海外旅行保険 補償内容

海外旅行保険が役に立つ!盗難やスリにあった場合は?

海外のお金

海外旅行中の盗難に対応する保険はあるの?

海外に行くときは、保険に入った方が良いのかな……

海外は日本と違い、危険が生じる可能性が高いイメージを持っている方も少なくないでしょう。

盗難やスリにあったときに備えて、どのような準備をしていたら良いか迷うのではないでしょうか。

今回は、盗難やスリにあった場合の海外旅行保険の補償について紹介します。

この記事を読んだあなたは、万が一危険な目にあったときに備えた準備をし、安心して海外旅行を楽しめるでしょう。


\ ネット上で見積もり完了 /

無料 オンライン見積もり

ご渡航直前でも加入可能

無料 オンライン見積もり

ご渡航直前でも加入可能

保険Times Magazineは、海外旅行保険の相談/見積もりサービスを展開する保険Timesが運営するWebメディアです。海外旅行保険の選び方コンテンツを発信しています。

海外旅行保険とは?

海外旅行保険に加入すると、ケガや病気以外にもさまざまなリスクに対応した補償が受けられます。

海外旅行保険には、どのような補償がついていて、魅力的なサービスがあるのか紹介します。

海外旅行保険の補償内容

病気やケガの治療費旅行中の病気やケガによる、入院・手術・通院などの治療の補償
死亡補償・後遺障害旅行中の病気やケガが原因で死亡した場合や後遺障害が残った場合の補償
救援者費用旅行中に病気やケガで入院したときに、家族が日本から現地に向かう交通費や宿泊費などを補償
個人賠償責任他人にケガをさせたり、モノを壊した場合の賠償金を補償
携行品損害旅行先で自分の持ち物が、盗まれたり壊れたりした場合に損害額を補償
航空機遅延費用航空機の欠航や遅延により、宿泊費や食事代が発生したときの補償
航空機寄託手荷物遅延等費用航空会社に預けた荷物が、到着せず衣類や生活必需品を購入したときの補償
弁護士費用旅行中に被害に遭い、弁護士に法律相談を行ったときの費用を補償

補償内容以外のサービス

海外旅行保険には、万が一のお金の補償だけではなく、精神的に安心できる24時間365日、日本語で対応しているサービスがあります

電話対応サービス

・トラブルが発生した場合、相談できる
・日本語が通じる病院の紹介や手配
・移送が必要な場合の手配
・電話で医療通訳
・救援者が渡航する場合の手配
・紛失、盗難手続きを教えてくれる

言葉が通じない海外でトラブルが発生したときに、24時間365日対応してくれるサービスがあると心強いでしょう。

それ以外にも、キャッシュレス提携サービスといって、保険会社が提携している病院で、現金で治療費を支払う必要がなく、キャッシュレスで治療が受けられるサービスもあります。

保険金が支払われる以外にも、海外旅行保険に加入すると、万が一のときに不安を減らせるサービスが揃っています

 

盗難やスリの被害にあった場合、海外旅行保険で補償される?

 

携行品

海外は日本と違い、人混みの中を歩いているだけで、財布やカバンの中身が盗まれていたということが少なくありません。

治安が悪い国では、特にトラブルに巻き込まれる可能性も高くなるでしょう。

海外旅行保険に加入して『携行品補償』が付いている場合は、盗難やスリにあった場合の補償を受けることができます

しかし、損害があったモノすべてに対しては補償されません

では、一体どんなモノが補償の対象なのかを解説します。

携行品とは?

被保険者が保有していて、旅行中に携行する身の回りのモノのことです。

旅行前に、人から借りたモノも携行品に含まれます。

携行品補償で補償されるモノ・補償されないモノ

補償されるモノ補償されないモノ
財布現金
運転免許証クレジットカード
航空券・旅券眼鏡・コンタクトレンズ
カバン義歯
時計自転車、オートバイ
カメラサーフィンなどのスポーツ用品
パソコン山岳登はん等などの用品
携帯電話データ・ソフトウェア・プログラム等の無体物

財布が盗まれた場合、財布は補償されますが中に入っていた現金やクレジットカードは補償されません

そのため、海外旅行では手持ちの現金を少なくし、クレジットカードで支払いをすることをおすすめします。

航空券は補償されるので、万が一盗難にあった場合でも無事に帰国することはできるので安心して良いでしょう。

旅行では、日本では見れない景色も多くカメラを持ち歩いている方も少なくないでしょう。

カメラや携帯電話も補償の対象です。

しかし、携行品すべてが上限なく補償されるわけではありません。

携行品の補償額についても、上限が設定されています。

いくらまで補償されるのか?

どんなに高価なものであっても、1つにつき10万円が支払いの限度です。

補償される限度額は、契約により異なりますが10万円、30万円、50万円の補償が多いです。

新しく購入するために必要な金額か、修繕費を比べて低い金額が支払われます

また、購入したときは10万円だったモノが、盗まれたときの価格で5万円になる場合もあるでしょう。

保険会社により異なるため、注意が必要です。

パスポートや運転免許証については、再発行のために必要な手数料や写真代が支払われます。

携行品損害30万円の保険内容で、スーツケースが盗まれた場合

スーツケース5万円に、カメラ14万円、お土産8万円、衣類5万円、現金10万円分が入っていると、どのような補償になるのでしょうか?

スーツケース5万円、カメラ10万円、お土産8万円、衣類5万円の28万円が支払われます。

カメラは上限の10万円のみ支払われ、現金は支払われません

携行品でも補償されないケース

海外旅行保険は、旅行中だけでなく、自宅を出発したときから帰宅するまでが補償の対象です。

盗難やスリにあった場合は、携行品補償を受けれますが、本人の不注意など補償されないケースもあります

補償されないケース

・故意または、重大な過失
・テロ行為を除く、戦争、革命などの事変
・無資格運転、酒気帯び運転、大麻などを使用して運転
・置き忘れ、紛失
・すり傷、塗料がはがれたなど、機能に支障をきたさない外観損害

持ち物がなくなった場合、どんな状況でも保険金が支払われることはないため、置き忘れなどうっかりミスには十分気をつけましょう

 

その他のQA

質問と回答

その他にも、よくある携行品補償についての質問をまとめました。

 

航空会社のミスによる携行品損害の場合

はてな

飛行機の乗り継ぎ時に荷物がなくなった場合は、航空会社が賠償してくれます。
海外旅行保険の補償と、航空会社と両方から支払いを受けられるのでしょうか?

両方から支払われることはありません

航空会社から賠償金が支払われて、賠償金が損害額に満たない場合であれば、差額が海外旅行保険の携行品損害の対象になります

 

荷物を盗まれたため、自費で購入したが、すぐに荷物が発見された場合

はてな

ホテルでスーツケースが盗難にあいました。
あわてて必要な身の回り品を購入しましたが、盗難されたスーツケースが無事に発見されました。
この場合は、身の回り品を買った金額は支払われますか?

残念ながら、支払われません

携行品に損害が発生したときに支払われるため、発見された荷物に損害がない場合は、支払いの対象にはなりません。

万が一、発見された荷物に損害があった場合は、保険金が支払われます

 

個人のモノではなく、会社から業務用で貸し出されているモノの場合

はてな

会社から業務用に借りたパソコンが盗難や破損してしまった場合は対象になりますか?

対象になりません

会社所有の業務のみで使用するパソコンで、プライベート利用がない場合は対象外となります。

 

盗難やスリの被害で注意すること

海外では、日本と違い危険な国も少なくないでしょう。

盗難やスリが日常茶飯事の国もあるため、旅行中は荷物に気をつけなければいけません。

盗難やスリを防ぐためには

日本では考えられませんが、海外では老人や小さいこどもを使って盗難やスリをする人もいます

老人や子どもに倒れる役をさせ、それに気をとられている内に、他の人が盗みをするという複数犯の犯罪も多いでしょう。

人通りの多い道でも、簡単にスリの被害があります。

日本と同じ感覚で行動するのではなく、いつもより注意を払って行動することを心がけましょう

・現金は最低限しか持たない
・現金は1つの財布に入れず、複数に分けて持つ
・カバンは身から離さない

現金は海外旅行保険で補償されないため、特に注意が必要です。

大金を持ち歩くと、万が一盗難やスリにあった場合に大変なことになるでしょう。

海外では、極力現金は持ち歩かずにクレジットカードで対応する方が安全です。

リスクを分散させるためにも、現金・クレジットカードなどを使いわけることをおすすめします。

盗難やスリの被害にあった場合は?

もし、海外旅行中に盗難やスリの被害にあった場合は何をしないといけないのでしょうか。

ポイント

①海外旅行保険のサポートセンターに連絡する
②現地の警察に行く
③クレジットカードを停止する
④携帯の回線を停止する

海外旅行保険のサポートセンターに連絡する

サポートセンターに連絡すると、現地でどういった行動を取るべきか的確にアドバイスがもらえます

不安に思うことがあれば担当者に相談して解決策を聞きましょう。

日本語で対応しているため、不安な気持ちを少しは和らげられます。

現地の警察に行く

現地の警察には、必ず足を運ぶ必要があります。

盗難届を出して、保険金請求に必要な「事故証明書」や「盗難証明書」をもらいましょう

クレジットカードを停止する

不正利用されることを防ぐために、すぐにクレジットカード会社に連絡しカードの利用をとめてもらいましょう

また、すでに不正利用をされている可能性もあるため、不正利用分の対応もあわせて確認することをおすすめします。

携帯の回線を停止する

回線を悪用されないためにも、携帯会社へ連絡し利用停止の手続きをしましょう。

また可能であれば、個人情報の流出を防ぐために、遠隔操作で端末情報を消去することをおすすめします。

海外旅行保険のプラン例

タイに5日間旅行に行く場合のプラン例です。

各保険会社でオーダーメイドプランといって、通常のプランだけではなくご自身の必要な補償内容に変更できるプランも存在します。

補償を手厚くしたい場合や、減らしたい場合に補償内容をカスタマイズすることが可能です。

通常プランと、携行品補償をカスタマイズしたプランの保険料を挙げました。

補償内容携行品補償20万円通常プラン(携行品補償30万円)携行品補償50万円携行品補償100万円
傷害死亡1,000万円1,000万円1,000万円1,000万円
後遺障害1,000万円1,000万円1,000万円1,000万円
治療費1,000万円1,000万円1,000万円1,000万円
救援者費用1,000万円1,000万円1,000万円1,000万円
疾病死亡1,000万円1,000万円1,000万円1,000万円
賠償責任1億 1億 1億 1億
航空機寄託手荷物遅延10万円10万円10万円10万円
携行品損害20万円30万円50万円100万円
5日間の保険料1,800円1,840円2,020円2,550円

5日間の海外旅行に行く場合、比較的安い金額で海外旅行保険に加入することができます。

盗難やスリの被害に備えたい方は、1,000円未満でより手厚い補償に変更が可能です。

海外旅行保険は盗難やスリの被害に対応してる

海外旅行保険では、病気やケガだけではなく盗難やスリにあった場合の携行品についても補償してくれます。

現金は補償されませんが、携帯電話やカメラなど大切なモノを盗まれた場合は保険金が支払われます。

充実した海外旅行にするためにも、万が一のときに備えて海外旅行保険に加入することをおすすめします。

\ ネット上で見積もり完了 /

無料 オンライン見積もり

ご渡航直前でも加入可能

無料 オンライン見積もり

ご渡航直前でも加入可能

  • この記事を書いた人

保険Times Magazine編集部

保険Times(株式会社インシュアランスブレーン)では、海外旅行保険(留学・ワーホリ・駐在・海外長期渡航など)・火災保険・法人損保に関するお問い合わせを日々多数いただいています。その中で、お客様からのご質問・やり取りの中から「この情報は保険加入前に知っておいた方がいいな」といった内容を記事にまとめて保険の選び方を発信しています。 スタッフの詳細なご紹介:https://hokentimes.com/oversea/staff

-海外旅行保険, 補償内容