海外旅行保険 留学情報

【物価は高い?】スペイン留学の費用の内訳と費用削減のポイント

スペイン

過去と現在が共存する国「スペイン」。世界遺産登録数が世界第3位のスペインの街には多くの歴史的建造物が現存し、近代的なデザインの建物とで織りなす美しい街並みは他の国では見ることができません。また、公用語のスペイン語は、中国語と英語に次いで母語話者数が世界で3番目に多いため、第二外国語として学生にとても人気のある言語でもあります。中南米を含むスペイン語圏の国が数ある中、特にここスペインは、文化的にも歴史的にも非常に人気の高い留学先として知られています。しかし、日本ではあまり語学留学先としては知られていません。そのため、実際に留学費用はどれくらいかかるのか気になるところです。ここでは、スペイン留学にかかる費用を期間ごとにご紹介。さらに、留学費用をなるべく抑えたい方必見、節約ポイントも併せてご紹介していきます。

ココがポイント

  1. スペインの物価水準は、留学人気都市は東京よりも-27~-38%安いです。
  2. スペイン留学をする際に費用項目として大きいのは学費、生活費(宿泊費、食費)、保険の3点となります。
  3. スペインの留学保険に関しては、補償内容をカスタマイズすることで費用を抑えることが可能です。

留学保険の見積りはこちら

保険Times Magazineは、海外旅行保険の相談/見積もりサービスを展開する保険Timesが運営するWebメディアです。海外旅行保険の選び方コンテンツを発信しています。

スペインの留学人気都市の物価水準を東京と比較

日本 スペイン
東京 マドリード バルセロナ バレンシア
食品 1 -31% -27% -31%
家賃 1 -35% -32% -47%
衣類 1 -3% 5% -15%
交通 1 -27% -34% -39%
パーソナルケア 1 -18% -9% -31%
エンタメ 1 -25% -18% -30%
合計 1 -29% -27% -38%

出典:Expatistan

スペインで留学をするには、どれくらいの費用が必要になってくるのでしょうか。まずは、スペイン留学の各人気都市の物価水準について確認していきましょう。Expatistanの生活費調査によると、スペインの各都市の物価は東京に対して-27~-38%となっています。東京で1ヶ月節約しながら賃貸で生活するとかかる生活費は15万円前後と考えると、スペイン生活するには9-11万円かかると考えるとわかりやすいでしょう。

スペイン留学費用の期間別比較

1ヶ月 6ヶ月 1年
留学費用 15~48万円 77~225万円 200~430万円

スペイン留学費用を期間別にまとめると、上記のようになります。費用の内訳に関しては後述しますが、留学費用全体に占める割合が大きいのは、1.学費、2.生活費(宿泊・食費)、3.航空費、4.留学保険費用の大きく4つに分類されますので、それぞれの内訳を解説していきます。

1か月のスペイン留学費用

スペインでの留学は、語学面のみならず建物や歴史、文化も学べるという点で、1か月でも内容度の濃い留学になることでしょう。これまで海外に行ったことがなく、海外生活は不安という方にもこの1か月の短期留学は人気です。それでは、1か月のスペイン留学の費用を項目別に見ていきましょう。1か月の留学費用の平均は約31万円です渡航シーズンによって航空費に差が出たり、学校によっても学費がかなり違ってきたりするため、下記の値段には幅を持たせてあります。

項目 費用
航空費 7~15万円
学費 2~15万円
宿泊費 3~12万円
生活費 2~4万円
留学保険費用 1~2万円
合計 15~48万円

※1ユーロ=130円にて計算

スペインでは、日用雑貨が日本と比べ比較的安いため、生活費自体は他のヨーロッパ諸国での生活と比べると安く抑えられそうです。

6か月のスペイン留学費用

6か月のスペイン留学となると、かなりのスペイン語力向上が期待できます。スペインでの生活や学校に慣れてきたら、是非、DELEなどのスペイン語試験にも挑戦し留学後の進路に役立ててください。6か月のスペイン留学費用の平均は約131万円です他の欧米諸国への留学費用と比べても、特に安いというわけではありませんが、学校や宿泊地によっては比較的安く費用を抑えられそうです。

項目 費用
航空費 7~15万円
学費 50~90万円
宿泊費 18~36万円
生活費 7~22万円
留学保険費用 7~10万円
合計 89~173万円

180日以上スペインに滞在する場合、長期ビザが必要になってきます日本で長期ビザを取得する場合、東京の大使館まで行って書類提出や面接を行わなければならないため、関東以外にお住まいの方にとっては大変です。また、健康診断を受けなければならず、病院によっては受診料が10,000円をこえることもあり、前もってリサーチすることをお勧めします。ビザ取得には思いのほか時間がかかるため、時間に余裕をもって準備を始めてください。

1年間のスペイン留学費用

1年間スペインに留学をすれば、スペイン語、文化、歴史など、どの面でも上級者と言えそうです。1年間のスペイン留学の平均は約212万円です。

項目 費用
航空費 7~15万円
学費 80~120万円
宿泊費 36~70万円
生活費 15~45万円
留学保険費用 14~23万円
合計 152~273万円

1年間という長期滞在では、スペイン国内だけでなくヨーロッパ各地を休暇中にめぐってみるものいいかもしれません。スペインにいるだけでは知りえない、ヨーロッパ各国の文化を身をもって体験でき、グローバルな視野をもつことができそうです。また、フランス語やイタリア語などはスペイン語に類似している点が多く、実際に足を運んで言語間にある相違点を発見することも面白そうですね。

航空費代

スペインへの航空費は7万円~15万円です。渡航シーズンによってかなり差が出てきます。年間で1番値段が上がるのは7~8月にかけてで、特に8月は年平均の30%アップとなっています。反対に1番値段が安いのは1~2月にかけて。この期間は年平均の25%ほどダウンとなっており、可能であればこの時期に渡航日を合わせて計画することをお勧めします。航空券を探される際は、スカイスキャナーやトラベルコといった比較サイトを利用することで、出発時刻や経由地、フライト時間などを比べて予約できます。スペインへのフライト時間は15~18時間となっています。

学校費用

スペインの語学学校は、各校ユニークな授業を提供していることが多く、例えば「スペイン料理を作る授業」や「スペイン伝統の踊りを習う授業」などがあり、言語面だけでなく文化面でも非常に充実したプログラム内容となっています。もちろん、スペイン語の授業も徹底して行われており、クラスのサイズが最小1人から最大でも10人前後で、教師の多くは特別な語学教師資格を持っているため、質の高い授業が受けられます。1か月の学校費用は2~15万円です。

宿泊費用

スペイン留学での宿泊は主に2種類で、①ホームステイ②アパートとなっています。しかし、ほとんどの学生はアパートで生活をしており、費用を考えるとアパートで生活する方が安く抑えることができます。アパートの家賃は1か月で3~12万円で、なるべく他の学生とルームシェアをする方が値段は安いと言えます。同じ学生同士で勉強をしたり、異国の地での悩みを打ち明けたりと、仲間がすぐそばにいるルームシェアは留学生にとって心強い環境と言えます。

生活費用

スペイン留学中の生活費は1か月で2~4万円です。スペインでは、野菜や調味料は日本と比べて比較的安く、シャンプーなどの日用雑貨も安いため、近隣のヨーロッパ諸国での生活と比べると生活費を安く抑えられそうです。レストランに行けば1人3,000~6,000円と、予想以上に高くなりがちです。しかし、「バル」で有名なスペインは、バルによって500円あればお腹いっぱい食べられるところもあり、スペイン料理を楽しみたい方は是非バルに足を運んでみてください。交通機関ですが、バス・地下鉄ともにどこまで行っても一律1ユーロ。9ユーロで10回分の回数券も販売しているので、よく交通機関を使われる方にはお勧めです。

留学保険

スペインに行かれる際は、必ず盗難に関する補償を含む保険に加入されることをお勧めします。ヨーロッパ内の国として発展している国ではありますが、特に観光客が集まるバルセロナなどは盗難被害が相次いでいます。また、いつ、どのような事故や事件に巻き込まれるか分からないのが海外生活です。万が一の時のために、留学保険に入っておけば安心してスペインでの生活を楽しめます。1か月の保険料は1~2万円です。

留学保険の見積りはこちら

スペイン留学の費用を削減するコツ

さて、ここまでスペイン留学の費用を期間ごとに見てきましがいかがでしょうか?ここからは、スペイン留学で費用を削減するコツをご紹介していきます。

渡航時期を考える

海外留学の費用の中で多くを占めるのが航空費です。スペイン行きの航空券は夏に近づくほど値上がりする傾向にあるので、特に7月と8月は避けて留学の計画を立てることが費用削減につながります。年間を通して一番安い1月と2月に渡航できると、最も航空費を削減できると言えるでしょう。

アパート選びで差がでる

先ほど、スペインでは学生のほとんどがアパートで生活をしている、とご紹介しました。留学生の場合、初めのうちは各学校が紹介してくれるアパートに入居することが多いと思われます。確かに、大学から紹介されるアパートは、何か壊れたらすぐ直しに来てくれたり、設備も充実していたりするのですが、値段はその分高くなりがちです。スペインでの生活に慣れてきたら、スペイン人の友人などを頼って一般のアパートへ引っ越した方が、かなり安く宿泊費を抑えられる傾向にあります。また自身でアパートに住まわれる場合は以下の保険項目も参照された方がよいでしょう

携行品
わかりづらい!生活用動産と携行品損害の違いを徹底解説

詳しく知っておきたい携行品損害補償と生活用動産補償の違いに関して。特に海外への留学やワーキングホリデー、長期滞在を計画されている方は、この両者の違いをしっかり理解しておかなければ、いざというときに後悔 ...

続きを見る

自炊が安くつく

スペイン留学ではアパート暮らしが普通なため、自炊は欠かせません。スペインでは野菜や果物、パン、パスタ、ジャガイモなどが非常に安く、これらを使って日々自炊をすることで、かなりの食費を節約できます。パエリヤ用の鍋などを購入し、スペイン料理に挑戦するのも楽しみの1つです。

留学保険の見直し

留学費削減にあたって忘れがちなのが、留学保険の見直しです。よく補償内容を見直してみると、「これは私には必要ないかも」といったものもあり、最終的に思いのほか保険料が安くなる、なんてことも。今一度、補償項目に目を通し、自分に合った保険に加入をしましょう。

留学保険の見積りはこちら

まとめ

ヨーロッパとしての近代的な街並みの中に、古き良き風景が残るスペイン。そんなスペインでの留学は、大きな刺激を与えてくれます。スペイン国内には46もの世界遺産が存在し、中には街全体が世界遺産登録されている所もあります。スペイン留学を通してスペイン語をマスターするだけでなく、その国の歴史や文化を肌で感じてみてはいかがでしょうか?一度足を踏み入れれば必ずスペインの虜になるはずです。

\見積もり依頼で保険料が安くなる/

【無料】見積りスタート

海外旅行保険専任アドバイザーに不明点を相談

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • この記事を書いた人

保険Times Magazine編集部

株式会社インシュアランスブレーンでは、生命保険、損害保険の国内主要会社を取り扱っており、"お客様目線での保険選び"ができるようサポートさせていただいております。個人のライフプランから会社のリスクマネジメントなどお気軽にご相談ください。

-海外旅行保険, 留学情報
-,

Copyright© 保険Times Magazine , 2020 All Rights Reserved.