ニュージーランドへ留学やワーホリに行くなら知っておきたい医療費・医療制度と保険制度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自然と動物、そして人が調和した国、ニュージーランド。隣国オーストラリアも人気の旅行先ですが、ニュージーランドは特に高校留学や長期留学、またワーキングホリデーの行き先として人気があります。また、農業や酪農、観光業が発達したニュージーランドには日本人だけでなく多くの外国人が訪れる、国際的な雰囲気も魅力的です。

さてそんなニュージーランドを訪れる際に気になる現地の医療事情。ここでは、ニュージーランドの医療水準、医療制度、医療費や実際にあった現地の保険請求事案をご紹介しています。また、ワーキングホリデーや留学に行かれる方の保険のご案内もまとめています。保険を選ぶ際にぜひ参考になさって下さい。

ニュージーランドの医療水準

ニュージーランドの医療水準は日本とほぼ同じで、高い水準であると言われています。ただし、近年は医療関係者不足が大きな問題となっており、緊急の場合であっても病院で門前払いにあったという例もあります。日本でも同じような問題がありますが、人口の少ないニュージーランドは、より深刻な人手不足となっています。

ニュージーランドの医療制度

ニュージーランドの現地医療制度は、日本と違う点が2点です。まず日本の国民健康保険のようなACCサービス制度。この制度は、病気の際のサービスではなく、事故やケガの損害補償制度です。2点目は、GP(ホームドクター)制度。これは日本のようにどこの科にでも自由に行ける制度とは違い、まずかかりつけ医に診てもらうことから始まる制度です。それでは、詳しくみていきましょう。

ニュージーランドのACCサービス制度

給与や税金を財源とした社会保険制度のACCサービス。病気治療は含まれず、怪我の場合に補償が適用され、怪我の治療費だけではなく現地で働く方だと入院中の所得保障などを含んだ補償を受けることができます。また、このACC制度は、旅行者や留学生などに関係なく、ニュージーランドにいる全ての人に適用されるとされています。

ACCの利用の仕方は、GPもしくは病院で診察後、病院や医師側が直接ACC機関とのやりとり、治療費の請求などを行います。ACC機関で審査後にサービス対象外となった場合は、後日治療費の請求、支払いが発生する場合があります。

またACC制度を利用した場合、怪我の治療費などは無料になっても手数料(サーチャージ)がかかります。結果として、日本の健康保険の3割自己負担よりも高くなる場合もあります。

ニュージーランドで病気の場合の制度は?

ニュージーランドでは、2年以上の永住もしくは市民権を持っている方は公立病院は無料です。また、自分の登録GP(ホームドクター)は、国の補助があるため、安い金額で診察を受けることができます。公立病院は無料ですが、かなりのウェイティングリストがあり、診察までに非常に時間がかかるという問題があります。

私立病院の場合は、比較的予約が取りやすいと言われていますが、すべての治療費が自己負担です。このため、多くの現地の人も民間の保険に入って私立病院の医療費をカバーできるようにしているようです。

外国人旅行やワーキングホリデー、留学者も事前に民間の保険に加入されている方がほとんどです。

GP(ホームドクター制度)

ニュージーランドでは、日本のように内科以外でも耳鼻科や眼科、皮膚科などに直接行けるわけではありません。まず、自分のかかりつけ医GPを登録し、そこで診察を受けてからスペシャリスト(専門医)や病院を紹介してもらい次の段階に進むことができます。

また、この登録GP制度、2年以上ニュージーランドで就労、もしくは永住権や市民権を持っている場合が対象となります。対象者は希望のGPでフォーム記入で登録が可能。国の補助により安い金額で診察が受けられます。また、かかりつけ医(GP)に自身の医療情報が集まるので、非常にスムーズな診断が受けられます。

ニュージーランドの医療費

ニュージーランドの医療費は特にオークランドでは高くなっています。金額は日本の約2倍~3倍。日本では健康保険があるので実質は3割の負担の為、ニュージーランドで無保険の場合は非常に高く感じるでしょう。

項目 ニュージーランドの医療費 日本(参考)
救急車の料金 ①公営:無料 ①無料
②民営:60,000円(ACC適用時は無料)

※ACC・・・ニュージーランド国内で起きたほとんどの事故による傷害の治療費が補償金の受給対象となる制度

②通常利用しない
初診料 4,500円~7,500円 2,820円
病院代(1日あたり) ①個室:46,300円~62,900円 ①個室:30,000円~100,000円
②ICU:74,900円 ②ICU:80,000円~100,000円
骨折時の治療費

(橈骨末端閉鎖性骨折)

11,200円(ACC適用時は無料) 20,000円

参照:ジェイアイ保険HP

ニュージーランドのオークランドを対象にした例です。

ニュージーランドの実際の保険請求事例

下記の表では、ニュージーランドで実際に保険金を請求した際の事例をいくつかご紹介しています。

内容 支払い保険金
吐き気・下痢を訴え受診。肝膿瘍・敗血症・腎不全と診断され30日間入院・手術。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添い医療搬送。 2,000万円
道路横断中に車と接触。足首骨折と診断され19日間入院・手術。家族が駆けつける。看護師が付き添い医療搬送。 480万円
空港到着後、後方に転倒。片側へ傾き、目の焦点が合わない状態。硬膜下血腫と診断され13日間入院・手術。家族が駆けつける。看護師が付き添い医療搬送。 368万円
留学中に発熱し体中に発疹ができ受診。スティーブンス・ジョンソン症候群と診断され21日間入院。家族が駆けつける。 893万円
バスルームで転倒、腰を強打し救急車で搬送。大腿骨頸部骨折と診断され8日間入院・手術。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添い医療搬送。 723万円

参照:ジェイアイ保険HP

留学やワーキングホリデーでニュージーランドに滞在する際の保険は?

上記でご案内した通り、ニュージーランドに行く場合は、留学、ワーキングホリデーともに保険の加入は非常に大事なものになってきます。また、留学する場合はニュージーランドの法律で保険の加入義務づけられています。

ニュージーランドの現地民間保険加入

現地の保険会社にはサザンクロス者やOrbit社などが挙げられます。それでは現地の民間保険のメリット・デメリットをみていきましょう。

  • メリット

金額的がリーズナブルな点がやはり最大のメリットと言えます。プランによって金額は異なりますが、学生の場合1年間で約500ドル~600ドル。ワーキングホリデーで年間約600ドル~900ドルが相場です。

また現地に到着後に加入が可能であることも便利です。万が一保険加入を忘れてニュージーランドに出発してしまっていても現地での加入ができます。

  • デメリット

デメリットとして挙げられるのが、入院や手術などは例外ですが、キャッシュレスサービスがないこと。通常200ドル~300ドルの支払いの場合、まず自己負担、その後保険請求をする形になるので、留学生やワーホリメーカーには少し痛手です。次いで毎回のクレーム(請求)では自己負担金$100ドルが適用されること。他には、保険金の受け取りにニュージーランドの銀行口座が必要なこと。また、ニュージーランドからの国外旅行中は対象外な場合があることが挙げられます。また、英語での対応が必要であるので、英語に全く自身がない方にはおすすめできません。

日本の民間保険加入

日本の民間保険のメリット・デメリットを挙げています。金額はあがりますが、英語に自信のない方や短期でニュージーランドに銀行口座を作らない方、また他の国にたくさん旅行に行きたい方などは、日本の民間保険が向いていると言えます。

  • メリット

加入から実際の請求手続きまで日本語でできる点は最大のメリットと言えます。ストレスフリーな手続きは日本のサービスが素晴らしいです。また保障内容をカスタマイズできたり、保障金額が高い点も見逃せません。

最後に、提携医療機関等でスムーズに医療が受けられる点も安心ですね。

※日本語対応可能な病院情報もご覧ください。Eastmed Doctors, Auckland Hospital, QUAYMED ACCIDENT AND MEDICAL CENTRE

  • デメリット

最大のデメリットはやはり金額が高いことです。そしてニュージーランドの出発前、日本にいる間に保険の加入が必要なことが挙げられます。

保険Times海外保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。留学費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも留学費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

ニュージーランドで保険を抑える為に考慮する点

前述にもありますが、ニュージーランドにはACC制度がすべての方が利用できます。よって民間の保険に加入の場合、ACCでカバーしきれない点にどこまで補償をつけるのか、がポイントです。

ACCは、①治療費が満額出るわけではない点②病気の場合の医療費のみ保証され、事故による治療費や物の保険は付帯されていない点、③キャッシュレス・医療通訳など日本の海外旅行保険に加入した場合に付帯されるサービスが受けられない点が注意すべきところです。

保険選びの考え方としては、補償充実プラン、補償通常プラン、補償少ないプランの3つに切り分けてどこまでの補償を入れ込むか・削減するかを考えることが重要です。ご自身の健康状態やACCの補償内容などを加味しながら、検討してみて下さいね。

まとめ

羊の数が人口よりも多いと言われるニュージーランド。ウィンタースポーツなどダイナミックなアクティビティもぜひチャレンジしてみたい自然溢れる国です。また、取得しやすいビザ・安全で恵まれた気候・働きやすい環境と魅力がたくさんのニュージーランド。

留学、ワーキングホリデーなど安心して楽しく過ごせるように、ご自分に合った保険を選び素敵なニュージーランドライフにして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を