【ポーランド】留学生でも助かる物価の安さ!必要な留学費用とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

たくさんの歴史に富んだ国ポーランド。音楽家のショパンや科学者のキュリー夫人など歴史的に名を残した人物が生まれた国でもあります。そんなポーランドはカラフルな町並みが印象的であり、歴史あるたくさんの建物たちが美しい景観を作り出してくれているのです。また、日本からポーランドへ旅行へ行くという方もまだまだ少なく、マイナーな国であり、インターネットでの情報も少ないのが感じられます。また、ポーランドへは成田空港から直行便が出ており、その直行便を利用しても半日ほど掛かり、乗り継ぎ便を利用すると半日以上掛かってしまうようです。

そんなポーランドではポーランド語を学べるのはもちろんのこと、英語を学ぶことができる学校もあるとのこと。たくさんの歴史や自然に触れながら勉強できる環境が整っているのは、ポーランド留学の一つのメリットでもあります。では、ポーランドで留学するとどれほどの費用が必要となってくるのでしょうか?具体的に掘り下げていきながら詳しく見ていきましょう。

記事のポイントポーランド留学は、1年間ポーランドで学校に通学しながら過ごすとなると、170-400万円程度の高額な費用がかかります。留学費用を少しでも抑える観点では、ある程度日本で勉強し語学学校はパスする、また食事も高いため自炊をする等といったことが有効でしょう。留学保険に関しては、留学エージェントから25万円/年程度の保険を提示されたものから、保険Timesに相談したことで14万円/年程度に抑えられたという事例が多数あります。滞在費を抑える方法の一つとしてご活用ください。
<<保険Timesへのご相談はこちら>>

1.1ヵ月のポーランド留学の費用はいくら?

1ヶ月という短期間で考えると長期間のワーホリ費用もイメージしやすくなってきますよね。まずは1ヶ月のワーホリ費用を見て行きましょう!

項目 費用(シェアハウス) 費用(一人暮らし)
学費(入学金、テキスト代含む) 60,000〜180,000円 60,000〜180,000円
家賃 20,000〜30,000円 30,000〜70,000円
生活費 30,000~50,000円 50,000~80,000円
合計 110,000〜260,000円 140,000〜330,000円

今回、よりイメージしやすいように費用項目を一人暮らしとシェアハウスで分けてみました。下記の表を見ていただくと、日本での1ヶ月の生活費とあまり変わらないと感じた方も多かったのではないでしょうか?どれほどの生活レベルをキープするかによりますが、良い生活をしようと思うとやはりそれなりに生活費も上がってきます。では、上記の表の内訳を見ていきましょう。

 

2.ポーランド留学1ヶ月の学費

入学金:学校によって差あり(入学金なしの学校もある)

授業料:60,000〜180,000円

教材費:学校によって差あり(入学金なしの学校もある)

 

ポーランドにはポーランド語以外に英語を学べる学校も多数あるようです。ちなみに上記の費用は語学学校でポーランド語を学ぶ場合の費用となっております。語学学校の中には夏期になると通常よりも高くなる学校もあるようです。そのため、ポーランドへ留学される際は時期も一緒に考慮する事で節約することができるでしょう。

ちなみに、ポーランドでは語学学校へ通うより大学や大学院へ正規留学する方が授業料は安く済みます。学校によって異なりますが、年間で約24~72万円ほどで賄えるのだとか。語学学校へ行く事と比較すると大きな節約となります。そのため、問題なく授業を受けられる語学力があるようであれば、大学や大学院へ進まれるのもオススメでしょう。

 

2-1.航空費

航空券(往復)は100,000〜150,000円ほど見積もっておくといいでしょう。この金額は選択する航空会社や時期によって価格も大幅に変動してきます。LCCなどを利用すれば、100,000円を切る航空券も販売されているようです。しかし、そのような航空券は乗り継ぎが多かったり、キャンセル、変更ができないものも多いため、購入する前にはしっかりと条件等を確認するようにしましょう。

少しでも節約するために格安航空券はゲットしたいものです。そのためにも渡航日等が決定したら、なるべくすぐに予約されることをオススメします。航空券というのはやはり安いものから売り切れていくものですから、セールなどのチャンスは逃さないようにしましょう。

 

2-2.生活費

実際に住んでみないと具体的にイメージできないのがこの生活費です。ヨーロッパの中にあるポーランドの物価は果たして高いのでしょうか?ヨーロッパというイメージだけで考えてみると、少し高いイメージがあるかもしれません。具体的に現地での生活をイメージしておくためにも、細分化して見ていきましょう。

 

①交通費

下記にあるのがポーランド ワルシャワでの定期券の利用料金です。

30-days personal ticket (約1ヶ月間有効)
ゾーン 1  110ズウォティ (約3,300円)
ゾーン 2  112ズウォティ (約3,400円)
ゾーン 1+2 180ズウォティ (約5,500円)90-days personal ticket (約3ヶ月間有効)
ゾーン 1  280ズウォティ (約8,500円)
ゾーン 2  282ズウォティ (約8,600円)
ゾーン 1+2 460ズウォティ(約14,000円)
ポーランドのワルシャワではバス、トラム、地下鉄が乗り放題のシティカードというものがあります。こちらはオンラインで購入する方法と駅などのサービスセンターで購入する事が可能なようです。
留学中の方で学生証をお持ちの方は上記の価格からさらに割引もされるとのこと。市内に住み交通費を節約するか、少し郊外に住み家賃を節約するか、様々な方法があるかと思いますが、皆さんのライフスタイルに合わせて何がベストなのかを考えるようにしましょう。

②食費

生活する中で欠かせないのがこの食費です。こちらは日本と同様で自炊をするのであれば、かなり節約することが可能です。平日はしっかりと自炊をするだけでも10,000~30,000円程度で抑えることができるのではないでしょうか。ポーランドでは日本と同じような野菜もたくさん売られているので、ジャパニーズショップなどで調味料などを調達する事で比較的簡単に自炊することができるのではないかと思います。

また、外食するとなるとランチは大体1,000円ほどで抑えることができ、ディナーでお酒を嗜んだとしても2,000~3,000円ほどで抑えることができるようです。そのようなことから平日はしっかりと節約し、週末に少し贅沢をするというスタイルもいいかもしれませんね。

 

③家賃

家賃も生活していく中で必須となる項目。今回はシェアハウスとひとり暮らしの家賃相場で見比べてみましょう。

まず家賃を安く抑えることができるのがルームシェアです。もちろん部屋の大きさ、立地にもよりますが1ヶ月20,000~30,000円で抑えることができるのはとても魅力的です。しかも、家賃と併せて払わなければいけない光熱費も同居人と一緒に払うことができるので、かなり経済的と言えるでしょう。

次にひとり暮らし。こちらも部屋の大きさ、部屋数、立地によって異なってきますが大体30,000~70,000円ほどで見つけることができるでしょう。しかし、シェアハウスと比較するとかなりの出費にはなってきます。できるだけ出費を抑えながらひとり暮らしがいいという方は郊外のアパートメントなどを選びましょう。シティまで出てくるのに公共交通機関は必要となってきますが、節約しつつ、静かでポーランドの自然を堪能しながら生活を楽しむことができるのではないでしょうか。

 

④通信費

現地で生活するにあたって、携帯電話がないとやはり不安!!その中で語学がままならないからと言って、留学エージェントなどに携帯の手配も任せてしまうなんていう人も多いのではないかと思います。しかし、それは大きな罠です。実際に現地の携帯会社での契約と留学エージェントでの契約では現地の携帯会社で直接契約する方が断然的に安いです。

ポーランドでは5つの主要携帯会社が存在しております。インターネットもしっかりと使えるようなプランだと大体1,600円ほどのものが必要となってくるようです。それでも日本の携帯会社と比較するとかなり安いのではないでしょうか。携帯は人それぞれ使い方が全く違いますので、皆さんのライフスタイルに合ったものをしっかりと見極めて選ぶようにしましょうね。

 

3.6ヵ月のポーランド留学の費用はいくら?

イメージがつきやすいようこれまでに1ヶ月単位での留学費用を見て参りました。では、6ヶ月の留学となるとどれほどの費用が掛かってきてしまうのでしょうか?実際に見ていきましょう。

項目 費用(シェアハウス) 費用(一人暮らし)
学費(入学金、テキスト代含む) 360,000〜1,080,000円 360,000〜1,080,000円
家賃 120,000〜180,000円 180,000〜420,000円
生活費 180,000~300,000円 300,000~480,000円
合計 660,000〜1,560,000円 840,000〜1,980,000円

ポーランドで6ヶ月留学するとなると最低でも約60万は必要となってくることが分かりました。1ヶ月の費用を見ていただいた際にポーランドの物価は比較的安いということが分かったかと思います。しかし、6ヶ月という単位で見てみるとかなりの費用が必要となってくるように感じられます。

ちなみにポーランドでは日本国籍を保有しているとワーキングホリデービザ、学生ビザ共に費用は無料です。そういった点からも比較的留学しやすい地域なのではないかと思います。

4.1年間のポーランド留学の費用はいくら?

これまでは1ヶ月、6ヶ月の最低留学費用を見て参りました。全て最低金額ですので高いといえども比較的安い金額を見ていただいたのではないかと思います。では、1年間ポーランドで留学するとなるとどれほどの金額が掛かってくるのでしょうか?実際に見ていきましょう。

項目 費用(シェアハウス) 費用(一人暮らし)
学費(入学金、テキスト代含む) 720,000〜2,160,000円 720,000〜2,160,000円
家賃 240,000〜360,000円 360,000〜840,000円
生活費 360,000~600,000円 600,000~960,000円
合計 1,320,000〜3,120,000円 1,680,000〜3,960,000円

先ほどの6ヶ月の費用と比較してみても、当たり前のことですが費用は倍掛かってくることが分かりました。働いてお金を調達しながら勉強に励むのであれば問題はありませんが、日本で調達したお金だけでやりくりしようと思うと、かなり切り詰めていかなければならないことが分かります。

ちなみにポーランドの時給を皆さんはご存知でしょうか?ポーランド政府は時給12PLN以上払うことを義務としていますが、これを日本円にするとなんと約330円。物価も比較的低いため、時給もそれなりの額となってしまうのです。留学中に資金不足にならぬように計画的に貯金するようにしましょう。

保険Times海外保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。留学費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも留学費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

まとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか?ポーランドでの留学に必要な費用を知っていただいたことで具体的なイメージをしていただけたのではないかと思います。物価が安いポーランドですが、安心してしまうと資金不足に陥ってしまいます。それを避けるためにも渡航前には計画的に貯金するようにしましょう。余裕を持って留学を楽しむためにも必須事項ですよ。ポーランドの美しい景観と共に思いっきり留学ライフを楽しんでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を