火災保険

一見複雑でわかりづらい火災保険の風災補償を徹底解説

風災

今回は火災保険の中でも風災についてのご説明をさせていただきたいと思います。皆さんは風災と言われたら何を思いますか?すぐに思いつくのは「台風」だと思います。しかし、一概に風災と行っても台風だけではないのです。例えば「落雷」、「雹」と言った天候の変化によって起こる災いを「風災」と呼ぶのです。

今回はこの風災について概要、保険金が受け取れるケースそうでないケース、保険金についてまでご説明していきたいと思います。是非最後までお読みいただければと思います。

ココがポイント

  1. 風災補償の中には、台風、竜巻、落雷、雹災・雪災も含まれます。
  2. 台風の水害に関しては、水災補償による補償対象となります。
  3. 補償内容の確認と合わせて、実際に災害にあった時に備えて保険金の請求フローも確認しておきましょう。


火災保険の見積りはこちら

保険Times Magazineは、火災保険の相談/見積もりサービスを展開する保険Timesが運営するWebメディアです。火災保険の選び方コンテンツを発信しています。

火災保険の風災補償とは

火災保険に風災補償について詳しくみていく事にしましょう。

台風・・・毎年雨季から秋にかけて来る暴風ですね。風災の大半はこの台風での被害とも言えます。火災保険の風災で補償されるのは台風による風害による損害です。

突風竜巻・・・台風と同様、突風や竜巻も同じく風災になります。突風や竜巻による損害も風災の対象と言えます。

落雷・・・落雷も風災のひとつです。落雷が原因で電化製品が故障したという事故はよくある話だと思います。その様な損害も補償の対象となります。

雹災・雪災・・・雹や雪による損害も風災の対象です。雨よりも重さが嵩張ることがあるのが雹と雪です。その分も損害が起こる可能性が高くなりますので、雹や雪による災害も補償されているのは心強いですね。

台風の水害による被害は水災補償でカバーする

風災につきましては、様々な補償でカバーできることがわかりました。しかし、水災の場合はどうでしょうか。例えば、台風の集中豪雨により洪水は発生し建物の床下が浸水したというケースです。この場合は原因が台風だったとしても「風災」ではなく「水災」ですので風災の補償対象外です。しかし、今回の様に水害の補償は水災として補償される事になりますのでご安心ください。

風災補償により保険金が受け取れないケース

では逆に風災補償による保険金が受け取れないケースはどの様な時でしょうか。今回はよく勘違いされやすいケースをまとめてみましたのでご参考までにしていただければと思います。

  1. 敷地内にある自動車の補償・・・自動車の補償は別に自動車保険によって加入しているため、いくら自分の家の敷地内であったとしても自動車による損害は火災保険ではカバーすることができません。
  2. 風災による人の怪我の補償・・・火災保険の風災の場合に補償されるのは家の敷地内における建物や家財に限ります。そのため、風災の影響で人が怪我をした場合は補償の対象外です。人の怪我の補償は傷害保険によりカバーできますのでご注意下さい。
  3. 災害から3年以上経った時・・・これは火災保険に限った話ではないですが、損害が発生してから3年以内に保険金を請求しなければならないことは法律によって決まっております。(保険法)

しかし、事故が発生してから原因を特定する必要があるため、時間が経過してから保険金を請求すると、原因特定が困難になります。そのため、損害が発生してからすぐに保険金を請求することをお勧めします。

保険金はどの程度おりるのか?

では風災による損害保険金はどの様な仕組みによって支払われるのでしょうか。損害保険金は事前に保険会社との契約で決定した保険金上限額まで支払われる事になります。ここでご注意いただきたいのは、保険金上限額まで満額を保険会社から支払われるというわけではありません。実は火災保険には免責金額というものがあります。つまりある一定の損害額までは自己負担にて修理をしなければいけないという事です。そのため、実際の支払われる保険金額は、以下のような計算式で算出されます。

ポイント

損害保険金=損害額ー免責金額(自己負担額)

という事になります。免責金額が具体的にどれくらいに設定されているかは保険会社、住んでいる地域、家の構造等によってもそれぞれ異なりますので一度保険証券を確認しいくらに設定されているかをみておいた方が良いでしょう。

保険金請求方法

では保険会社に連絡しどの様な手続きを取ればよいのでしょうか?保険会社や担当の保険代理店が丁寧に教えてくれると思いますが、一度把握しておいて損はないでしょう。

保険会社/加入保険代理店に連絡する

まずは保険会社または加入した保険代理店に連絡しましょう。連絡先は基本的に契約時に発行された保険証券、または、HP等で調べると保険金請求窓口のフリーダイヤルが乗っておりますのでそちらにご連絡していただければと思います。連絡をすると、

  1. 証券番号
  2. 契約者氏名
  3. 損害発生日時・状況

を聞かれますので保険証券をご準備いただければと思います。保険会社から必要書類をお送りする手続きをとりますので書類が届くのを待ちましょう。

保険会社に必要書類を提出する

保険会社に提出する書類についてはご自身が住んでいる家の種類によっても異なってきます。

そのため、保険会社から送られてくる書類にしっかり目を通し間違えのない様にしましょう。

以下には一例を載せておきますのでご参考にしていただければと思います。

(例)保険会社に提出する書類

  • 保険金請求書
  • 事故状況報告書
  • 示談書や承諾書
  • 損害申告書
  • 修理見積り書
  • 事故箇所の写真
  • 領収書と保証書
  • 自宅の場合は登記簿謄本など

保険会社が現場調査を行う

書類の提出が完了すると保険会社の鑑定人、調査員が派遣され水漏れの原因を調査することになります。保険会社はその調査結果とともに保険金額を査定します。

保険金の受け取り手続きを始める

上記が完了すると、保険金を受け受け取り手続きを始めることができます。しかし、必ずしも申請書通りの金額を受け取ることができるわけではないので、保険金を受け取った後に修理の見積もりを行ったほうが得策です。受け取った保険金より修理費を超えてしまうと実費で支払うことになりますのでご注意ください。

まとめ

いかがでしょうか。一概に風災と言っても全ての損害を補償されるわけではありません。そのため、保険会社に確認し、どの損害まで補償されるのかをしっかり確認することが重要になります。実際に災害にあう確率は低いですが、保険金請求の流れについても事前に確認していただければと思います。

\見積もり依頼で保険料が安くなる/

【無料】見積りスタート

火災保険専任アドバイザーに不明点を相談

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • この記事を書いた人

保険Times Magazine編集部

株式会社インシュアランスブレーンでは、生命保険、損害保険の国内主要会社を取り扱っており、"お客様目線での保険選び"ができるようサポートさせていただいております。個人のライフプランから会社のリスクマネジメントなどお気軽にご相談ください。

-火災保険

Copyright© 保険Times Magazine , 2020 All Rights Reserved.