【期間別】オーストラリアのワーホリ保険を安くする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オセアニア最大の近代国家であるオーストラリア。海岸部には、紺碧の海に沿ってビルが立ち並び、一歩内陸部に足を踏み入れれば、そこは誰をも圧倒する大自然パノラマが広がっています。そんなオーストラリアは、英語圏の留学先やワーキングホリデー先の国として大変人気の高い国で、学生やワーホリで現地に滞在する日本人の数はゆうに3万人を超えています。今回は、日本人に人気の国オーストラリアでのワーホリに関わる、保険についてご紹介していきます。渡航するにあたって多くの方がこの保険に関することにお悩みのようですので、参考にしてみてください。

記事のポイントオーストラリアは記事にあります通り医療費等が非常に高額。また現地保険では日本語サポート等が受けにくいため、いざというときにキャッシュレス診療や日本語サポートによるスムーズな医療機関への搬送もカバーする日本のワーホリ保険に加入するかどうかが判断のポイントとなります。保険Timesでは渡航目的に応じて補償内容をカスタマイズでき、50万円/年の保険を提案された方が、14~15万円/年まで保険料を下げられた実績もございます。安心して渡航でき、保険料をできるだけ抑えるご提案をさせていただきますので、ご不安な点やお困りごとがございましたらお気軽にご相談ください。<<保険Timesへのご相談はこちら>>

目次

オーストラリアの治安状況について

オーストラリアの治安は、比較的良いと考えられていますが、やはり日本と比べると危険度が増すのが現状です。近年、麻薬に関する事件(麻薬中毒者による傷害事件など)も増加しており、特に夜間の外出や一人での行動はなるべく避けた方が良さそうです。州都がシドニーであるニューサウスウェールズ州は、日本からの留学生やワーホリ参加者に人気の場所ですが、暴行・傷害事件の発生率は日本の数十倍と言われており、屋外で行動する際は常に周りを気にする必要があります。また、多くの日本人が被害に遭うケースとして、盗難や強盗、車上荒らしが報告されています。オーストラリアは先進国ですが、犯罪率の高さで言えば日本より危険なため、最新の注意を払って行動してください。

※「外務省 安全情報ホームページ」から引用

https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure_071.html

 

オーストラリアの医療事情について

こちらでは、オーストラリアの医療事情について項目別にご紹介していきます。オーストラリアの医療技術は世界的に見ても非常に高く、万が一の場合でも最先端の医療を受けることができます。日本からも、毎年、難しい手術などをオーストラリアに受けに行かれる方がおられるほど、その医療レベルには定評があります。

 

オーストラリアの医療機関

オーストラリアの主な医療機関は以下の通りです。

  • GP(ホームドクター)
  • 専門医
  • 公立・私立の総合病院

まず、体調不良を感じたらGP(ホームドクター)、いわゆるクリニックで診察を受けます。このGPは、基本的に歯科治療以外の分野を診察することができます。診察後、より専門的に治療を受けた方がいいと判断された場合、GPから専門医や総合病院へ紹介状を書いてもらい、より精密な診察・検査を受けます。ただし、専門医や総合病院の予約は込み合っていることが多く、次の診察がGPの診察から1週間後になることも少なくありません。

※引用元:http://nichigopress.jp/healthcare/healthcare_spe/118144/

 

オーストラリアの医療費

オーストラリアの医療費は、日本に比べてかなり高額です。日本の医療費を10割負担した場合の金額と比べると、約1.5倍の値段になるという計算もあります。以下に、オーストラリアの主な医療費をご紹介します。

  • 風邪(GPでの診療が20分)⇒約6,000円
  • 骨折の手術費⇒約5万円(手術代のみ)
  • 盲腸の手術⇒約90万円(手術代のみ)
  • 入院時の部屋代⇒約8万円/1日
  • 集中治療室⇒約10万円/1日
  • 医療搬送⇒500~1,600万円
  • 救急車の搬送⇒9万円/1回

前述の通りオーストラリアの医療費はかなり高額です。また、多くの方が医療費に注目されがちですが、最も高額になるのは医療搬送です。事故や意識不明になった際の救急搬送は、膨大な費用を必要とします。そのため保険に加入される際は、補償項目の中にある「救援者費用」も、非常に重要になってきます。

※引用元:http://www.xn--ruqpu24rrwci0sxhl4x9b2yxa.net/iryouhi-australia.htm

 

オーストラリアの保険制度

オーストラリアには、同国の市民権もしくは永住権保持者のみに対する国民健康保険がありますが、もちろんワーホリビザで入国する日本人は加入することができません。また、学生ビザ取得の際は、OSHC(Overseas Students Health Cover)と言われる保険への加入が必須となっており、入学予定の学校から直接案内が届くことが多いようですが、ワーホリビザ取得者はその限りではありません。そのため、出国前から保険に関する情報収集が必要となります。

保険Times海外保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。ワーホリ費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでもワーホリ費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

 

オーストラリアの長期滞在に向いている保険

ここまで、オーストラリアの医療事情についてご紹介してきましたが、ここからはオーストラリアに長期間滞在する上でどのような保険があるのかをご説明していきます。主な保険の種類としては「日本のワーホリ保険(海外保険)」と「現地の医療保険」の2つです。

 

日本のワーホリ保険

ワーホリ参加者の多くが、日本のワーホリ保険に加入されます。多くの保険会社がこの海外保険を販売しており、補償期間や内容によって金額は様々です。主な補償内容としては、以下のようなものが挙げられます。

【主な補償内容】※( )内は平均保険料である20万円の場合の予想補償金額

・傷害死亡(500~3,000万円)

・傷害後遺障害(500~3,000万円)

・治療・救援費用(1,000~3,000万円)

・疾病死亡(500~1,000万円)

・個人賠償責任(1億円)

・携行品損害(30万円)

・航空機遅延費用(2~3万円)

・手荷物遅延費用(10万円)

日本のワーホリ保険の特徴としては、医療に関する補償以外にも、損害賠償や携行品など様々な補償を選ぶことができるという点です。また、各保険会社の提携医療機関が近くにあれば、よりスムーズにキャッシュレスで診察を受けることができます。

 

現地の医療保険ユニケア

オーストラリアでは、現地の保険に加入することもできます。ビザカテゴリーによって加入できるかが決まっており、ワーホリビザは多くの場合加入が可能となっています。その中でも有名な「ユニケア」をご紹介します。

 

ユニケア

価格:年間で約10万円

主な補償内容:

・医療費&関連経費(無制限)

・怪我からの死亡・身体不随($50,000)

・入院中の所要費 ($100/日で最大$10,000)

・手荷物と携行品($30,000)

・旅行遅延($10,000)

・到着便に手荷物が乗っていなかった際の必要経費($1,000)

・個人負債 (アパートなどでの損害賠償)              ($2,500,000)

※この他にも細かな補償項目があります。

現地の医療保険の落とし穴

この他にも、現地の保険は多数存在します。現地の保険は、日本のワーホリ保険と比べて安価なのが特徴ですが、ほとんどの場合が医療に関する補償項目しかありません。その点、日本のワーホリ保険は医療から渡航、携行品、救援費用に至るまで、その補償内容は非常に充実しています。また、現地の保険の場合、2万5千円以上の医療費からしか補償対象にならなかったり、キャッシュレスで受診できなかったりと落とし穴があるため、心配な全ての項目をカバーしておくには日本のワーホリ保険がお勧めです。

※引用元:https://tora-tora.net/weblog/school/insurance

https://tora-tora.net/weblog/school/insurance

 

オーストラリアの長期滞在で役に立つ補償内容

ワーホリ保険の補償は様々ですが、その中でも役立つ保険とは何でしょうか?保険と言えば医療に関する補償内容がメインですが、こちらでは医療と併せて移動時に関する補償内容もご紹介します。

 

救済者費用

保険内容の多くを占めるのが医療に関することです。その中でも、診察や治療に対する補償が多くを占めますが、最も金額が大きくなるのが医療搬送にかかる際の費用です。例えば、スポーツによるケガの治療が緊急性を要する場合、オーストラリアから日本の搬送費とその他の治療を含むサービスを含めると合計1,500万円ほど。一般的に、定期便を利用した搬送費は500~600万円、チャーター便を使用した場合は1,600万円と言われています。あまり、医療搬送される可能性はないにせよ、特にスポーツなどをされる方は是非確認してみてください。

 

飛行機に関する補償内容

海外生活のトラブルとして、医療や携行品に関するものの他に、飛行機に関する「航空機遅延費用」や「航空機寄託手荷物」などがあります。乗る予定にしていたフライトが遅れ、宿泊費や食費、移動費などが必要になった場合に役に立つのが「航空機遅延費用」。航空会社に預けた荷物の到着が遅れ、身の回りの生活必需品が必要になった際に役に立つ「航空機寄託手荷物」などがあります。こちらは、現地の保険の補償内容に含まれていないことが多く、日本のワーホリ保険に加入するメリットの1つと言えます。

 

携行品損害(生活用動産)

長期滞在をするにあたって、加入しておいた方が良い補償がこの「携行品損害(生活用動産)」です。「携行品損害」という補償項目は比較的、耳にすることが多いと思います。これは、カメラやカバン、時計など外出時に持ち歩いている物が破損したり、盗難の被害に遭ったりした場合の補償です。一方、「生活用動産」というのは、ワーホリ滞在中、アパートが空き巣の被害に遭い家財道具や生活品が盗まれた場合に役立つ補償項目です。持ち歩いている物に対する補償の「携行品損害」に対し、住んでいる家の中の物に対する補償が「生活用動産」です。多くの保険では、「生活用動産」は補償項目に付け加える形になり、それに合わせて保険費も上がります。しかし、オーストラリアは日本と比べて盗難の被害が多い国のため、これら二つは必ず加えておきたい補償項目と言えます。

 

オーストラリアの長期滞在で日本のワーホリ保険に入っておくメリット

1年間という長期の滞在において、現地の保険ではなく日本の保険に加入するメリットとはどのようなものか、こちらでご紹介します。

 

補償内容が充実している

日本のワーホリ保険に加入する一番のメリットと言えば、補償内容が充実している点です。現地の保険も医療に関しては比較的充実していますが、その他の携行品や渡航中のトラブル、損害賠償、救済者費用に関わる補償はカバーされていないことがほとんどです。現地の保険料が日本のワーホリ保険よりも安いのは、多くがカバーされている補償項目が少ないという理由です。海外へ行って生活をするということは、日本の空港からすでにトラブルに見舞われる可能性があるということです。細かな点まで補償してくれる日本のワーホリ保険が、より安心できるワーホリにしてくれます。

 

キャッシュレスで受診できる

日本のワーホリ保険に加入している場合、その保険会社の提携医療機関ではキャッシュレスで受診できます。急に体調が悪くなったり、突然の事故に巻き込まれたりした際は緊急を要します。そんな時、よりスムーズに受診するためにも、このキャッシュレスの制度は重要になってきます。医療機関によっては、キャッシュレスで受診できない所もありますので、事前の確認が必要です。

 

補償内容をカスタマイズできる

日本の保険会社の多くは、自分で保険をカスタマイズできるプランを提供しています。もともとカバー範囲が広い日本のワーホリ保険を、カスタマイズすることでさらに手厚くすることができます。逆に、スタンダートプランに入っている補償項目で、必要のないものがあれば除外し、保険料をより安く抑えることもできます。はじめから補償項目が固定されていることが多い現地の保険にはないメリットです。

 

日本語で加入から保険金手続きまでを行える

海外の生活で、いざ緊急を要するトラブルが発生した場合、母語である日本で理解したり、会話ができたりすれば安心です。特に、医療や保険の専門用語は難しく、加入にあたって保険内容を把握するだけでも大変です。その点、加入から保険金の手続きまですべて日本語でできる日本のワーホリ保険は安心です。また、何かが起こった際にも、会社によっては24時間体制で対応をしてくれるので、パニックに陥ることはありません。

 

オーストラリアの長期滞在でワーホリ保険に入ったほうがいい方

ワーホリでオーストラリアに長期滞在する際に、日本のワーホリ保険に加入したほうがいいのは、どのような方なのでしょうか?前述しましたワーホリ保険のメリットをもとに、3点ご紹介いたします。また以下記事にて実際にオーストラリアにてワーホリや留学にあたり、急なトラブルに見舞われた方の体験談について紹介しておりますので、こちらの記事や以下に記載した様な項目に当てはまるかな?と思われた方はワーホリ保険の加入をお勧めいたします

 

医療費以外の面も心配な方

長期間、海外に滞在するとなれば全てが自己責任です。医療以外にも、事故やアパートの浸水トラブルなどにより賠償金請求をされることもあり得ます。そういった、医療以外の面でも補償してくれるのがワーホリ保険。特に、ワーホリに参加される方の中には現地で車を運転される方もおられます。ご自分の体以外のことで不安要素がある方は、ワーホリ保険に加入されたほうが良いと思われます。

 

キャッシュレスで受診を望まれる方

日本のワーホリ保険のメリットとしても挙げた、キャッシュレス。現地の保険も、後日保険金としてお金が返って来るとは言え、急に受診が必要になった際は高額な医療費を先払いする必要があります。しかし、ワーホリ保険の場合は、保険番号を提示するだけで、キャッシュレスで受診することができます。急な高額支払いが心配という方には、現地の保険よりも日本のワーホリ保険の方がお勧めです。

 

万が一の時は日本語で対応したい方

急なトラブルに巻き込まれたら、パニックに陥り冷静な判断ができないことも。さらに、英語のみの状況では、状況把握すらまともにできない可能性もあります。英語の習得を目的にワーホリ参加をされる方は多いと思いますが、緊急を要する場合は日本語できるだけ正確に状況把握と対処をすることが先決です。日本語対応が受けられるワーホリ保険であれば、緊急時もしっかりとした対応を日本語で受けることができます。

 

オーストラリアのワーホリ保険を安くする方法とは

オーストラリア渡航の保険を考える上でまず重要なことは、前述のユニケアでカバーできない補償項目やキャッシュレスや日本語対応も希望するかどうかがポイントでしょう。ユニケアでは日本の海外旅行保険に加入した場合に付帯されるサービスが受けられない点などがポイントです。現地での治療費などの実負担金額を下げておきたい場合、不足する補償内容を手厚くしておきたい場合、付帯サービスを受けたい場合などは日本の海外旅行保険にも加入される方が多いです。現地で補償される補償は、日本で加入する海外旅行保険では外すもしくは補償内容を下げて、現地で補償されない部分手厚くするようなプラン設計をする方も多いです。

保険選びの考え方としては、補償充実プラン、補償通常プラン、補償少ないプランの3つに切り分けてどこまでの補償を入れ込むか・削減するかを考えることが重要です。ご自身の健康状態やどの様なトラブルに遭遇した際にどのような補償が必要かといった事などを加味しながら、最終的にどのプランにすることがいいか決定していくプロセスがいいでしょう。

オーストラリアワーホリ1ヶ月渡航の場合のワーホリ保険カスタマイズのポイント

補償面 Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン
傷害死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
治療・救援費用 1,000万円 3,000万円 1,000万円 2,000万円
緊急歯科治療費用 補償あり 10万円
疾病死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円 500万円
賠償責任 1億円 1億円 1億円 1億円
携行品損害 30万円 10万円 30万円 20万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 10万円 10万円
航空機遅延費用 2万円
弁護士費用等 100万円 100万円
テロ等対応費用 10万円 1万円
偶然事故対応費用 5万円 5万円
 保険料 14,350円 14,950円 13,610円 22,800円

オーストラリア渡航1ヶ月のケースでは、歯科治療を入れるかどうかで金額が変わってきますが、基本的に日本出国前に歯科治療を済ませておいて、歯科治療を除くと最もコストパフォーマンスが高いC社がおすすめでしょう。サービス面としては、キャッシュレス対応、医療通訳など各社差異がほとんどないため、基本的にはCプランがおすすめです。

オーストラリアワーホリ3ヶ月渡航の場合のワーホリ保険カスタマイズのポイント

補償面 Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン
傷害死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
治療・救援費用 無制限 3,000万円 3,000万円 無制限
緊急歯科治療費用 10万円
疾病死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円
賠償責任 5,000万円 1億円 1億円 1億円
携行品損害 30万円 10万円 30万円
生活用動産 100万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 10万円 10万円 10万円
航空機遅延 2万円  2万円 2万円
テロ等対応費用 1万円
弁護士費用 100万
保険料 49,310円 43,090円 50,040円 58,160円

オーストラリア渡航3ヶ月のケースでも、歯科治療を入れるかどうかで金額が変わってきますが、基本的に日本出国前に歯科治療を済ませておいて、歯科治療を除くと最もコストパフォーマンスが高いのはBプランとなります。サービス面としては、医療通訳がついていないプランにはなりますが、現地の日本語対応可能病院を事前に確認しておくと安心です。歯科治療についてなぜ海外保険の補償に入っている事が少ないのか補足しますと、これは外国では虫歯が少なく、歯科治療は美容整形と同じような医療行為とは異なるカテゴリに入れられる事が多いためです

オーストラリアワーホリ6ヶ月渡航の場合のワーホリ保険カスタマイズのポイント

補償面 Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン
傷害死亡 3,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 3,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
治療・救援費用 無制限 3,000万円 3,000万円 無制限
緊急歯科治療費用
疾病死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
賠償責任 1億円 1億円 1億円 1億円
携行品損害 20万円 10万円 50万円
生活用動産 100万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 10万円 10万円 10万円 10万円
航空機遅延 2万円 2万円  2万円 2万円
テロ等対応費用 1万円
弁護士費用 100万
保険料 112,190円 91,780円 113,870円 131,210円

オーストラリア渡航6ヶ月のケースでは、引き続き基本的にはBプランが圧倒しています。他のプランも特徴がないため基本はBプランがおすすめです。これよりさらに下げていくとなると、治療救援費用の引き下げ、傷害死亡・傷害後遺傷害の引き下げなどで金額をさらに下げていくことが可能です。

オーストラリアワーホリ1年渡航の場合のワーホリ保険カスタマイズのポイント

補償面 Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン
傷害死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
治療・救援費用 無制限 3,000万円 無制限 無制限
緊急歯科治療費用
疾病死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円
賠償責任 5,000万円 1億円 1億円 1億円
携行品損害 30万円 10万円 50万円
生活用動産 100万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 10万円 10万円 10万円
航空機遅延 2万円  2万円 2万円
テロ等対応費用 1万円
弁護士費用 100万
保険料 209,680円 196,500円 199,680円 253,020円

1年も引き続き、Bプランがおすすめです。これよりさらに下げていくとなると、治療救援費用の引き下げ、傷害死亡・傷害後遺傷害の引き下げなどで金額をさらに下げていくことが可能です。

まとめ

紺碧の海やどこまでもひろがる地平線。都市化が進んだ街中を一歩出れば、大自然に包まれる国オーストラリアは多くの日本人ワーホリ参加者に人気があります。また、他の欧米と比べ人種差別が少ない国として知られており、外国人にも住みやすい国でもあります。毎年、多くの方がオーストラリアのワーホリに参加されますが、その多くが保険に関する悩みを持っておられます。オーストラリアに長期滞在する際に心配だと思う点を明確にし、ご自分に合った保険に加入してください。

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を