火災保険

【マンション火災保険の選び方】火災補償は必要?法律、特約など徹底解説

マンション火災

今回はマンションの火災保険の火災補償についてご説明していきます。火災保険は基本的には一戸建て、マンション問わず基本的には加入をするものです。賃貸の場合は、賃貸契約を結んだときに火災保険に同時に加入するというケースが増えてきています。そんな火災保険ですが、一戸建てとは異なる部分が多くあります。保険料、補償の優先順位等様々です。ここでは、火災保険の必要性、マンションの火災保険で必要な事等、マンションの火災補償に限定した事柄をお伝えしていければと思います。是非最後までお読みいただければと思います。

ココがポイント

  1. 失火責任法により、火災を起こした人は近隣住人に賠償金を支払う必要はありません。自分の身は自分で守る必要があります。
  2. 火災保険では、保険の対象を建物のみ、建物+家財、家財のみから選択できます。
  3. 火災保険の見直しをする際は、今加入している保険の内容を保険証券や、加入保険代理店に確認し必要な補償を考えるようにしましょう。


火災保険の見積りはこちら

保険Times Magazineは、火災保険の相談/見積もりサービスを展開する保険Timesが運営するWebメディアです。火災保険の選び方コンテンツを発信しています。

火災保険って本当に必要なの?

そもそも火災保険って本当に必要なの?そう言われる方は少なくありません。ここでは火災保険の必要性を統計や法律の観点からご説明していきたいと思います。

失火責任法

失火責任法というものをご存知でしょうか。簡単に申し上げますと、火災が燃え移った場合の損害賠償についての法律です。例えば、自身の隣の部屋で火災を引き起こしたとします。当然の様に自室の部屋にも燃え移りほぼ全焼と言った状況です。さて、この時あなたは損害賠償を請求を火事を引き起こした隣の住人に行いました。隣の部屋の住人は賠償金を支払う責任があるのでしょうか?答えは原則NOです。

すなわち、いくら自分自身が防火対策をとっていたとしても隣の部屋からの燃え移りによって火事になる可能性があるということです。しかも賠償金は支払われません。そのため損害賠償で支払われない自室の損害は自身が加入した火災保険により補償しなければいけないうことです。特にマンションの場合は隣の部屋への燃え移りは一般住宅より可能性が十分に考えられます。火災保険に加入し損害額を補償できる体制を取る様にしましょう。

火災発生率

こちらは消防庁の平成301年間の火災発生データです。なんと総出火件数は37,981件です。1日あたりの発生件数で言いますと104件です。また、総出荷件数のうち建物による火災は54%を占めています。この2つのデータからしていかに人が住んでいるところで火災が起きやすいかということがわかるかと思います。

特にマンションの場合では、人が密集していることもあり、火災のリスクは一段と高いものになっております。一軒家ではなくマンションこそしっかりと火災保険を加入するべきでしょう。

保険はどこにかけるのか?

では火災保険の必要性がわかったところで、マンションにおける火災保険の対象について見ていく事にしましょう。

建物と家財

まずは何に補償をかけるかについてです。当然火災保険であれば建物に対して保険をかけるのが普通ですが、火災保険の場合、「家財」にも保険をかけることができます。家財とは、自宅の家具や家電、食器などの動産の損害を補償する保険となります。

火災保険について言えば、「建物のみ」「家財のみ」「建物と家財」の3種類に対して保険をかけることができます。当然建物のみより建物と家財に保険をかける方が保険料は高くなります。

火災保険に加入するときはまずは何を対象に加入するのかを決定する事にしましょう。

専有部分と共有部分

続いてマンション独特の専有・共有部分についてです。

マンションには専有部分と共有部分というものがあります。

一般的に玄関より奥の部分は専有部分、それ以外の部分は共有部分と言われています。しかし、マンションによっては、玄関扉、バルコニー等専有部分なのか共有部分なのか曖昧な部分があります。この様な部分に関しては、マンション規程をチェックし、保険会社に再度補償されるかどうかを確認するのが確実でしょう。

そして、自身が火災保険に加入して補償する部分としては、「専有部分」という事になります。

火災保険の補償は火災だけじゃない!

こちらは勘違いされてる方が多いですが、実は火災保険は「火災」のみを補償するわけではありません。こちらに関しては下記にて一覧を表示しておりますので是非ご確認ください。

火災保険の補償範囲

火災 火事だけでなくもらい火などの損害も補償されます。
落雷 落雷による損害の補償
破裂・爆発 破裂・爆発による損害の補償

例:近くの工場等の化学爆発により建物に損害を受けた。

風災・雹災(ひょうさい)雪災(せつさい) 風・雹・雪による損害に対する補償
水濡れ 漏水をはじめとした水漏れによる損害に対する補償

例:マンションの上の階の水漏れにより自室の天井から雨漏れが発生。

水災 台風・集中豪雨など水が原因の損害に対する補償
盗難 盗難被害に対する補償

例:
家に泥棒が入り、現金や家電製品などが盗まれた

建物外部からの物体の落下・飛来・衝突 何がしかの物体が、建物の外からぶつかってきたときの損害を補償
破損・汚損 不測かつ突破的な事故による損害を補償

また、最近では地震保険を火災保険に付帯することが可能になっております。マンションは、耐震構造によっては、リスクが少なくなることもありますが、地震による津波、噴火等にも備えることができるため、是非後加入をお勧めいたします。保険料が通常の火災保険のみと比較して大幅に高くなることもありますので保険会社にて見積もりをしっかり取る様にしましょう。

マンション火災保険で必要な事

延焼の可能性は大いにある

マンションは当然な事ですが、部屋ごとに密集していることが多いと思います。そのため、いざ火災になった時に延焼を起こし、隣の部屋に火が燃え移るという事はよくある話です。自室に移った火がさらに隣の部屋に燃え移るなどして被害が甚大になることもあるでしょう。

冒頭にお話しした失火責任法によれば、燃え移った火災に関しては火災発生者は賠償責任を負う事はありません。しかし、隣の部屋の肩と円満な関係を築くためには多少隣の部屋の損害も補償できる様にした方が良いのではないでしょうか?

隣室の延焼 類焼損害補償特約

その様な時に役立つのが「類焼損害補償特約」というものです。もし自室が原因の火事で隣の部屋に燃え移った場合には、燃え移った部屋の分の損害も補償される事になります。請求の際は、発火元の方が補償する事になります。隣の方との関係性を大事にされている方は是非ご検討してみてはいかがでしょうか。

マンションの火災保険料はリーズナブル?

マンションの火災保険は一軒家の火災保険と比較して保険料が安いことが多いです。理由は様々ですが、一番の理由として、一軒家とマンションの占有面積の差です。また、火災保険料は調整が可能です。保険料を考慮するのであれば、補償内容を少なくする、保険金額を下げる、補償の対象を建物のみにする等を行い、保険料を削減する様にしましょう。

火災保険をチェックしよう!

最後にご自身の火災保険をチェックして保険金額や保険料についてしっかり確認してみてはいかがでしょうか?

まずは火災保険に加入しているかのチェックを行う

火災保険は基本的にほぼ全員が加入していてもおかしくありません。賃貸の場合は火災保険に加入が強制になっていることもありますし、一戸建ての自分の家の場合は住宅ローンの申し込み条件として火災保険の加入が必須であるためです。しかし、全員というわけではありませんので確認するべきでしょう。火災保険に加入しているかどうかは、持ち家の場合は銀行やハウスメーカー、賃貸の場合は不動産屋に確認するのが一番です。もし、自宅に加入している保険証券が見当たらない場合は確認してみましょう。

水漏れに関する補償が付帯されているか

火災保険に加入していることがわかったら次は補償内容を確認する必要があります。これは直接保険会社のコールセンター(保険証券に電話番号が記載されています)、または加入した保険代理店に確認することで補償内容が分かります。火災保険に付帯されている補償まで確認して初めて保険金を受け取ることができます。いざというときに貰えなければ意味がありませんので、しっかりと確認するべきでしょう。

以下の部分は必ずチェックする様にしましょう。

補償の対象(建物か家財か)

②火災保険金額、火災保険料

③賠償保険関連の補償、類焼損害補償金額が付帯されているか

④地震保険が付帯されているか?

まとめ

いかがでしょうか。マンションの火災保険は燃え移りのリスクが非常に高くなってきます。そのため、今回の記事でご説明させていただいた類焼損害補償特約等の付帯によって、隣の部屋も安心して過ごせる様にしてみてはいかがでしょうか。今回は以上です。

\見積もり依頼で保険料が安くなる/

【無料】見積りスタート

火災保険専任アドバイザーに不明点を相談

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • この記事を書いた人

保険Times Magazine編集部

株式会社インシュアランスブレーンでは、生命保険、損害保険の国内主要会社を取り扱っており、"お客様目線での保険選び"ができるようサポートさせていただいております。個人のライフプランから会社のリスクマネジメントなどお気軽にご相談ください。

-火災保険

Copyright© 保険Times Magazine , 2020 All Rights Reserved.