ニュージーランド留学の期間別費用とコスト削減のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは。保険Times編集部です。

羊の数が人間の数より多いと言われるニュージーランド。壮大な自然が広がる国ニュージーランドは映画ロードオブ・ザ・リングのロケ地だったことも有名です。そんなニュージーランドは他の英語圏に比べて比較的安く・安全に留学できる国として人気があります。また語学学校など少人数制の学校も多いので海外初心者にもおすすめです。では実際ニュージーランド留学に行くにはどのくらいかかるのか。ここではニュージーランド留学にかかる費用の目安を期間別にご紹介していきます。また、できるだけ費用を抑えて留学できるなら嬉しいですよね。具体的な節約のポイントも併せてご紹介します。

記事のポイントニュージーランドの留学にかかる費用は約200万円~400万円/年と高額。費用の削減ポイントとして、物価の安い都市への渡航に切り替える、自炊をする、しっかりと勉強してレベルの高い公立学校へ編入する、留学保険(プランのカスタマイズ)、現地での就労によって収入を上げて費用を下げるといったことも検討しましょう。留学保険に関しては、留学エージェントから25万円/年程度の保険を提示されたものから、保険Timesに相談したことで14万円/年程度に抑えられたという事例が多数あります。滞在費を抑える方法の一つとしてご活用ください
<<保険Timesへのご相談はこちら>>

ニュージーランド留学の費用を徹底調査!いくらあれば留学できるのか?

それでは、ニュージーランド留学に際しての大まかな経費をみていきましょう。大別すると、学費、航空費、生活費、その他留学保険費などです。留学の期間ごとに1ヶ月、6ヶ月、1年間の3パターンに分けて具体的な数字を挙げてみます。ご自身の留学プランに合わせて、チェックしてみて下さい。

1ヶ月のニュージーランド留学の費用

1ヶ月のニュージーランド留学の平均は約35万円〜45万円です。1ヶ月の短期留学も人気のニュージーランドです。学校は週単位で入学できるところが多いので、プチ留学も十分楽しめます。それでは具体的に1ヶ月の大まかな経費を見ていきましょう。

項目 費用
航空費 8万円〜18 万円
学費 8万円〜16万円
宿泊費 8万円〜14万円
生活費 4万円〜8 万円
留学保険費用 1万2千円〜3万円
合計 29万2千円〜59万円

※2018年2月時点1ニュージーランドドル82円を元にした費用目安です。

航空券代

1ヶ月間のニュージーランドまでの往復航空券の平均は約8万円〜15万円です。時期によって大きく差がありますが、早めの予約でコスト削減が可能です。インターネットの航空券比較サイトを利用して、お得なチケットを見つけて下さい。また、ホームステイや寮は入居日が主に土曜日や日曜日などが多いので、日程を確認した上で予約すると良いでしょう。

学校費用

ニュージーランドの語学学校には多くの小規模な学校があります。少人数制は初心者の方にもおすすめです。あまりにクラス人数が多いとなかなか発言する機会がつかめなかったりしますが、その点少人数制は日本人に向いていると思います。ニュージーランドの1ヶ月の語学学校費用は平均10万円〜15万円です。

宿泊費用

宿泊方法にホームステイが人気のニュージーランド。1ヶ月で約8万円〜12万円です。ホームステイのメリットは、やはり現地の家庭での生活体験ができること。また、学校では先生以外ネイティブと話す機会が少ないですが、素敵なホストファミリーに出会えば週末も一緒に出かけたり、たくさん会話の練習ができます。ニュージーランドはゆっくりと時間が流れスローライフ。優しく親身になってくれるファミリーが多いのも特徴です。また、ホームステイは朝・夕の食事付きなので、現地の食費が抑えられます。

寮は1ヶ月平均約6万円〜8万円。個室なのかドミトリーなのかで料金は変わってきます。学校の敷地内にある寮では、交通費がかからず時間も節約できるメリットがあります。また、他の留学生との交流もできるので、積極的に友達作りをしたい人にぴったりです。ただ寮の場合は、食事は含まれませんので、スーパーを利用して自炊を心がけて節約しましょう。都市によって多少さはありますが、外食をすれば一回千円ほどはかかります。

生活費用

1ヶ月の生活費用の主が食費です。前述にもありますが、ホームステイは食事がついているので、食費の面で費用を抑えられます。ニュージーランドの物価は安いと思われがちですが、実は日本と同じくらいか少し高いくらいです。例えば、レストランでパスタを頼むと約12ドル(約960円)、コーヒーショップでラテを頼むと約5ドル(約440円)です。スーパーでは旬のものは安いですが、それ以外の生活用品は少し割高です。また、日本食料などは日本の2、3倍の金額になります。日本からかさばらないふりかけなど持って行くといいでしょう。

また交通費ですが、ホームステイ先が学校から少し離れている場合など、都市では1ヶ月約1万円ほどかかる場合もあります。その他アクティビティ代など含めて1ヶ月の生活費は平均約5,6万円です。

留学保険

ニュージーランドの治安は良いと言われますが、やはり日本とは少し違います。慣れない場所での海外生活。犯罪に巻き込まれたり、体調を崩すこともあります。また、ニュージーランドではスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツやスカイダビングやラフティングなどたくさんのアクティビティがあります。予期せぬアクシデントが起こった時にもやはり保険は大事です。しっかりと補償内容を確認し自分に合った保険の加入をお勧めします。

ニュージーランド留学保険を安くする方法とは?

6ヶ月のニュージーランド留学の費用

英語を学ぶ上で、ある程度まとまった期間しっかりと学ぶことはとても大切です。個人差はありますが、6ヶ月間は英語で話すことが自然になってくる頃でしょうか。また、友人も増えて楽しく学校生活を送っているでしょう。約6ヶ月間のニュージーランド留学費用は約130万円〜150万円です。

項目 費用
航空費 10万円〜20万円
学費 50万円〜70万円
宿泊費 30万円〜60万円
生活費 20万円〜40 万円
留学保険費用 5万円〜10万円
合計 115万円〜200万円

ニュージーランドの6ヶ月の学校となると、多くは私立の語学学校になります。長期割引がある学校やキャンペーン中の学校をうまく選んでいくと節約になります。6ヶ月間の語学学校で平均約60万円〜65万円です。また、学校も長期になればある程度大規模な設備の整った学校もオススメです。現地の大学やTAFEの準備コースなど自分の目的に合った学校を選んでいきましょう。短期間集中してレベルアップすることは、のちの学校費用の節約にも繋がります。楽しみながらも切磋琢磨できる学校が見つかるといいですね。

6ヶ月のニュージーランド生活をされる方の多くが、1〜3ヶ月のホームステイや寮生活を終えたら、フラットシェアをしています。気の合う友人との共同生活はかけがえのない思い出になりますし、節約にもなります。フラットシェアは1ヶ月平均約5万円〜7万円です。ホームステイに比べて食費がかかりますが、独立した生活スタイルはやはり魅力的ですね。ニュージーランドは予想外に物価が高かったと言われます。食費の節約は必須ですね。外食ばかりにならないよう自炊でコスト削減が基本です。フラットシェアの場合の1ヶ月の生活費の平均は4万円〜6万円です。

3ヶ月以上の留学の場合、学生ビザの申請が必要となります。またその場合、学校の登録とともに海外保険の加入も必須となります。期間と補償をよく確認して安心した留学ライフを送れるように保険を選びましょう。

また、ニュージーランドは自然の中でのアクティビティが本当にたくさんあります。前述にも記載していますが、ウィンタースポーツからラフティングやバンジージャンプなど。また都市によって素敵な場所がたくさんあるので旅行はオススメです。ニュージーランドでしか出来ない事を満喫するために、メリハリをつけた支出管理を心がけたいですね。

1年間のニュージーランド留学費用

さて、1年間のニュージーランド留学となると留学費用の平均は約250万円です。比較的学校の費用が高いですが、質のいい学校の多いニュージーランド。しっかりと勉強をして公立の大学に通うとなれば、費用は抑えられます。

項目 費用
航空費 10万円〜30万円
学費 100万円〜140万円
宿泊費 60万円〜120万円
生活費 40万円〜8 0万円
留学保険費用 10万円〜30万円
合計 220万円〜400万円

1年間の留学となると、ニュージーランドでいろいろなことにチャレンジしたいと思いますよね。アクティビティの種類や頻度によってさらに費用がかかる場合があります。ニュージーランドでやってみたいと思うアクティビティがある方は少し余裕を持って費用を見積もることをお勧めします。また、長期留学の場合週20時間までアルバイトをすることができます。臨時収入を得てアクティビティに参加するのもいいアイディアですね。

ニュージーランド留学の費用を削減するコツ

ここまでは具体的にニュージーランドで留学をするに当たっての、期間別の費用総額を見てきましたが、いかがでしたか?

やはり費用に関してはできるだけ節約できるにこしたことはありませんよね。そこで続いては、ニュージーランド留学の費用を削減するコツを、具体例を挙げて見てみたいと思います。

都市をうまく選ぶ

ニュージーランドの中でもオークランド最大の都市。都会的な部分と自然の両方を味わえるとても魅力的な都市です。ただ、やはり一番コストのかかる都市でもあります。ニュージーランドでも他の都市を選ぶことによって、日本人が少ない環境やアクティビティがもっと身近にできるところもあります。

例えば、オークランドの北島に対して、南島のクイーンズタウン。冬はウィンタースポーツが人気で午前中は語学学校、午後はスキーに出かける学生がとても多いです。なんとも贅沢な過ごし方ですよね。またクライストチャーチは、ニュージーランド第2の街。庭の街と言われるほどイギリス式の美しい公園がたくさんあります。ヨーロピアンな雰囲気も味わえて自然も近い街は人気が高いです。その他本当に壮大な自然の街もありますので、色々と情報を集めてみるのも楽しいでしょう。自分のやりたい事ををきちんと決めた上で、自身にあった都市を選びましょう。生活費の節約に繋がります。

学校のキャンペーンを大いに利用する

ニュージーランドは非常に教育水準の高い国で、世界中からの留学生が集まっています。また多くの質の高い私立語学学校があります。学校によっては、アウトドアなどのアクティビティと語学を合わせた学校など、本当に多種多様です。その中でも私立の学校は時期や期間によって多くのキャンペーンをしているので、ホームページや日本の留学会社を利用してしっかり調べましょう。また、レベルが上がればニュージーランドの大学は全て公立。またポリテクニックと言われる公立の専門学校も充実しています。しっかりと基礎を固めてレベルアップしていけば、思いのほか学費を抑えられます。

アルバイトをする(長期留学の場合)

学生ビザの場合、週に20時間以内の就労が認められています。日本食レストラン・ガイド・お土産ショップなどが日本人に人気のアルバイトです。最低賃金が約13ドルですので、20時間働いて週に約250ドルの収入となります。うまくいけば1ヶ月の生活費を賄えます。また、接客業などのアルバイトではネイティブな英語に触れる機会が多くなるので、英語力アップにも繋がります。都市部では比較的仕事は見つかりやすいので、学業とうまくバランスをとりながら考えましょう。

留学保険の見直し

3ヶ月以上の留学の場合、ニュージーランドでは保険は必須です。また、大学などの独自の保険もありますが、補償の部分をしっかりと確認した上で、プラスαの留学保険に加入しておくと安心です。盗難の補償や怪我の場合の補償など、特に海外でまたダイナミックなアクティビティも多いニュージーランドです。いろいろなことに安心して挑戦するために、しっかりと個別に補償を確認して留学保険を選ぶことは、後々の節約に繋がるでしょう。ちなみにニュージーランドの医療制度についてや、不運にも病気や怪我にあった際の補償金額の支払い例等は以下の記事で詳しく解説しています。

 

まとめ

ニュージーランドの魅力は何と言ってもその自然とKIWI(ニュージーランド人の愛称)の人柄ではないでしょうか。日本とは真逆の季節、雄大な自然、そしてさまざまなアクティビティ。ニュージーランドに行った人にはリピーターが多いと言います。なんとも魅力溢れる国。ニュージーランド留学に行く前にぜひ一度何をしてみたいのか検討されるといいと思います。限られた時間の中で、何に挑戦したいのか。節約できるところと使うところをしっかりと分けて、余裕を持った予算で留学に望んでください。備えあれば憂いなし。素晴らしいニュージーランド留学になりますように。

ニュージーランド留学保険を安くする方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を