

旅行先を決めるにあたって、誰しもが気になるのがこの旅行地の治安についてではないでしょうか。2014年の一年間に警察に届けられた犯罪件数は約7,000件弱であり、前年比で約16%の減少となっているようです。それに伴い、外国人を狙った犯罪も減少したとのだとか。このように犯罪数を数字で見てみると治安の良さというのを感じられるかもしれません。しかし、外務省の海外安全ホームページでは現在、レベル1の渡航、滞在の注意喚起が出ています。では、実際にバリ島で外国人観光客に対して発生している事件はどのようなものがあるのでしょうか?見ていきましょう。

出典:外務省 海外安全ホームページ

ひったくり、スリ、置き引き

旅行中に観光客が遭いやすい犯罪というのがこのひったくりやスリです。このスリや置き引きというのは人の集める場所、いわゆる繁華街や観光地、列車内などで多数発生しています。被害者に話しかけるふりをし、気を逸らしている間にスリやひったくりを行ったり、また、ショッピングモール内の飲食店で椅子の下に置いておいたカバンなどをひったくられるなど、少し気を抜いた時に犯罪に遭うということがほとんどです。ひったくりやスリなどの犯罪に遭わないようにするためにもカバンをチャックの付いたものにしたり、ショルダータイプのカバンを選ぶことをおすすめします。

スキミング

このスキミングというのはATMを使った犯罪です。犯人は空港やショッピングモールなどのATMにキャッシュカード情報を読み取る装置を取り付け、そのATM周辺に小型カメラを設置し暗証番号を読み取り、被害者の銀行口座から勝手にお金を引き出してしまいます。この被害に遭わないようにするには空港やショッピングモールなどでお金を降ろさず、銀行内のATMを使用したり、不審な人物がATM付近にいることを感じたらそのATMを使わない、取引途中でも取引中止するのがいいでしょう。

ビーチでの物売りやナンパ

ビーチなどでくつろいでいると地元の男性がマッサージやミサンガやアクセサリーなどを売り付けてきようとします。しかし、もちろんそのようなものは相場より遥かに高いもので、一度購入してしまうと返品はできません。また、バリでは日本人女性と付き合うということが一つのステイタスとされとおり、それを目的としたナンパも多数あるようです。言葉たくみに優しくされてしまい、それに気を良くして結婚まで至ってしまうケースも。そして、その結婚がお金目的の詐欺だったというケースもあります。どんなに親切な人でも簡単に信用せず、警戒心を持って接するようにしましょう。

犯罪以外に注意したい水難事故

海がとても綺麗なバリ島では水難事故も相次いでいます。多くのサーファーやダイバー達もバリへ訪れますが、一部地域では潮の流れが早く、経験者でも太刀打ちできないことも多々あるほどです。そのため、波が大きな時や潮の流れが早い時にマリンスポーツをしていた日本人が被害に遭うというニュースも多々目にします。必ず水泳禁止エリアでは泳がない、天気の悪い時には海に近づかないなど、十分注意をしていきましょう。

バリで起きやすい体調不良とは

医師

夏は湿気が多く、日本とは環境も食べるものも全く違うために体調不良が起きてもおかしくはありません。では、どのような体調不良が起きやすいとされているのでしょうか。

胃腸不良や下痢

食事や飲料水などが体に合わず、吐き気や嘔吐、そして下痢を起こしてしまう方がたくさんおられるようです。旅行中の疲れもたまりやすく、日本から持参した薬で治ればいいのですが、自身で水分が採れない状態にまでなると非常に危険な状態だと言えます。その際にはすぐさま病院やホテルのスタッフなどに状況を伝えるなどして処置を施してもらいましょう。

風邪

バリのホテルやショッピングモールの中というのは冷房が非常に良く効いています。その際に温度調整できるものがあれば良いのですが持ち合わせておらず、そのまま風邪を引いてしまうというパターンも多々あるようです。また、飛行機の中も冷房が良く効いておりますので、渡航中に風邪を引いてしまう人もいるのだとか。そのため、風邪薬を持参したり体温調節などができるカーディガンを持ち歩くようにしましょう。

実際に起こったバリでの医療費例

日本人旅行者が実際にバリで支払うこととなってしまった医療費。皆さんどれほどの金額を払ったのでしょうか?気になるその医療費例を見ていきましょう。

熱が出て約2万円負担

バリに到着した後、関節痛などで痛く熱が38度まで上がってしまい、そのまま病院へ。そこで診療を受け、薬を貰うという基本的な処置を受け、その時の請求額は約2万円。海外旅行保険に加入されていたのでサインのみで済んだのだとか。

入院1泊で約10万円負担

旅行中にいきなり下痢と嘔吐が始まってしまい、水分を摂っても吐いてしまうという状態まで陥る。そこで点滴を受けながら1泊入院することに。翌日はすっかりと回復されたようですが請求額は約10万円。海外旅行保険に加入されていたので自己負担せずに済んだようです。

頭を縫い約20万円

サーフィン中に自身のサーフボードが頭に当たってしまい、2.5cmも深く切れてしまう。すぐさま病院で縫合することとなった。幸いにも海外旅行保険に加入していたため、サインだけで済んだのだとか。大きな出費になりそうだったが海外旅行保険のおかげでラッキーだったという。

インドネシアで海外旅行保険加入者の保険金請求事例

インドネシア発生した海外旅行保険の保険金請求事例を見ていきましょう。インドネシアは日本よりも医療費水準が高いため高額な保険金請求事例が多数発生しています。特に、インドネシアでの長期間の入院、難易度の高い手術、インドネシアで治療ができない事案の日本への緊急搬送が伴う保険金請求が高額となっています。

事故状況 保険金総額
パラグライダーで着陸時に腰を強打し受診。腰椎圧迫骨折と診断され16日間入院・手術。家族が駆けつける。看護師が付き添い医療搬送。 657万円
結婚式列席中、教会の階段で足を踏み外し転落し足を強打。大腿骨頸部骨折と診断され10日間入院・手術。家族が駆けつける。 319万円
帰国時の空港で胸の痛みを訴え受診。心筋梗塞と診断され現地病院からチャーター機でシンガポールまで医療搬送し10日間入院・手術。家族が駆けつける。 549万円
バスルームで滑って転倒し、足と腰を強打。大腿骨頸部骨折と診断され33日間入院・手術。家族が駆けつける。看護師が付き添い医療搬送。 452万円
ホテルのバスルームで意識混濁となる。くも膜下出血と診断され31日間入院・手術。家族が駆けつける。 684万円
ホテルで意識を失う。脳内出血と診断され11日間入院・手術。家族が駆けつける。医師が付き添いチャーター機で医療搬送。 1,206万円
空港到着後、手足のしびれ・指先の痛みを訴え受診。脳梗塞と診断され18日間入院。家族が駆けつける。看護師が付き添い医療搬送。 428万円

バリの外国人向けの病院

病院

バリは大きな街ではありませんが外国人向けの病院も多数あるようです。これからご紹介する病院をメモやスクリーンショットなどを利用して、いざという時にすぐに病院へ駆けつけられるようにしてくださいね。

KLINIK SOS

こちらはクタにある外国人の中でも長期滞在を目的として方におすすめの病院です。電話でならば、24時間日本語での対応をしてもらうことができるとのこと。また、日本人スタッフは月〜金の08:00~17:00に勤務しているとのことなので、安心して治療を受けることができます。

病院名:KLINIK SOS

診察時間:24時間

電話番号:0361-710-505(日本語、英語対応可能)

BIMC HOSPITAL KUTA

こちらは外国人旅行者向けの病院です。日本人スタッフは09:00~19:00の間、勤務しており、電話であれば24時間日本語対応してもらえるのだとか。また、こちらの病院で対応不可能な場合には患者一人ひとりに合わせた専門医の手配もしてくれるようです。

病院名:BIMC HOSPITAL KUTA

診察時間:24時間

電話番号:0361-761-263(日本語、英語対応可能)

BIMC HOSPITAL NUSA DUA

こちらも外国人旅行者向けの病院です。日本人スタッフは09:00~17:00の間、勤務しており、電話であれば24時間日本語対応してもらえるのだとか。一般診療以外にも内科、外科、小児科、歯科、透析、コスメティックのなどの診療も可能なようです。

病院名:BIMC HOSPITAL NUSA KUTA

診察時間:24時間

電話番号:0361-300-0911(日本語、英語、インドネシア語対応可能)

バリ島への海外旅行はクレジットカード付帯保険でも大丈夫?

短期のバリ島への海外旅行の場合、クレジットカードの付帯保険でカバーしようとお考えの方もいらっしゃいます。クレジットカードの付帯保険の場合困るポイントは以下です。

  1. 滞在中の怪我、病気などで入院することとなった場合、クレジットカードの付帯保険で保障される治療費では足りない場合がある
  2. 海外旅行保険で補償される項目がクレジットカードの海外旅行保険では補償されないケースがあり
  3. 自動付帯・利用付帯のクレジットカードを組み合わせて保険料をできるだけ安くしようとする場合、クレジットカード会社の規約次第では、保険料が降りない可能性がある
  4. クレジットカードの付帯保険の保険期間は一般的には渡航後3ヶ月

インターネット上には、海外旅行保険を安くする裏技として、クレジットカードを複数枚組み合わせて保険料なしで渡航する方法が記載されていたりします。何も事故が起こらなければ問題は発生しませんが、いざ事故に逢った場合に、クレジットカード会社の規約上上記のような利用の仕方は補償対象外であったり、パスポートの消印などの提出を求められた場合に無効になるといったケースもあります。高額補償が出ないなどの可能性もありますので、万が一クレジットカード保険で渡航する場合は、短期でしたらまだ事故や治療の発生可能性も低くなると言えますが、治療費の高額な地域に関してはおすすめはできません。もしご利用になれる場合は、クレジットカード会社に利用条件など詳細を伺っていただき、万全の体制で渡航することをおすすめします。

そもそも、海外旅行保険とはどんな保険なの?加入は必要なの?

海外旅行保険は、海外旅行を目的として海外に長期滞在することを前提にした補償内容を備えた海外旅行保険のことです。海外で発生しうる様々なリスクをカバーしてくれますが、主だった補償内容は以下となります。大別すると、1.現地で入院した、健康のトラブルが発生した際に補償される補償、2.物を盗まれた、壊した際の補償、3.航空機が遅延した際の補償、4.その他の大きく4つに大別されます。この他にも特約としてつけられる補償はありますが、ベースとなっている保証は以下の通りです。

補償項目 解説
1.傷害死亡 けが、不慮の事故で亡くなった場合に定額で補償
1.傷害後遺障害 けが、不慮の事故で後遺障害が残った場合に等級により支払う保険金枠
1.傷害治療費+疾病治療費+救援者費用 現地での怪我、病気の治療費、治療に伴う帰国や他国への移送費用、遺体の輸送費、被保険者が死亡・入院した場合にご家族が駆け付ける費用
1.疾病死亡 病気で亡くなった場合に定額で補償
1.歯科治療 現地で歯科治療を受けた際治療費が支払われる補償
2.賠償責任保険 海外での日常生活で他人にけがをさせたり他人のものを壊したりして損害を与え損害賠償責任を負ったときの補償
2.携行品、生活動産 持参物等の盗難、破損、火災等での損害補償、生活用動産はそれに加え居住中の家財も補償対象
3.航空機寄託手荷物遅延 飛行機に搭乗し手荷物が届かなかった時に購入した生活必需品の費用の補償
3.航空機遅延 飛行機が遅延した際にかかった宿泊費や交通費の補償
4.緊急一時帰国費用 家族が死亡・危篤状態になった場合や登場する飛行機が行方不明の場合に急遽帰国しないといけない場合の交通費や滞在費が補償される
4.弁護士費用 損害賠償請求する際の費用、弁護士への相談費用の補償

そもそも海外旅行保険は必要なの?

海外旅行保険に加入するかどうかを悩まれる要因としては、何と言っても保険料の高さでしょう。海外旅行全体の費用を押し上げてしまう要因となってしまいます。結論としては、海外旅行保険でカバーするべき最大のポイントは海外で発生しうる"高額治療費請求"でありですので、これらのリスクを自分で取るか取らないかというのが最大の論点となります。

海外旅行保険の重要な補償内容

参考:AIG損保HP

AIG損保に掲載のある海外で実際に多いトラブル上位では、1.健康にまつわるもの、2.手荷物にまつわるもの、3.航空機にまつわるものの3点がトラブル発生率が高いものとして挙げられています。海外旅行保険のプランを選んでいく上でも、まずは上記の3トラブルを抑えつつ、その他の補償をどの程度つけるのか、削るのかを検討しておくのが良いでしょう。

実際のプラン例から見るおすすめ旅行保険プラン

バリ島に海外旅行に行く際の保険を考える上でのポイントは、まずとにもかくにも医療系の補償項目が充実しているかになります。次に治安面について述べましたようにやはり日本と異なり窃盗などの犯罪に遭ってしまった時の補償、そして最後にこれも先ほど述べさせていただきました通り交通事故も多いので、新婚旅行等でレンタカー等をレンタルして破損させてしまった際の補償等も場合によっては考慮する必要があります。

バリ島へ海外旅行した場合の保険プラン例

バリ島へ1ヶ月以内の短期渡航する場合の海外旅行保険のプラン例を以下にまとめました。バリ島の治療費は高額になる傾向ですので、治療費をいくらに設定するかがまずポイントになります。こちらは、ご自身の体調なども加味して設定するべきでしょう。

Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン
傷害死亡 1000万円 1000万円 1000万円
傷害後遺障害 30~1000万円 1000万円 1000万円
治療・救援費 無制限 3000万円 1000万円 2000万円
疾病死亡 500万円 1000万円 1000万円 2000万円
緊急歯科治療費用 10万円 10万円
個人賠償責任 1億円 1億円
携行品損害 30万円 10万円 30万円
航空機寄託手荷物 1万円
弁護士費用 100万円 100万円
テロ対応費用 1万円
偶然事故対応費用 5万円
旅行事故緊急費用 5万円
1日 2130円 2000円 1350円 1050円
5日 5380円 4170円 1970円 1530円
10日 9660円 6400円 3780円 3090円
14日 13650円 8620円 5950円 4480円
21日 18150円 10990円 8680円 7270円
28日 23790円 14060円 12010円 10190円
31日 25300円 14950円 12800円 11490円

上記は、保険プランの一例となります一部のプランのみの掲載となりますので、お見積もり依頼をいただければ、ご要望をお伺いしながら最適プランをご提案させていただきます

海外旅行保険の見積りはこちら

バリ島へ長期滞在する場合の保険プラン例

バリ島へのインターンシップ、現地での就労その他の目的で長期滞在する方への海外旅行保険プランは以下となります。

プラン名 Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン
傷害死亡 1000万円 1000万円 500万円
傷害後遺障害 1000万円 1000万円 500万円
治療・救援費用 無制限 3000万円 3000万円 1000万円
疾病死亡 1000万円 1000万円 500万円
賠償責任(長期用) 1億円 1億円 1億円 5000万円
生活用動産(長期用) 40万円
携行品損害 10万円 20万円 10万円
航空機手荷物 10万円 10万円
航空機遅延 2万円 2万円
4ヶ月 83800円 67230円 64780円 61420円
5ヶ月 108530円 87880円 84600円 80270円
6ヶ月 129830円 105250円 101110円 96070円
7ヶ月 151570円 124750円 119760円 113850円
8ヶ月 172800円 142610円 136720円 130070円
9ヶ月 192630円 160070円 153290円 145940円
10ヶ月 211930円 176870円 169160円 161120円
11ヶ月 231760円 193130円 184670円 175930円
1年 249600円 208490円 199160円 189840円
1年半 374750円 313050円 299030円 285010円

上記は、保険プランの一例となります一部のプランのみの掲載となりますので、お見積もり依頼をいただければ、ご要望をお伺いしながら最適プランをご提案させていただきます

海外旅行保険の見積りはこちら

バリ島へ留学する場合の留学保険プラン

バリ島への留学の場合は、保険の選び方を以下にまとめておりますので、ぜひこちらもご覧ください。

インドネシア
【必見】インドネシアの留学保険の選び方と保険プランをご紹介

インドネシアは、フィリピン留学と並んで格安英語留学先として、大学・語学学校でのインドネシア語留学で人気が上昇してきている渡航先です。バリなどへの観光を経て、バリのことが好きになり中期〜長期滞在される方 ...

続きを見る

まとめ

皆さんいかがでしたでしょうか?バリ旅行での海外旅行保険の必要性についてご理解いただけたでしょうか?リゾート地としてのイメージ以外に実際のバリとはどのような所なのかを知っていただくことで、海外旅行保険がどれほど役に立つものかということを感じていただけたのではないかと思います。犯罪数を数字だけで見ると海外旅行保険の加入は必要でないかと感じられるかもしれませんが、実際に犯罪や事故に遭った後に「海外旅行保険に加入すべきだった…」と後悔してからでは遅いのです。もし、被害者になった場合にも「良い旅行だった!」といえる海外旅行にしていただければと思います。

ぜひ、良い旅行にする為の投資だと考え、前向きに海外旅行保険加入をご検討くださいね!

\見積もり依頼で保険料が安くなる/

【無料】見積りスタート

海外旅行保険専任アドバイザーに不明点を相談

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • この記事を書いた人

保険Times Magazine編集部

株式会社インシュアランスブレーンでは、生命保険、損害保険の国内主要会社を取り扱っており、"お客様目線での保険選び"ができるようサポートさせていただいております。個人のライフプランから会社のリスクマネジメントなどお気軽にご相談ください。

-海外旅行保険
-,

Copyright© 保険Times Magazine , 2020 All Rights Reserved.