カナダ滞在に必要なワーホリ保険の特徴や魅力まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カナダへのワーキングホリデーにおいて、インターネット上で調べれば調べるほど「保険料が高い」という結論に至っている方は多いかと思います。今回は、そんなカナダのワーホリ保険に関する解説記事です。

カナダは、医療費水準が高く、日本よりも高額な医療費がかかる国として有名です。また、日本の4倍の事故発生率の国となります。カナダといえば治安の良い国というイメージがあるかと思いますのでちょっと意外ですね。そんなカナダへワーホリ渡航する際にワーホリ保険をどう考えていくかご確認いただければと思います。

記事のポイントカナダへのワーキングホリデーをするうえで、一般的には1年20万円以上の保険料がかかってしまいます。相談されるワーホリエージェントによっては、50万円/年の保険を提案されたという事例も弊社のお客様でいらっしゃいました。保険Timesでは、国内有力保険会社を網羅しており、かつ渡航目的に応じて補償内容をカスタマイズできますので、14~15万円/年まで保険料を下げられるケースが多いです。安心して渡航でき、保険料をできるだけ抑えるご提案をさせていただきます。<<保険Timesへのご相談はこちら>>

カナダの治安状況について

カナダは、語学留学やワーキングホリデー先として人気です。カナダが人気な理由としては、英語になまりが少なく聞き取りやすいため、くせのない英語を学べることやカナダ人はフレンドリーな国民性を持っているので現地で友人ができやすいといったことが挙げられます。

銃統制がされていることや、礼儀正しく、穏やかな人が多いといわれていることのほかに、世界の住みやすい都市としてランキングに入っているため、カナダの治安は先進国の中でも良いと思われがちです。しかし、実際にはカナダの犯罪発生率は日本の4倍もあり、油断して行くと危険な国だということができるでしょう。

では、カナダではどのような種類の犯罪が多く起きているのでしょうか。カナダで発生している犯罪のほとんどを占めているのはひったくりや置き引きに加えて、スリといった軽犯罪です。観光客や外国人などが狙われる可能性が高く、空港やレストランで被害に合う人が多いといわれています。凶悪な犯罪が多いわけではありませんが、銃の密輸も行われているため気を付けましょう。また地域によっては、薬物系の犯罪数も非常に多いことが特徴です。

置き引きやスリなどの軽犯罪に合わないようにするためには、荷物はなるべく手放さず身につけ、万一置くとしても、自分の手の届く範囲に置くということを徹底したり、夜遅い時間の外出や人が少ない場所にはなるべく近寄らない方が良いです。なにか起きてからでは遅いので、自分の身は自分できちんと守るように意識しながら行動し、盗難や詐欺のリスクに備えることが必要です。

カナダの医療事情について

次にカナダの医療事情について説明します。万が一、カナダ滞在中に病気や事故にあったらどのくらいの金額がかかってしまうのでしょうか。

もしも保険に未加入の状態でカナダの医療機関を受診すると、相談だけでも50~100ドル程度、入院する必要が出てしまった場合は入院費が1日1200~3500ドル程度もかかってしまいます。なお、処方箋料などの諸経費は別途支払う必要があるので、先ほどの金額より高い医療費がかかってしまいます。

実際に、カナダで脳炎と診断され、病院に19日の間入院し、医師と看護師付き添いの元、チャーター機で移送された人に3890万円の医療費が請求されたという事例もあります。家族が現地にきたり、日本に帰るための移送費も含めて考えると想像を超える額の費用がかかる場合があります。

保険に加入していないと治療費を全て自己負担しなくてはいけません。そのため、治療費が高額になってしまうことから、必要な治療を受けず、事態が深刻化してしまう恐れもあるのです。

そうならないためにも、カナダに長期滞在をする際には保険に加入しておく方が事故や病気の際も安心して治療を受けることができるでしょう。

カナダワーホリ保険を安く抑える方法とは?

カナダの留学や長期滞在に向いているワーホリ保険とは?

ワーホリ保険とは、留学やワーキングホリデーで海外に滞在している間にトラブルが起きた時や治療を受ける必要が出た時に自分の身を助けてくれる保険です。保険に加入していない人は病院での治療を断られる可能性もあるので、海外生活での安心を保証するものだといえます。海外旅行保険と異なり、長期滞在の際の補償に対応しているところがポイントです。

ワーホリ保険には医療費だけではなく、あらゆる補償内容があります。保険会社によってかかる保険料や対応できる補償やサービスが異なるため、必要に応じて確認するのが良いでしょう。

ワーホリ保険の補償内容ってどんなもの?

では、ワーホリ保険の補償内容にはどのようなものがあるのかをご紹介します。

補償内容は、一般的な海外旅行保険とほぼ同じであるといえます。主な補償内容としては、医療補償・死亡補償・携行品補償・賠償責任補償が挙げられます。

医療補償では、カナダ滞在中にかかってしまった病気やケガの治療費、入院した場合などに家族が現地に来た時にかかる費用を払ってもらえます。携行品補償としては、保険の支払い対象となる期間でバックやカメラ、旅券などが盗まれたり、壊れたりした場合には上限金額の中で支払ってもらえます。償責任補償では不慮の事故でホテルの備品やレンタル用品などを破損してしまった場合にあらかじめ決まっている金額を補償してもらうことができます。自分の持ち物が盗まれた場合や壊してしまった場合、または他人のものを壊してしまい、賠償しなくてはならなくなった時やケガをさせてしまった場合に適用されるので、万が一の際にも安心することができます。もしも、保険に加入していないとなると、全額負担になってしまうため、数百万から数千万円のような高額な金額を自己負担しなくてはならない場合もあるだけでなく、そもそも保険に加入していないことで病院での治療を受けることができないという場合もあります。

ワーホリ保険のその他サービス

ワーホリ保険に加入することで付加されているサービスとしては、1.医療通訳2.キャッシュレス支払い3.現地サポートデスクが挙げられます。英語が話せるようになっても病院に通院する際の専門的な医療用語までは話せない場合に、医療通訳サービスが重宝されています。日本人医師のいる病院への通院なら問題ありませんが、現地の大学病院などに通わざるを得ない場合に有効です。また、キャッシュレス支払いは、病院などで治療費をその場で現金で支払う必要のないサービスを指します。こちらは、保険会社によって提携病院数などが異なるケースがありますので、加入前に確認しておきましょう。

現地のサポートデスクを設けている保険会社では、パスポートの紛失、賃貸住宅探しなど現地で発生しうるトラブルやお困りごとの相談にも対応しています。また、通院時の処方箋や、物品の盗難など日本帰国後に保険金請求しないといけないものも、現地で保険金請求ができるサポートも実施しているので、保険金請求のし忘れなどが防止できて安心です。

カナダ滞在でワーホリ保険に入っておくメリット

カナダ滞在の際にワーホリ保険に入っておくメリットとしては、現地で気軽に医療サービスを受けられることや日本語で利用できるサービスが充実していることに加え、補償内容が手厚いことと長期加入できることがあります。

保険に入っていない場合は治療費が高額になってしまうため、十分な治療を受けることができないという可能性がありますが、ワーホリ保険に加入することで必要な治療を必要なだけ受けることができるようになります。また、日本語で利用できるサービスが多いことも、慣れない土地では重要になります。いざという時のやりとりや手続きを外国語で行うことは難しいといえます。そもそも留学やワーキングホリデーで海外に行っている方は、語学を学ぶ目的の人も多くいるので、日常会話よりも難しい学術用語や医療用語を聞き取ったり、話したりするのは困難です。ワーホリ保険では長期加入ができ、補償内容も手厚いことからカナダでの生活も安心して過ごすことができます。

ワーホリ保険に加入する前の注意点

ワーホリ保険に加入していることのメリットは多くありましたが、ワーホリ保険に加入する前の注意点もあります。

保険料が高めであること・返戻金は発生しないこと・プランによっては保険適用とならない医療サービスがあるということです。ワーホリ保険に加入する前には、このような注意点があることを頭の中に入れておきましょう。

保険料を安くするには、補償の額を下げるか、補償内容を減らすかということが考えられます。しかし、現地でどのような事態が発生するかの予測ができないため、やみくもに保険料を安くしようとして補償を減らすのは危険とも言えます。ワーホリ保険案件を多数取り扱っている保険エージェントなどに相談すると、カナダの過去の保険金請求事例などから必要な補償とそうでない補償の切り分けが可能ですので、一度ご相談されることをおすすめします。

プランによっては保険適用とならない医療サービスがあるということについては、細かい部分にはなりますが、確認をしておく必要があります。主にお声を聞く機会が多いのが、歯科治療です。歯科治療は、日本に滞在中に発症していたものを海外で治療されると支払い額が不当に上がってしまうことから、保険会社各社は敬遠しがちな補償内容となっています。実際、渡航後3ヶ月以内は歯科治療オプションをつけても適用外になってしまうケースが多いです。

ワーホリ保険に加入していれば、現地で起きたこと全てにおいて補償が効くというわけではありません。補償されないこともありますし、補償される場合であっても、すべての場合ではなく、適用範囲というものがあります。どのプランではどこまで補償されるのかといったことを事前にチェックしておきましょう。

カナダ滞在でワーホリ保険に入ったほうがいい人は?

カナダ滞在でワーホリ保険に入ったほうが良い人は、手厚い補償をしっかり受けたい人や長期滞在する予定の人といえます。

クレジットカードに海外旅行保険がついている場合もありますが、多くの場合は3か月の滞在期間の間でしか保証されず、3か月を超える長期滞在になると補償の範囲でなくなってしまいます。そのため、3か月以上の滞在を予定しているのであればワーホリ保険に入るべきです。

長期滞在する場合は、病気やトラブルなど、万が一の事態に備えておく方が安心です。ワーホリ保険なら、医療補償だけでなく、先ほどご紹介したようなあらゆる補償やサービスを受けることができます。もしも滞在先がホテルではなくアパートやシェアハウスを借りた場合は、火事や水道、電気などのトラブルにも巻き込まれるかもしれません。自分が原因でそのような事態を起こしてしまった場合には、ワーホリ保険に加入していると保険が適用される範囲であれば補償を受けることができるので、安心して生活することができます。

具体的な保険プラン例

では具体的にカナダにワーホリで渡航する際にはどのような保険に入ると安心で、どの位の保険料がかかるのでしょうか?以下に3か月・6か月・1年に期間別に分けて紹介していきます。

3ヶ月渡航の場合の補償カスタマイズのポイント

補償面 Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン
傷害死亡 1000万円 1000万円
傷害後遺障害 1000万円 1000万円 1000万円 1000万円
治療・救援費 無制限 無制限 3000万円  
疾病死亡 1000万円 1000万円
傷害治療費用(治療費)       3000万円
疾病治療費用(治療費)       3000万円
救援者費用(救援費)       1000万円
個人賠償責任 1億円 1億円 1億 3000万円
携行品損害 40万円 30万円 10万円  
飛行機手荷物遅延     10万円  
飛行機遅延費用     2万円  
生活用動産 40万円 30万円   30万円
保険料 57,420円 48,180円 43,090円 40,120円

カナダ渡航3ヶ月のケースでは、Dプランが最も良いでしょう。Dプランは携行品損害補償が無い様に見えますが「生活用動産」はそれをカバーしてくれます。歯科治療をあらかじめ日本で済ませておいて、Dプランを選ぶのが第一の選択肢になります。治療・救援費を1,000万円、2,000万円だと下げていくとさらに保険料を引き下げることは可能です。

治療・救援費が「無制限」となっており、携行品損害や生活用動産の補償が手厚いAプランやBブランで大きな安心を買う、ご家族を残したうえで単身でワーホリに行かれる方などは、万が一のことも考えて傷害死亡もついたAプランやCプランという選択肢もおすすめです。Aプランは保険料は高いですが、とにかくすべての補償が手厚いので、ワーホリに向けての手続き等の準備で忙しい中あれこれ悩んだりする必要が無い、というのがポイントです。

6ヶ月渡航の場合の補償カスタマイズのポイント

補償面 Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン
傷害死亡 1000万円 1000万円
傷害後遺障害 1000万円 1000万円 1000万円 1000万円
治療・救援費 無制限 無制限 3000万円  
疾病死亡 1000万円 1000万円
傷害治療費用(治療費)       3000万円
疾病治療費用(治療費)       3000万円
救援者費用(救援費)       1000万円
個人賠償責任 1億円 1億円 1億 3000万円
携行品損害 40万円 30万円 10万円  
飛行機手荷物遅延     10万円  
飛行機遅延費用     2万円  
生活用動産 40万円 30万円   30万円
保険料 117,660円 98,930円 91,780円 85,120円

カナダ渡航6ヶ月のケースでも、Dプランがコストパフォーマンス的に優れています。

1年渡航の場合の補償カスタマイズのポイント

補償面 Aプラン Bプラン  Cプラン Dプラン
傷害死亡 1000万円 1000万円
傷害後遺障害 1000万円 1000万円 1000万円 1000万円
治療・救援費 無制限 無制限 3000万円  
疾病死亡 1000万円 1000万円
傷害治療費用(治療費)       3000万円
疾病治療費用(治療費)       3000万円
救援者費用(救援費)       1000万円
個人賠償責任 1億円 1億円 1億 3000万円
携行品損害 40万円 30万円 10万円  
飛行機手荷物遅延     10万円  
飛行機遅延費用     2万円  
生活用動産 40万円 30万円   30万円
保険料 241,930円 204,450円 196,500円 175,600円

1年渡航ともなると、Dプランのコストパフォーマンスが圧倒しています。Cプランになると「生活用動産」が無いので1年もの滞在期間中に生活しているアパートで盗難にあった際などに、補償がされない事になるため、ここもコストを気にしつつカスタマイズしていくならDプラン・細かい事を考えずにとりあえず安心を買うならAプランといった感じでしょうか。

長期滞在をするならワーホリ保険で決まり!

これまでにワーホリ保険とはどのようなものなのか、その特徴や加入することに対しての多くのメリットについてご紹介してきました。

ワーホリ保険とは、いわゆる海外旅行保険の長期滞在版のようなものです。長期滞在中は何が起こるかは誰にも予測できません。治安が良いと思われているカナダでも、日本より犯罪発生率は多いので、日本に住んでいる時と同じ感覚で生活をしていると犯罪に巻き込まれてしまう可能性もあります。スリや置き引きなどの軽犯罪は、自分の荷物を肌身離さず持っていることで防ぐことができるかもしれませんが、病気や事故、物品の破損は注意だけでは防げないこともあります。そのようなカナダでも滞在中の自分の安全を確保するためにも加入するメリットは多くある保険です。

料金や、補償内容やサービスにも様々なものがあるので、よく検討をして加入しましょう。万が一の事態の時に役に立ってくれる保険です。自分は保険に入らなくても大丈夫と過信することなく、念のためにも加入を検討してみて下さい。ワーホリ保険は、カナダに長期滞在をしていて補償を受けたいという人には最適な保険であるといえます。高額の治療費を自己負担しなくて済むためにも、語学勉強での留学やワーキングホリデー先としてカナダに行く場合は、今回ご紹介したワーホリ保険に加入をして万全の態勢でお出かけしてください。

カナダワーホリ保険を安く抑える方法とは?

カナダへのワーホリにあたってベストな保険プランを納得ゆくまで考えたい方へ

ここまで紹介したうえで、ご自身でどの保険に加入するのがベストな選択肢なのか判断が難しい・選んだプランが最適なのか不安、もっと自分好みに補償項目をカスタマイズしたい、といった方もいらっしゃると思います。そんな方のために保険Timesでは海外に渡航される方の目的や渡航期間・個人的に気になられている事等に応じて、最適な保険プランをご提案させていただいた実績がございます。実際にカナダに留学で1年間滞在された方は保険Timesに以下のようなご相談をいただきました。

カナダにワーホリで1年間渡航されたお客様のご相談事例

渡航国  フィリピン、オーストラリア、カナダ 
渡航目的 語学留学、ワーキングホリデー
渡航期間 1年
保険選びで
困っていたこと
複数ありすぎて選びきれない
保険Timesに
相談してみて
保険に入らずクレジットカードの保険で留学に行くつもりでしたが、
急遽エージェントにも反対されたので、低コストの最低限の保険を探すことになりました。
もう出発まで時間がないのに、保険会社を見比べて、プランの安いものを探すのが手間で、
保険Timesさんのweb広告が目に入り、LINEを送ったのがはじまりです。
焦りもあったので、保険会社の問い合わせ時間に合わせるより、すぐに遅い時間でも
LINEで相談できたことも決め手でした。
また、私の留学プランは3ヶ国で
数ヶ月ごとに帰国したりもするイレギュラーのプランで、その場合の保険について、
適用なのか、どうすれば良いのかを聞いていただけたのも良かったです。

保険Timesではカナダにおいてはワーホリ以外でもご相談いただいた事例もございます。またカナダのみならず、様々な国・渡航目的・渡航期間に対して最適な保険プランをご提案させていただきました実績がございます。line・電話・メールでお気軽に問い合わせ可能ですので、ぜひご検討下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を