シンガポール長期滞在でワーホリ保険のリアルな活用方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今、アジアで最もHOTな都市・シンガポール。シンガポールはアジアの金融・経済の中心都市であり、予てからの経済好景気がずっと継続しており、まだまだその勢いは上昇傾向にあります。

シンガポールは元はマレーシアの一都市でしたが、現在は独立国家で、アジア随一の移民国家として知られており、言語は英語と、人口の70%以上が中華系華僑のため、中国語と二カ国語を公用語として定めています。人種もその他30%は、マレー系、インド系など実に国際色豊かで、まさにアジア経済のこれからの成り行きを肌で体感して学ぶに相応しい都市と言えるでしょう。

そんな魅力的な街シンガポールで「働きながら学べる」ワーキングホリデーは昔はありませんでしたが、つい最近である2015年より、一般に皆様がご存じのワーキングホリデービザ制度ではなく、シンガポール政府が独自で行っているワーホリプログラム、「シンガポール ワークホリデーパス」という制度が整ったのです。

これにより、日本を含むオーストラリア、フランスなど先進国9ヵ国に対し、一般のワーキングホリデービザとほぼ同等のビザでシンガポールに長期滞在できるビザの発給を開始しました。以来、日本からもこの制度を利用して、早速シンガポールを長期滞在で訪れるお若い世代の方が増加傾向にあります。

今回は、これからワーホリ対象国の新たな候補都市として上昇傾向にあるシンガポールのワークプログラムを使って長期滞在する場合に有効な「ワーホリ保険」についてそのリアルな活用方法を徹底解説してまいります。

記事のポイントシンガポールは治安状況や医療状況については非常に高水準ですが、医療費が非常に高いという傾向があることと、法律が非常に厳しく日本にいるつもりでうっかり生活していると物の破損等の疑いをかけられる恐れも否定できません。保険に関しては記事に述べられている通りで病気や個人賠償責任が充実しているものに加入するとよいでしょう、保険Timesではそのようなケースに関する保険に関しまして、留学エージェントから25万円/年程度の保険を提示されたものから、保険Timesに相談したことで14万円/年程度に抑えられたという事例が多数あります。滞在費を抑える方法の一つとしてご活用ください
<<保険Timesへのご相談はこちら>>

シンガポールの治安状況について

シンガポールの治安は一言で申し上げますと、「非常に良い」です。正直に申しあげまして、その治安の良さは「日本以上」と言っても良いです。日本の東京や大阪の方が遥かに犯罪が多いです。

シンガポールの治安がこれだけ良い背景には、シンガポールはアジア随一を誇る経済トップレベルの国であるため、一般の現地人の平均教育レベルが高いためと、「道端に唾を吐いたら罰金」、麻薬関係は持ち込んでも使用してもすべて厳罰が「死刑」という「異常なぐらいの法制度の厳しさ」が顕著な特徴です。

つまりシンガポールに長期滞在をしている中で、よほどのことがない限り盗難やスリ、また変な犯罪に巻き込まれるというような事は起こらないでしょう。しかしだからといって空港や公共の場所でスリ、置き引きなども多発していますので、これは海外どちらへいってもそうですが、決して油断しないようにしましょう。

むしろシンガポールに長期滞在をする場合、逆に気をつけなければならないのは、その異常に厳しい法制度の傘下で皆様が「加害者」にされてしまわれないことです。前述しましたように、「唾や痰をその辺で吐いても罰金!」というぐらい法制度が厳しいため、日本人の方によくあるのは、「喫煙に関するトラブル」です。シンガポールは国家全体が「No Smoking主義?」といえるぐらい喫煙している人をほぼ街で見かけることがありません。

レストラン、カフェ、フードコートなどの飲食店も亜熱帯のため、年がら年中アウトドアのオープン席で飲食するのが当たり前ですが、屋外が通常にも関わらず「喫煙NG」としている飲食店がほとんどです。喫煙エリアはあることはありますが、そのエリアは数十年前に比べますとかなり少なくなってきています。もちろん道端の「タバコのポイ捨て」などは見つかり次第厳格に処分されます。つい日本の感覚で当たり前に行えることがシンガポールではNG行為、警察沙汰にされてしまわれる事が思いの外少なくありませんので、これらの点はかなり注意するべきです。

 

シンガポールのリアルな医療事情について

シンガポールの医療事情は日本と比較してまったく遜色ないぐらい、その医療技術のランクは、世界6位にランクインしています。ある意味「現地の病院に行ってどんな治療をされるかわからない」という心配はシンガポールでは全く不要といって良いです。

では問題の医療費についてですが、一般的に「シンガポール 医療制度」で検索をかけられるとweb上にその医療費の高さが世界随一であるという情報ばかりを目にしますが、これに関しては、国民や非永住者以外はという注釈がつきます。彼ら現地在住者は日本と似たような健康保険制度がシンガポールには存在する点と、ローカルの政府系病院は医療費は比較的リーズナブルです。また日本人の皆様でも、現地の企業で就職して働くことができれば、日本と同様に給料から保険料が差し引かれますので、健康保険を使って治療を受ける事ができます。

この記事をお読みの皆様は、おそらくこれから「ワークホリデーパス」での長期滞在をご検討されておられるかと思いますので、このビザでシンガポールに在住する場合は、やはり「ワーホリ保険」を日本で事前に加入されてからの渡航が必須となります。前述のローカル政府系病院に実費で受診することもできますが、英語力にかなり自信がないと、医療専門用語でやりとりしなくてはいけませんので、先生の問診や、処方箋内容の説明が曖昧だったりするのは決して安全な行為とはいえませんので、病気やケガをして医療機関を受診する場合はやはり日本語が通じる方が安全と言えます。

保険Timesワーホリ保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。留学費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも留学費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

シンガポールの長期滞在に向いているワーホリ保険とは?

ワーホリでシンガポールで長期滞在される方も、海外旅行保険の基本内容は一般的な短期旅行者とほぼ同じですが、「長期滞在用」の内容は項目によって追加されています。

その保険基本保障内容を以下にまとめてみました。

・短期滞在者とほぼ同等の保険適用項目

・現地での病気・ケガの医療保障

・盗難・携行品に関する保障

・事故の場合の弁済保障

・航空機遅延保障・緊急帰国費用保障

・死亡保障

これらは「海外渡航向け保険」としては基本的な項目です。保険内容は保険会社と滞在期間、どの項目を特に充実させたいかなどによって保険料が変わります。

では、長期滞在者向けに役立つリアルな保険適用項目とはどのようなものがあるのでしょう?治療救援費は病気や怪我のリスクをカバーするという意味で間違いなく加入しなければいけない補償ですが、それ以外で考えるとずばりそれは以下の2つです。

・生活用動産保険

現地で居住している滞在先内に保管している家財、身の回りの品に対して保障を受けられる内容です。通常の海外旅行の携行品保険は、「家財」は対象外ですが、「生活用動産(長期用)」では、「居住施設内の家財」も保険保障対象となります。シンガポールの気候は年間を通してスコールが多く、室内が湿ってきたりなど思いがけない現地特有のトラブルに見まわれることがあります。また、火災や盗難など家の中の家財の損害に対応できますので、長期滞在の保険では必ず入れたい項目です。

・個人賠償責任

シンガポールは非常に法律の厳しい国で、うっかり壊してしまった、うっかり汚してしまった...などで自身が加害者になってしまうことがあります。また、シンガポールの現地の方は非常に平均教育レベルが高く、日本人にも好意的な方は多いですが、日本と同じアジアでも金銭が絡むことは、きっちり欧米式に割り切る社会です。日本のように「なんとなく謝ってある程度の額で許される」という事がほぼありませんので、この辺りもアジアだからと油断せず万全に対策を取るべきです。

シンガポール滞在でワーホリ保険に入っておくリアルなメリット

これまでシンガポールへワーキングホリデービザで長期滞在する場合の保険についてお話致しましたが、それではワーホリ保険に入っておくメリットはどのような点になるのでしょうか。以下に挙げてみました。

・シンガポールは1年中気候が亜熱帯の為、体調を壊しやすいので保険は必須

・日本語で受けられる医療サービスをキャッシュレスで受けられる

・クレジットカード標準装備の保険より保障内容が手厚い

・シンガポールは亜熱帯の為、食中毒など体調不良を起こしやすい為、日本語医療は必須

シンガポールは亜熱帯地域で年間を通して気候が常夏の気温の期間が長いことから、この気候に体が慣れていない日本人は、最も「食中毒」「脱水症状・熱中症による体調不良」を起こしやすい土地柄です。食あたりは何が原因か語学でのコミュニケーションに不自由があると正しく自分の状況が伝えられないなどの問題が起こり、ドクターも正しい薬、処置方法を処方できません。これは現地に在住しているとリアルに起こり得ることですので、日本語医療を受診できる万全な体勢が取れるワーホリ保険は安心です。

・シンガポールは日本語で受けられるキャッシュレスサービスが充実している

移民大国のシンガポールは駐在員や永住権を持った日本人者数がアジア隋一クラスに多く、

日本語での医療サービスが受けられる医療機関は充実しています。しかし前述しましたように、シンガポールでリーズナブルに医療治療が受けられるのは、保険料を支払う義務のある会社員の方や、永住者のみとなり、ワーキングホリデーで来られる方の医療サービスは、基本的に実費となるため、多額の現金の備えがない場合は、保険に必ず加入することをお薦めします。ちょっとした風邪ぐらいなら問題ありませんが、大きなケガや原因不明の食べ物にあたったなど高額な治療が想定される場合は、やはり日本語で対応できる医療機関が安心でしょう。

・クレジットカード標準装備の保険より保障内容が手厚い

海外に渡航される上で必ず必須のクレジットカード。今は学生さん向けのクレジットカード、ご家族の家族カードもありますので、学生さんでもカードを普通に所持しておられる方が増えましたが、このクレジットカードには、「海外旅行保険」が年会費に自動付帯されています。しかし、この保険はあくまで「標準装備」的な内容が多く、これですべてが賄えるわけではありません。ワーホリ保険は、クレジットカードでカバーできない保障内容も手厚くカバーされています。

保険Timesワーホリ保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。留学費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも留学費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

シンガポール滞在でワーホリ保険に入ったほうがいい人は?

シンガポールへワーキングホリデーで滞在される際に加入を検討するべきのワーホリ保険。逆に「こういった人は絶対に入っておくべき!」というポイントを以下にまとめてみました。

・初めての海外・または海外慣れをしていなく、まだ語学力に自信がない方

・クレジットカードを持っていない方

・熱帯の気候、暑さ、冷房に弱い方

・初めての海外・または海外慣れをしていなく、まだ語学力に自信がない方

前述しましたように、シンガポールで保険に加入せず、安価に医療診療を受けようと考える場合は、「英語」または「中国語」などの語学力は必須になります。まして、シンガポールの英語は、英語圏の各国出身の人々には「シングリッシュ」と揶揄されるほど、現地のシンガポール人が話している英語は発音、英語表現は独特です。日本の基本英語学習しか受けたことがない方が初めてシンガポール人の英語を聞いた場合、まず80%その意味は聞き取れない可能性の方が高いでしょう。病気や食中毒は突然やってきますので、やはり緊急の時は、語学学習を忘れて万全の体制を整えるべきでしょう。

・クレジットカードを持っていない方

現在のクレジットカードはほとんど標準装備で海外旅行保険が付帯していますが、そもそもカードを持っていない方は必ずといって良いほどどこかしらのワーホリ保険への加入はしておくべきです。

・熱帯の気候、暑さ、冷房に弱い方

シンガポールの気候は年間を通してほぼ「夏」です。涼しい時期もありますが、それでさえ日本の5月末ぐらいの気候に一時的になる程度で後は年間を通して、日本の6~9月の季節が続くと思ってください。四季のはっきりしている日本人にとって、このシンガポールの気候が1年中続くことは、思わぬ体調不良を起こす方は意外に多いです。単純には汗が多くなるための脱水症状、熱中症などですが、前述しました食中毒、また女性の方に多いケースでは、シンガポールはとにかく屋内の冷房がどこもガンガンに効いており、外気との気温差がものすごいです。1年を通してどこもこのような感じですので、冷房で冷えやすい方、気温差に弱い方、暑さに弱い方は、頻繁に病院のお世話になりそうですので、医療保障の充実したワーホリ保険を選びましょう。

まとめ

アジアで最も国際色豊かでエキサイティングな都市、シンガポール。このような魅力的な街でアルバイトをしながら長期滞在ができることは非常に稀少な機会です。シンガポールでのこのような素敵なひとときをより充実させるためにも、いざという時の体制は万全に整えて旅立ちましょう。

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を