留学保険

オーストラリアでの実際の体験談からみる、留学・ワーホリ保険必須の理由とは

海外へ渡航する際、旅行でも留学でも絶対に忘れてはいけないのが海外(留学、ワーホリ)保険です。留学やワーホリとなると保険の加入期間も長期となってしまうため、それなりの保険料を払わなければいけないのも事実ではあります。ですが万が一、何か起こってしまった際に自分自身で医療費等の支払いができますか?日本でもそうですが、海外でも保険に加入していないと医療費というのはかなりの高額になるのです。今回は読者の方から、オーストラリアで実際に体験した体験談をご紹介いたしますので、ぜひ皆さんも自身に置き換えて考えてみてください。 続きを読む

カナダの治安・医療事情からみる最適な留学保険は?

日本人渡航先ランキングでは9位(JNTO HPから抜粋)という人気渡航先であるカナダ。英語も学べたり学問水準も高いことから、留学先としても大人気です。今回は、そんなカナダに胸膨らませて渡航されるにあたって、現地の治安・医療状況を踏まえて、加入した方が良い保険内容についてまとめました。また、カナダの医療費は、非常に高額だ!といったお話や、カナダは医療費無料のため健康保険制度が整っているといった定義の異なる内容が散乱してしまっていますので、そういったことも踏まえて改めてカナダの現状をまとめていますのでご確認ください。

続きを読む

ニュージーランドへの留学に必須の留学保険の選び方

ニュージーランドは他の英語圏よりも生活費もかからず、また少人数制の英語学校なども充実しており、語学留学をはじめとした日本人の留学先として人気の高い国です。またロードオブ・ザ・リングのロケ地になるほど自然も充実しておりプライベートも満喫できること間違いなし!ではそんなニュージーランドに留学するにあたり医療事情や留学するにあたって保険加入等はどのようにすればよいのでしょうか。ここではこれらの疑問について一つずつ解説していきます。さあこれを読んでニュージーランド留学への第一歩を踏み出しましょう!
続きを読む

ホームステイの心得と起こり得る保険トラブル

海外留学やワーホリの最初の滞在先として最もポピュラーなのがホームステイです。
右も左も分からない土地で、新しい暮らしをスタートする際には、土地や文化の勝手がわかったホストのお宅に滞在することは最適な選択肢だと思います。
最初の数週間、数ヶ月だけホームステイという人や、滞在中は全てホームステイなど、いろいろだと思いますが、以下、ホームステイの心得や、ホームステイにあった海外旅行保険を紹介します。 続きを読む

【オーストラリア留学】渡航期間別の費用内訳と削減ポイント

イギリスにルーツを持ち広大な大地と温暖な気候で冬が一年中来ない都市が数多くある事で有名な留学地と言えばオーストラリアです。そのオーストラリアですが以外にも日本と国交はすでに150年以上も続いているのだそうです。また経済面でもつながりが強くオーストラリアが輸出している国産物を第3位の規模で輸入しているのが日本です。

文化面でも交流が盛んでオーストラリアから日本への旅行者数は過去4年で4倍にもなっているのです。 続きを読む

入っておくべき?海外留学保険の歯科治療補償について解説

歯に関わる病気や痛みは突然やってきます。いざ痛み出したら仕事や生活に支障ができるくらい痛みになり、何をするにも億劫になってきますよね。海外への留学など長期にわたる海外生活をお考えの方は、まず何よりも念のため出発の半年前くらいから予防も兼ねて歯の検診にいくようにしましょう。 続きを読む

安心して海外留学ができる!留学保険のすすめ

海外への留学はスキルアップの最も効率的な手段のひとつです。長期間滞在して、生活しながら学ぶことは、専門知識の獲得と同時に生活習慣や文化の違いについても濃密な体験ができます。しかし、そこで問題が発生するとやっかいなことになりがちです。魅力的な体験となるはずの生活習慣や文化の違いが、今度は大きな壁となって立ちはだかります。 続きを読む

【フランス留学保険】医療制度、医療費水準などをプロが解説

こんにちは。保険Times編集部です。

2014年日本人留学先ランキング第7位のフランスにおける医療費事情についてまとめました。

フランスへは、語学留学、専門留学(お菓子、料理、音楽、アート、ヘアメイク、バレエ留学)など渡航目的は多岐に渡っているかと思います。留学する上で、現地で通院・入院などの事態に遭遇した時にどう対処すべきか、そのような事態に対して事前準備できることはないかなど、渡航前に確認していただければと思います。

続きを読む

【1ヶ月〜1年分】バリへの留学費用と費用削減のポイント

こんにちは、保険Times編集部です。

約5,100kmと東西に細長く、世界最大の島嶼国家インドネシア。その島の数は13,000以上とも言われています。その中で日本人の観光行き先別ランキングで常に上位にランクインされるバリ島は、インドネシアの島の中でも独特の伝統・文化を育んできた、インドネシアを代表する一大観光地です。
続きを読む

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を