保険Times

×

海外旅行保険|オススメの人気海外旅行保険を比較・相談

海外旅行保険とは

海外旅行保険とは短期、長期で海外へ旅行/観光、インターンシップ、ボランティア、世界一周などの目的で渡航する際に加入する海外旅行保険を指します。日本では、健康保険を利用することで医療費の負担を抑えることができますが、海外では保険に加入せずに渡航すると治療費を100%負担する必要があります。また、医療費水準が日本と異なり、治療費が高額になるケースや、盗難などの予期せぬトラブルに遭遇する可能性もありますので、海外旅行保険に加入して渡航することが重要となります。

他の渡航目的から保険を選ぶ

海外旅行保険ランキング

※保険times契約件数調べ(2018年8月ー2019年9月)

海外旅行保険ランキングを見る

プランを見る

海外旅行保険の特徴

  1. キャッシュレスで治療が受けられる「キャッシュレス・メディカル・サービス」を利用した診察※保険の対象となる治療に限ります。
  2. 治療の際の通訳サポート※保険の対象となる治療に限ります。
  3. 物の破損盗難などの補償
  4. その他、海外で起こりうるリスクのカバー

クレジットカードの
付帯保険で海外旅行しても大丈夫?

ボランティア、インターンシップなどで長期で海外へ渡航する場合は、クレジットカードの付帯海外旅行保険の適用期間3ヶ月を超える場合が多く、別途海外旅行保険に加入されるお客様が多いですが、短期の観光や海外旅行の場合はクレジットカードの付帯海外旅行保険と悩まれる方が多いです。

クレジットカード付帯海外旅行保険でまず確認したいのは「治療救援費の補償金額」でしょう。クレジットカードのゴールドカードですら、治療救援費の補償金額は100万円〜となっており医療水準の高い地域や入院、手術が必要になった場合に費用が足りなくなる可能性は大いにあります。短期滞在の場合は、怪我や病気のリスクは低いため保険に加入しておくかどうかは自分自身のリスク許容度にあわせて決定しましょう。実際に、短期滞在でも海外で急なトラブルで入院を余儀なくされ、クレジットカードの付帯保険ではお金が足りなくなってしまったという話はよくある話です。


次に、利用付帯か自動付帯かという点も確認しておきたい点です。海外へ渡航した際に自動的に補償が付帯されるパターンと、旅行関連費用をクレジットカードで支払わないと付帯されない利用付帯がありますので、海外でクレジットカードの付帯保険を利用する場合は注意が必要です。

短期の渡航でクレジットカードを併用する場合(クレカ上乗せ保険)

短期旅行の場合の海外旅行保険の選び方としては、クレジットカード付帯保険を併用するかどうかという観点があります。治療救援費用が足りなくなるという致命的な状態を防ぐために、補償内容は最低限に絞り治療救援費、死亡補償などをメインとして提供されているクレカ上乗せプランを検討するのも良いでしょう。(@とらべるタイプK、tabihoおすすめプランカスタマイズ)クレジットカードの補償を活用できる場合は、こちらのプランを検討しましょう。

提供保険会社:

海外旅行保険の補償内容

クレジットカード付帯の海外旅行保険を併用しない場合は、通常の保険プランを検討することとなります。海外旅行保険の補償項目の全体感は以下となります。

基本補償

  • 治療費補償
    治療費補償
    怪我・風邪により病院で治療を受ける際に治療費を補償するもの。治療費の負担を減らす目的。
  • 傷害後遺障害補償
    傷害後遺障害補償
    滞在先でのケガが原因で後遺障害が生じてしまった場合
  • 救援費補償
    救援費補償
    現地での病気や怪我の治療に伴い、帰国や他国への移送費用、死亡した場合の遺体の輸送費、家族がお見舞いで現地に駆けつける場合の費用補償。大事故や重度の病気などにかかった場合の費用負担を減らす目的。
  • 携行品損害
    携行品損害補償
    海外に持参したものの盗難・破損の場合の補償。持参物が盗難や破損してしまった場合の費用負担を減らす目的。
  • 生活用動産
    生活用動産補償
    携行品損害は外出中に手荷物で持っているものが補償対象、生活用動産は上記に加えて居住中の家財も補償対象となる。海外で物を壊してしまった場合の費用負担を減らす目的。
  • 賠償責任
    賠償責任補償
    海外での日常生活で他人に怪我をさせたり他人のものを壊したりして損害を与え損害賠償責任を負った時の補償。海外で物を壊してしまった場合の費用負担を減らす目的。
  • 死亡保障
    死亡補償
    ケガや病気で死亡してしまった場合の補償。海外で死亡してしまった場合の葬儀などの費用負担を減らす目的。
  • 手荷物遅延
    航空機寄託手荷物遅延補償
    航空機で輸送される予定の手荷物が遅延したことで発生した追加費用負担を補償。航空機が遅延することでの費用負担を減らす目的。
  • 遅延
    航空機遅延補償
    航空機が遅延した際にかかった宿泊費や交通費の補償。航空機が遅延することでの費用負担を減らす目的。

オプション・特約

  • 歯科治療補償
    歯科治療補償
    歯科治療を海外で受けた場合の費用負担補償。ただ、日本で発病していたものに関しては補償対象外のため、渡航後一定期間は補償対象外。歯科治療費の負担を減らす目的。
  • 救援費補償
    緊急一時帰国費用補償
    家族の病気や死亡により、一時帰国しなければならない際の補償。一時帰国費用負担を減らす目的。
  • 携行品損害(弁護士費用)
    弁護士費用
    弁護士に依頼する事案が発生した際の費用負担を補償。弁護士への依頼費用負担を減らす目的。

この中でも特に注目なのは「賠償責任補償」と「生活用動産補償」です。
賠償責任補償とは、滞在先において、こちらの過失によって借家や家主の住宅に損害を与えたり、滞在中のホテルの調度品や設備を破損したりして、滞在先の国おいて法律上の賠償責任を問われた場合にその賠償金について補償してもらえるというものです。例えばお湯を出しっぱなしにしてつい就寝してしまいお部屋の中を水浸しにしてしまった場合、火の不始末で火事を起こしてしまった場合、またお子さんを連れ立って出張・滞在中に目を離したすきにお子さんがホテルの高級な調度品などを破損させてしまった場合等に補償が適用されます。ご家族、特にお子さんを連れ立っての海外渡航などの場合はもはや必須といっていい特約でしょう


生活用動産補償とは、滞在先において通勤や買い物時に携行しているものが、盗難等にあった場合や、滞在先の住居において家具・家財といった身の回りの品が火災や盗難等にあって損害を受けた場合の偶然な事故による損害に対して補償するものとなります。日本と比べて治安状況が良くない国・地域もあるため、家財・携行品の盗難や破損を補償するこの特約も海外に長期滞在される場合は必ずつけておいた方がいいでしょう。

海外旅行保険の選び方

保険を選ぶにあたっての一番の項目は、まずご自身の渡航先が医療費の高額な北米などの国か、比較的安いアジア圏か等の医療費の違い、次に滞在先の治安、最後に就労予定のお仕事になります。これらを加味して、治療費・救援費の補償が手厚い保険が良いのか、物の盗難破損を補償する携行品損害もしくは生活用動産の補償が充実しているものが良いのか、等をじっくりと考えていくのが海外旅行保険の選び方のポイントです。

短期海外旅行/観光/短期留学用プラン(3ヶ月以内)

以下に掲載しているプランは弊社にて取り扱っている保険プランの一部となりますので、詳細はお問い合わせいただければ幸いです。

保険会社名 t@biho
t@biho
t@biho
t@biho
t@biho
t@biho
東京海上日動
東京海上日動
東京海上日動
東京海上日動
@とらべる
@とらべる
@とらべる
@とらべる
AIG
AIG損保
AIG
AIG損保
プラン名 保険料節約 おすすめ カスタマイズ最安 Z2 Z1 タイプA タイプK ブロンズプラン シンプルプラン
傷害死亡 1000 万円 3000 万円 2000 万円 1000 万円 1000 万円 1000 万円 1000 万円
傷害後遺障害 1000 万円 3000 万円 2000 万円 1000 万円 1000 万円 30~1000 万円 30~1000 万円
治療・救援費用 1000 万円 5000 万円 1000 万円 無制限 3000 万円 1000 万円 2000 万円 無制限 2000 万円
疾病死亡 1000 万円 2000 万円 1000 万円 1000 万円 1000 万円 2000 万円 500 万円 500 万円
緊急歯科治療費用 10 万円 10 万円 10 万円 あり 10 万円 10 万円
個人賠償責任 10000 万円 10000 万円 10000 万円 1 億円 1 億円 1 億円
携行品損害 30 万円 30 万円 20 万円 10 万円 30 万円 30 万円 20 万円
航空機寄託手荷物 1 万円 1 万円 10 万円
弁護士費用 100 万円 100 万円 100 万円 100 万円
テロ対応費用 1 万円 1 万円 10 万円
航空機手荷物遅延 3 万円 3 万円
航空機遅延 付帯あり 付帯あり
旅行事故緊急費用 5 万円 5 万円
1日 1350 1820 770 2530 2000 1310 1050 2130 1960
2日 1420 1930 800 3320 2670 1440 1150 2970 2720
3日 1510 2010 870 4030 3270 1570 1260 3740 3410
4日 1650 2220 920 4540 3690 1690 1350 4400 4000
5日 1970 2630 1120 5150 4170 2030 1530 5380 4900
6日 2260 2980 1320 5840 4730 2360 1690 6240 5680
7日 2750 3580 1690 6420 5210 2660 1810 7440 6740
8日 2950 3830 1790 7260 5940 3370 2390 8240 7470
9日 3340 4330 2060 7810 6400 3860 2720 8910 8070
10日 3780 4860 2400 8400 6400 4370 3090 9660 8750
14日 5950 7450 4150 10490 8620 6450 4480 13650 12310
21日 8680 10920 6030 13280 10990 9920 7270 18150 16360
29日 12010 15040 8440 16880 14060 13330 10190 23790 21440
31日 12800 16040 9010 17890 14950 14780 11490 25300 22800

この比較表示には保険商品内容の全てが記載されているわけではありませんので、あくまで参考情報としてご利用ください。また、必ず、「契約概要」やパンフレットなどで保険商品全般についてご確認ください。

海外旅行保険のオンライン契約はこちら

長期海外旅行用プラン(3ヶ月以上)
(世界一周、ボランティア、インターンシップなど)

保険会社名 東京海上日動
東京海上日動
東京海上日動
東京海上日動
東京海上日動
東京海上日動
東京海上日動
東京海上日動
東京海上日動
東京海上日動
プラン名 HC5 YS2 M2 I06 N2
傷害死亡 1000 万円 300 万円 1000 万円 500 万円
傷害後遺障害 1000 万円 300 万円 1000 万円 500 万円
治療・救援費用 無制限 3000 万円 3000 万円 3000 万円 1000 万円
疾病死亡 1000 万円 200 万円 1000 万円 500 万円
賠償責任(長期用) 10000 万円 10000 万円 10000 万円 10000 万円 5000 万円
生活用動産(長期用) 40 万円 40 万円
携行品損害 10 万円 20 万円 10 万円
航空機手荷物 10 万円 10 万円
航空機遅延 2 万円 2 万円
4ヶ月 83800 71680 67230 64780 61420
5ヶ月 108530 92580 87800 84600 80270
6ヶ月 129830 110180 105250 101110 96070
7ヶ月 151570 129870 124750 119760 113850
8ヶ月 172800 147910 142610 136720 130070
9ヶ月 192630 165490 160070 153290 145940
10ヶ月 211930 182400 176870 169160 161120
11ヶ月 231760 198990 193130 184670 175930
1年 249600 214530 208490 199160 189840
1年半 374750 322100 313050 299030 285010

この比較表示には保険商品内容の全てが記載されているわけではありませんので、あくまで参考情報としてご利用ください。また、必ず、「契約概要」やパンフレットなどで保険商品全般についてご確認ください。

保険Timesではあなたのプランや要望に合わせた保険をご提案します
  • 電話相談
  • LINEで今すぐ見積り
  • メールで今すぐ見積り

海外旅行保険の比較ポイント

  1. 渡航する国の医療事情や医療費の相場を考慮して、治療費の補償金額を考えましょう。 海外では治療費が高くなる傾向があるので、治療費の補償については、しっかりした補償に加入することをおススメします。
  2. 渡航する国の治安等を考慮して、所持品等が破損盗難した場合に備える携行品損害/生活用動産の補償金額を考えましょう。高額なものを持っていかない場合等、ご自身の渡航状況に合わせて、補償金額を低くすることで、保険料を抑えてもよいでしょう。
  3. 死亡補償、傷害後遺障害補償、航空機遅延補償、航空機寄託手荷物遅延補償、賠償責任補償などは、どの部分を保険に頼り、どの部分を自己負担とするのかを整理し、補償内容を設定しましょう。

下記のように、ご自身の渡航条件を前提に、本当に必要な補償内容・補償金額のプランを選択することで保険料を安く抑えられることもあります。自分が保険に求めている補償は何かについて整理した上で、加入プランを選ぶことがポイントとなります。

歯科治療を検討する上でのポイント

歯科治療補償に関しては、下記3社で補償の提供があります。歯科治療補償をつけるかどうかの検討ポイントは、歯科治療補償を活用する際に様々な条件が設定されている点です。

  1. 累計で10万円までしか使えない
  2. 1回の治療の50%までの補償
  3. 渡航後90日は補償対象外となる
  4. 半年〜1年という渡航期間でしか加入できない
  5. キャッシュレスが適用できない

などの条件が設定されています。歯科治療補償をつけたものの、現地で使えなかったという声もありますので、適用条件を鑑みてつけるかどうかを検討すべきでしょう。

提供保険会社:

AIG損保 承認番号:18G16687

妊婦さんでも加入できる保険会社/ブランド

海外旅行保険では、海外における妊娠、出産にかかる費用を補償することはできないです。しかし、妊娠満22週未満の異常に関しては一部の保険会社にてカバーすることが可能ですので、妊娠初期で海外渡航される方は、下記保険会社をご検討ください。ただし、この特約は保険期間が31日以内の契約に適用されますのでご注意ください。

提供保険会社:

AIG損保 承認番号:18G16687

既往症、持病の治療を補償できる保険会社/ブランド

海外旅行保険では、渡航前に発症していた既往症、持病に関しては海外で治療を受けても保険金は支払われません。しかし、一部の保険会社では応急治療・救援費用補償特約が付帯され、既往症・持病が急激に悪化したことにより治療を受けた場合に300万円までの疾病治療費をカバーできるものがあります。持病をお持ちの方にはこの特約が付帯された商品をおすすめします。ただし、この特約は保険期間が31日以内の契約に適用されますのでご注意ください。

提供保険会社:

AIG損保 承認番号:18G16687

海外旅行保険を保険会社から探す

渡航目的から保険を探す

保険Timesの
口コミ、評判

ご利用者の声を見る

<募集文章番号>20-T02267 <作成年月>:2020年9月
AIG損保 承認番号:18G16687
B20-200104 使用期限2021/6/1