フィリピン留学費用は一体いくら?費用削減の4つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは。保険Times編集部です。

フィリピンはアジアの国の一つであり、欧米に比べて比較的短時間で、そしてリーズナブルな値段で行く事ができる国です。フィリピン留学の最大の魅力はマンツーマン授業を安く受けられることにあり、近年では欧米でのワーキングホリデーにむけて語学の上達を図る為に、二か国留学の一か国目としてフィリピン留学を選ぶ方も少なくありません。ではこれから留学するとなると留学費用はいくらになるのか気になりますよね。留学費用は安いに越したことはありませんし、少しでも費用を抑えたいと思うのではないでしょうか?

そのようなあなたに向けて「フィリピン留学の費用」と「費用削減のコツ」をお伝えします。フィリピン留学への出発に向けて計画を進めている方などは、ぜひ参考にしてみてください。

記事のポイントフィリピン留学は、1年間フィリピンで学校に通学しながら過ごすとなると240万円~280万円程度の高額な費用がかかります。留学費用を少しでも抑える観点では、現地の生活費・住居費を考えながらバギオやダバオの様な滞在先を選定する、授業を受ける際に数人単位の相部屋を利用すること等が最も有効でしょう。留学保険に関しては、留学エージェントから25万円/年程度の保険を提示されたものから、保険Timesに相談したことで14万円/年程度に抑えられたという事例が多数あります。滞在費を抑える方法の一つとしてご活用ください。
<<保険Timesへのご相談はこちら>>

 

フィリピン留学の費用を徹底調査!いくらあれば留学できるのか?

フィリピン留学に必要な費用は主に4つ挙げられます。それは学費、航空費、生活費、その他準備費です。この4つの金額の合計が大まかな留学の費用になります。航空費に関しては一時帰国などで日本に戻らない場合、往復の一度きりです。ですが、学費と生活費に関しては滞在する期間、受ける授業のコースによって大きく変わります。そのため、自分がどのくらいの期間でどのように学ぶのかにあわせて必要な金額を計算することが大切です。今回は一般的な留学の期間である1カ月、6カ月、1年間の3つの期間にわけて説明します。具体的な金額も紹介するので、チェックしてみてください。

1ヵ月のフィリピン留学の費用はいくら?

留学は一週間単位から申し込みが可能です。一か月(4週)の留学は期間が短いので、特に長期休暇に入った学生が選ぶことが多いです。期間も短いので費用の負担もそれほど大きくならないのも特徴です。では1カ月間フィリピン留学をすると費用はいくらかかるのか見ていきましょう。結論としては、200,000円~350,000円くらいはみたほうがいいでしょう。

費用項目 金額
学費 150,000~200,000円
航空費 50,000~80,000円
生活費 7,000~10,000円
その他 43,000~60,000円
合計  200,000~350,000円

費用全体に占める割合が多いのが学費ですが、受けるコースによって、また支払いは米ドルで行うので申込時期によって値段が変わってきます。また、周辺にはリゾート地や観光地が多くあるので、予定に入れようと思う方はお金に余裕を持たせておくとよいでしょう。留学生活を有意義なものとするために、予算設計はしっかりと行うことが大切です。

それでは具体的な内訳を紹介します。

1ヶ月のフィリピン留学の学費はいくら?

学費は学校ごとに行っているカリキュラムが違うので一概には言えませんが、一か月では150,000~200,000円程かかります。フィリピンにあるほとんどの語学学校は、寮費・食費・洗濯費・清掃費等の費用を含んだ見積もりを学費として出しています。そのため、費用全体に占める割合が高くなっています。

学校によって行っているカリキュラムは異なるのですが、1コマ45~60分でマンツーマン授業とグループ授業を受けることができます。もちろんマンツーマンの授業が多くなればなるほど費用は高くなり、グループ授業を増やせば費用は安く抑えることができます。授業の科目(発音・リーディングなど)を自分でカスタマイズできる学校もあります。学校は自分で選ぶことができるので予算とカリキュラムを見て自分に合うところを探すと良いでしょう。ちなみにFella1の場合(1:1 6時間、1:8 1時間、大人数授業 1時間) は約202,000円、C2 UBEC English Academy(1:1 6コマ×45分、1:4 2コマ×45分) は約179,000円ですので参考にしてください。

フィリピンへの航空費はいくら?

大体50,000円~80,000円を見積もっておくといいでしょう。高い時期に行くと70,000円以上かかってしまいますが、格安航空券だと往復40,000円以下の値段で購入できることもあります。

航空券を購入する際に注意しなければならない点が一つあります。フィリピンへ行く際、往復の航空券(フィリピンを出国するチケット)を持っていないと出国できない恐れがあるということです。出国手続き時に帰りのチケットの提出を求められるので、その際にチケットを提出できなければ出国できません。短期留学の方はいいですが、二か国留学をする方は日本には帰らずにフィリピン留学を終えてそのまま次の国へ出発するということもあるでしょう。その際は「捨てチケット」というものを購入するしかありません。出国するためのチケットであり、実際に使用することがないので「捨てチケット」と呼ばれます。片道航空券に10,000円~20,000円ほど足して見積もっておけば大丈夫でしょう。近隣国だと5000円程で済む場合もあります。「捨てチケット」はいらないという方もいますが、トラブルを回避するために、帰りの予定が決まっていない場合は持っておいた方が無難です。

フィリピンの生活費はいくら?

次は生活費です。ほとんどの費用は学費に含まれているのですが、SSP発行費・寮保証金・電気代・水道代・教材代は現地に着いてから学校に支払わなければなりません。ここでは電気代と水道代を考慮に入れております。電気代(4週)が約4500円~6000円、水道代が約1500円です。食費は学費に入っていますが、週末に外食する場合はその分別途費用が掛かります。物価がかなり安いのでパブへ行ってお酒を飲んでも1人約1500円で満足できます。

寮は学校に併設されていますので、学校への通学費は必要ありません。タクシーの初乗り料金も約120円と日本に比べて格安です。片道1000円あれば不自由なく移動できるでしょう。ほとんどの料金は学費の所で払っているのでここで実際に払うのは電気代・水道代・外食費ぐらいとなります。光熱費は使いすぎると後から追加請求される恐れがありますが、日常で使用する分には神経質になる必要はありません。

フィリピンの留学保険とその他の費用はいくら?

ここには保険金代の他、入学代金・寮のデポジット、SSP発行費、ビザ更新費用、交友費用等を含めています。

一か月の留学保険

1ヶ月の場合の留学保険は、5,000円~15,000円となります。1ヶ月渡航の場合は、クレジットカードの付帯保険で済ませる方もいます。ただ、現地での盗難や滞在先の学生寮で物品を破損させてしまう、若しくは事故や病気にかかってしまい、病院への通院が発生する場合には多額の費用がかかり、クレジットカードの付帯保険で賄えない可能性もあります。留学エージェントに申し込んでいる方はエージェントから保険加入の案内があるでしょう。それを参考にするのも一つの手です。特に現地では留学生のスマートフォンや財布の盗難被害がよく発生しているので必ず保険には入っておきましょう。

入学代金

入学時に約15,000円必要な学校があります。学校を選ぶ際は確認しましょう。

寮のデポジット

これは水道代・電気代と共に、現地に着いて支払わなければならない費用です。学校によって基準はバラバラですが、一か月の場合は約6000円です。このデポジットは退寮日に破損物などがなければ帰ってくる費用です。学校により、帰国日の約一週間前に半額を返還してくれるところもあります。

SSP発行費・ビザ更新費用

SSPとはフィリピンで語学研修を受けるために必要な許可証の事です。これは例え1週間の短期留学であろうとも全員が支払わなければならないもので発行必須となっています。一方でビザ更新費用は一か月(4週)の方までは必要ありません。5~8週滞在する方は約10,500円です。それ以降は4週毎に約8,500円のビザ更新費が追加されます。さらに二か月以上滞在する方はACR-I(外国人登録証)の取得義務があり、約9,000円~12,000円ほどかかります。手続きは学校が代理で行ってくれるところがほとんどなので、それぞれの学校の指示に従ってください。

交際費

セブ島への留学の魅力はなんといってもリゾート地であり、楽しみながら語学を勉強できるところでしょう。オスロブのジンベイザメウォッチングや島を巡りながらシュノーケリングが楽しめるアイランドホッピング、囚人と一緒に踊ることもできるセブ刑務所でのダンス鑑賞会といった、セブ島ならではの場所が数多くあります。オスロブのジンベイザメウォッチングはガイドブックにも載っている人気No.1アクティビティで多くの留学生も訪れる場所です。費用は約15,000円~25,000円。自分で手配するか、ダイビングショップに申し込むか等で大きく変わってきます。学校で仲良くなった方と週末に出かける機会も多くなるでしょうから観光も行きたいという方は最低でも40,000円は見ておきたいところですね。

6カ月(24週)のフィリピン留学の費用

1ヵ月間の留学だけでは物足りない、でも1年間は長すぎるという方は半年間の留学がおすすめです。語学力が身につくだけでなく、環境にも徐々に慣れることができます。比較的短期の方が多いので先生との信頼関係も築くことが出来ます。では、6カ月間の留学の場合はいくらの費用が必要なのでしょうか?

先にお伝えすると、半年間のフィリピン留学でかかる費用は1,115,000円~1,480,000円くらいが目安となります。

内訳は以下の通りです。

費用項目 金額
学費 900,000~1,180,000円
航空費 50,000~80,000円
生活費 45,000~60,000円
その他 120,000~160,000円
合計  1,115,000~1,480,000円

やはり一か月留学と比べるととても高く感じます。先に述べたように、長期留学の方はビザ延長費用やACR-I(外国人登録証)を取得しなければならないので、短期留学の方と比べるとどうしても費用がかさんでしまいます。しかし、長期になればなるほど授業料を割引してくれる学校もあります。

保険Times海外保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。留学費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも留学費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

 

1年(48週)のフィリピン留学の費用

フィリピンでの語学留学では一年という期間滞在する方は稀ですし、ほとんどの語学学校のHPでは一年間のプランで料金を出してくれているところは少ないです(多くは24週まで)。期間も一年間と長期になるので、いくらかかるのかを事前に把握しておくことが大切です。ではこれから一年間フィリピンで語学留学しようという方はどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

結果は、1年(48週)フィリピン留学を行うには2,415,000円~2,805,000円かかるでしょう。

期間が長いぶん、生活環境や留学学校によってかなり差が生まれてしまいますが、最大2,810,000円あれば安心です。細かい内訳は以下の通りです。

費用項目 金額
学費 2,100,000~2,360,000円
航空費 50,000~80,000円
生活費 90,000~120,000円
その他 175,000~245,000円
合計  2,415,000~2,805,000円

 

学費に関しては学校によって変わりますが、だいたいこの辺りに収まってきます。やはり長期で滞在する分ビザの延長費用が大きくなり、48週で約100,000円程です。一年間向けのプランを用意していない学校が多いので、学費が単に6か月の二倍と計算されます。

別のプランとしては、一つの学校に4か月通って卒業し、他の学校に入学するという方法も可能です。卒業する前に学校探しを行い、書類を提出して受付が済めば別の学校へそのまま入学することが可能です。その場合、入学金・デポジット等は新たに支払う必要があります。

最初は短期で1つの学校に入学して、留学しながら料金を比較して学校を変える、または今の学校で滞在期間を延長するというのも一つの方法です。かかる費用が大きいので自分に合う学校を見極めるためにもしっかりと考えましょう。

フィリピン留学の費用を削減する4つコツ

フィリピン留学では欧米留学では難しいマンツーマン授業をリーズナブルな値段で受けることが出来ます。しかしいくら安くても留学期間が長くなればなるほど費用がかかってしまいます。少しでも安く留学費用をおさえたいですよね。そこで、「フィリピン留学の費用を削減する4つコツ」をお伝えします。実はすこし工夫するだけで、留学に必要な金額を少し安くおさえることができるのです。簡単なものばかりなので、ぜひ実践してみてください。

都市の物価を把握する

1つ目のコツは、「都市の物価を把握すること」です。場所によって物の値段が大きく変わってくるので、つまり少しでも物価が安いところに留学をすれば、必然的に留学費用を安くおさえることが可能となるのです。では、どこの街の物価が安いのでしょうか?

フィリピンの都市で代表的な場所がバギオやダバオです。最近はフィリピン全体で語学学校の費用も高くなってきてはいますが、バギオやダバオなどの都市はセブと比べると田舎なため、物価が安く学費もその分リーズナブルな値段となるのです。

反対に、マニラやセブはフィリピンで一番と二番の大都市であるため、人も多く集まりその分物価は高くなります。ただ、大都市であることから買い物等に不便はありません。利便性を追求するなら治安もいいセブが、学費を少しでも安く抑えたい方はバギオやダバオなどの地方都市がオススメです。

相部屋を利用する

学費が大きく変わる要因の一つがカリキュラムですが、もう一つが部屋の利用人数です。申し込みの際に、何人部屋を利用したいかを希望することが出来ますが、少しでも安くするには3人部屋や4人部屋を利用しましょう。1人部屋と4人部屋とでは学費は同じカリキュラムで約2倍変わってきます。

相部屋にする人数が多くなればなるほど学費も安くなります。2月や3月、また7月や8月の繁忙期には部屋が満員状態になりますが、それを過ぎると人も少なくなり、部屋に空きが出ることもあります。4人部屋で申し込んでいれば、仮に3人や2人で利用していたとしても料金は4人部屋の料金になるので、他の方と部屋を共有することに苦痛を感じない方は出来るだけ大人数の部屋を選ぶのがオススメです。大人数での部屋の共有に抵抗を感じる方は2人部屋もあるのでそちらを利用するといいでしょう。特に長期で留学を考えている方は実践すべき項目です。

ジプニー(乗り合いバス)を利用する

週末は授業もないので毎回外へ遊びに行く方が多いです。その際にタクシーを利用していると、いくら料金が日本と比べて安いと言っても積もり積もって高くなってしまいます。ジプニーは一回7ペソ(約16円)で移動することが出来、乗り換えても往復50円程で済みます。日本のバスのように、周回するコースが決まっているので自分たちが行く目的地へ向かうバスの番号と帰りのバスの番号さえ知っていれば大丈夫です。

ただし、このジプニーは注意が必要です。常に缶詰め状態で移動するのでとても窮屈ですし、殆どの利用客は地元の方たちですのでとても目立ちます。それゆえに盗難も発生しやすいので、必ず自分の荷物は胸の前に抱えて目を離さないようにしましょう。始めからジプニーに乗るのではなく、タクシーを利用して慣れてくれば利用するといいでしょう。普段から乗り慣れている先生にジプニーの乗り方を聞いてみるのも、スピーキングの練習となりいいかもしれませんね。

留学保険の費用見直し

留学保険に関しては、どこまでの補償を入れるかによって費用が変わってきます。事故や病院への通院を考慮した治療救援費用と、自分自身の持っていたものが盗まれた・壊れた時のための携行品損害の大きく2つにポイントが大別されます。これらのリスクをどこまで自分でとって、どこからは保険にまかせるのかがポイントとなります。短期留学と長期留学で重視する点が人それぞれで異なるでしょうからどのようにすればいいのか分からない場合は一度保険会社・代理店に相談してみましょう。

保険Times海外保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。留学費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも留学費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

フィリピンの留学費用をちゃんと知り、しっかりとした計画を立てよう

「フィリピン留学の費用」と「フィリピン留学の費用を削減する4つのコツ」をお伝えしました。これから留学しようと思っている方は、どれだけの費用が必要なのかイメージができたはずです。これまで述べてきたとおり、留学費用は長ければ長くなるほど高くなってきますので、期間をまだ決めていない方は予算と相談して決めるといいかもしれません。また、既に滞在期間が決まっている場合は入学する学校を決めたりし、実際にどれぐらいの費用が必要になるかをしっかりと計算し、じっくりと考え綿密な計画を立てましょう。費用は留学地や学校1つ選ぶのにも大きく変動します。自分の行きたい学校とそれにかかる費用を総合的に判断して決めてみましょう。

費用がかかり過ぎて予算を越えてしまった場合は「フィリピン留学の費用を削減するコツ」を参考にしてみてください。費用を抑えるポイントは「無駄をなくすこと」であり、必要な出費ならばそこから無理に削ろうとする必要はありません。最終的な目標を忘れないようにしましょう。

フィリピン留学に必要な費用計画をしっかりと立て、有意義な留学生活を送ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を