工事保険 法人損保

工事保険選びで失敗しないために必要な基礎知識まとめ

工事保険とは、工事期間中に起きたトラブル(事故・火災・盗難など)によって生じた損害をカバーするための保険です。

しかし、工事保険は、保険のプロでさえも特約内容を把握するのに苦労するほど複雑です。

工事の種類ごとに加入すべき保険が異なるため、

「加入していた保険が補償の対象外だった・・・・・・」

「保険料をムダにしてしまった」

などという、建設業の方の失敗談は少なくありません。

今回は、工事保険の種類(補償内容)、対象になる工事、同時に加入しておいた方が良い保険についてご紹介していきます。

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"工事保険の見積もり返答

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"工事保険の見積もり返答

工事保険とは

工事保険とは

「工事保険」とは、工事に関する保険を総称した言葉です。

実際には、「建設工事保険」「土木工事保険」「組立保険」の3つの中から、加入する保険を選ぶことになります。

建設工事保険

建設工事保険は、ビルやマンション、家など、建物を建築する工事が対象になります。

建築工事中は、第三者による放火やイタズラ、盗難など様々なリスクがありますよね。

工事保険では、工事に関する「物」に対しての損害をカバーすることができます。

主な補償対象と支払われる費用

建設工事保険の補償対象例は、主に以下の通りです。

補償対象となる事象具体例
自然災害
  • 積雪による被害
  • 台風や大雨などの風水被害
  • 落雷等による被害
外部要素のトラブル
  • 盗難被害
  • 放火被害
  • イタズラ被害
  • 自動車などが衝突してきた際の損害
工事中のトラブル
  • 溶接、火花が散るような作業が原因で起きてしまった火災
  • 地盤沈下
  • 地すべり
  • 施工ミス

以上のトラブルにより損害が生じた場合、

  • 損害発生前の状態に戻すためにかかる費用(復旧費)
  • 損害をこれ以上拡大させないために対策を講じて発生した費用(損害防止費用)
  • 損害物の撤去にかかる費用(残存物取片づけ費用)
  • 損害を補うために臨時で発生した費用(臨時費用)

上記の費用に対して、保険金が支払われます。

工事保険では、建物の一部になる鉄骨や木材、足場として使用する工事用仮設材、建設中に使用するプレハブ建物(仮事務所)は保険の対象物。

発電機、掘削機、ブルドーザー、金づちやノコギリといった「工事用仮設備」「工事用機械器具」に含まれる物は保険の対象外です。

保険が適用される期間

保険適用期間は、工事の着工日から終了日(対象物受渡し日・工事完了日)になります。

保険期間内に工事が完了しない見込みであれば、加入している保険会社に早めに連絡を入れて、延長手続きをしておきましょう。

もし延長手続きを行わず、保険期間終了後に事故が発生した場合は、保険金を受け取れません。

土木工事保険

土木工事保険は、「道路舗装工事」「上下水道工事」「地下鉄・鉄道・トンネル工事」「埋め立て・河川・海岸工事」が対象の保険です。

駐車場工事も、基本的には土木工事保険です。

ただし、建物を利用する人たちのための駐車場工事であれば、建設工事保険の対象になります。

棲み分けが複雑なので、工事の内容はしっかりと保険会社に伝えた上で加入する保険を選びましょう。

主な補償対象と支払われる費用

土木工事保険では、予測できない突発的なトラブルが起きた場合に対して、保険金が支払われます。

補償対象となる事象具体例
自然災害
  • 積雪による被害
  • 台風や大雨などの風水被害
  • 落雷等による被害
外部要素のトラブル
  • 盗難被害
  • 放火被害
  • イタズラ被害
  • 自動車などが衝突してきた際の損害
工事に伴うトラブル
  • 溶接、火花が散るような作業が原因で起きてしまった火災
  • 地盤沈下
  • 地すべり
  • 施工ミス

上記の事象により損害が発生した場合、復旧費が補償されます。

土木工事保険は、元の状態に戻すためにかかった費用をカバーする保険なので、損害防止策を講じた場合に発生した費用は対象外です。

補償の対象物は、工事の対象になっている施設や物です。

工事のために建てた仮事務所(宿舎)や、工事用の資材も補償の対象になっています。

ただし、人や、工事に使用する機械、自動車は補償の対象外です。

人に対する保険は、「労災保険」「請負業者賠償責任保険」

工事に使用する機械は「機械保険」

自動車に対する保険は「自動車保険」が対象になっています。

保険が適用される期間

土木工事保険の保険適用期間は、工事の着工日から終了日(対象物受渡し日・工事完了日)になります。

基本的には、1つの工事に対しての保険期間が適用されますが、1年間に請け負うすべての土木工事を補償する保険商品もあります(年間包括契約)。

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"工事保険の見積もり返答

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"工事保険の見積もり返答

組立保険

組み立て保険の対象になる工事は、主に6種類あります。

対象になる工事例と保険の対象

組立保険の補償対象となる工事具体例
建物付帯設備工事
  • 建物への空調、給排水設備、電気設備、ガス設備の据付工事※据付品の取替え、増強工事も補償対象
家電品の据付工事
  • テレビ、冷蔵庫、洗濯機など、家電品を設置する工事
建物の内装・外装工事
  • 内装工事:建物内の改装、天井取替など
  • 外装工事:外壁塗装、屋根補強など
通信設備の据付工事
  • 通信用ケーブル、アンテナ設置
  • 電源装置、交換機、無線送信機等の据付工事
建物外電気・送配電設備工事
  • 配電盤、変圧器、遮断器など、受変電・送配電設備の工事
その他の組立工事
  • 金属工作機械、送風機、食品加工機械などの据付工事

組立保険では、上記工事における自然災害や盗難被害、火災などが原因で生じた損害に対して、以下の費用を保険金として受け取ることができます。

  • 損害発生前の状態に戻すためにかかる費用(復旧費)
  • 損害をこれ以上拡大させないために対策を講じて発生した費用(損害防止費用)

据付工事中だけではなく、試運転中の事故やトラブルも補償対象に含まれます。

保険が適用される期間

組立保険の保険適用期間は、工事の着工日から終了日(対象物受渡し日・工事完了日)になります。

尚、1年間包括契約できるプランもあるので、請負状況に合わせて保険期間を選ぶことができます。

保険期間内に工事が終わらない場合は、手続きを行えば保険期間を延ばすことが可能です。

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"工事保険の見積もり返答

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"工事保険の見積もり返答

工事保険は施工ミスも補償される?

建設工事中の現場と作業員

工事保険は、基本的に工事期間中の損害をカバーする保険です。

しかし、受け渡し完了・工事完了後に施工ミスが発覚することは、どの業者でも起こり得ることです。

工事保険では、工事完了後の一定期間、施工ミスによる損害を補償するための特約を付けることができるので、万が一の時でも安心です。

工事保険の保険料はいくらが相場?

工事保険に支払う保険料は、工事の規模請負金額、期間人数特約補償などによって異なります。

ただ、過去に事故歴がなければ「包括契約(年間契約)」にすると保険料が割引きされることがあるので、保険料を安く抑えたい方は検討してみると良いでしょう。

工事保険は一人親方も加入しておいた方がいい

一人で建設工事している男性

工事現場で、物を壊してしまったり、思わぬトラブルで損害が発生した場合、一人親方にとっては大きな損失になってしまう可能性が高いです。

工事保険に加入していないと現場に入れない、仕事を依頼してもらえないこともあるため、基本的には加入しておいた方が無難です。

保険料は、請け負う金額や工事の規模によって高くなるため、比較的小規模な工事になる一人親方の場合は安く抑えることができます。

ちなみに、大手ゼネコンなどから仕事を請け負う際、工事保険の他に、労災保険への加入を義務付けられることがあります。

一人親方は個人事業主なので、日本政府が運営している労災に加入することはできません。

しかし、労働局から認可されている「労災保険特別加入団体」を通して『一人親方労災保険特別加入制度』を利用することができます。

特別に労災保険に加入することができるので、工事保険と合わせて加入しておきましょう。

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"工事保険の見積もり返答

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"工事保険の見積もり返答

工事保険と併用して加入しておきたい保険

工事現場で打合せしている作業員たち

工事保険は、工事現場で使用する「物」が補償対象になっている保険です。

作業員のケガや、周りの人に対する補償はついていないため、他の保険も一緒に加入しておくとをおすすめします。

工事保険と合わせて加入しておきたい保険

  • 貨物保険
  • 請負者賠償責任保険
  • 労働災害総合保険

では、各保険の特徴・補償内容についてみていきましょう。

貨物保険

貨物保険は、輸送・保管される貨物が補償対象になる保険です。

例えば、工事現場まで輸送中に起きた事故で、資材を破損してしまったり、盗難被害に遭った際の損害をカバーしてもらえます。

貨物に関する保険は、国内輸送のみを補償するタイプ、国内外の輸送を補償するタイプなどがあります。

工事の規模や対象エリアによって使い分けるとよいでしょう。

請負業者賠償責任保険

請負業者賠償責任保険は、作業員以外の第三者及び物が補償対象になっている保険です。

補償対象になる事例

  • 作業現場から工具を落としてしまい、通行人にケガを負わせてしまった
  • 隣接する建物を破損してしまった
  • 使用していない資材が倒れ、周囲にいた人がケガをしてしまった

工事に起因する対人・対物事故が発生した際、賠償責任をカバーしてくれます。

賠償金額だけではなく、訴訟に発展した場合は訴訟費用や弁護士費用も補償されます。

労災保険

労災保険は、政府が運営している政府労災の他に、任意で加入する民間の保険があります。

政府労災で賄いきれない補償金をカバーしてくれる『法定外補償保険』。

労災認定された従業員に対しての、賠償金額を補償する『使用者賠償責任保険』(法律上、賠償責任を負うことになった際に有効)。

これらの保険に加入しておくことで、公共工事を受注する際、経審(経営審査事項)の加点ポイントにもなります。

また、大手ゼネコンなどでは加入を義務付けていたり、加入している業者を積極的に採用している傾向があるため、受注枠を増やすためにも加入しておいた方が得策です。

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"工事保険の見積もり返答

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"工事保険の見積もり返答

まとめ

ヘルメットをかぶった工事作業員

今回は、工事保険の種類(補償内容)、対象になる工事、同時に加入しておいた方が良い保険についてご紹介してきました。

工事保険はの種類は主に3つ。

  • 建築工事保険|ビルや家などを建築する際に加入する保険
  • 土木工事保険|道路舗装、トンネル工事、駐車場工事をする際に加入する保険
  • 組立保険|空調設備、冷暖房設備、配電盤、タンク、パイプなどを据付工事する際に加入する保険

請け負う工事の業種や内容によって、加入すべき保険は異なるので、各保険の特徴をしっかり把握してトラブルに備えましょう。

ちなみに、工事保険は、東京海上日動損保ジャパン三井住友海上など、大手の保険会社でも扱っています。

補償内容やパックプランなど、比較的分かりやすく手厚い補償を受けられるようになっているので、まずは上記3社をチェックしてみることをおすすめします。

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"工事保険の見積もり返答

\ 見積もり依頼で保険料が安くなる /

無料 メールで見積もり

"最短即日"工事保険の見積もり返答

  • この記事を書いた人

保険Times Magazine編集部

保険Times(株式会社インシュアランスブレーン)では、海外旅行保険(留学・ワーホリ・駐在・海外長期渡航など)・火災保険・法人損保に関するお問い合わせを日々多数いただいています。その中で、お客様からのご質問・やり取りの中から「この情報は保険加入前に知っておいた方がいいな」といった内容を記事にまとめて保険の選び方を発信しています。 スタッフの詳細なご紹介:https://hokentimes.com/oversea/staff

-工事保険, 法人損保
-