海外旅行保険 留学情報

【人気都市の物価比較】タイ留学費用の内訳と節約ポイントを解説

タイ

微笑みの国として親しまれ、留学やワーキングホリデーだけではなく旅行先としても人気の国タイ。1年間に約140万人の日本人がこの国を訪れ、また、常時10万人以上の日本人がこの国で長期滞在をしていると言われています。そして今、タイで留学しようとする日本人が急速に増えています。物価の安さや生活のしやすさ、年中温暖な気候、優しい国民性など、その理由を挙げればキリがありません。そこで今回は、タイに留学するに当たっての留学費用の目安と併せて、費用削減のための具体的なポイントをご紹介します。

ココがポイント

  1. タイの物価水準は、留学人気都市は東京よりも-43~-47%安いです。
  2. タイ留学をする際に費用項目として大きいのは学費、生活費(宿泊費、食費)、保険の3点となります。
  3. タイの留学保険に関しては、補償内容をカスタマイズすることで費用を抑えることが可能です。

留学保険の見積りはこちら

保険Times Magazineは、海外旅行保険の相談/見積もりサービスを展開する保険Timesが運営するWebメディアです。海外旅行保険の選び方コンテンツを発信しています。

タイ留学の特徴

タイ留学の特徴は、1.留学費用が安いことと、2.英語だけでなくタイ語も学ぶことができること、3.周辺国に旅行がしやすいという点でしょう。留学費用に関しては、欧米圏(カナダ、オーストラリア、アメリカなど)で英語を学ぶより50%程度安く抑えることが可能です。現地で英語・タイ語の2カ国をマスターして帰国するということも可能ですので、頑張って学習すれば非常に良い成果を得られる留学経験になります。

タイの留学人気都市の物価水準を東京と比較

日本 タイ
東京 バンコク プーケット
食品 1 -36% -36%
家賃 1 -55% -60%
衣類 1 -12% 0%
交通 1 -41% -47%
パーソナルケア 1 -48% -57%
エンタメ 1 -31% -38%
合計 1 -43% -47%

出典:Expatistan

タイで留学をするには、どれくらいの費用が必要になってくるのでしょうか。まずは、タイ留学の各人気都市の物価水準について確認していきましょう。Expatistanの生活費調査によると、タイの各都市の物価は東京に対して-43%〜-55%となっています。東京で1ヶ月節約しながら賃貸で生活するとかかる生活費は15万円前後と考えると、タイ生活するには6-8万円かかると考えるとわかりやすいでしょう。

タイ留学費用の期間別比較

1ヶ月 6ヶ月 1年
留学費用 9~22万円 55~110万円 99~210万円

タイ留学費用を期間別にまとめると、上記のようになります。費用の内訳に関しては後述しますが、留学費用全体に占める割合が大きいのは、1.学費、2.生活費(宿泊・食費)、3.航空費、4.留学保険費用の大きく4つに分類されますので、それぞれの内訳を解説していきます。

タイ留学の費用を徹底調査!いくらあれば留学できるのか?

ここでは各項目の費用を詳しくご紹介した上で、さらに留学の期間ごとに1ヶ月、6ヶ月、1年間の3パターンに分けて具体的な数字を挙げて見てみます。これまで本サイトではいくつかの国の留学費用をご紹介してきましたが、タイでの留学はお財布の面だけで言うと、すごく安く済む代表的な国の一つと言えるでしょう。

1ヵ月のタイ留学の費用はいくら?

1ヶ月の留学は期間も短いため、費用の面では周辺諸国に比べ割安感が高く、気軽に行うことができます。具体的に1ヶ月間のタイでの留学の費用を見てみます。

項目 費用
学費 30,000~60,000円
航空費 30,000~60,000円
生活費 30,000~80,000円
留学保険 0~15,000円
合計 90,000~220,000円

タイでの留学に関する一番のポイントは、何よりも物価が安いことではないでしょうか。学費に関しても総合的に、東南アジア諸国の中で有数の安さと言えるでしょう。また日本からの直行便フライトが豊富にあるため、いざとなった時の帰国に際しても他の国と比べて容易に行うことができます。そして生活全般の経費に関しては、中でも市バスやタクシーなどの公共交通機関、あるいは毎日の食事全般がとても安いです。1ケ月という短期での留学でしたら費用の面では大きな負担なく、手軽に実施できるのは嬉しい限りです。

6ヵ月のタイ留学の費用はいくら?

半年と言う長期になれば、タイでの生活にも慣れ、語学も上達し、現地でかなり自由に暮らしていける時期になっている頃でしょう。タイでの生活が面白くて仕方がないという時期になっていることと思います。費用的な面で言いますと、半年契約のレンタルハウスを借りる費用と、留学に際してのビザ取得の費用が加算されることになります。

項目 費用
学費 200,000~400,000円
航空費 60,000~90,000円
生活費 200,000~500,000円
留学保険 80,000~120,000円
合計 550,000~1,100,000円

タイ入国の際、ノービザで滞在できる期間は約1ヶ月間と決まっています。ですので必然的に半年間の語学留学となると「就学ビザ」取得が必須となります。このビザを発行してくれる語学学校には数に限りがあり、どこの学校でも可能と言うわけではない点に注意が必要です。つまり、日本で事前にその学校に就学ビザ取得をお願いした上で、ビザ取得後にタイへ渡るという流れになります。費用はだいたい30,000円弱見ておけばいいでしょう。

住まいに関しては、ぜひレンタルハウスを借りて一人暮らしをしたり、友人とシェアして暮らすのをお勧めします。日本とは違い敷金・礼金と言う概念がタイにはほとんどなく、また、最低限生活に必要な家具家電は部屋に備え付けがあるのが一般的です。つまり初期費用を抑えた上で、気軽に明日から部屋を借りるというのも可能なのです。月々30,000円も出せば、綺麗な1DKのマンションに滞在できます。もしくは少し予算に余裕のある方は、月々50,000円ほどでプール・ジム付きの高級マンションを借りてみるのもいいかもしれませんね。

1年間のタイ留学の費用はいくら?

タイで1年間留学するとなると、先に紹介したビザの手続きが同様に必須になります。生活の面では英語だけでなく、日本人にとっては難解なタイ語の会話力もメキメキ上達し、この国で本当に充実した生活を送れていることでしょう。そして長期間にわたる留学生活ですので、ぜひとも留学保険に加入するのをお勧めします。専門知識をもつ保険Timesのスタッフが、高額になりがちな保険料に関しての削減プランはもちろん、保障の面でもあなたにあった最適なプランをコーディネイト致します。

項目 費用
学費 400,000~800,000円
航空費 60,000~90,000円
生活費 400,000~1,000,000円
留学保険 150,000~200,000円
合計 990,000~2,100,000円

約1年間という長期間でも、最安でしたら1,000,000円かからないくらいでタイでの留学生活を満喫できます。ただ長期になればなるほど、病気やケガ、あるいは友人付合いなどで突然の出費が頻繁にあることが予想されます。出来ましたらこの額に少し上乗せの予算を組んだ上で、心に余裕をもった留学生活を送るくらいの気持ちが必要になってくるでしょう。

タイの留学費用内訳

学費

タイでの1ヶ月間の学費は、およそ30,000円~60,000円ほどの予算が必要になります。この金額は入学金や教材費などを含んだ総額になります。

最近、タイでは日本人をメインターゲットにした語学学校が相次いで開校しています。中にはプライベートルームと朝夕2食付きで1ケ月50,000円前後と言う破格の値段のスクールも出てきているようです。一方で、せっかくタイの語学学校に通うのに生徒は同じ日本人ばかりと言うのも、なんだか味気ないですよね。上に挙げたような形で学費に幅を持たしたのは、このような日本人が多く通う学校は利便性が高い反面、費用もそれなりに高い傾向にあることを指しています。逆に一日中みっちり英語漬けの毎日を送りたいという志の高い方は、できたら敢えて日本人があまりいないローカルな学校に飛び込んでみるのはどうでしょうか。英語の根本的な能力アップはもちろん、タイのローカルな生活の一端を垣間見ることができると思います。

航空費

次に、航空費に関してです。約30,000円~60,000円ほど見ておけば充分でしょう。

ナショナルフラッグであるタイ国際航空や日本航空をはじめ、多くのキャリアがバンコク・東京間にダイレクト便を飛ばしています。競合ひしめくバンコク路線のため料金の競争も激しく、オフシーズンの平日では往復3万円代と言う破格のフライトも出ているほどです。

また、何年か前にバンコクでは新空港が出来上がり、これまで利用されていたドンムアン国際空港に関しては格安航空会社LCCか国内線が主になっています。留学を機に初めてバンコクを訪れるという方は、日本からのフライトを手配する際は少しだけ頭の片隅に入れておくべきでしょう。

生活費

続いて生活費です。1ヶ月で30,000円~80,000円と、大きな幅が出る結果となりました。

タイで生活するに当たって、生活費として一番大きなウェイトを占めるのは「娯楽費」に他なりません部屋に関しては学校の寮を使い、地元のローカルな生活をする分では1日1,000円、つまり月30,000円あれば充分な生活が送れます。しかしたった1ヶ月でも学校の外では少し高級なコンドミニアムを借り、日本食中心の毎日という生活をし、授業後のナイトライフを頻繁に楽しむなどをしていると、あっという間にこの生活費は上限を超えてしまいます。

タイの首都バンコクは日本人が多く住み、住むエリアによっては日本と変わらない生活を送ることができます。日本での普段の生活そのままをバンコクで行うことが可能な一方で、そのための費用に関しても日本と同じくらいかかってしまうということは念頭に置いておいて下さい。

留学保険

1ヶ月の場合の留学保険は、最高でも15,000円くらいとご紹介しました。1ヶ月という短期間ですので日本で海外旅行傷害保険に加入したり、あるいはクレジットカード付帯の保険をそのまま利用する方も少なくありません。タイでは日本語の通じる病院もあり、もし万が一病院にかかることがあっても言葉の面では心配する必要がない場合がほとんどです。保険Timesでは短期間での留学に際しても、現地事情に精通した経験豊富なスタッフが万が一に備えて最適なプランをご案内しています。ぜひお気軽にまずはご相談からお待ちしております。

留学保険の見積りはこちら

タイ留学の費用を削減するための4つのコツ

ここまでは期間別に分けて、タイでの留学生活に当たっての費用総額を見てきました。約1年間という長期留学でも1,500,000円前後で実現できるというのは、驚きですよね。次からはこの総額を少しでも削減できる具体的な方法をご紹介したいと思います。親日国のタイですが、現在もまだワーキングホリデー提携国ではないため、教育ビザでは現地で就労することはできません。稼ぐことができないということは、あとは費用削減あるのみです。費用を落としても生活の質は落とさないノウハウを4つご紹介します。

都市の物価を把握しよう!

この国を訪れた当初は、現地の物価に戸惑うこともしばしばあることと思われます。「モノの価値」がわからないうちは買い物一つするのも苦労しますし、あるいはすごく割高な買い物もしてしまいがちです。

まずはできるだけ早く、滞在している街の物価を肌で理解することが留学費用削減のための近道です。

2017年現在、タイの法定最低賃金は日額310バーツ(約1,000円)となっています。つまりタイ人の中には、1ケ月30,000円前後で暮らしている方も決して珍しくはないのです。

もし日本で1日1,000円あれば何ができるでしょう?もしかしたら、外出先での昼食分くらいしか賄えないという方もいるかもしれません。一方でこの国では、例えばバンコクの市バスは10バーツ(約35円)で乗車できますし、40バーツ(約150円)あれば食堂で麺や定食などを食べることができます。

つまり日本の1,000円がタイでは、モノによっては5倍とか10倍の価値になる場合もあるのです。特に長期での留学に当たっては、日常的にこういったタイでの物価や価値を頭に入れて生活してみて下さい。特別大きな苦労なくかなりの金額の節約が可能になると思われます。

出来ればバンコクを離れて生活してみよう!

現在、タイの首都バンコクの物価高に歯止めがきかない状況が続いています。40バーツで十分な食事がとれると既述しましたが、つい何年か前までは「10バーツ(約35円)ラーメン」なるものがバンコクでも日常的に食べることができていました。

もしタイで留学しようと思っている方は、ぜひ地方のローカル都市も視野に入れた留学先の選定を考えてみて下さい。

その中でもお勧めの街の一つとして、「北方のバラ」と呼ばれ美しい街並みが魅力の古都チェンマイを挙げたいと思います。

チェンマイなど地方都市の物価はまだまだバンコクほど高騰していません。さらにチェンマイは日本人にも人気の長期滞在先としても有名で、初めて留学でこの国を訪れたという方でも、特に困難なく生活に溶け込むことができる環境が備わっています。

タイの地方都市での留学は長期になればなるほどその費用も割安になり、総合的に言ってバンコクに比べ2割前後は節約ができると思われます。

ローカルなスーパーや食堂を利用しよう!

現在、バンコクでは外資系のスーパーやデパートが乱立されている状況になっています。日本の大型商業施設「イオン」もバンコクやその近郊に進出してきており、駐在員をはじめ富裕層にとってはとてもありがたい存在になっています。

バンコクではお金さえあれば何でもそろう環境があります。その気になれば日本での生活そのままに、バンコクでの生活を楽しむことができるでしょう。長期の留学生活になると何よりもメリハリが大切になってきます。普段はローカルなスーパーや市場を利用することで節約した生活をしつつ、こういった高級店はたまの贅沢程度に留めておく方が賢明です。

また、毎日の食事関しても同様に、ぜひローカルな食堂での食事をトライしてみて下さい。タイの食事と言えばすごく辛いイメージがありますが、メニューの中には日本人の口に合うちょうど良い辛さのものも見受けられます。留学当初はまだ無理する必要はないと思います。ただ半年、一年といった長期での留学の場合は、できれば日本食レストランばかりでなく、現地のローカル食堂での食事の機会を多くすることで、かなりの金額が節約できることでしょう

留学保険の費用見直し

せっかく海外まで来て留学生活を送るのだからと、普段より少し無理して生活をすることで体調不良になってしまう方は、何もタイに限った話ではないと思います。異国の地では基本、頼れるものは自分一人と言う意識を常に忘れずに、時には休む努力も必要です。そして何かあったらできるだけ早めに、病院で診てもらうことをお勧めします。英語ならほぼどこの病院でも通じますし、何より費用の面でも、症状がひどくなる前に診察を受けた方が少なく済むというのは、タイでも日本でも同じことです。

こういった予期せぬ海外での事故や病気に備え、留学保険への加入をお勧めします保険Timesでは、数多い保険プランの中から、留学先の国の特性や留学期間などを踏まえた上で、特に必要になる可能性が高い保険内容をカスタマイズすることができます。より長期の留学になると保険料も高額になりがちですが、このように、必要となる可能性が低い内容を削ることで、大きな金額を節約できることになるのです。

タイ
【留学生必見】タイの留学保険の選び方と保険プランをご紹介

日本人のタイへの留学生数は、日本学生支援機構の調査によると2014年は日本人留学生数世界第9位で2,754人となっています。日本人がタイ留学をする際は、英語を安価に欧米人から学ぶことのできる英語学習留 ...

続きを見る

留学保険の見積りはこちら

タイでの留学費用をちゃんと知り、しっかりとした計画を立てよう

思った以上に安く収めることができると思った方もいれば、案外費用がかかる可能性が高いと思った方もいるのではないでしょうか。タイでの留学に際しては、その両方が当てはまります。とにかくバンコクをはじめタイの主要都市では、娯楽や誘惑が多いのです。それらに負けて貴重な留学生活を途中で投げ出し、旅行気分で過ごして日本に帰国するという日本人の話も、残念ながら未だに耳にします。

ですがここで考えてほしいのですが、そういった人でも留学費用は当然ながら、日本で前払いしてタイまで来ているのです。例えば「授業だけは絶対欠席しない」とか、「宿題は休みの日に持ち越さない」など、自分なりの目標をもって日々の生活を送ることが重要になってくると思います。学ぶときは学ぶ、そして遊ぶときはとことん遊ぶ。せっかくの時間と機会が無駄にならないよう、気持ちを強く持って、充実した中身の濃いタイでの留学生活を送れることを切に願っています。

\見積もり依頼で保険料が安くなる/

【無料】見積りスタート

海外旅行保険専任アドバイザーに不明点を相談

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • この記事を書いた人

保険Times Magazine編集部

株式会社インシュアランスブレーンでは、生命保険、損害保険の国内主要会社を取り扱っており、"お客様目線での保険選び"ができるようサポートさせていただいております。個人のライフプランから会社のリスクマネジメントなどお気軽にご相談ください。

-海外旅行保険, 留学情報
-,

Copyright© 保険Times Magazine , 2020 All Rights Reserved.