海外旅行保険 留学情報

【物価は高い?】広東語と英語が学べる香港の留学費用と節約ポイント

香港

様々な国の文化が交じり合っている多国籍文化である香港。100万ドルの夜景に心奪われる観光客も多く、日本からも近いということもあり、気軽に行くことができるため人気の旅行地として、日本人観光客も増加傾向にあります。日本人からも評判高い食事の他にショッピングや様々な観光地など、たくさんの魅力が詰まっている国です。そんな香港へは日本の主要空港から直行便が出ており、わずか4時間ほどで行けるために週末旅行として訪れる人々も多いのだとか。

そんな香港では広東語と英語を学ぶことができるようです。中国の文化に触れつつ、英語も学ぶことができるとあって、最近では人気の留学地となっております。さて、そんな香港で留学するとなると果たしてどれほどの費用が必要となってくるのでしょうか?香港の物価等と比較していきながら、費用の部分を見ていきましょう。

ココがポイント

  1. 香港の物価水準は、留学人気都市は東京よりも+19%となっており東京よりも高額です。
  2. 香港留学をする際に費用項目として大きいのは学費、生活費(宿泊費、食費)、保険の3点となります。
  3. 香港の留学保険に関しては、補償内容をカスタマイズすることで費用を抑えることが可能です。

留学保険の見積りはこちら

保険Times Magazineは、海外旅行保険の相談/見積もりサービスを展開する保険Timesが運営するWebメディアです。海外旅行保険の選び方コンテンツを発信しています。

香港の物価水準を東京と比較

日本 香港
東京
食品 1 -10%
家賃 1 68%
衣類 1 2%
交通 1 -14%
パーソナルケア 1 -4%
エンタメ 1 16%
合計 1 19%

出典:Expatistan

香港で留学をするには、どれくらいの費用が必要になってくるのでしょうか。まずは、香港留学の物価水準について確認していきましょう。Expatistanの生活費調査によると、香港の各物価は東京に対して+19%となっています。東京で1ヶ月節約しながら賃貸で生活するとかかる生活費は15万円前後と考えると、香港生活するには17万円かかると考えるとわかりやすいでしょう。

香港留学費用の期間別比較

1ヶ月 6ヶ月 1年
留学費用 28~48万円 105~132万円 199~452万円

香港留学費用を期間別にまとめると、上記のようになります。費用の内訳に関しては後述しますが、留学費用全体に占める割合が大きいのは、1.学費、2.生活費(宿泊・食費)、3.航空費、4.留学保険費用の大きく4つに分類されますので、それぞれの内訳を解説していきます。

1ヵ月の香港留学の費用はいくら?

1ヶ月という短期間で考えると長期間の留学費用もイメージしやすくなってきますよね。まずは1ヶ月の留学費用を見て行きましょう。

項目 費用(シェアハウス) 費用(一人暮らし)
学費(入学金、テキスト代含む) 30,000〜50,000円 30,000〜50,000円
家賃 60,000〜80,000円 100,000〜150,000円
生活費 50,000~100,000円 80,000~150,000円
航空費 100,000円 100,000円
留学保険 15,000~20,000円 15,000~20,000円
その他 30,000円 30,000円
合計 285,000〜380,000円 345,000〜480,000円

今回、よりイメージしやすいように費用項目を一人暮らしとシェアハウスで分けてみました。少し上記の表を見て、驚かれた方も多いのではないでしょうか?日本と比較すると1ヶ月でもかなりの費用が掛かってくることが分かります。

6ヵ月の香港留学の費用はいくら?

6ヶ月の留学となるとどれほどの費用が掛かってきてしまうのでしょうか?実際に見ていきましょう。

項目 費用(シェアハウス) 費用(一人暮らし)
学費(入学金、テキスト代含む) 180,000〜300,000円 180,000〜300,000円
家賃 360,000〜480,000円 600,000〜900,000円
生活費 300,000~600,000円 480,000~900,000円
航空費 100,000円 100,000円
留学保険 15,000~20,000円 15,000~20,000円
その他 100,000円 100,000円
合計 1,055,000〜1,600,000円 1,475,000〜2,320,000円

香港で半年留学しようとなると最低でも100万円掛かってくることが分かりました。同じアジア圏内でも香港はやはり物価が高いので生活費の部分でかなり費用が掛かってきてしまうようです。半年でこれほどの費用が掛かってしまうと一年間ではどれほどの費用が掛かってくることになるのでしょうか?

1年間の香港留学の費用はいくら?

これまでは1ヶ月、6ヶ月の最低留学費用を見て参りました。では、1年間香港で留学するとなるとどれほどの金額が掛かってくるのでしょうか?実際に見ていきましょう。

項目 費用(シェアハウス) 費用(一人暮らし)
学費(入学金、テキスト代含む) 360,000〜600,000円 360,000〜600,000円
家賃 720,000〜960,000円 1,200,000〜1,800,000円
生活費 600,000~1,200,000円 960,000~1,800,000円
航空費 100,000円 100,000円
留学保険 15,000~20,000円 15,000~20,000円
その他 200,000円 200,000円
合計 1,995,000〜3,080,000円 2,830,000〜4,520,000円

合計金額を見て驚かれた方も多いのではないかと思います。1年間、香港で留学しようとなるとかなりの費用が必要となってきます。途中で資金が足りず日本に帰国となってしまわぬよう、計画的に貯金する事が必須となってくるでしょう。また、香港は日本以上に人口密集・高温多湿の土地柄ですので体調などを崩しがちです。そのために病院にかかるとなる場合、待ち時間も少なく日本語も通じる病院にかかると、多額の医療費を請求される事があります。そのために留学時にはしっかりと留学保険に加入しておくことをお勧めいたします。

香港留学における費用項目

香港留学の学費(1ヶ月)

入学金:学校によって差あり(入学金なしの学校もある)

授業料:30,000~50,000円(1ヶ月)

教材費:学校によって差あり(入学金なしの学校もある)

上記で挙げました学費は香港で語学学校に通う場合の価格となっております。何ヶ月通うのかにもよりますが、毎月この費用が掛かってくると少し痛い出費になるのではないかと思います。比較的、近場で生きた広東語、英語を学べる場としては安いのではないかと感じるかもしれませんね。また、語学学校に通うことによって、たくさんの友達作りもすることができるので、そのようなメリットや語学向上のためを考えるとやはり数ヶ月は通いたいところです。

航空費

航空券(往復)は100,000円ほど見積もっておくといいのではないかと思います。もちろんこの金額は選択する航空会社や時期によって価格も大幅に変動してきます。また、香港へはLCCなどの格安航空会社からもたくさん便が出ているので、航空会社のセールの時期等を狙って購入する事で比較的安く航空券をゲットできるのではないでしょうか。

格安航空券をゲットすることで少しでも節約することができます。そのため、渡航日等が決定したらすぐに予約されることをオススメします。航空券というのはやはり安いものから売り切れていくものですから、チャンスは逃さないようにしましょう。

生活費

実際に住んでみないと具体的にイメージできないのがこの生活費です。皆さんの中でも香港は中国と似たようなイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?そのイメージだけで生活費を考えると香港での生活費というのは安いような気もしますよね。では、実際に生活費にどれほど必要になってくるのかを見ていきましょう。

交通費

香港では下記二つのチケットタイプがあります。

  • シングルチケット(Single Journey Tickets)
  • オクトパスカード(Octopus)
 一つ目のシングルチケットというのは日本の切符と同じような感覚で使用するもので、使いきりするタイプです。二つ目のオクトパスカードというのは日本でいうSuicaなどのICカードのことを指します。地下鉄やバスに関しては安いところだと100円未満で乗車可能な場合もあるようです。そのため、住む場所にもよりますが毎日通学のために使うだけであれば、比較的安価で済ませることができるのではないかと思われます。

食費

生活する中で欠かせないのがこの食費です。こちらは日本と同様で自炊をするのであれば、かなり節約することが可能です。香港のショッピングモールのレストラン等で食事をしようとするとHK$100-200(約1400-2800円)ほど掛かってしまいます。一方、屋台街やローカルレストラン、フードコート等で食事をするとHK$20〜50(280-700円)ほどで済ませることができるようです。しかしこれらファーストフード系の食事にかかる料金も徐々に高くなっており、やはり日本よりも割高につく傾向があります。言葉がうまく話せないうちはなおさらでしょう。

やはり、一番節約できる方法はやはり自炊することでしょう。香港でも日本の調味料等が販売されているはずなので、簡単に自炊もできるはずです。また、香港で食べられている肉類や野菜というのは日本でも馴染みのものが多いのではないかと思いますので、ちょっとした工夫をすることによって、料理も楽しめるのではないでしょうか。

家賃

家賃も生活していく中で必須となる項目。この家賃について見て驚かれた方も多いのではないかと思います。上記の表で示したのは1ヶ月の家賃です。香港は世界で最も割高な住宅市場にも位置づけられているようです。家賃高騰の理由として、東京の人口が東京の3分の1の面積に集まっている人口密集地域であること、また中国の富裕層などの爆買も関係しているのだとか。

そんな中で節約のために工夫できる方法としては都心よりやや離れた地域に住むことです。市内と郊外の家賃を比較すると、もちろん郊外の方が大幅に安いです。また、同じ家賃を出すとしてもかなりグレードアップして部屋を借りることができるのではないかと考えられます。香港は前述したオクトパスチケットなどを用いると、交通費がそれほどかからないため、毎日の通学に公共交通機関を使うのが苦でない人は一度考えてみるのもいいでしょう。

通信費

現地で生活するにあたって、携帯電話がないとやはり不安!!その中で語学がままならないからと言って、留学エージェントなどに携帯の手配も任せてしまうなんていう人も多いのではないかと思います。しかし、それは大きな罠です。実際に現地の携帯会社での契約と留学エージェントでの契約では現地の携帯会社で直接契約する方が断然的に安いです。

香港の1ヶ月あたりの携帯料金は3,000~5,000円ほど。そのため通信費に関してはさほど大きな出費にはならないのではないかと思われます。もしくは普段あまり携帯は使わないという人は、スーパーやコンビニなどでも販売されている格安SIMを購入するとより費用を抑えることができますよ。

まとめ

皆さんいかがでしたでしょうか?香港での留学費用に驚かれた方も多いのではないかと思います。近場でありながら、広東語と英語を学べる環境というのは非常に魅力的な留学地だということに間違いはないでしょう。しかし、費用だけ見ると簡単に留学できる地ではないのも事実です。

香港へ留学に行かれる前にしっかりと計画的な資金調達が必須であります。また、このような大金を使うわけですから明確な目標を立てることも大切です。日本に帰国してから後悔しないような香港での留学ライフを皆さんには楽しんでいただきたいと思います。

\見積もり依頼で保険料が安くなる/

【無料】見積りスタート

海外旅行保険専任アドバイザーに不明点を相談

留学保険の探し方

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • この記事を書いた人

保険Times Magazine編集部

株式会社インシュアランスブレーンでは、生命保険、損害保険の国内主要会社を取り扱っており、"お客様目線での保険選び"ができるようサポートさせていただいております。個人のライフプランから会社のリスクマネジメントなどお気軽にご相談ください。

-海外旅行保険, 留学情報
-, ,

Copyright© 保険Times Magazine , 2020 All Rights Reserved.