火災保険

住宅ローンで住宅購入する際なぜ火災保険の加入が求められるの?

住宅ローン

今回は火災保険と住宅ローンについてご説明していきたいと思います。例えば新築住宅を購入し、住宅ローンを組んだ時はほぼ必ずと言っていいほど火災保険の加入が必須となっています。これはもし新築住宅が火災で全焼した時に、その損害額を住宅ローン返済に当てることができるためです。この様に住宅ローンと火災保険はセットで加入しなければいけないと言っても過言ではありません。

今回は住宅ローンと火災保険についての関係性、補償の範囲、その他条件等についてみていく事にしましょう。是非最後までお読みいただければと思います。

ココがポイント

  1. 金融機関は、住宅ローンとして融資した金額を確実に回収するため、住宅ローンを利用する際に火災保険の加入を求める場合がほとんどです。
  2. 金融機関が質権設定(火災保険の保険金を優先的に受け取れる権利)を設定することは近年では稀になってきています。
  3. 金融機関に勧められた火災保険に加入する前に、複数社の見積もりを行い最適な保険に加入するようにしましょう。


火災保険の見積りはこちら

保険Times Magazineは、火災保険の相談/見積もりサービスを展開する保険Timesが運営するWebメディアです。火災保険の選び方コンテンツを発信しています。

住宅ローン利用時の火災保険の加入

上記の説明を詳しく行いましょう。

住宅を購入する時、大半の方は金融機関へ住宅ローンを申込むと思います。その際金融機関から指定された火災保険に加入することを条件とされます。それが住宅ローン対応の火災保険です。なぜ火災保険を加入させるのでしょうか。理由は、金融機関が住宅ローンの融資額を確実に回収したいからです。住宅ローンを申込む時、その住宅を担保にし、住宅ローンを融資します。もし火災が発生し、火災保険に加入していなかった場合、損害額は多大なものになり、金融機関は担保を失う事になります。そのため金融機関は住宅の価額に相当する火災保険に加入し、融資額を回収するのです。

金融機関が加入する火災保険の条件とは?

では、火災保険はどの様な条件があるのでしょうか。これは住宅ローンを申込む金融機関にもよりますが、

「住宅ローン返済期間を保険期間に合わせる」

「火災保険の保険金額を住宅評価額以上に設定する」

といった点が求められるケースがあります。細かい条件に関しましては、金融機関に尋ねるてみると良いでしょう。逆にこの様な条件を満たしていれば、金融機関がお勧めする火災保険ではなく、自身で任意の保険会社に加入しても構わない事になります。火災保険の保険期間は自動車等と比較すると保険期間が長い傾向にありますので、補償内容、保険料等をしっかり吟味して加入することをお勧めします。

質権設定とは?

質権設定という言葉を聞かれたことはありますか?

住宅ローン対応の火災保険に加入した時、もし火災により家が全焼した場合、保険金を請求する事になりますが、この保険金を請求できる権利を金融機関持てる様に設定することを質権設定と言います。質権設定を行った場合、金融機関に火災保険金が支払われる事になります。つまり質権設定とは、金融機関が優先して保険金を受け取ることができる権利のことを言います。

質権設定を行うことで、金融機関は優先して住宅ローンを回収することが可能になるのです。また、質権設定となった火災保険は金融機関の同意なしに途中で解約することができなくなります。近年、金融機関では、この質権設定を行うことが少なくなっているとのことですが、念のため、住宅ローン加入前に調べてみると良いでしょう。

住宅ローン対応の補償の範囲は?

住宅ローン対応の火災保険は補償の対象の条件は「建物」のみとなっています。

火災保険の補償の対象としては3パターンあり、「建物のみ」「家財のみ」「建物と家財」の3パターンです。金融機関から指定される住宅ローン対応の火災保険は補償が「建物のみ」となっていることが多いです。そのため、もし台風等で家内の家具や電化製品が故障した場合、「家財」を補償の対象としていないため、保険金を受け取ることができません。家財に関しましては別途加入する必要があることをお忘れない様にしてください。

火災保険料の目安

火災保険の保険料ですが、これは一概にいくらと言い表すことができません。理由は保険料決定は様々な要因があるためです。例えば、家の構造があります。コンクリート等で頑丈に作られているのか、鉄骨等が含まれているのか、はたまた木造建築なのかにより火災のリスクはそれぞれ異なります。その他にも要因がありますが、一般的に火災になるリスクが高ければ高いほど保険料は高くなり、逆であれば低くなります。

火災保険の保険料の目安ですが、一戸建ての場合であれば、月額1,0001,500円、マンションの場合であれば、月額700円〜1,200円ほどと言われております。実際に見積もりを取り補償内容等も吟味し、納得のいく保険料での加入をしてみてはどうでしょうか?

保険期間の条件

住宅ローン対応火災保険の保険期間ですが、金融機関の条件は住宅ローンの返済終了時点までの加入とされるでしょう。しかし、火災保険の保険期間に関しては、長い期間の契約でも10年と返済期間までの期間の火災保険をかけることができないことがあります。その様な時に大抵の保険会社の場合は、自動継続の特約の付帯を選択することができます。

一般的には、10年等の長期契約を行い、一括払いを行う方が総支払い保険料は安くなる傾向になります。しかし、一時的に保険料を払い込む事になるため、負担を軽くするために1年ごとの更新にし支出を安定させたいという方もいるでしょう。どちらを選択するかはお客様次第かと思いますので、じっくり検討しましょう。

また、ここでご注意いただきたいのは、地震保険にも加入していた場合です。地震保険の最長保険期間は5年となっておりますので、火災保険の保険期間と地震保険の保険期間が異なる可能性もございます。継続のタイミングを同じにするのかしないのかは、保険料等から検討する様にしましょう。

火災保険の加入タイミング

新築住宅の火災保険加入のタイミングはいつごろが良いのでしょうか。原則住宅の引き渡し時に補償が始まる様に加入するのが普通です。しかし、そのためには、大体2ヶ月ほど前から各保険会社の比較を行うと良いでしょう。2ヶ月ほど余裕を持つことができれば、他の家に関する手続きの他に検討を余裕を持って進めることができます。住宅を購入する時はその他の手続きが多く火災保険の加入を適当に済ませてしまったという方が多いため、納得して火災保険にご加入すと良いでしょう。

火災保険の見積もりに必要な情報

では火災保険の見積もりに必要な情報・書類等はどの様なものがあるのでしょうか。

必要な情報として、建物の構造・耐火基準・完成予定年月・建物面積・建物の所在地等があり、登記簿謄本や、重要事項確認書等に記載されております。複数の保険会社に見積もりを取る時はこれらの書類を保険会社に提出し見積もりを取ることが重要です。また最近では、自身が住む家の周辺の災害のリスクを表したハザードマップが各保険会社で発行されています。必要な補償につきましては、ハザードマップの結果を基に選択するのが合理的と言えます。

火災保険加入のポイント

では住宅ローン向けの火災保険に加入する際のポイントを最後にお伝えいたしますので、ご参考にしていただければと思います。

1つ目は、まずは複数の保険会社で見積もりを取ることです。各社それぞれ重きを置く部分が異なります。そのため、保険金額、保険期間を考慮した保険料はそれぞれ異なります。そのため、より条件の良い保険会社の火災保険を選ぶ様にしましょう。

2つ目は、地震保険に加入することです。普通の火災保険では、地震や噴火が補償されていないため、ご注意下さい、特に過去に大きな地震が発生した地域や大型の地震が将来的に発生しそうだと言われている土地につきましては加入をお勧めします。

3つ目は補償の対象を選択することです。というのも、火災保険につきましては、「火災」意外にも補償されます。例えば、台風等の損害を補償する風災、洪水や浸水を補償する水災等です。そのため、どの補償を選択するかをはっきりさせましょう。補償を取り除けば保険料も割安になりますので、補償と保険料をそれぞれ調整することをお勧めします。

まとめ

いかがでしょうか。住宅ローンの火災保険は金融機関から勧められた火災保険に加入しがちです。しかし、一度考え、本当に必要な補償は何かを考え加入する様にしましょう。住宅ローン対応の火災保険は保険期間が長い傾向にあります。そのため、少しでも自身が必要と考えた保険に加入することが良いでしょう。

\見積もり依頼で保険料が安くなる/

【無料】見積りスタート

火災保険専任アドバイザーに不明点を相談

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • この記事を書いた人

保険Times Magazine編集部

株式会社インシュアランスブレーンでは、生命保険、損害保険の国内主要会社を取り扱っており、"お客様目線での保険選び"ができるようサポートさせていただいております。個人のライフプランから会社のリスクマネジメントなどお気軽にご相談ください。

-火災保険

Copyright© 保険Times Magazine , 2020 All Rights Reserved.