海外旅行保険 留学情報

【物価は日本より安い?】ドイツ留学費用の目安と節約のポイント

ドイツ

人口約8200万人ながらもヨーロッパの中でも随一の経済大国。失業率も低く、教育水準も高いドイツ。ゲーテやヘーゲル、バッハやベートーベンなど文豪、作曲家、哲学者など多くの著名人を輩出している国としても有名です。首都ベルリンは音楽や芸術で世界をリードしており、たくさんのアーティストが集まる街です。そんなドイツは近年留学先として徐々に人気があがってきているのをご存知でしょうか。音楽や芸術などを学んだり、語学留学、またドイツの大学・大学院留学も増えています。ドイツの大学や大学院は世界的にとても高水準な教育として定評があります。また、大学の授業は英語のみで行われているものが多くあり、高度なドイツ語がなくても留学できるのが特徴です。ここでは、そんな高い教育水準で学生に優しい国ドイツの留学費用がどのくらいかかるのか、紹介していきます。また、できるだけ費用を抑えてドイツ留学を実現するための費用削減ポイントも併せてご案内します。少しでもドイツ留学を考えたら必見。ぜひ参考になさってください。

ココがポイント

  1. ドイツの物価水準は、留学人気都市は東京よりも-13~-26%安いです。
  2. ドイツ留学をする際に費用項目として大きいのは学費、生活費(宿泊費、食費)、保険の3点となります。
  3. ドイツの留学保険に関しては、補償内容をカスタマイズすることで費用を抑えることが可能です。

留学保険の見積りはこちら

保険Times Magazineは、海外旅行保険の相談/見積もりサービスを展開する保険Timesが運営するWebメディアです。海外旅行保険の選び方コンテンツを発信しています。

ドイツの留学人気都市の物価水準を東京と比較

日本 ドイツ
東京 ベルリン ケルン フランクフルト ハンブルク
食品 1 -32% -21% -12% -26%
家賃 1 -34% -34% -23% -28%
衣類 1 -1% 10% 14% 28%
交通 1 -11% -2% -1% -6%
パーソナルケア 1 -22% -30% -26% -21%
エンタメ 1 -32% -20% -10% -14%
合計 1 -26% -19% -13% -18%

出典:Expatistan

ドイツで留学をするには、どれくらいの費用が必要になってくるのでしょうか。まずは、ドイツ留学の各人気都市の物価水準について確認していきましょう。Expatistanの生活費調査によると、ドイツの各都市の物価は東京に対して-13~-26%となっています。東京で1ヶ月節約しながら賃貸で生活するとかかる生活費は15万円前後と考えると、ドイツするには12-14万円かかると考えるとわかりやすいでしょう。

ドイツ留学費用の期間別比較

1ヶ月 6ヶ月 1年
留学費用 22~54万円 91~195万円 156~330万円

ドイツ留学費用を期間別にまとめると、上記のようになります。費用の内訳に関しては後述しますが、留学費用全体に占める割合が大きいのは、1.学費、2.生活費(宿泊・食費)、3.航空費、4.留学保険費用の大きく4つに分類されますので、それぞれの内訳を解説していきます。

1ヵ月のドイツ留学費用

1ヵ月の短期語学留学の場合はドイツ語の語学留学がほとんどです。今後大学留学などを考えられている方も、授業以外の生活はドイツ語が必要となってきますので最低限のドイツ語はマスターしましょう。

1ヵ月の短期留学の場合はすべてが割高になりますが、ドイツの雰囲気を掴むためには有効といえるでしょう。1ヵ月のドイツ留学の平均は約35万円~40万円です。

項目 費用
航空費 8万円~18万円
学費 5万円~10万円
宿泊費 5万円~15万円
生活費 3万円~8万円
留学保険費用 1万円~3万円
合計 22万円~54万円

※1ユーロ131円を元にした費用目安です。

6ヵ月のドイツ留学費用

項目 費用
航空費 8万円~20万円
学費 30万円~55万円
宿泊費 24万円~60万円
生活費 24万円~50万円
留学保険費用 5万円~10万円
合計 91万円~195万円

6ヵ月のドイツ留学の場合は、学ぶ学校によって金額の差があります。こちらでは語学学校の学費を例にしています。6月のドイツ留学の平均予算は約130万円~150万円です。3ヵ月以上のドイツ滞在には学生ビザの取得が必要です。ドイツに入国してからのビザ取得となるので、書類など日本で事前に準備しておくとスムーズです。

中期のドイツ留学には大学付属の語学学校も人気です。入学に一定のレベルが必要ですが、授業の質も高く料金も安いのでおすすめです。(学校によってことなりますが月額約5万円~6万円)。入学時期が決まっているので、入りたい学校の入学日を事前に確認して予定をたてるといいでしょう。また、日本の大学と単位交換制度を設定しているドイツの大学もあります。入学条件などそれぞれあるので、自身の大学で確認してみて下さいね。また、日本で国際学生証を取得しておけば、ドイツの美術館や映画館などで割引が受けれる場合があるので便利です。日本で学生の方は必見です。

1年間のドイツ留学費用

項目 費用
航空費 10万円~25万円
学費 50万円~100万円
宿泊費 40万円~96万円
生活費 48万円~84万円
留学保険費用 8万円~25万円
合計 156万円~330万円

1年間の長期ドイツ留学の場合、平均予算は約200万円~250万円です。学費の部分では、ドイツの国立大学・大学院に進学の場合は共済費を除いて学費は無料ですこの場合は上記の学費部分はかからなくなるので、1年間の費用は平均は約150万円です

ドイツの大学や大学院の歴史は古く、また高い教育水準で授業が行われており、世界中から優秀な学生が集まっています。州立大学の場合は、州によって異なりますが年間約10万円~50万円。私立大学の場合は1年間で40万円~120万円ほどです。

また、長期の場合の宿泊方法では、学生寮やWGと言われるルームシェアが一般的です。都市にもよりますが、1ヵ月約3万円~6万円です。ベルリンはフランクフルトやミュンヘンなどの都市に比べると少し安めに借りることができますが、部屋探しは時間がかかります。運とコネクションでもあるので、普段から友人ネットワークを大事にしましょう。

その他長期学生ビザの場合は、条件付きでアルバイトをすることも可能です。最低賃金は約1150円。オーペアやベビーシッター、レストランなどで短時間でもアルバイトができれば生活費がまかなえます。時間がとれる時期など、チャンスがあればぜひチャレンジしてみてくださいね。

航空券代

日本からドイツまでいくつかの直行便がでています。フランクフルト、ミュンヘン、デュッセルドルフまでルフトハンザ航空や全日空、日本航空で各都市から就航しています。やはり第3国乗り継ぎ便よりも直行便のほうが費用は高い傾向にあります。短期の留学で時間が限られている場合や、快適さを求めるなら直行便が便利です。価格と他の国も楽しみたい方はさまざまな経由便がでているので、チェックしてみましょう。航空券比較サイトのスカイスキャナーなどで出発日の航空券を早めにチェックしておくことが大事です。時間はかなりかかりますが、アジア経由の場合かなり安いチケットもあります。日本ドイツ間の航空券の平均は約10~12万円前後。早めの予約と旅行シーズンを避けてお得なチケットを予約したいですね。

学校費用

ドイツの語学学校費用は比較的安めの設定が多いです。1ヵ月平均約6~7万円。語学学校の場合は、1週間単位で入学可能なところが多いです。午前中の授業や午後の授業など選べるところもあるので、自分のペースに合わせて学校を選びましょう。その他語学だけでなくスポーツや音楽などを合わせた短期留学もあります。また、ドイツ語の授業は初級のクラスでもある程度日本で勉強しておいたほうが賢明ですヨーロッパ圏の生徒たちはやはり習得のスピードが違うので、授業についていく為にも少しでも準備をしておくようにしましょう。

宿泊費用

ドイツ留学1ヵ月の場合、宿泊方法はホームステイか学生寮が一般的です。ホームステイは料金が割高ですが、朝・夕の食事付きなので初めてのドイツの方には特におすすめです。ホームステイの1ヵ月の平均費用が9万円~11万円。ちなみにドイツのホームステイでの注意点はドイツ人はかなりエコを意識した方が多いということ。電気のつけっぱなしやシャワーの使い方などが日本よりも厳しめですこれはただケチというわけではなく、国全体が環境に気を付けていて各家庭でも積極的に行っています。ファミリーのルールに従って文化を学ぶのもホームステイ、ステイ先のルールをキチンと守って快適な留学生活にしましょう。

学生寮の場合、月に平均5~6万円。シングルルームかシェアルームによって料金は変わります。また、食事がついていないので自炊が必須です。

生活費用

ドイツの物価は日本と同じくらいですが、外食費用は日本よりも少し高く感じるでしょう。1回の昼食でもレストランに行けば、1000円以上はかかります。反面、ドイツはなんといってもビール王国。ビールは税金も安く500mlの瓶が100円ほどで買えます。ドイツの食卓はシンプルな料理が多いですが、ソーセージやパイなどスーパーで安く買えるのも魅力です。自炊をすれば生活費は1ヵ月平均約4万円~5万円です。思いのほか堅実に生活できます。

留学保険費用

ドイツの短期留学の場合、留学保険に加入するか悩まれる方も多いと思います。ドイツはヨーロッパの中では比較的安全と言われていますが、やはり日本よりすりや強盗など犯罪は少なくありません。また、夏でも涼しい気候など環境が異なるので、慣れるまでに体調を崩す方も多いです。備えあれば憂いなし。1ヵ月の短期でも留学保険の加入をお勧めします。ドイツの1ヵ月の留学保険費用は約1万円~3万円です。

留学保険の見積りはこちら

ドイツ留学の費用を削減するコツ

さて、ここまでドイツ留学の費用をご案内してきましたがいかがでしょうか。目的の学校に合わせてかなり学費の面で変わってくるドイツ留学。生活費・宿泊費の面では日本と同じくらい、もしくは少し抑えて生活をできるのではないでしょうか。

ここからはさらにドイツ留学の費用を削減するポイントを4つあげていきます。

日本でドイツ語をできる限り勉強しておく

ドイツの大学では英語のみで授業を進めるところもありますが、やはりドイツに住むからにはドイツ語が必須です。また、大学でもドイツ語の入学レベル基準を設けているところもあります。ドイツで語学学校に通う期間が少しでも短ければ費用の削減になることは確実です。日本で学校などに通わなくても、インターネットの無料サイトやラジオなどからコツコツと勉強することはいくらでも可能です。できるだけドイツ語の基本はおさえて渡独して語学学校費を節約しましょう。

ドイツの国立大学を目指す

ドイツの国立大学・大学院の授業料は無料です。共済費(1年間約1万円~5万円)の支払いは必要ですが、共済費を払えば、セメスターチケットが手に入ります。このセメスターチケットは州の交通機関が無料になるお得なチケット。また、大学には学食があるので、1食約500円でかなり満足の食事もできます。学費のみならず交通費や食費もかなり抑えられる大学留学は魅力的ですね。ドイツの国立大学に入学することは簡単ではありませんが、かなりの費用を削減できるポイントです。事前にしっかりと英語・ドイツ語や入学に必要な単位などを取得し、ぜひドイツの国立大学入学を目指してみませんか。

ドイツの奨学金制度を利用する

ドイツは優秀な留学生の受け入れを積極的に行っている国です。学生へのフォローは大変手厚く、利用できる奨学金制度も多いです。また、日本の文部科学省による奨学金制度もあるので、条件などを事前に調べて挑戦するのも一つの手です。決して簡単ではありませんが、真面目に勉強する学生を支援制度が多いドイツ。奨学金が利用できれば、学費や生活費がかなり賄えます。条件や期限などの事前チェックをおすすめします。

留学保険の見直し

長期学生ビザの場合、ドイツではビザ取得の際に保険の加入が必須です。現地の保険もありますが、細かな補償の部分で違いがあります。自分に必要な補償をしっかりと確認して削れるところは削っていくと思いがけず節約できることがあります。留学にかならず必要な保険。事前の下調べで安心・安全な留学をできるだけ安く、実現しましょう。

留学保険の見積りはこちら

まとめ

ドイツは経済から芸術まで本当に幅広く、魅力がいっぱいの都市がある国です。堅そうなイメージがあるかもしれませんが、本当のドイツは温かくとても自由な印象です。

ドイツの首都ベルリンは、国内でも最も芸術家や留学生の多い刺激的で自由な街。ベルリンフィルハーモニーでも知られるように音楽や芸術などの憧れの地でもあります。ドイツの金融の中心地フランクフルトは、文豪ゲーテの出身地。欧州中央銀行も置かれている経済大国ドイツを象徴する街です。また、ロマンチック街道の終点地で、シンデレラ城のモデルとしても有名なノイシュヴァンシュタイン城があるミュンヘン。大学や商業など見どころがたくさんある世界最大のビール祭り「オクトーバーフェスト」の街でもあります。

ドイツ留学を目指す方の目的は本当に様々ですが、自身のプランに合わせた都市で夢をかなえられるといいですね。ヨーロッパの国であるドイツ留学はとても高いと思いがちですが、思いのほか費用を抑えて留学が可能です。利用できる制度をしっかりと確認し、事前にしっかりと計画をたてて実りあるドイツ留学を実現しましょう。

\見積もり依頼で保険料が安くなる/

【無料】見積りスタート

海外旅行保険専任アドバイザーに不明点を相談

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • この記事を書いた人

保険Times Magazine編集部

株式会社インシュアランスブレーンでは、生命保険、損害保険の国内主要会社を取り扱っており、"お客様目線での保険選び"ができるようサポートさせていただいております。個人のライフプランから会社のリスクマネジメントなどお気軽にご相談ください。

-海外旅行保険, 留学情報
-,

Copyright© 保険Times Magazine , 2020 All Rights Reserved.