海外旅行保険 留学情報

【人気都市×学校比較】アメリカ留学費用内訳と節約ポイント

アメリカ

2018年の1月の為替でアメリカの物価を計算しますと世界的に有名な留学地と比べて割高なのは否めない状況です。比較的留学費用が安いカナダやニュージーランドなどに比べると最大で2割程度増えてしまいます。それでも世界最大の経済大国で文化やファッションの発信地でもあるニューヨーク又、アメリカ西部のITの発信基地であるシリコンバレー(カルフォルニア州)など世界の最先端を走っている場所で勉強や仕事(要*就労ビザ)ができるという事は非常に魅力的です。またアメリカは世界的にも有名で評価が高い大学が多く、世界大学ランキングではトップ30校のうちの約半分を独占するなど貴重な留学生活が送れる事は間違いないでしょう。

ココがポイント

  1. アメリカの物価水準は、留学人気都市は東京よりも-3~+33%となります。
  2. アメリカ留学をする際に費用項目として大きいのは学費、生活費(宿泊費、食費)、保険の3点となります。
  3. アメリカの留学保険に関しては、補償内容をカスタマイズすることで費用を抑えることが可能です。

留学保険の見積りはこちら

保険Times Magazineは、海外旅行保険の相談/見積もりサービスを展開する保険Timesが運営するWebメディアです。海外旅行保険の選び方コンテンツを発信しています。

アメリカ留学の特徴

アメリカ大学

アメリカ留学の特徴は、世界一の経済大国であり、様々な国から移住者で成り立っており文化やカルチャーも世界最先端であることからアメリカで学ぶ魅力はそれだけでも十分でしょう。留学費用は世界的に見ても最も割高にはなりますが、それだけの魅力があるのがアメリカ留学と言えます。アメリカの語学留学を経て大学進学や就職につなげている方も多くいますので、自身の今後のキャリアを一方進めることができる経験になります。

アメリカの留学人気都市の物価水準を東京と比較

日本 アメリカ
東京 ニューヨーク ロサンゼルス サンディエゴ サンフランシスコ
食品 1 16% 11% -14% 29%
家賃 1 50% 20% 10% 56%
衣類 1 5% 3% -23% 12%
交通 1 13% -20% -24% -10%
パーソナルケア 1 56% 42% 14% 42%
エンタメ 1 51% 2% 22% 32%
合計 1 33% 6% -3% 28%

出典:Expatistan

アメリカで留学をするには、どれくらいの費用が必要になってくるのでしょうか。まずは、アメリカ留学の各人気都市の物価水準について確認していきましょう。Expatistanの生活費調査によると、アメリカの各都市の物価は東京に対して-3%〜+33%となっています。東京で1ヶ月節約しながら賃貸で生活するとかかる生活費は15万円前後と考えると、アメリカ生活するには14-20万円かかると考えるとわかりやすいでしょう。

アメリカ留学費用の期間別比較

1ヶ月 6ヶ月 1年
留学費用 50万円 220万円 380万円

アメリカ留学費用を期間別にまとめると、上記のようになります。費用の内訳に関しては後述しますが、留学費用全体に占める割合が大きいのは、1.学費、2.生活費(宿泊・食費)、3.航空費、4.留学保険費用の大きく4つに分類されますので、それぞれの内訳を解説していきます。

アメリカ留学費用を徹底調査!いくらあればアメリカ留学できるのか

今回の費用の計算ですが6つの項目を選びました。さらに場所ですがアメリカでいちばん日本人留学生が多いと言われるカリフォルニア州サンフランシスコです。語学学校などの学費(教科書や登録料なども含む)も大きな出費です。さらに住宅費として費用があります。短期の場合には主にホームステイやモーテルになる事が多いです。また中長期の期間にはシェアハウスや学生寮なども選択肢として可能です。次に食費ですが外食の回数が多くなるにつれてこの食費も多くなっていきます。アメリカに限ぎらず欧米留学で消費税が高い事が多いのに加えてチップの習慣がある国々が多いためです。

また交通費も長期になれば大きな出費になってしまいます。さらにアメリカへの飛行機代は高額になる事が多いのでいかに節約できるかがカギです。以外に出費が多くなってしまうのが交際費です。友達が増えれば増えるほどこの交際費が増えていく事になります。最後ですがその他の費用を解説いたします。留学に必要な保険やビザ代などはこの費用のいい例です。

1 アメリカドル=110円(として計算)2018年1月1日

1ヶ月のアメリカ短期留学の費用

費用項目 費用内訳
学費 $1000-$1200
住居費(月) ホームステイ$1000

又はモーテル$1800

食費(月) (外食頻度)/週

週0回 $300

週1回 $380

週3回 $540

交通費(月)(飛行機代含む)

サンフランシスコ市内

一般の航空券15万-20万

LCC 5万から

+月の定期代$94ドル

交際費 $100
その他の費用

留学保険

 

ビザの申請料

 

 

 

 

ショッピング費用(衣類など)

 

15,000円前後

 

語学学校での勉強が週18時間以内

$14(ESTA)

18時間以上の場合

学生ビザ(F-1)が必要

$100

$500

合計 50万円程度(平均)

アメリカ留学6か月間の中期留学費用は?

費用項目 費用内訳
学費 $5400
住居費(選択肢が増える) 学生寮 $800(月)

シェアハウス$500-$800(月)

$4800

食費 $2400
交通費(飛行機代含む) $600+航空券
交際費 $2400
その他の費用 保険代 10万円

学生ビザF-1($100)

ショッピング費用$1000

合計 220万円(平均)

アメリカ1年間の長期留学費用は?

費用項目 費用内訳
学費 $8400
住居費 $7500
食費 $4000
交通費(飛行機代含む) $1200+飛行機代
交際費 $4000
その他の準備費用 保険代17万

学生ビザ費用 $100

ショッピング費用$2000

合計 380万(平均)

アメリカ各地域の人気語学学校比較

ニューヨークの人気語学学校比較

学校名/在籍期間 1コマあたり学費 コース
1ヶ月 3ヶ月
ECニューヨーク $22.70 $20.25 General English
レナートニューヨーク $19.50 $17.60 Intensive English
LSIニューヨーク $18.50 $18 General 20

ニューヨークの人気語学学校の学費を1コマあたりで比較しています。学費の最大と最少を比較すると約20%違いますので、学費を抑えるという観点でも学校選びが重要になってきます。

ロサンゼルスの人気語学学校比較

学校名/在籍期間 1コマあたり学費 コース
1ヶ月 3ヶ月
CELサンタモニカ $16.00 $15.50 General English  Intensive
ECロサンゼルス $20.50 $19.50 General English
FLSシトラスカレッジ $21.30 $21 Vacation English

ロサンゼルスの人気語学学校の学費を比較しました。ロサンゼルスの語学学校の学費差は25%となりますので、こちらも学校によって学費が大きく変わってきます。

サンフランシスコの人気語学学校比較

学校名/在籍期間 1コマあたり学費 コース
1ヶ月 3ヶ月
ECサンフランシスコ $19.50 $18.90 General English
ブランドンカレッジ $15.75 $15.25 General English
EFサンフランシスコ 3,745円 3,595円 サマーベーシックコース

サンフランシスコの学費は、ロサンゼルスやニューヨークよりは割安と考えられます。ただ、サンフランシスコの学校ごとの学費を見るとかなり差がありますのでどの学校に通うかによって学費が大きく変わってきます。

アメリカ留学その他の費用

留学保険

アメリカに行くにあたり絶対に忘れてはいけない物の一つです。クレジットカードを持っている場合にはたとえば30日までや90日までの旅行に限り保険が適用される場合があるのでそれを使うのも手ですが特別な条件がある事もあり要確認です。不安な方は手堅く日本の保険に入りましょう。またアメリカの保険会社との保険契約ですが英語圏に長期いて英語になれていも意味が解らない事が多く英語に絶対の自信がない限り、契約はしない方が良いでしょう。

留学保険の見積りはこちら

ビザ関連

観光目的でアメリカに入国(トランスファー含む)する方は必ずESTAの申請が必要ですので忘れないようにしてください。また語学学校で(週)18時間以上の授業を取る場合には学生ビザの申請が必要隣(90日以内の滞在でも)$100程度となります。

アメリカ長期の留学費用節約するコツとは?節約の方法を詳しく解説!

アメリカ長期留学となると留学費用が高額になるがちです。少しでも費用を削減するための留学費用節約術を解説させていただきます。

地方の都市の方がコストは安い

今回のモデルはアメリカ留学でも日本人が多いカルフォルニア州サンフランシスコですがこの都市はアメリカの数ある都市の中でも3番目に物価が高い事で有名な都市なのです。同じカルフォルニア州でもサンディエゴにの方が安くさらに言えばオクラホマ州のオクラホマシティは住居費がサンフランシスコと比べて半額以下また雑貨費用などは30%以上も安いという統計が出ています。物価が高くて日本人が多い都市よりも物価が安くて日本人が少ない都市ではどうでしょうか?

正規留学なら学生でも働ける

1年間の語学留学の学費は約1万ドル程度になりますこの場合は働くことができませんが一般に正規留学と言われている学位留学は場所によっては年間2万ドル程度の学費からあります。この場合には週に20時間程度、合法的に働くことが認められており出費を相殺できます。ぜひ検討してみてください。

ホームステイより学生寮がお勧め

例えばホームステイなどに滞在するよりも学生寮の方が節約ができます。なぜなら大学の近くにあるために通学費用を節約できる事、また通勤の時間がほとんどかからないために時間を効率的に使える事ができます。さらに大学の近くには駅やバス停があったりするので交通の便が良い事、また大学などにはレストランや雑貨屋さんなどが多くあり働ける学生には利点が多いのです。

中古品サイトのカルガリストをうまく使う(教科書など)

学校では教科書をまた夏などにはマウンテンバイクをさらに冬にはスノボーセットを新品で購入していては費用がかなり高く付いてしまいます。そんなときに使えるのがインターネットサイトのカルガリストです。基本的には中古のサイトですが物によっては新品が定価より90%引きで買える事もあり、お勧めの節約方法の一つになります。

クレイグスリスト

消費税の安い地域に買い物へいく

アメリカでは州によって消費税が違うという事は知っていましたか?例えば消費税が9%前後のカルフォルニア州のとなりは消費税0%のオレゴン州です。そうです、同じ価格の買い物でも少し場所が違うだけで9%も割引きになります。これは使わない手はないですね。ただし車などの高額の商品には現在住所の提示を求められたりする事があるようです。

ショッピングはブラックフライデー(11月の第4木曜日)にすべき

アメリカでは年に一回ですが買い物をすべき日があります。一般にその日の事をブラックフライデーと言いいます。その日はいたるところでバーゲンになり前日の半額という事もざらにあります。このような過激な日なので銃で人を脅して順番を譲らせるような事など日常茶飯事ですので、あまり気を抜かないようにしてください。

円安と円高では費用にかなりの違いがでる

2018年の1月1日では1アメリカドルが110円でした。しかし、2015年の6月には1アメリカドルが125円まで円安が進みました。この場合では留学費用が約15%も高くなります。そして2012年頃の円高の局面では1アメリカドル 80円のケースで、この場合には逆にお得になります。過去5年間で最大で60%の差が出ています。こればっかり運なので何ともですが過去5-6年の為替動向から1アメリカドル 100円程度なら円高のチャンスと割り切って留学に踏み切るのもいいかもしれません。

アメリカ留学奨学金を狙う方法も

海外留学ですがどうしてもお金がかかってしまいますがこの費用を下げるために奨学金などを狙う方法も有効です。一部の機関や会社では費用の大部分を出しているような所もあり調べてみる価値はありそうです。有名所としてJASSOなどがあります。

JASSO HP

留学保険の見直し

アメリカへの1年の留学保険は18~30万円前後と保険料に幅があります。これは、保険会社を的確に選定する事、補償内容をカスタマイズすることによって保険料を抑えることが可能です。これらは渡航する方のご状況にも左右される点かと思いますので、プロの留学保険アドバイザーに相談するのが良いでしょう。

留学保険の見積りはこちら

まとめ

日本人留学生に人気のアメリカ留学を短期、中期、長期に分けて説明をしてきました。節約のコツとして学費、住居費、食費、交通費、交際費、その他の費用を説明してきました。短期の場合には額が少ないですが月単位にするとかなりの費用が掛かっている事がわかると思います。逆に長期では合計は多いですが月単位にするとコストパフォーマンスが高いです。短期でも長期でも節約する方法が多々あり、ざまざまな節約方法を使ってみる事をお勧めします。それでは素晴らしいアメリカ留学を!

\見積もり依頼で保険料が安くなる/

【無料】見積りスタート

海外旅行保険専任アドバイザーに不明点を相談

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。保険商品のご検討にあたっては、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずご覧ください。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
  • この記事を書いた人

保険Times Magazine編集部

株式会社インシュアランスブレーンでは、生命保険、損害保険の国内主要会社を取り扱っており、"お客様目線での保険選び"ができるようサポートさせていただいております。個人のライフプランから会社のリスクマネジメントなどお気軽にご相談ください。

-海外旅行保険, 留学情報
-,

Copyright© 保険Times Magazine , 2020 All Rights Reserved.