海外旅行保険 留学情報

【渡航期間別】台湾留学における費用内訳と節約ポイント

台湾

食文化や人当たりの良い国民性から、日本人観光客に人気の国「台湾」。観光先として人気の台湾ですが、近年、ビジネス業界でも必要不可欠になってきている「中国語」が学べる国として、留学生にも人気があります。台湾国内は比較的治安が良く、英語の次に日本語が人気の学習言語ということもあり、親日家が多く、日本人留学生にとって住みやすいことが理由として挙げられます。今回は、中国語が習得できる親日国家、台湾への留学費用を期間別にご紹介していきます。また、人気の学校や費用削減に関する情報なども併せてご紹介!中国語留学をお考えの方は、是非、参考にしてみてください。

ココがポイント

  1. 台湾の物価水準としては、地域によって20%程度の差が出てきます。渡航地域を物価の安い地域にすることで費用が削減できます。
  2. 台湾留学をする際に費用項目として大きいのは学費、生活費(宿泊費、食費)、保険の3点となります。
  3. 台湾の留学保険に関しては、補償内容をカスタマイズすることで費用を抑えることが可能です。

海外旅行保険の見積りはこちら

保険Times Magazineは、海外旅行保険の相談/見積もりサービスを展開する保険Timesが運営するWebメディアです。海外旅行保険の選び方コンテンツを発信しています。

台湾の物価水準

日本 台湾
東京 台北 台南
食品 1 -8% -40%
家賃 1 -39% -68%
衣類 1 15% -16%
交通 1 -37% -46%
パーソナルケア 1 0% 3%
エンタメ 1 -9% -43%
合計 1 -25% -48%

出典:Expatistan

台湾で留学をするには、どれくらいの費用が必要になってくるのでしょうか。まずは、台湾の物価水準について確認していきましょう。Expatistanの生活費調査によると、台北の物価は東京に対して▲25%、台南の物価は東京に対して▲48%となっています。東京で1ヶ月節約しながら賃貸で生活するとかかる生活費は15万円前後と考えるとわかりやすいでしょう。どの地域に渡航するかでかかる費用は大きく変わってきますので、費用を下げようと思うと物価の安い地域に渡航するというのは1つ方法としてあるでしょう。

1か月の台湾留学にかかる費用

今後、台湾に長期留学をしようとお考えの方には、まず、台湾での生活を知るという意味でも1か月の短期留学はお勧めです。短い期間ではありますが、学校に通いつつ、長期留学に関する情報を手に入れられると今後に繋がってきます。1か月の台湾留学にかかる費用は、寮に滞在した場合は平均で約14万円、ホームステイをした場合は約19万円です。学費は、欧米の語学学校と比べて安いと言えます。

項目 費用
航空費 3~4万円
学費 2~5万円
宿泊費(寮) 2~3万円
宿泊費(ホームステイ) 5~10万円
生活費 2~4万円
留学保険費 1~2万円
合計 10~18万円(寮に滞在)

13~25万円(ホームステイ)

※1元=約3.6円(2018年7月31日現在)

航空費

日本から台湾への航空費は、往復で3~4万円です。9月~11月にかけては、年間で最も値段が下がり、2万8千円前後と3万円台を切ることもあります。最高値になるのは、ゴールデンウイークとお盆の長期休みが重なる5月と8月で、最大で4万円程になることもあります。秋学期から在学予定の場合は、8月に渡航される方が多いと思われますが、できるだけお盆明けの8月下旬を狙って航空券を購入されることをお勧めします。航空券をお求めの際は、スカイスキャナートラベルコといった比較サイトで、渡航時期による価格変動やフライト時間などを比べて購入されることをお勧めします。

学費とおススメの学校

1か月の台湾留学にかかる学費は2~5万円です。欧米への語学留学と比べると、比較的学費は安いと言えます。ビザに関する情報は後程詳しくご紹介しますが、台湾の語学留学用ビザを取得するためには、台湾当局が指定する大学付属の語学学校に入学する必要があります。一般の語学学校への入学ではビザ申請できませんのでご注意ください。以下に、目的別のおススメの学校をご紹介します。この他にも、多数の台湾当局指定の学校がありますので、ご自分に合った学校を見つけてください。

台湾大学(International Chinese Language Program)

学部は台湾国内屈指の学力を誇る台湾大学。その台湾大学が開講する言語プログラム「ICLP(International Chinese Language Program)」は、台湾国内の数ある語学学校の中でも最も厳しいプログラムと言われており、より短期間で高い中国語を習得したい方にはおススメの学校です。学生は、アメリカの名門大学であるコロンビア大学やイェール大学、スタンフォード大学からの留学生も多く、ハイレベルかつ、国際色豊かな語学学校となっています。

台湾師範大学(Mandarin Training Center)

台湾で最も古い歴史を持つ台湾師範学校の通称MTC(Mandarin Training Center)は、台湾国内の大学・語学学校の中で最も国際色豊かな学校と言われており、年間約60か国から1600人ほどの学生が留学をしにやって来ます。コース内容は主に「レギュラーコース」「インテンシブコース」があり、追加費用を払えば個人授業も受けることができます。また、当大学エリアは特に親日家が多いと言われおり、初めての留学経験者にとっては過ごしやすい環境と言えそうです。

中国文化大学(Mandarin Learning Center)

近年、アジア諸国や欧米からの留学生に人気のある中国文化大学のMLC(Mandarin Learning Center)。毎月コースを開講しており、最短で2週間から在学可能なフレキシブルさが魅力の1つです。1992年の開設以来、多くの中国語学習者を育成しており、中国語教育の充実度には定評があります。また、留学生が台湾での生活に慣れられるよう、定期的な校外学習やイベントを開催しており、生活面でのサポートも充実しているのが特徴です。

宿泊費

1か月の台湾留学にかかる宿泊費は、寮に滞在した場合は2~3万円、ホームステイは5~10万円ほどです。多くの大学付属の語学学校は寮などの宿泊施設を完備していますが、中には寮を持っていない学校もあり、代わりにホームステイやホテルタイプで賃貸が可能な宿泊施設を利用します。そのため、入学先の学校を決める際には、寮を完備しているか必ず確認しておきましょうホテルタイプの賃貸は、1か月5万円~10万円ほどです。長期滞在者の多くはアパートで生活をされます。後程ご紹介しますが、アパートの家賃は月々2~10万円と幅が広く、都市によって値段に差が出てきます。また、アパートの中にはキッチンが設備されていない所もあり、頻繁に自炊をされる方はキッチンの有無を確認してください。

生活費 実は外食の方が安くつく?

台湾に1か月滞在した時の生活費は2~4万円です。台湾における食品の物価は、日本と同じくらいか、食材の種類によっては高いことが多いです。多くの国の場合、生活費削減には自炊が有効ですが、上記したようにキッチンがないアパートが多い台湾では外食産業が盛んで、安ければ1食180円ほど。特に学食はリーズナブルなため、食事は学食やローカルレストランなどで済ました方が安く生活費を抑えられそうです。キッチン付きのアパートにお住まいの方は、光熱費などを含めた全ての生活費を、自炊したケースと外食したケースとに分けて、どちらが安いかをはじめの数か月で確認してみてもいいかもしれません。

留学保険費

1か月の台湾留学にかかる海外保険費用は1~2万円です。台湾の医療は先進国レベルと言われているにも関わらず、その医療費は比較的安いことで有名です。風邪で公立の病院に受診に行くと、初診料は3,000円ほど。私立の病院に行くと最大で3万円ほどかかりますが、欧米諸国ほど莫大な医療費が請求されることはありません。しかし、緊急を要する医療搬送は500万円ほどかかるため、短期留学であったとしても海外保険には加入しておいた方が良さそうです。また、海外保険は医療以外にも、携行品損害や飛行機の遅延に関する補償なども含まれているため、安心して海外生活を送りたい方にはお勧めです。

留学保険の見積りはこちら

6か月の台湾留学にかかる費用

6か月という長期留学では、中国語の習得だけではなく、台湾の文化にも多く触れておきたいところです。ご紹介しました「中国文化大学」のように、留学生が台湾の文化や生活に馴染めるようなイベントを開催している学校は多くあるので、積極的に校外学習やイベントにも参加してみましょう。6か月の台湾留学にかかる費用は、平均で約83万円です。アパート費用は、都市や設備によって大きく差が出てきますので、上記の値段には幅を持たせてあります。

項目 費用
航空費 3~4万円
学費 15~20万円
宿泊費(アパート) 12~60万円
生活費 12~24万円
留学保険費 7~10万円
合計 49~118万円

1年間の台湾留学にかかる費用

1年間の台湾留学にかかる費用は、平均で約170万円です。長期留学を予定されている方の中には、現地の大学に正規入学を希望される方もおられます。

項目 費用
航空費 3~4万円
学費 30~50万円
宿泊費(アパート) 24~120万円
生活費 24~48万円
留学保険費 15~20万円
合計 96~242万円

現地の大学情報(日本の大学との比較)

台湾国内には日本と同様に、公立と私立の両方の大学機関が存在します。今回は、2017~2018年のタイムズ世界大学ランキングをもとに、台湾と日本の大学レベルを比較しました。日本の大学には、台湾の各大学のレベルに最も近いと思われる大学を選定しています。

台湾の大学 日本の大学
国立台湾大学(109位) 名古屋大学(113位)
国立成功大学(297位) 早稲田大学(303位)
国立清華大学(378位) 広島大学(377位)
国立交通大学(427位) 岡山大学(389位)
国立陰明大学(467位) 千葉大学(482位)

台湾留学に必要なビザ

ここからは、留学に必要なビザに関する情報をご紹介していきます。台湾留学に必要なビザは主に2種類あり、留学期間によって取得すべきビザが異なります。現在予定しておられる留学期間をもとに、以下の情報を参考にしてみてください。なお、台湾へは90日以内であればビザなし渡航ができますが、あくまでも観光・商用が目的の場合のみとなっていますので、1か月の短期留学であってもビザを申請されることをお勧めします。

語学研修査証

「語学研修査証」は、90日以内の滞在に必要なビザです。滞在可能日数はビザ免除の場合と同じですが、正式に台湾国内での就学が認められる他、台湾国内から1度だけ滞在期間を最大で90日(合計で最大180日)延長することが可能です。また、このビザを取得するには、当局が定める大学機関の語学学校への入学が条件ですので注意が必要です。

申請に必要な書類

・パスポート (残存有効期間が6ヵ月以上)

・ビザ申請書

・写真:2枚 (4cm×5cm)

・復路の航空券

・学校の入学許可書

・留学費用証明(銀行残高証明など)

居留ビザ

「居留ビザ」は、180日以上の滞在をする際に必要なビザです。現地の大学や大学院に正規入学・交換留学で行かれる場合は、直接このビザを取得することができますが、長期の語学留学の方は、現地で語学研修査証からこの居留ビザに切り替える場合がほとんどです。また、語学留学生は、語学研修査証で滞在可能な180日後に一度日本へ帰国し、再度、同じビザを取得することも可能です。しかし、渡航費がかかるため、現地で居留ビザに切り替えた方が安く費用を抑えられます。

申請に必要な書類

・ビザ申請書

・写真2枚 (6ヵ月以内に撮影したもの)

・パスポート (残存有効期間6ヵ月以上)

・健康診断証明書 (3ヵ月以内に診断されたもの)

・入学許可通知あるいは在学証明、成績表

・最高学歴証明(卒業証書および成績表を含む)

・財力証明

※申請に必要な書類や細かい規定などは、変更されることがありますので、申請時に必ず大使館のホームページでご確認ください。

台湾留学のメリット・デメリット

中国語を学べる国として人気の台湾ですが、やはりメリットとデメリットの両方があるのは事実。ここでは、台湾留学を計画する際に知っておきたいメリットとデメリットを何点がご紹介します。

台湾留学のメリット

学費が安い

各期間別の費用でもご紹介しましたが、台湾の大学の学費は安いことで有名です。国を問わず、1年間の学費はおおよそ100万円前後かかりますが、台湾の場合はその半分の50万円ほど。もちろん、学校によってさらに高くなることはありますが、それでも他の留学先の国と比べるとその安さが分かります。

治安が良い

もう1つ台湾を選ぶ理由として、その治安の良さが挙げられます。外務省によりますと、犯罪率は日本の1.5倍ほどですが、実際に現地に留学されている方によれば、非常に安全とのこと。観光地や夜の一人歩きには気を付けておきたいですが、他の欧米諸国での生活と比べると安全度は高いと言えます。

親日国家である

現地での生活がしやすい理由として、台湾という国自体が親日家である、ということが挙げられます。台湾では、英語の次に日本語の学習者が多く、街中で困っていれば日本語で助けてくれる人もいます。一歩海外へ行けばマイノリティーとして、時に差別的な被害に遭われる方も多いですが、ここ台湾ではその心配はなさそうです。

台湾留学のデメリット

台湾留学のデメリットはあまりありませんが、あるとすれば台湾で話されている中国語には訛りがあるということ。日本でまず正式な中国語を一通り学んでから、現地で生きた中国語を学ぶとより訛りの少ない中国語を習得できる可能性があります。また、中国で使われる中国の表記は簡体字なのに対し、台湾では多くの場合繁体字が使われます。文法そのものが異なることはないので、今後中国への進出をお考えの方は、少しずつ両方の表記に慣れていきましょう。

台湾留学の費用を削減するコツ

他の留学先と比べて、学費やその他の費用が安い台湾ですが、やはり少しでも費用を削減できるのであれば削減したいものです。そこで、こちらでは台湾留学の費用を削減するコツをご紹介していきます。

観光シーズンを避けて渡航する

台湾の観光シーズンは2月、3月となりますので、航空券の価格が通常よりも3-6万円高くなる傾向があります。これらのシーズンを避けて渡航することにより、渡航費を削減することが可能です。航空券の費用を削減するために、経由便を使うという考え方もありますが、台湾に関しては直行便の方が価格が安いケースが多いですので、直行便で渡航するようにしましょう。

居住地を考える(都市別の家賃)

台湾は主に、台北、台中、台南、高雄の4つに分けることができます。そして、各都市によって家賃にはかなりの差が出てきます。学校が家賃相場の高い都市に位置していれば、移動時間はかかりますが、より相場の安い隣の市でアパートを借りるのもいいかもしれません。交通費が安い台湾では、移動にかかる費用の心配はあまりなさそうです。

都市 家賃相場(1か月) アパートの特徴
台北 6~10万円 最低価格の6万円台であればキッチンやシャワールームが設備されていないことが多い。
台中 2~6万円 2万円台であれば、キッチンが設備されていないことが多いが、6万円台になると日本の2LDKほどの広さのアパートもある。
台南 2~4万円 3万円を超えると、公共費、清掃費、インターネットなどが料金に含まれていることが多い。
高雄 2~4万円 国内では第2の都市として知られているが、家賃相場は安く、2万円台でもキッチン・家具付きのアパートがある。

飲料用の水はウォーターサーバーで節約

台湾の水道水は、日本のようにそのまま飲むことは衛生面上よくありません。そのため、飲料水にするには水道水を一度沸騰させるか、飲料用の水を購入する必要があります。しかし、飲料用の水を毎度購入していては、年間でかなりの出費になってしまいます。そこで、台湾国内にある公共のウォーターサーバーを是非ご利用ください。台湾には、いたるところに公共のウォーターサーバーが設置されており、特に長期間滞在の方には欠かせない物となっています。

留学保険の見直し

最後は、保険の見直しです。保険は1年間の加入の場合、高くて20万円を超えることもあり、かなり高額な出費になりがちです。しかし、補償項目に目を通してみると、自分には必要のない項目があることも。そういった項目を除外することで、最終的な値段が下がることがありますので、是非、ゆっくりと目を通してみてください。

留学保険の見積りはこちら

まとめ

中国語が学べる台湾留学、いかがでしょうか。冒頭でもご紹介しましたが、台湾は親日国家ということもあり、日本人留学生にとって非常に生活がしやすい場所です。海外生活において、この生活のしやすさはとても重要で、国によっては差別的な経験をされる方が多い中、ここ台湾は安心して生活できます。また、学費が比較的安いことも台湾留学のメリットの一つです。これからより中国語が求められる世界で、一足早く、ここ台湾で中国語をマスターされてみてはいかがでしょうか。

\見積もり依頼で保険料が安くなる/

【無料】見積りスタート

海外旅行保険専任アドバイザーに不明点を相談

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • この記事を書いた人

保険Times Magazine編集部

株式会社インシュアランスブレーンでは、生命保険、損害保険の国内主要会社を取り扱っており、"お客様目線での保険選び"ができるようサポートさせていただいております。個人のライフプランから会社のリスクマネジメントなどお気軽にご相談ください。

-海外旅行保険, 留学情報
-,

Copyright© 保険Times Magazine , 2020 All Rights Reserved.