ワーホリ費用

ポーランドのワーホリ費用を期間別に検証!費用の気になる中身や費用削減のポイントは?

音楽家ショパン、化学者キュリー夫人、天文学者コペルニクスなど、数多くの偉人を輩出する国ポーランド。歴史溢れるこの国には、街を彩る特徴的な色や形の建物や、他のヨーロッパ諸国とは志向が異なる金と黒を基調とした落ち着いた教会があり、数多くの外国人観光客から人気があります。ポーランドとのワーホリは2015年に開始された上、英語圏ではなく、ポーランド語も日本では比較的マイナー言語のため、ワーホリ先の国としての知名度は低いですが、ヨーロッパの中でも一味違った生活が楽しめるとして密かに人気のある国です。今回は、そんなポーランドでのワーホリにかかる費用をご紹介していきます。

続きを読む

【デンマーク・ワーキングホリデー】費用と費用削減のポイント

洗練された、芸術性の高いデザインが特徴のインテリアやファッションブランドを多く輩出する国、デンマーク。カラフルな家々が軒を連ね、オシャレなカフェからは、目の前の川をゆっくりと下る船を見ることができ、人生で1度は住んでみたい国として多くの方に人気があります。そんなおとぎ話に出て来るような国デンマークとは、2007年よりワーホリが開始され、デンマーク語に加え、国民の英語力の高さから英語も同時に学べる唯一の国として知られています。今回は、北欧で最も美しい国の1つ、デンマークでのワーホリにかかる費用をご紹介していきます。
続きを読む

アルゼンチンへのワーホリを検討の方必見!ワーホリ費用の気になる中身と費用削減のポイント

2017年に南米初のワーホリ提携国となったアルゼンチン。アジアやヨーロッパと比べ留学先やワーホリ先の国としての知名度は低いものの、世界遺産である「イグアスの滝」や「ロス・グラシアス国立公園」の氷河は世界的に有名です。また、南米の国のイメージとしてラテン系で少し派手なものを想像しますが、アメリカに次ぐ移民大国と言われており、そのほとんどはヨーロッパからの移民のため街中には西欧の落ち着いた雰囲気が残っています。言語は英語と中国語に次いで使用人口が多いスペイン語で、第二外国語としてスペイン語を習得したいという方にもアルゼンチンはお勧めです。今回は、そんなアルゼンチンのワーホリにかかる費用を期間別にご紹介。また、ビザ情報やアルゼンチンワーホリのメリットなども併せてご紹介していきます。

続きを読む

シンガポールへワーホリを検討の方必見!ワーホリ費用の気になる中身と費用削減のポイント

世界の金融センターであり、最もビジネスに適した国と言われるアジアのエリート「シンガポール」。近年、目覚ましい発展により、勤労者世帯の世帯当たりの平均月収は90万円を超え、その経済規模の拡大は衰えることを知りません。ビジネスパーソンにとって憧れの地であるシンガポールは、密かにワーホリ先の国として人気があります。日本からのワーホリ参加者の多くはオーストラリアやカナダなどの英語圏、台湾などの中国語圏に行きますが、ワーホリ後のキャリアを考慮しここシンガポールでワーホリをする方が増えてきています。今回は、シンガポールでのワーホリにかかる費用を期間別にご紹介していきます。

続きを読む

台湾のワーホリ費用を期間別に検証!費用の気になる中身や費用削減のポイントは?

世界きっての親日国家である台湾。近年は、航空網の発達により格安でアクセスできる上、人当たりが良く、食べ物も美味しい人気観光国として有名です。旅行先として有名な台湾ですが、日本とワーキングホリデーの協定を結んでおり、中国語(台湾華語)を使った業務経験ができる国としても人気があります。特に、現地学生を対象とした日本語講師は人気で、今後、海外で日本語教えてみたいという方には台湾が最適です。また、温厚で親日家が多いと言われる台湾は、ワーホリのような長期滞在者にとってはとても生活をしやすい国と言えます。今回は、そんな魅力溢れる国、台湾でのワーホリにかかる費用を期間別にご紹介していきます。
続きを読む

ノルウェーのワーホリ費用を期間別に検証!費用の気になる中身や費用削減のポイントは?

北欧の西岸に位置する国、ノルウェー。世界きっての福祉国家であるこの国は、国民の幸福度は毎年トップ3にランクインしています。日本とは2013年よりワーキングホリデーの協定を結んでおり、北欧での生活やノルウェー語に興味がある方に人気の国です。そんなノルウェーの国民性は少しシャイではありますが、社会全体で外国人を受け入れる体制が整っているため、他の欧米諸国と比べても際立った差別などはなく、非常に生活がしやすい国としても知られています。 続きを読む

香港のワーホリ費用を期間別に検証!費用の気になる中身や費用削減のポイントは?

アジア最大級の国際都市、香港。年々成長し続ける経済は、とどまることを知らず、日系企業はもちろんのこと世界中から外資系企業が集まる大都市です。日本と香港がワーキングホリデーの協定を結んだのは2010年。そのためか、オーストラリアやカナダなどと比べてワーホリ情報が少ない国の一つです。今回は、そんな香港でのワーホリ費用を期間別にご紹介していきます。他のワーホリ有名国と比べて、ワーホリ期間をベースに現地採用や現地での起業が多いとされる香港で、新しいキャリアを求めてみてはいかがでしょうか。

続きを読む

ニュージーランドのワーホリ費用を期間別に検証!費用の気になる中身や費用削減のポイントは?

季節によって様々な表情を見せてくれる大自然。先進国として生活環境が整った都市部。そんな相反する魅力が詰まった国、ニュージーランドでのワーホリを今回はご紹介していきます。北米やヨーロッパ、韓国などの都市部をメインにするワーホリとは異なり、ゆったりとした自然の中で仕事ができる「フルーツピッキング」や「ファームステイ」が魅力のニュージーランド。また、文化的にイギリスの影響を強く受けており、ヨーロッパ風の街並みをゆっくり散歩するなど、休日の観光などにも適したワーホリ先となっています。ニュージーランドのワーホリでかかる費用を期間別にご紹介していきますので、ワーホリをしてみたい、という方は是非、参考にしてみてください。 続きを読む

韓国へワーホリを検討の方必見!ワーホリ費用の気になる中身と費用削減のポイント

古来より、文化的に強い繋がりを持ち、現在も文化だけでなく経済的にも日本と影響を与え合う国、韓国。ここ韓国での実務経験を積むことで、その後、日本や韓国を舞台に活躍していけるだけの素地を築くことができます。そんな国際的な仕事感覚を身につけられるのがワーホリです。日本では、未だに英語一辺倒の外国語能力を求められますが、隣国である韓国では第二外国語として日本語を学ぶ方も多く、日本語力があるというのは一つの武器になります。 続きを読む

ドイツのワーホリ費用は一体いくら?内訳と費用削減のポイント

留学に次いで、海外生活やキャリアアップができることで人気のワーホリ。他国でのワーホリと異なり、非常に自由度の高い「ドイツ」でのワーホリはお考えになったことはありますか?ドイツと言えば、あまりワーホリ先としての知名度は高くなく、むしろドイツのワーホリ・プログラムの存在すら知られていません。しかし、ワーホリ先としてのドイツは、ビザの自由度を中心に他の国よりもメリットが多いのです。今回は、ドイツでのワーホリにかかる費用を期間別にご紹介していきます。その他、ビザの取得情報などもご紹介しますので、是非参考にしてみてください。 続きを読む

海外保険料を