保険Times

×

海外留学保険|オススメの人気留学保険を比較・相談

海外留学保険とは

短期、長期での海外留学の際に加入する海外旅行保険を指します。日本では、健康保険を利用することで医療費の負担を抑えることができますが、海外では保険に加入せずに渡航すると治療費を100%負担する必要があります。また、医療費水準が日本と異なり、治療費が高額になるケースや、盗難などの予期せぬトラブルに遭遇する可能性もありますので、留学保険に加入して渡航することが重要となります。

留学保険ランキング

※保険times契約件数調べ(2018年8月ー2019年9月)

留学保険ランキングを見る

プランを見る

海外留学保険の特徴

  1. キャッシュレスで治療が受けられる「キャッシュレス・メディカル・サービス」を利用した診察※保険の対象となる治療に限ります。
  2. 治療の際の通訳サポート※保険の対象となる治療に限ります。
  3. 物の破損盗難などの補償
  4. その他、海外で起こりうるリスクのカバー

留学保険の補償内容と選ぶポイント

渡航先の医療事情に合わせた補償を検討しましょう。 海外では、一般的に日本と比べて治療費は高いですが、渡航先の医療水準や医療費は様々です。例えば、医療費が高額なアメリカと、医療費がアメリカと比べると比較的低いアジア圏では、加入すべき補償内容に違いがあるでしょう。渡航先の医療事情を踏まえ、加入する留学保険を選択していきましょう。

クレジットカード付帯海外旅行保険はどこまで有効なの?

クレジットカード付帯海外旅行保険とは、クレジットカードに付帯されているサービスの1つです。クレジットカード付帯海外旅行保険で海外留学するというお客様もいらっしゃいます。
クレジットカード付帯海外旅行保険で留学する場合、注意するべき点は、治療費用の補償が低額であることが多い点と、生活用動産補償ではなく携行品損害という補償がついている点です。治療費用については、日本と医療費の水準が異なると医療費が高額になるケースがあるため、十分な補償であることが重要です。

例えば盲腸の治療を海外で受けた場合

治療費 救急車出動費
日本 60 万円 無 料
アメリカ
(ハワイ)
300 万円 8 万円
中国 150 万円 3 万円
オーストラリア 80 万円 4 万円

また、留学生生活用動産補償は、滞在先の下宿先や寮に置いてある所有物に関しても保険適用となりますが、携行品損害補償では保険適用とならないケースが多く、留学する場合は注意が必要です。

海外留学保険の補償項目

海外留学保険の一般的な補償項目および内容の例は以下となります。
補償の詳細や内容は保険会社によって異なりますので、各社のパンフレット等でご確認ください。

基本補償

  • 治療費補償
    治療費補償
    怪我・病気により病院で治療を受ける際に治療費を補償するもの。治療費の負担を減らす目的。
  • 傷害後遺障害補償
    傷害後遺障害補償
    滞在先でのケガが原因で後遺障害が生じてしまった場合
  • 救援費補償
    救援費補償
    現地での病気や怪我の治療に伴い、帰国や他国への移送費用、死亡した場合の遺体の移送費、家族がお見舞いで現地に駆けつける場合の費用補償。大事故や重度の病気などにかかった場合の費用負担を減らす目的。
  • 携行品損害
    携行品損害補償
    海外に持参したものの盗難・破損の場合の補償。持参物が盗難や破損してしまった場合の費用負担を減らす目的。
  • 生活用動産
    留学生生活用動産補償
    携行品損害は外出中に手荷物で持っているものが補償対象、生活用動産は上記に加えて居住中の家財も補償対象となる。海外で物を壊してしまった場合の費用負担を減らす目的。
  • 賠償責任
    賠償責任補償
    海外での日常生活で他人に怪我をさせたり他人のものを壊したりして損害を与え損害賠償責任を負った時の補償。海外で物を壊してしまった場合の費用負担を減らす目的。
  • 死亡保障
    死亡補償
    ケガや病気で死亡してしまった場合の補償。海外で死亡してしまった場合の葬儀などの費用負担を減らす目的。
  • 手荷物遅延
    航空機寄託手荷物遅延補償
    航空機で輸送される予定の手荷物が遅延したことで発生した追加費用負担を補償。航空機が遅延することでの費用負担を減らす目的。
  • 遅延
    航空機遅延補償
    航空機が遅延した際にかかった宿泊費や交通費の補償。航空機が遅延することでの費用負担を減らす目的。

オプション・特約

  • 歯科治療補償
    歯科治療補償
    歯科治療を海外で受けた場合の費用負担補償。ただ、日本で発病していたものに関しては補償対象外のため、渡航後一定期間は補償対象外。歯科治療費の負担を減らす目的。
  • 弁護士費用
    弁護士費用
    弁護士に依頼する事案が発生した際の費用負担を補償。弁護士への依頼費用負担を減らす目的。
  • 留学継続費用担保特約
    留学継続費用担保特約
    留学生の扶養者の方が事故により死亡、または重度後遺障害となった場合に、その時から予定留学終了時までの年数に留学継続費用保険金額を乗じた額に対して保険金をお支払いします。

この中でも特に注目なのは「治療費・救援費補償」と「留学生生活用動産損害担保特約」です。
治療費・救援費補償とは、現地で病気や事故に遭遇してしまい、通院や入院する際に補償される補償項目です。海外滞在において費用も高額となるのが現地での通院や入院となります。

生活用動産損害担保特約とは、滞在先において通勤や買い物時に携行しているものが、盗難等にあった場合や、滞在先の住居において家具・家財といった身の回りの品が火災や盗難等にあって損害を受けた場合の偶然な事故による損害に対して補償するものとなります。日本と比べて治安状況が良くない国・地域もあるため、家財・携行品の盗難や破損を補償するこの特約も海外に長期滞在される場合は必ずつけておいた方がいいでしょう

留学保険比較する上での検討ポイント、安くする方法とは?

  1. 医療費高額エリア
    渡航する国の医療事情や医療費の相場を考慮して、治療費の補償金額を考えましょう。 海外では治療費が高くなる傾向があるので、治療費の補償については、しっかりした補償に加入することをおススメします。
  2. 所持品等が破損した場合
    所持品等が破損した場合に備える携行品損害/留学生生活用動産の補償金額を考えましょう。高額なものを持っていかない場合等、ご自身の渡航状況に合わせて、補償金額を低くすることで、保険料を抑えてもよいでしょう。
  3. どの部分を保険に頼る?
    死亡補償、傷害後遺障害補償、航空機遅延補償、航空機寄託手荷物遅延補償、賠償責任補償などは、どの部分を保険に頼り、どの部分を自己負担とするのかを整理し、補償内容を設定しましょう。

上記のように、ご自身の渡航条件を前提に、本当に必要な補償内容・補償金額のプランを選択することで保険料を安く抑えられることもあります。自分が保険に求めている補償は何かについて整理した上で、加入プランを選ぶことがポイントとなります。

歯科治療補償を検討する上でのポイント

歯科治療費用補償に関しては、 下記3社で補償の提供があります。歯科治療費用補償には様々な条件が設定されており、検討する上で注意が必要です。

  1. 負担した治療費の半分(50%)しか補償されない
  2. キャッシュレスサービスが利用できない

などの条件が設定されています。歯科治療補償をつけたものの、現地で使えなかったという声もありますので、適用条件を鑑みて加入するかどうかを検討すべきでしょう。

提供保険会社:

AIG損保 承認番号:18G16687

保険Timesではあなたのプランや要望に合わせた保険をご提案します
  • 電話相談
  • LINEで今すぐ見積り
  • メールで今すぐ見積り

留学保険の代表的なプラン

以下に掲載しているプランは弊社にて取り扱っている保険プランの一部となりますので、詳細はお問い合わせいただければ幸いです。

保険会社名 ジェイアイ傷害火災
ジェイアイ
傷害火災
ジェイアイ傷害火災
ジェイアイ
傷害火災
ジェイアイ傷害火災
ジェイアイ
傷害火災
東京海上日動
東京海上日動
東京海上日動
東京海上日動
東京海上日動
東京海上日動
AIG
AIG損保
AIG
AIG損保
三井住友海上
三井住友海上
プラン名 877 110 109 HC5 YS2 I04 CD7(留学) 8P5(留学)
傷害死亡 1000 万円 3000 万円 5000 万円 1000 万円 300 万円 2000 万円 1000 万円
傷害後遺障害 1000 万円 3000 万円 5000 万円 1000 万円 300 万円 60~2000 万円 30~1000 万円
治療・救援費用 無制限 無制限 無制限 無制限 3000 万円 1000 万円 3000 万円 2000 万円
傷害治療費用 2000 万円
疾病治療費用 2000 万円
救援者費用 1000 万円
疾病死亡 1000 万円 1000 万円 1000 万円 1000 万円 200 万円 1000 万円 1000 万円
賠償責任(長期用) 10000 万円 10000 万円 10000 万円 1 億円 1 億円
生活用動産(長期用) 40 万円 40 万円 40 万円 40 万円 30 万円
航空機寄託手荷物遅延 10 万円 10 万円 10 万円 10 万円 無し
航空機遅延 2 万円 2 万円 2 万円 2 万円 無し
携行品損害 30 万円 40 万円
個人賠償責任 10000 万円 10000 万円
4ヶ月 71240 77250 85120 83800 71680 55130 77840 72170 128170
5ヶ月 93100 100780 110490 108530 92580 72690 100190 93300 170410
6ヶ月 108670 118060 129630 129830 110180 87140 120850 112960 211970
7ヶ月 127050 138180 151600 151570 129870 103550 140120 131310 253520
8ヶ月 147020 159880 175160 172800 147910 118400 159800 149970 295760
9ヶ月 166370 181030 198190 192630 165490 132850 178670 167830 338010
10ヶ月 185570 202020 221080 211930 182400 146650 197350 185500 380250
11ヶ月 204740 222870 243740 231760 189990 160160 215170 202360 422500
1年 224130 244020 266760 249600 214530 172680 232070 218250 464740
1年半 335970 365800 399900 374750 322100 259250

この比較表示には保険商品内容の全てが記載されているわけではありませんので、あくまで参考情報としてご利用ください。また、必ず、「契約概要」やパンフレットなどで保険商品全般についてご確認ください。

海外留学保険を保険会社から探す

渡航目的から保険を探す

保険Timesの
口コミ、評判

ご利用者の声を見る

<募集文章番号>20-T02267 <作成年月>:2020年9月
AIG損保 承認番号:18G16687
B20-200104 使用期限2021/6/1