フランスでのワーホリ保険とは?効果的な活用方法を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フランスはEU内で20%近くの面積を占め、日本の面積と比べて1.8倍もある大国です。スポーツも盛んでサッカーはもちろん、自転車競技(ツール・ド・フランス)、バスケットボール、ラグビーなども有名ではないでしょうか。

自動車産業においてもルノーやプジョーはフランスの企業であり、日本で走っている車を目にすることも多いでしょう。西は大西洋、南は地中海に面し、穏やかな気候で過ごしやすい国と言われています。

産業、文化が発達したフランスで学びながら働くことができるワーキングホリデーは非常に魅力的な制度です。フランスはワーホリ協定国となっており、最長1年のワーキングホリデービザが取得可能です。

とはいえ海外であり日本と法律や医療事情が大きく違うため、リスク管理は重要となります。今回はそういったリスクに備える「ワーホリ保険」の効果的な活用方法を紹介します。

記事のポイント今回の記事にありますとおり、フランスは医療技術は日本と同水準ですが、海外保険に加入することでいざというときにキャッシュレス診療や日本語サポートによるスムーズな医療機関への搬送が受けられるようになるので、これをご自身で大きなメリットと感じられるか否かがポイントになります。保険Timesでは渡航目的に応じて補償内容をカスタマイズでき、50万円/年の保険を提案された方が、14~15万円/年まで保険料を下げられた実績もございます。安心して渡航でき、保険料をできるだけ抑えるご提案をさせていただきますので、ご不安な点やお困りごとがございましたらお気軽にご相談ください。<<保険Timesへのご相談はこちら>>

フランスの治安状況について

フランスの治安状況については、あまり良いとはいえません。パリなどの都心部ではスリが多く、日本人観光客などは格好のターゲットとして被害に遭っているようです。現地警察も取り締まりを強化していますが、スリの場合現行犯でなければ逮捕ができないことから、犯罪の発生率は低くなっているとは言えません。

慣れないうちは現金を小分けにして持つ、財布に紐を付け鞄等に繋いでおくといった防犯対策が必要になるでしょう。何よりも日本は治安が良い国である反面、防犯意識は世界的に見て低いと思われがちです。なるべく早く現地に馴染み、観光客として目立たないように振る舞うことが重要と考えられます。

また商品の押し売り被害なども報告されており、語彙力が低いうちは理解できないまま購入させられないよう注意が必要です。親切に話しかけてくれる人の中にはそういった押し売りを行う人もいるため、渡航前に一定の語彙力は身につけておくべきでしょう。

近年はテロの警戒もあり、武装した警官が街にいることもあり犯罪抑止に一役買っているようです。とはいえフランスではスリなどの軽犯罪が多い傾向にあるため、命の危機にさらされるまでは無いけれども生活に支障をきたす犯罪に巻き込まれるリスクはあります。こういった点は注意すべきと考えられます。

フランスの医療事情について

フランスの医療事情において日本と最も異なる点は、完全な分業制になっているという点です。日本では初診から治療、投薬まで1つの病院で完結するのが一般的です。しかしフランスにおいてはまず主治医による診断、その後投薬は薬局を紹介、検査や治療に関しては専門の病院を紹介するというかたちになっています。

なのでフランスに滞在する際においてはまず主治医を見つけることから始める必要があります。ワーキングホリデーの場合は日本語が話せる医師が望ましいでしょう。緊急の場合は緊急病院がありますが、そうでない場合は複数の病院を回ることは珍しくありません。この点は日本と大きく違う点と言えるでしょう。

医療技術に関しては先進国のため、日常生活におけるちょっとした病気であれば日本と同水準の治療が受けられます。また手続きは煩雑ですが社会保険制度による医療費の払い戻し制度もあります。ただし入院については注意点があり、まず入院日数は短縮傾向にあること、そして病院内でも盗難など軽犯罪が発生する可能性がある事です。

日本において病院は安全なところと思われますが、フランスにおいては入院時に窃盗被害などは自己責任と説明されるケースも少なくありません。防犯意識を持つ必要があることは大きな注意点になります。フランスの医療事情や医療費等についてはこちらの記事でも紹介しておりますので、参考にしてみてください

フランスの長期滞在に向いているワーホリ保険とは

海外での長期滞在の場合、日本でワーホリ保険(長期海外旅行保険)に加入することで補償を受けることが可能です。ワーキングホリデーにおいて必要と考えられる保証は以下の通りです。

・海外での病気やケガの医療費補償

・盗難・携行品に対する補償

・人にけがをさせた、物を壊してしまった際の賠償補償

・渡航や一時帰国時の航空機遅延補償、また病気などによる緊急帰国費用の補償

・死亡補償

この中で特にフランスの長期滞在に向いているワーホリ保険の補償項目を2点紹介します。

携行品補償保険

携行品補償とは、海外において携行品が盗難や破損などの被害に遭った際、損害額を補償する保険です。携行品とは具体的に以下のようなものを指します。

・カメラ

・カバン

・衣類や財布など身の回り品

ただし無制限に補償できるわけではなく、保険会社によって携行品1つあたり最高10万円までというように限度額が決まっています。また置き忘れや紛失は補償対象外となってしまうため注意が必要です。

医療補償保険

海外で病気になり治療を受けたり、入院した場合にかかる治療費を補償できる保険です。医療費の払い戻し制度もありますが時間がかかり、一旦医療費は立て替える必要があります。保険会社に報告することで迅速に立て替えたお金を振り込んでもらうことも可能なので、加入しておくと安心でしょう。

また保険会社によっては歯科治療の費用を補償できる商品もあります。海外で突然歯が痛くなったり、差し歯が取れてしまったりして歯医者に行った際の医療費も補償できるため、余裕があれば加入も検討すべきです。

フランス滞在でワーホリ保険に入るメリットとは

フランス滞在でワーホリ保険に入るメリットは、やはり安心してワーキングホリデーを満喫できることでしょう。犯罪や病気が一旦起これば、通常の生活に戻るのには時間がかかってしまいます。限りあるワーキングホリデーの時間を無駄にしないためにも、ワーホリ保険でできるだけ早く通常の生活に復帰することが重要です。メリットを2点まとめました。

盗難に遭った際のサポートが受けられる

海外でスリに遭い財布を盗まれてしまったら大変です。お金が無ければ電車にも乗れず、遠出していた場合は家に帰ることも困難になってしまいます。保険会社は海外でも電話で事故受付が可能なため、当面の対応をもちろん日本語でサポートしてくれます。日本語が通じる施設を紹介してくれることもあるため、海外での安心を得るには最適と考えらえます。

病院の紹介を受けられる

医療補償保険では保険会社が現地の病院を紹介してくれるケースがあります。病院によっては治療費も直接保険会社が支払ってくれるため、キャッシュレスで治療を受けられることもあります。治療費の払い戻し申請などはハードルが高いため、万一の際にはとても役に立つサービスを受けることができます。これは前述の完全な分業制が敷かれており、迅速に適切な医療を受けたい場合の手続き負担の軽減などの観点から非常に大きなメリットといえます

フランスにワーホリするにあたって海外保険に入った方がいい人は?

ここまでの記事を元に、フランスにワーホリで滞在する場合に海外保険に加入した方が良いと思われる方のパターンは以下となります

フランス語にまだ自信がない人

フランスの共用語はフランス語です。英語はある程度話せる人は多いかと思いますが、フランス語は専門で履修しないと話せる人は少ないと考えられます。ワーホリ保険では現地でトラブルに巻き込まれた際、日本語でサポートを受けることが可能です。日本の保険会社がサポートしてくれるため安心できるという点でおすすめです。

環境の変化で体調に影響が出やすい人

海外は日本と違い言葉はもちろん、文化や気候も違います。大きな環境変化によってストレスがかかり、体調を崩す人は少なくありません。そのため病院で治療を受ける機会はほぼあるといっても過言ではないでしょう。そういう意味でワーホリ保険による医療費の補償や病院紹介のサポートが受けられるのは、体調に影響が出やすい人にとって最適と言えるでしょう。

それなりに高価な携行品等を持っていかれる人

フランスは芸術の国でもあるので、芸術に関する知識を就労がてら吸収したいという目的でワーホリに行かれる方も多いです。そうなるとカメラやキャンバス等、ものによっては高価な携行品を日本から持っていかれる方も多いと思います。しかしながら保険Timesで契約されたお客様の中には「携行品の補償は削ります」というご判断をされた方に限って、現地でパソコンなどの電子機器の故障やカメラの盗難に逢ってしまい補償をつけておけばよかった・・といった非常に残念な事もしばしば起きがちですので、こちらも十分に検討する必要があるでしょう。

保険Times海外保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。ワーホリ費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでもワーホリ費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

まとめ

産業、文化が発達しているフランスでのワーキングホリデーはたくさんのことを学ぶことができ、有意義な時間を過ごせるものとなります。そんなときにトラブルに遭った場合は、できるだけ早く元の生活に戻ることが重要です。ワーホリ保険では色々なリスクに対応することができるため、安心してワーキングホリデーを楽しむためにも検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を