火災保険

火災保険で雨漏りは補償対象?雨漏り補償の適用条件などを解説

雨漏り

雨漏りは家の資産価値を下げる原因であり、一度被害にあったらすぐに修理をすることをおススメします。雨漏りをそのままにしておくとどんどん悪化するだけでなく、修理費用もどんどん高くなっていくのです。そんな雨漏りも火災保険の補償対象で、雨漏り修理費用を補償する契約内容であればカバーすることができます。ここでは適用条件や注意点などを細かくみていきましょう。

ココがポイント

  1. 加入中のプランに「風災・雹災・雪災」補償が、地震災害の場合は地震保険に加入しているか確認
  2. 免責額やFC型など支払い方法と申請期限に気を付けよう。
  3. 悪徳業者に関わらないようにしよう。


火災保険の見積りはこちら

保険Times Magazineは、火災保険の相談/見積もりサービスを展開する保険Timesが運営するWebメディアです。火災保険の選び方コンテンツを発信しています。

風災・雹災・雪災そして地震保険には加入していますか?

 雨漏りに関係する補償は「風災・雹災・雪災」、地震保険をつけていれば地震で家にひびが入って雨漏りの被害に遭った際も補償対象となります。ほとんどの保険会社がこれらの補償を必須の補償としているため、問題ないかと思いますが、近年はカスタマイズで補償を好きに付けることができる火災保険もあります。今一度自分の加入したプランの補償内容を確認し、見直しが必要であればまた新たにプランを検討しましょう。

保険適用される?されない?雨漏り修理保険適用条件とは

ざっくりいうと災害により建物内部に吹き込み、浸み込み、漏入で損害が生じた場合は保険適用となりますが、建物の老朽化や人工的なことが原因の場合は火災保険の適用とはなりません。ここでは具体的にどのようなケースが保険適用であるかをまとめていきます。

保険が適用される場合

  • 台風などの強い風で瓦がずれてストレートが浮いて雨樋が外れた。
  • 雹が降って天窓に穴が開いた。
  • 強い風雨で瓦屋根の漆喰が崩れた。
  • 地震で外壁にヒビが入った。
  • 雪の重みで雨樋が壊れた。
  • 竜巻で飛んできた自転車が屋根に当たって破損した。

上記のように自然災害によって受けた被害は保険金が支払われる可能性が高いです。ただし、あくまで一例で、同じような事例でも調査によって保険適用外となる可能性もあります。

保険が適用されない場合

  • 経年劣化
  • 太陽光パネルの設置など、作業場の過失による損傷。
  • 施工不良
  • 被害を受けた時点から3年以上が経過している。

上記のように経年劣化や人工的な被害があった場合は保険適用されない可能性があります。自己判断せず、適正な修理業者に相談してみるのも大事です。

保険金額のタイプをチェック!免責とFC

契約時に保険金額にFC(フランチャイズ)××円と設定したり、自己負担額を決めていた場合、修理費用が全額カバーされないこともあります。少しややこしいのでここで二つの方式について見ておきましょう。

自己負担方式

自己負担は別名免責とも言われます。計算は下記のようになっています。

ポイント

損害額ー自己負担額=受け取れる保険金額

FC(フランチャイズ)方式

FC金額に届かない損害額の場合受け取れる保険金は0円ですが、FC金額を超える場合全額を火災保険から賄えることができます。「損害額○○円以上型」という呼び方もあります。加入時に保険料を下げるためにFC金額を設定しているケースがあるかと思いますが、実際に被害にあった場合に保険料を安くした分以上の負担となるケースがありますので、こちら注意が必要です。

例)FC20万円の場合

損害額が20万円以下の場合は、受け取れる保険金0円となります。

損害額が20万円以上の場合、損害額全額を火災保険でカバーできる。

免責額・FC額のメリットデメリット

実際損害が起きた時に保険で免責額を設定していて全額カバーができない、あるいは損害額がFCの金額に及ばず全額自己負担となってしまった時には相当のストレスが考えられます。免責額やFCの金額を設定することで保険料を抑えることもできますが、実際損害を受けた時の支払いトラブルを避けるためにも免責額やFC金額は設定しない方がおススメです。

悪徳業者に気をつけよう

近年チラシなどを通じて「火災保険を利用して修理することが可能です!」「保険会社への申請方法もサポート!」と謳い、保険金詐欺をする業者が増えています。特に60歳以上の契約者が狙われていて注意が必要です。

悪徳業者とのトラブル事例

  • 代理で申請するといわれたが修理後に申請していなかったことが発覚

→基本的に保険金請求は契約者本人が行い、代理申請はできません。複雑な手続きはなく、保険会社の指示に従えば問題ないので契約者様自身で申請手続きをしてください。

  • 「必ず保険金がおりる」と言っていたのに全額自己負担となった

→まず、保険金が支払われるかどうかを判断する権利は「保険会社」にしかありません。業者が判断できるものではないので嘘をついているということになります。

  • 火災保険がおりるといわれて前払いしたが工事をしてもらえない。
  • 「追加の工事」が発生して、保険金を超える費用を請求された。
  • 保険がおりないので解約を求めたら、解約料を請求された。

→支払いを断ると「契約書に書いてある」と言われますが、そもそも契約書の控えを渡していなかったり、契約書にかかれていても小さい字で分かりにくく書いてあるということが多いです。国民生活センターでも保険金詐欺業者に注意するよう呼びかけています。

悪徳業者のポイント

とはいえ、業者も精巧なうたい文句を使ったりホームページを作ることで、消費者からは悪徳業者と分からないように工夫をしています。しかし、多くの業者の場合は下記のような特徴があります。

火災保険の申請が通る前提で話をする場合

「火災保険を申請すれば絶対に通るので安心してください」と言って来る業者には気を付けましょう。まともな修理業者の場合は申請が通らないリスクについても話します。リスクについて話をしない業者は目先の契約を取りたいと急いでいるのです。このような業者は施工技術やアフター保証も期待できないため、依頼しないようにしましょう。

追加費用を請求してくる場合

見積もり後や契約後に追加費用を請求してくる業者も要注意です。火災保険の申請時には必ず修理費の合計を書面で送る必要があります。追加費用には保険金は支払われませんので、契約後に追加費用が発生しないように業者に言いましょう。そもそもまともな業者の場合は見積もり時に「追加費用はありません」と説明しています。全体的に火災保険に頼るような業者には注意したほうがいいでしょう。

まとめ

雨漏りが発生した時の火災保険適用条件や注意点について理解いただけましたでしょうか?今一度自分が加入しているプランをチェックして雨漏りに備えよう。

\見積もり依頼で保険料が安くなる/

【無料】見積りスタート

火災保険専任アドバイザーに不明点を相談

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • この記事を書いた人

保険Times Magazine編集部

株式会社インシュアランスブレーンでは、生命保険、損害保険の国内主要会社を取り扱っており、"お客様目線での保険選び"ができるようサポートさせていただいております。個人のライフプランから会社のリスクマネジメントなどお気軽にご相談ください。

-火災保険

Copyright© 保険Times Magazine , 2020 All Rights Reserved.