オランダ留学の予算の目安と費用削減のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

大きさは日本の九州程の大きさで、人口1700万人のヨーロッパの小国オランダ。風車やチューリップの可愛らしいイメージから、ゴッホやレンブラントなど名だたる画家を輩出した芸術に秀でた国でもあります。そんなオランダは、安全で自由、教育先進国として日本人が移住したい国としても有名です。公用語はオランダ語ですが、国民の90%が英語を話せると言われており、多くの大学で英語での授業が行われています。また安楽死や同性婚、マリファナなど革新的な社会制度がある一方、少人数で充実した学校制度などヨーロッパの中でも幸福度の高い国と言われています。

そんなオランダを穴場の留学先として選ぶ方が増えているのはご存知でしょうか。留学生も多く、オープンで明るいオランダ人とコンパクトで綺麗に整備された街は、ストレスの少ない留学生活を楽しめます。さて、ではオランダ留学を真剣に考えた際に気になるのは費用です。ここでは、語学や芸術・音楽、また大学・大学院留学を目指す方の費用の目安をご紹介しています。またできるだけ費用を抑えて留学したい方へ、費用削減のコツも併せてご案内していきます。

記事のポイントオランダ留学は、1年間オランダで学校に通学しながら過ごすとなると250~350万円程度の高額な費用がかかります。留学費用を少しでも抑える観点では、語学留学の場合は市民講座を活用する、努力して奨学金を得るといったこと等が有効でしょう。留学保険に関しては、留学エージェントから25万円/年程度の保険を提示されたものから、保険Timesに相談したことで14万円/年程度に抑えられたという事例が多数あります。滞在費を抑える方法の一つとしてご活用ください。
<<保険Timesへのご相談はこちら>>

オランダ留学の費用を徹底調査!いくらあればオランダ留学できるのか?

それでは、オランダ留学にかかる大まかな費用を見ていきましょう。大別すると、航空券・学費・生活費・その他留学保険費用などです。留学の期間ごとに1ヵ月・6ヵ月・1年間の3パターンの費用目安を挙げています。

また、オランダ留学の留学先として、私立の語学学校、大学付属の語学学校、大学・大学院などによって学費が異なってきます。1ヵ月留学では私立の語学学校、6ヵ月では大学付属の語学学校、1年間では大学・大学院留学についてご案内していきます。ご自身の留学期間とプランに合わせてチェックしてみて下さい。

1ヵ月のオランダ留学費用

1ヵ月のオランダ留学で私立の語学学校に通う場合の費用目安が下記です。私立の語学学校は学費が高めなので、1ヵ月の留学は学費が割高です。一方、長期留学の為にオランダの街を見たり雰囲気を感じるには最適な短期留学です。また夏休みのサマーコースを開設している学校では、世界中からの短期留学生にも出会えます。

90日以内のオランダ滞在には特にビザの申請などは必要なく行くことができます。また、私立の語学学校では、オランダ語や英語も学ぶことができます。1ヵ月のオランダ留学の平均は約35万円~45万円です。

項目 費用
航空費 8万円~15万円
学費 8万円~20万円
宿泊費 8万円~15万円
生活費 3万円~8万円
留学保険費用 1万円~3万円
合計 28万円~61万円

※2018年4月時点1ユーロ131円を元にした費用目安です。

航空券代

日本からオランダ・アムステルダムへは直行便があります。ハイシーズンをさければ往復航空券で7万円から可能です。1年間での平均往復航空券は約9万5千円。事前にスカイスキャナーなど航空券比較サイトで料金をチェックすれば、お得なチケットが手に入ります。早めの計画でお得に留学準備を始めましょう。

学校費用

私立の語学学校の1ヵ月平均費用は10万円~12万円。

ただし、学校費用に関して英語かオランダ語か、また午前中だけのクラスかによってかなり幅があります。授業は少人数で行われているところが多く、授業水準は高く国際色豊かです。ただし、私立の語学学校ということもあり集中して授業をつめこみたい方は授業料も高額になります。学校費用に関しては余裕をもった予算計画をおすすめします。また後述する市民講座の活用等も検討しておいて損はありません。

ちなみに、オランダでは英語だけでやっていけるか?という議論がいつもありますが、日常生活ではやはりオランダ語があったほうがいいでしょう。得に留学が長期になればなるほど、オランダ語が必要です。また、大学もオランダ語で受講する大学もあるので、自身の目標の学校などを事前に確認してみて下さい。ただ、英語で話せば多くのオランダ人が英語を流暢に話せるので、旅行者はそれほど困るということはありません。オランダ人の英語が上手な理由はいくつかありますが、オランダ語と英語の単語が似ているものがあることや、教育機関では英語で授業が充実していること。また、オランダでのテレビ放送はその国の言語で流れ、字幕がオランダ語のことが多いです。小さいころから英語に触れて大学の頃にはほぼ英語のネイティブの学生が多いそうです。

宿泊費用

1ヵ月のオランダ留学の場合の宿泊方法は、語学学校に通う場合、学校紹介のホームステイで滞在する方が多いです。ホームステイでは朝・夕の2食から朝・昼・夜の3食つきまで選べ都市によって料金が異なります。1ヵ月平均は約10万円~13万円。

1ヵ月より長期になってくると、自分で部屋を借りたり、シェアをして住む場合がほとんどです。オランダの不動産は年々高騰しているといわれ安くはありませんが、シェアで1ヵ月約4~5万円。一人暮らしの場合は、6~10万円ほどです。

生活費用

オランダの物価は日本と同じくらいと感じるでしょう。ものによっては日本よりも高いものがありますが、自炊をする場合は、野菜や果物チーズなど日本より安く手にはいります。自炊をすれば食費は1ヵ月約2万円~3万円で収まります。外食は日本よりも割高ですが、気をつければ日本よりも安い生活費で過ごせます。1ヵ月平均約5~6万円です。

留学保険費用

オランダは他のヨーロッパに比べて比較的安全な国と言われています。しかし、地下鉄内でのすりや軽犯罪は日本に比べてかなり多いです。そんなオランダへの留学には1ヵ月でも保険は必須と言えるでしょう。また、慣れない街で間違って自転車専用道路を歩道のように歩いてしまって事故に巻き込まれてしまったというケースもあります。やはり国が違うとなにが起こるかわかりません。留学保険の加入を強くお勧めします。

オランダの留学保険を安くする方法とは?

6ヵ月のオランダ留学

6ヵ月のオランダ留学の平均費用は約130万円~150万円です。

項目 費用
航空費 7万円~18万円
学費 40万円~80万円
宿泊費 24万円~60万円
生活費 24万円~50万円
留学保険費用 5万円~10万円
合計 100万円~218万円

6ヵ月のオランダ留学の場合、中期の留学ともなると人によって様々なスタイルになっているでしょう。

語学学校に通う場合や、高校や大学の交換留学制度を利用する場合。大学の言語(語学)センターでは、外国人向けにオランダ語コースを開講しているところもあります。オランダ語コースは、初級から上級レベルまであり、自身のレベルに合わせて学ぶことができます。また、私立の語学学校より授業料が安いので、目的や入学日などがあえばおすすめです。6ヵ月のオランダ留学の学費は学校によってかなり変わってきますので、幅が大きくなっています。自身の目的に合わせて学校の料金をチェックしてみましょう。

また、オランダ留学も中期になってくると、アクティビティも充実してくるでしょう。アムステルダムはヨーロッパでも有数の格安航空が就航している大規模な空港があります。近隣の国への旅行も安価で日帰りも可能です。またオランダの国内旅行は電車で3時間以内のアクセスで可能。どこにいくにも非常に便利なオランダは、留学中にも多くの旅行が楽しめます。事前予約と学生割引がきくところもあるので、インターネットで情報収集をしてお得に楽しんで下さい。

1年間のオランダ留学

項目 費用
航空費 8万円~18万円
学費 65万円~170万円
宿泊費 48万円~100万円
生活費 60万円~100万円
留学保険費用 8万円~25万円
合計 189万円~413万円

1年間の長期オランダ留学の場合、平均予算は約250万円~350万円です。

オランダの大学では、留学生に対応し英語の授業のみで単位取得できるコースが用意されているところもあります。必要とされる英語レベルは大学や学部によって異なるので、事前にしっかりチェックしましょう。

オランダには、国内最古のライデン大学や生徒数が国内最大規模のユトレヒト大学、オランダ工科大学の中で最高峰にあるデルフト工科大学など、世界的にみても非常にレベルの高い大学がそろっています。ライデン大学では、英語のみで受けられる学士号コースが5つ、デルフト工科大学では、航空工学であれば英語のみでの受講が可能です。オランダの大学は、少人数で個性を尊重する授業が特徴的です。実践的なアクティビティも多く忙しい大学生活です。オランダ大学の学費は、大学によって異なりますが、非ユーロ圏の生徒の学費は高めです。。大学によって幅がありますが、1年間で平均5000ユーロ~10000ユーロ(約65万円~130万円)

オランダでの就労ですが、2014年に2014年12月から2016年12月までは、オランダと日本で結ばれた日蘭条約で日本人は、他のEUと同じ扱いで労働許可なしにオランダで働くことが可能となりました。しかし、2017年1月1日からは再度変更になり日本人も就労のための労働許可が必要となりました。オランダで働きたいという方にはワーキングホリデービザをお勧めします。

オランダ留学の費用を削減するコツ

オランダでは学校が大きく分けて、大学・大学院、大学付属の語学学校、私立の語学学校、市民講座とあり、学費の面でそれぞれの目的に合わせて大きく変わってくることがわかります。ここからは特に中長期のオランダ留学の費用の節約・予算の削減ポイントをあげています。

奨学金制度を利用する

前述にも記載していますが、大学・大学院などで非ユーロ圏の学生は、ユーロ圏の学生に比べて学費が割高です。そんな中、日本の文部科学省や日本学生支援機構の奨学金制度や、またオランダ政府の奨学金、その他各大学で奨学金の支援しているところもあります。世界でも有数のオランダの大学に志し高く留学する学生には多くの道が開かれています。自分の目標に合わせて、奨学金制度も調べてみる価値はあります。費用を少しでも抑えていくことができれば、早期の留学実現が可能ですね。

市民講座・成人教育機関(volksuniversiteit)を利用してオランダ語を学ぶ

オランダの各市や地域の教育機関が開校しているクラスは費用がお得です。レベルの高い教師陣にも関わらず料金は安いです。授業は週1日程度のところが多いので、大学に行きながらや、他の学校に行きながら通えます。ちなみに英語、フランス語、スペイン語の言語のコースやアート、料理、スポーツ、クラフト等のコースなどもあるので、充実した留学生活を楽しめます。

オランダ名物、自転車利用で交通費を節約

オランダは自転車保有率が世界一の自転車王国です。道路には自転車専用道路があり、学校でも自転車に慣れる教育があるほどで、他のヨーロッパのサイクリストに比べて安全に利用できる特徴があります。また、自転車専用の駐車スペースなど、とにかく至れり尽くせりなオランダです。交通費がかからない自転車は節約のためにも利用しない手はありません。購入する場合、約2万円から購入でき、初心者にはレンタルも多くあります。自転車でオランダ流を楽しめ環境にも優しく節約できます。

留学保険の見直し

90日以上のオランダ滞在を申告する場合保険の加入が必須です。どのような保険に入るのか、どのような補償内容にするのかで金額もかなり変わってきます。大丈夫だろう、と思うのは海外では常識ではなかったりします。しっかりと補償内容を確認して、費用をかけるところと削れるところを吟味すれば、思いがけず留学保険が安くなる場合があります。期間と目的にあわせてしっかり選ぶようにしましょう。

まとめ

公用語がオランダ語ですが、隣接する国があまりに近くオランダ語よりも他の言語を話す人も多い国、移住者も多く外国人にも非常に寛容で過ごしやすいオランダ。ミッフィーでも知られる国ですが、多くのデザインものや最先端のIT王国でとにかく飽きないこの国はリピーターが多く、日本人も惹きつけてやみません。

それでもいざオランダ留学を考えたときに、日本から遠く離れた国に飛び出すにはとても勇気がいりますね。しかしオランダには新しいものを積極的に受け入れてくれる寛容さと柔軟性があります。温かい人達と一緒に過ごすことは、ホームシックもあまり感じずに生活できるかもしれません。留学には安くない費用が必要ですが、うまく節約できればきっと実現可能です。素敵なオランダ留学生活でありますように。

オランダの留学保険を安くする方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を