滞在先でも安心?ワーキングホリデー保険に入る価値は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カナダやオーストラリア、東南アジアをはじめとする海外でワーキングホリデーとして滞在する人が増加しています。安心して海外で学び、就労することは誰しも願うところです。しかし、いつ事故や病気による通院、賠償責任を問われるトラブルが自分の身に起こるかは誰も予期できません。
これがもし滞在先の海外で起きてしまった場合、治療費や損害賠償など、個人の貯蓄で賄える範囲ではない場合があるのです。

このようなトラブルへの対策として、これからワーキングホリデーをはじめる予定があるなら、ワーキングホリデー保険に加入することをおすすめします。ワーキングホリデー保険は滞在時の医療費や賠償責任などの負担がカバーでき、ワーキングホリデーで海外に滞在する際には欠かせない保険です。そこで今回は、ワーキングホリデー保険とは具体的にどのような内容なのか、また、保険会社を選ぶ上でのポイントは何なのかなどについて詳しく解説していきます。

記事のポイントワーキングホリデーの際にかかる保険料は年間約25万円。しかしこれはあくまで一般的な相場です。渡航先の治安状況やご自身の目的も踏まえたうえで検討しましょう。これらワーホリ保険の保険料に関して、25万円/年程度の保険を提示されたものから、保険Timesに相談したことで14万円/年程度に抑えられたという事例が多数あります。滞在費を抑える方法の一つとしてご活用ください
<<保険Timesへのご相談はこちら>>

ワーキングホリデー保険の特徴

ワーキングホリデー保険とは、ワーキングホリデー目的で海外へ渡航する人が加入できる保険です。保険内容は一般的な海外旅行保険とほぼ同様の内容になっており、主に傷害や疾病による死亡補償、治療救援補償、賠償責任、航空機遅延補償などが含まれています。保険内容や保険料は各保険会社によって異なるため、ご自身の滞在期間や保障してほしい内容に基づいて、適切な保険会社を決めましょう。

ワーキングホリデー保険に加入すべき理由

「きっと自分には何も問題は起きないだろう」と思っていても、海外へ渡航する際はいつどこでトラブルが発生するか分かりません。渡航先に到着してすぐ荷物を紛失した、あるいは交通事故に巻き込まれたなど、スタート時から不測のトラブルに直面する可能性はあります。そこで、本章ではワーキングホリデー保険に加入すべき理由を大きく2つに分けて紹介します。

業務による病気や事故に備えるため

ワーキングホリデー保険に加入すべき理由の一つが、病気や事故に備えるためです。海外という慣れない土地で生活し、生活リズムが安定するまでは体調を崩すことも少なくありません。また、ワーキングホリデーでは一般的に、飲食店やツアー会社などで就労しますが、業務において怪我や事故に見舞われることがあります。この場合、病院での治療が伴いますが、保険に加入していない場合は治療費の負担額が高額になり、治療内容によっては自費での支払いが不可能な費用を請求される可能性があります。しかし、保険に加入していれば、病院の治療で高額な医療費を請求されても、保険金でカバーできるので、自己負担ゼロもしくは少額の自己負担で済みます。医療に関しては、海外での治療費が日本と同じ水準ではないことを念頭に置いておきましょう。

多額の賠償金請求に備えるため

ワーキングホリデー保険に加入すべきもう一つの大きな理由は、多額の賠償金請求に備えるためです。業務中の怪我や物損などで、自分が加害者になってしまう可能性があることも忘れてはいけません。怪我をさせてしまった相手への賠償、機材や調度品の物損は、内容によって高額な賠償金が求められるケースがあります。ワーキングホリデー保険では、個人賠償責任の補償額も大きいので、万が一の際は大変安心です。

ワーキングホリデー保険の保険期間は?

ワーキングホリデーは3カ月から6カ月程度の短期間の人もいれば、1年程滞在する人もいます。この場合、ワーキングホリデー保険の保険期間はどの程度調整できるのか気になるところです。そのため、本章ではワーキングホリデー保険の保険期間や、滞在期間が延びることになった際に、保険期間の延長や更新ができるかについて紹介します。

保険期間の決まり方

ワーキングホリデー保険の保険期間は、渡航する日から日本国内の自宅に到着する日までの日数で決まることが一般的です。そのため、滞在に必要な期間だけ保険に加入することができるので、余計な費用負担がありません。

対応期間

ワーキングホリデー保険の対応期間は保険会社によって異なりますが、一般的な例として、3カ月以上の滞在の場合は1カ月区切りで保険対応してもらえるところが多く、最長1年の保険期間が基本です。1年を超える滞在期間になる見込みの場合は、満期を迎えるまでに所定の手続きを済ませ、保険期間の延長ないし更新をする必要があります。

延長や更新

これはAIG損害保険会社(旧AIU損害保険会社)の場合ですが、ワーキングホリデー期間が1年以上2年未満であれば、「延長」の手続きが必要です。ワーキングホリデー期間が2年以上になる際は、保険期間1年で「更新」の手続きを踏むことになります。こうした手続きを行わなければ、ワーキングホリデー保険が無効となって「無保険」の状況に陥るので、滞在先で何かトラブルが生じた際のリスクは大きくなります。保険会社によってこうした延長や更新におけるルールは異なるので、保険を契約する際は適切に情報確認を取るようにしましょう。

保険Timesワーホリ保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。留学費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも留学費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

ワーキングホリデー保険の保険料

気になるワーキングホリデー保険の保険料は、一般的に30日間で約1万5000円から3万円です。保険会社が各項目においてカバーしてくれる補償額によって保険プランが異なり、必然的に保険料も開きがでます。もちろん会社によっても違いはありますが、一月当たりこれくらい掛かることは念頭に置いておきましょう。1年間の場合は大体25万円前後が目安となります。

ワーキングホリデー保険に加入するには

保険の手続きは難しくて何から取り掛かれば良いか不安になることもあります。そこで、本章ではワーキングホリデー保険に加入する際に、どの様な加入手続きを踏めばスムーズに保険加入できるかについて紹介していきます。

必要書類を揃える

ワーキングホリデー保険に加入する際は、一般的に保険会社から指定された書類を提出するだけで問題ありません。しかし、ワーキングホリデー保険を適用する上では、当事者の渡航目的がワーキングホリデーであることを証明する書類を用意しなければならない場合もあります。そのため、加入する際はどのような書類の用意が必要であるのかを、事前に問い合わせて確認しておくことをおすすめします。

保険加入までの流れ

ワーキングホリデー保険への加入方法は店頭やオンラインなどがあります。自宅や出先からホームページにアクセスして加入するのも便利ですし、保険について細かく相談したい際は店頭や電話で手続きする方が良いでしょう。どちらの場合でも、案内に従って適切に手続きを進めていけば問題なく加入が完了します。スムーズな手続きを行うためには、事前に個人情報や提供すべき情報を揃えておきましょう。

ワーキングホリデー保険を選ぶポイント

さまざまな保険会社がワーキングホリデー保険を販売しているため、どのようなサービスに着目して保険会社を選ぶべきか悩むところです。そこで、本章ではワーキングホリデーの滞在スタイルや、迅速なサービス内容であるかを基準に、ワーキングホリデー保険を選ぶ上でのポイントを紹介していきます。

滞在スタイルに合っているか

ワーキングホリデーの際、どのような滞在スタイルであるかも補償内容に関わってきます。例えば、ホームステイや学生寮の場合はホテルと同様に「宿泊施設」として扱われますが、貸家やアパート(ルームシェアを含む)といった戸室全体を賃貸している場合は「居住施設」となりますので、補償の名前や内容が変わってきます。そのため、予定している滞在スタイルに合致する保険プランを調べ、どこまでカバーしてくれるのかを正しく理解しておくことが重要です。また、滞在中にホームステイからアパートに引っ越しするなど、滞在スタイルを途中で変更する際も注意しましょう。

キャッシュレス対応病院があるか

ワーキングホリデー中に病気や怪我などを理由に病院での治療が生じる際、「キャッシュレス対応病院」が渡航先の近辺にあるかどうかは重要なポイントになります。キャッシュレス対応病院とは、その場で現金による医療費の支払いをしなくてよい病院のことです。海外に滞在中はすぐにまとまった現金を用意することは難しく、精神的にも大きな負担になります。キャッシュレス対応病院を利用できる保険内容であれば、現金が少ないときでも安心して治療を受けられますので、病院の情報や最終的な支払い方法がどのような流れになるのかを事前に把握しておきましょう。

サポートデスクは24時間対応か

渡航先でのトラブルは、いつどこで発生するか分かりません。例えば、それが日本時間の夜中や早朝といった、一般的にサポート時間外であることが多い時間帯であった場合は、トラブルの処理が滞ってしまいます。そのため、何かトラブルがあった際にすぐに対応してもらえるよう、24時間対応のサポートデスクがある保険を選ぶようにしましょう。

リスクに備えるならワーキングホリデー保険に加入!

ワーキングホリデー保険は長期で海外に滞在する際は必ずと言っていいほど加入しておくべき保険です。充実した滞在を実現するためにも、万が一に備えた対策が不可欠となります。保険内容や費用など、気になることがあれば店頭や電話で相談してみましょう。

保険Timesワーホリ保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。留学費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも留学費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を