海外旅行保険 留学情報

【都市×学校比較】オーストラリアワーホリ費用内訳と節約ポイント

オーストラリア

オーストラリアのワーキングホリデー準備をスタートさせるにあたって、多くの方が心配されるのが今回のキーワードである費用ではないでしょうか?一体、全体でどれほどの金額が必要になってくるのか、その費用は節約可能なのか、皆さんが気になる費用の全てを一緒に掘り下げて見て行きましょう。こちらは、オーストラリアのワーキングホリデーを実際に経験した方に寄稿いただいている記事ですので、最新のオーストラリア事情が反映されたものとなっております。ぜひ、ワーキングホリデーのご検討にお役立てください。

ココがポイント

  1. オーストラリアの物価水準は、ワーホリ人気都市は東京よりも-6~-25%安いです。
  2. オーストラリアワーホリをする際に費用項目として大きいのは学費、生活費(宿泊費、食費)、保険の3点となります。
  3. オーストラリアのワーホリ保険に関しては、補償内容をカスタマイズすることで費用を抑えることが可能です。

ワーホリ保険の見積りはこちら

保険Times Magazineは、海外旅行保険の相談/見積もりサービスを展開する保険Timesが運営するWebメディアです。海外旅行保険の選び方コンテンツを発信しています。

オーストラリアワーホリの特徴

オーストラリアオーストラリアワーホリの特徴は、なんといっても時給の高さがまず挙げられます。アルバイト契約での最低時給は$24.36(約1,950円 $=80円計算)日本と比較しても時給が非常に高く、現地の語学学習費用や大罪費用の足しにできることが一番の利点です。オーストラリアに関しては語学学校が多数現地にあり質の高い授業が行われている点も特徴でしょう。現地は1年中温暖な気候に恵まれ、観光地も充実しているため非常に快適に過ごせてアクティビティも充実したワーホリ生活を送ることができます。

オーストラリアのワーホリ人気都市の物価水準を東京と比較

日本 オーストラリア
東京 シドニー メルボルン パース ブリスベン アデレード
食品 1 -18% -16% -16% -16% -19%
家賃 1 -7% -27% -36% -31% -37%
衣類 1 4% 0% 3% 4% 1%
交通 1 6% -11% -29% -10% -31%
パーソナルケア 1 -25% -20% -24% -24% -24%
エンタメ 1 -5% 6% -20% 1% 8%
合計 1 -6% -15% -25% -17% -24%

出典:Expatistan

オーストラリアでワーホリをするには、どれくらいの費用が必要になってくるのでしょうか。まずは、オーストラリアワーホリの各人気都市の物価水準について確認していきましょう。Expatistanの生活費調査によると、オーストラリアの各都市の物価は東京に対して-6%〜-25%となっています。東京で1ヶ月節約しながら賃貸で生活するとかかる生活費は15万円前後と考えると、オーストラリアで生活するには12-14万円かかると考えるとわかりやすいでしょう。

オーストラリアワーホリの費用の期間別比較

6ヶ月 1年
ワーホリ費用 120~200万円 230~400万円
アルバイト料 65万円 130万円
実際にかかる費用 55万円〜135万円 100万円〜270万円

オーストラリアワーホリ費用を期間別にまとめると、上記のようになります。上記の都市物価水準から、都市を選ぶ際にMAX19%の物価差が存在していますので、ワーホリ費用も幅をもたせて記載しています。費用の内訳に関しては後述しますが、ワーホリ費用全体に占める割合が大きいのは、1.学費、2.生活費(宿泊・食費)、3.航空費、4.ワーホリ保険費用の大きく4つに分類されますので、それぞれの内訳を解説していきます。

6ヵ月のオーストラリアワーホリの費用

半年という期間、語学学校でしっかり勉強することで基礎はもちろん、それ以上の力がついてくることでしょう。実際に半年ワーホリをすると以下のような金額が必要となってきます。

項目 費用(ホームステイ) 費用(シェアハウス)
航空券 50,000〜100,000円 50,000〜100,000円
学費(入学金テキスト代含む) 600,000〜800,000円 600,000〜800,000円
生活費 600,000〜900,000円 480,000〜800,000円
保険 70,000〜100,000円 70,000〜100,000円
ビザ申請料金 440AUD(約38,000円) 440AUD(約38,000円)
合計 1,300,000〜2,000,000円 1,200,000〜1,900,000円

全体に占める費用としては、学費・生活費が非常に高くなる傾向です。これらを以下に抑えるかという点がワーホリ費用を抑えていく上でポイントでしょう。ワーホリ保険に関しても幅がありますが、これは補償内容のカスタマイズを実施することで費用を抑えることが可能ですので、ぜひワーホリ保険専門エージェントへご相談ください。

ワーホリ保険の見積りはこちら

1年間のオーストラリアワーホリの費用

とことんオーストラリアでの生活を楽しみたいという人には1年間のワーホリ生活をオススメします。語学取得、観光、友達作りなどたくさんの経験を得ることができるでしょう。しかし、長期間ということもあるので渡欧前にしっかりと費用の算出をし、計画的に出発しましょう。

項目 費用(ホームステイ) 費用(シェアハウス)
航空券 50,000〜100,000円 50,000〜100,000円
学費(入学費テキスト代含む) 1,200,000〜1,800,000円 1,200,000〜1,800,000円
生活費 1,200,000〜1,800,000円 900,000〜1,600,000円
保険 140,000〜200,000円 140,000〜200,000円
ビザ申請料金 440AUD(約38,000円) 440AUD(約38,000円)
合計 2,600,000〜4,000,000円 2,300,000〜3,800,000円

1年単位で見ると、かかる費用は非常に高額になります。しかし、ワーキングホリデーでは働くことのできる権利があるので、しっかりと現地でバイトをすれば費用負担を軽くすることは可能です

今回の算出では語学学校に1年間通うという仮定で算出しましたが、ワーホリをする中で1年間みっちり語学学校に通うという人は正直あまりいません。大体の方々が3ヶ月〜半年という期間で語学学校に通われ、その後はバイトをしたり、ファームで農作業に勤しむ方々が多いです皆さんの計画によっては上記の合計金額よりだいぶ削減することができるかと思います。

オーストラリアの都市別学校比較

オーストラリアのワーホリ費用に占める比率として「学費」が高くなっています。ここでは、学校選びによってどの程度学費に差が出るかを確認していきましょう。各学校の学費に関しては授業時間数がバラバラのため、なかなか安い・高いが比較しづらいかと思いますので、ここでは時間あたりの授業料を算出し比較しています。各学校の最も授業時間が長く、テスト対策ではない一般的なコースを抽出し比較しています。

シドニーの語学学校比較

学校名/在籍期間 学費(1時間あたり) コース 留学開始日
1~11週 12~23週 24週以上
シドニーカレッジオブイングリッシュ AU$11.0/h AU$10.7/h Full Time Super Intensive28h 毎週月曜日
カプランシドニーシティ AU$17.6/h AU$17.3/h Intensive English 26h 毎週月曜日
ILSCシドニー AU$12.9/h AU$12.3/h AU$12.0/h FULL-TIME 33コマ 毎週月曜日
ECシドニー AU$16.9/h AU$16.4/h AU$15.5 /h 一般コース/週28h 毎週月曜日

シドニーの語学学校では、現地の在籍期間が長くなればなるほど授業料が安くなる形式となっています。24週以上在籍した場合を比較すると、最も授業料が安い学校と高い学校で39%学費が違ってきます。同じシドニーに留学していても学費がここまで違うということは、学校選びがかなり重要と言えるでしょう。

メルボルンの語学学校比較

学校名/在籍期間 学費(1時間あたり) コース 留学開始日
最低留学期間から抽出
ILSCメルボルン AU$11.9/h Full time intensive33h 毎週月曜日
OHCメルボルン AU$17.7/h General English English20h 毎週月曜日
マイルストーンズイングリッシュアカデミー AU$15/h general English20h 毎週月曜日
インパクトイングリッシュカレッジメルボルン AU$18.5/h General English20h 毎週月曜日

メルボルンの語学学校では、35%の学費差が出ています。平均ラインとしてはシドニー・ゴールドコースト同等の学費水準です。

ゴールドコーストの語学学校比較

学校名/在籍期間 学費(1時間あたり) コース 留学開始日
最低留学期間から抽出
パシフィック・イングリッシュ・スタディー AU$16.5/h General Englishフルタイム20h 毎週月曜日
カプランシドニーシティ AU$14.8/h General English my English25h 毎週月曜日
ブラウンズイングリッシュゴールドコースト AU$17.6/h Intensive general English25h 毎週月曜日
ECゴールドコースト AU$19/h General English20h 毎週月曜日

ゴールドコーストにおける語学学校比較です。ゴールドコーストの人気語学学校の学費は最高と最低を比較すると23%学費が異なってきます

オーストラリア現地での仕事の職種と時給

仕事内容 時給
カジノディーラー 19~20ドル
マッサージ師 11~17ドル
看護師 18~25ドル
プログラマ 19~45ドル
ホテル 15~18ドル
ベビーシッター 8~26ドル
カフェバリスタ 16~18ドル

実際にオーストラリア現地でワーホリした際の時給水準について解説します。プログラマや看護師などの専門職は時給が上がる傾向で、ベビーシッターやカフェなど一般的な仕事は時給が15~26ドル近辺ですので日本の時給と比較すると非常に高いと言えるでしょう。自分のスキルを生かすか、新たなチャンレンジをするかしっかり考えて仕事探しをするようにしましょう。

オーストラリアのワーホリ費用を節約するポイント

航空費

航空費は50,000〜100,000円ほど見積もっておくといいでしょう。選択する航空会社や時期によって航空費も大幅に変動してきます。日本の祝日、クリスマス等を避けて渡欧すれば、比較的安価に航空券を購入することができます。最近では格安航空会社からのオーストラリア直航便なども出ているのでチェックしておきましょう。

生活費

あまりイメージしにくいのがこの生活費ですよね。オーストラリアは物価も高いので1ヶ月で80,000〜150,000円ほど掛かるとイメージしておきましょう。これは家の立地、ホームステイもしくはシェアハウスなのか、様々なことで大きく変動してきます。では、その内訳を見ていきましょう。

交通費

郊外に住む場合、交通費は必然的に発生してきます。ワーホリ中はバイトや観光等で公共交通機関を使用することが多くなると思いますが日本でも同じように1ヶ月単位で考えると交通費というのは大きな出費の一つです。

オーストラリアでは電車、バスが主流となっています。その中でもバスはたくさんの路線を走っているため利用するローカルたちが多いです。郊外から市内まで行こうとすると往復で大体10AUDは掛かるとイメージしておきましょう。それを1ヶ月にすると大体200AUD(16,000〜17,000円)、さらに観光等することを考えると250AUD(20,000円)ほど掛かるとイメージしておくといいでしょう。地域によりますが1週間のうち、週に5日以上公共交通機関を利用すると残り2日分の交通費が無料になるという地域もあります。私はこれを利用して週末になると友人とビーチへ行ったり、観光したりしていましたよ!お得なインフォメーションも要チェックです。

食費

生活する中で欠かせないのがこの食費です。物価の高いオーストラリアでは大手バーガーチェーンストアで食事をしようとすると安くても10AUD(800〜900円)ほど掛かります。ホームステイだと食費にあまりお金は掛かりませんがシェアハウスだと自炊、外食等含めて、1週間で200AUD(16,000〜17,000円)、1ヶ月で800AUD(65,000〜70,000円)は必ず掛かってくるとイメージしておきましょう。これは余談ですが節約するために自炊、間食などを控えていると自然にダイエットすることもできます。

家賃

家賃も生活していく中で必須となる項目。オーストラリアでワーホリする際に選択肢となるのが大きく分けてホームステイとシェアハウスです。実際、オーストラリアでは家賃も高いので日本のように一人暮らしするのではなく、多くの若者がシェアハウスをして暮らしています

ホームステイでは週250AUD(20,000〜22,000円)、1ヶ月で1,000AUD(80,000〜90,000円)、シェアハウスでは週160AUD(14,000〜15,000円)、1ヶ月で640AUD(55,000〜60,000円)ほど掛かります。

このシェアハウスの金額はあくまで市内ではなく郊外のシェアハウスを仮定しての金額なので、市内で1人部屋の部屋を借りようとなると金額もさらに上がってしまうことを承知しておきましょう。

通信費

現地で生活するにあたって、携帯電話がないとやはり不安ですよね!しかし、英語をまともに喋れないと現地の携帯ショップに行って、契約するのも不安。そこで多くの学生たちは留学会社等が提供している格安携帯電話を購入・契約することが多いのです。一番、安心して契約する方法はこの方法かもしれないのですが、実は非常に割高。実際に現地の携帯会社が提供しているサービスや料金と比較した際に私も驚きました。現地の携帯会社のものの方が圧倒的に安いのです。

契約する際はもちろん全て英語でのやり取りにはなりますが、難しいやり取りではありません。これも一つの経験だと思って、費用削減のためにチャレンジするといいかと思います。

ワーホリ保険

ワーホリ保険に関しては、1年契約すると20万円以上かかってしまうケースもありますが、基本的にはしっかり保険プランを選択すれば費用は抑えられる項目です。実際にワーホリ中に体調不良により、病院に行ったというお客様は1年も滞在すると非常に多くなってきます。こちらは保険の選び方など専門家に相談するのが良いでしょう。

オーストラリア
【必見】後悔しない、オーストラリアのワーホリ保険の選び方

オセアニア最大の近代国家であるオーストラリア。海岸部には、紺碧の海に沿ってビルが立ち並び、一歩内陸部に足を踏み入れれば、そこは誰をも圧倒する大自然パノラマが広がっています。そんなオーストラリアは、英語 ...

続きを見る

ワーホリ保険の見積りはこちら

ワーホリ資金について気をつけておきたいこと

ワーホリは就労することができるとご説明させていただきました。もちろんワーホリしながら就労することによって、ある程度のお給料を得ることができます。だからと言って、それを頼りに予算計画を疎かにし資金操りに苦労する、なんていう人もたくさんいらっしゃいます。

皆さんは現地でどれだけお金を稼ぐことができるか具体的に予想できますか?現地で求人情報なども見ていない状況で自分はこれだけ稼ぐことができる!といった過信に対しては皆さんにご注意いただきたい点であります。そのような危険な過信があるとワーホリ途中で資金が尽きてしまい、途中帰国を余儀なくされるなど勿体無いことになってしまうのです。そのようなことが起きてしまわないように予めの計画が必要となってきます。

オーストラリアのワーホリ費用をちゃんと知り、しっかりとした計画を立てよう

皆さん、いかがでしたでしょうか?オーストラリアのワーホリ費用に関するご説明をさせていただきましたが、これ以上お金のことを考えるのが嫌になるくらい、よりリアルにワーホリをイメージすることができたのではないかと思います。オーストラリアでのワーホリは決して安いと言えるものではありません。そのために費用をしっかりと知ることによって、計画や目標を立てることができ、ワーホリを実現させることができるのです。

高額だからと言って、諦めるのは早いですよ。ワーホリを考え始めたバックグラウンドには将来への大きな目標、目的があるはずですよね。それを叶えるためのワーホリです。まずは渡欧する時期を決めて、まずは貯金からスタートさせましょう。やると決めたら、すぐに行動を開始する人が勝利の人となります!ギリギリの予算で行くと後で皆さん自身が現地で後悔することになりますからね。綿密な計画を立て、必ずワーホリを成功させましょう。

計画を怠らずに、素晴らしいワーホリにしてくださいね!

\見積もり依頼で保険料が安くなる/

【無料】見積りスタート

海外旅行保険専任アドバイザーに不明点を相談

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • この記事を書いた人

保険Times Magazine編集部

株式会社インシュアランスブレーンでは、生命保険、損害保険の国内主要会社を取り扱っており、"お客様目線での保険選び"ができるようサポートさせていただいております。個人のライフプランから会社のリスクマネジメントなどお気軽にご相談ください。

-海外旅行保険, 留学情報
-,

Copyright© 保険Times Magazine , 2020 All Rights Reserved.