マルタ留学の費用はいくら?期間別費用の目安と節約のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは。保険Times編集部です。

地中海に浮かぶマルタ共和国。イタリアのシチリア島の南下に位置し、3つの主要な島から成り立っている共和国です。このマルタ共和国、近年留学先として人気を集めているのをご存知でしょうか?マルタ共和国の公用語はマルタ語と英語。1年間の300日が晴れの日と言われる恵まれた気候や、治安の良さ、物価の安さからヨーロッパ圏の学生からも人気の留学先です。首都のバレッタは街全体が世界遺産として登録されていて、リゾート地としてだけでなく、歴史ある文化も魅力的なマルタ共和国。でも、日本から遠く離れたこの地中海の島。いざ留学を考えてもどのくらいの予算で行けるのか?気になるところです。ここでは、マルタ留学の費用の目安を留学期間ごとにご紹介。またできるだけ留学費用を抑えたい方必見、マルタ留学費用の節約のポイントも併せてご紹介していきます。

記事のポイントマルタ留学は、1年間マルタで学校に通学しながら過ごすとなると250万円~280万円程度の高額な費用がかかります。留学費用を少しでも抑える観点では、ハイシーズンを外した留学計画にする、自炊をすること等が最も有効でしょう。留学保険に関しては、留学エージェントから25万円/年程度の保険を提示されたものから、保険Timesに相談したことで14万円/年程度に抑えられたという事例が多数あります。滞在費を抑える方法の一つとしてご活用ください。
<<保険Timesへのご相談はこちら>>

マルタ留学の費用を徹底調査!いくらあればマルタ留学できるのか?

それでは、マルタ留学にかかる大まかな費用を見ていきましょう。大別すると、航空券・学費・生活費・その他留学保険費用などです。留学の期間ごとに1ヵ月・6ヵ月・1年間の3パターンの費用目安を挙げています。ご自身の留学期間・プランに合わせてチェックしてみて下さいね。

1ヵ月のマルタ留学費用

マルタ留学は短期でも入れる語学学校が多く、アクティビティなども充実しているところが多いので、1ヵ月の短期留学でも十分に楽しめると言えるでしょう。初めての留学や大学の長期休み期間に訪れる短期留学者は多いです。また他の国への長期留学の前に慣らし短期留学先としても人気です。

マルタ留学の1ヵ月の留学費用の平均は約35万円です。費用の幅がかなりありますが、これはハイシーズンのマルタは航空費・学費・宿泊費が上がること、また学費がコースや学校によっての差があることから幅をもたせています。

項目 費用
航空費 8万円~18万円
学費 6万円~18万円
宿泊費 8万円~18万円
生活費 3万円~8万円
留学保険費用 1万円~3万円
合計 26万円~65万円

※2018年3月時点1ユーロ131円を元にした費用目安です。

マルタの魅力は島が小さいのであまり交通費がかかりません。物価も安いのでホームステイをすれば、現地での出費はかなり抑えられるのが特徴です。

航空券代

日本からマルタ行きの直行便はなく経由便となります。ヨーロッパ経由やトルコやドバイ経由のものが多いです。マルタはヨーロッパのリゾート地として有名なので、ヨーロッパ圏のバケーションシーズンは航空券も高くなるので、渡航時期をよく考えて決めるといいでしょう。往復で平均価格は約12万円~15万円です。航空券を安く買うポイントは、航空券比較サイトのスカイスキャナーなどでチェックして購入することです。特に別国経由便なので、いろいろな選択肢があります。早めにチェックすればお得なチケットが見つかる可能性があがります。

学校費用

マルタの語学学校の多くがジェネラルコースと呼ばれる一般英語コースや、短期で集中して学びたい方にお勧めのインテンシブコース、またケンブリッジやアイエルツの試験対策コースなど、様々なコースをもっています。時間数は午前中だけの20時間コースや午後からのクラスの授業時間によって料金もかわります。一般英語コースの1ヵ月の学校費用の平均は約10万円~12万円です。マルタにはヨーロッパの大手語学学校も多く、学校費用の幅は大きいです。目的に合わせて選びましょう。

宿泊費用

マルタでの宿泊方法は学生寮かホームステイが一般的です。学生寮の場合は、アパートの1室にいくつか部屋があって、他の学生達との共同生活です。部屋はシングルルーム、ルームシェア、またルームシェアのなかでも人数によって料金が変わります。学生寮の1ヵ月の平均費用は約8万円~12万円です。食事はついておらず少し割高と感じますが、学校の近くにあることが多く、かなり便利です。次にホームステイですが、マルタの人は島国の気質の方が多く、とてもおおらかで温かいホストファミリーが多いと言われています。マルタが小さい国なので、1家庭で何名かの学生を受け入れているところも多く、慣れている家庭が多いのも特徴です。ホームステイのメリットは朝・夕の食事つきなところです。イタリア系の食事も多く、日本人にも受け入れやすい食事も嬉しいですね。また、ホストファミリーとの会話で英語力がアップした、という方も多いです。自分からコミュニケーションをしっかりととれば、充実したホームステイ生活になります。ホームステイの1ヵ月の平均費用は、10万円~15万円です。ホームステイの場合もシングルルームかツインルームなど条件によって料金が変わります。

生活費用

1ヵ月の生活費用の平均は約3万円~8万円です。ホームステイの食事つきかどうかでかなり変わってきますが、物価は安めです。例えば、パン1個0.7ユーロ。(約90円)コーヒー1杯1.3ユーロ(約170円)映画約7ユーロ(約900円)食事はイタリアの影響を受けているところが多く、ピザやパン、パスタなど美味しく安く食べられるところが多いです。交通費も小さい島国ならではの安さです。バス移動がほとんどのマルタですが、2時間以内乗り放題で1,5ユーロ(約200円)生活費は日本より安めに感じます。

留学保険

1ヵ月の留学の場合は、留学保険に入るかどうか悩む方も多いと思います。マルタは比較的治安もよく安心して行ける国ですが、小さな犯罪などはやはり日本よりも多いです。盗難の補償など、入っておけば結果的には役に立つこともあります。また、マリンスポーツや自転車移動など、思いがけず怪我をしてしまった時にやはり保険に入っていれば安心ですね。1ヵ月の留学保険は約1万円~3万円です。

6ヵ月のマルタ留学費用

比較的短期留学の多いマルタ留学。6ヵ月の留学ではしっかりと腰を据えた本格的な留学といえるでしょう。短期の留学生も多いので、通っている学校の中でもコースを変えたり、資格試験の勉強を目指すなど、しっかりと目標を定めて勉強することが大切です。

6ヵ月のマルタ留学の費用の平均は約150万円です。学費と宿泊費は他の国に比べても特に安いというわけではありませんが、生活費は割安といえるでしょう。学生寮は決して安くはないですが、学校から徒歩で行けたり、安全面でも安心した生活ができます。

項目 費用
航空費 8万円~20万円
学費 36万円~100万円
宿泊費 48万円~90万円
生活費 18万円~40万円
留学保険費用 5万円~10万円
合計 115万円~260万円

3ヵ月以上のマルタ留学の場合は現地で学生ビザの取得が必須です。費用は年によって要確認ですが、約35ユーロ(約4500円)学校で手続きを進めてくれるところが多いです。マルタは学校のサポートがしっかりしているところが多く、日本人スタッフがいる学校もあります。学校を選ぶ際に、語学が心配な人はスタッフの有無を確認するのもポイントです。

マルタのアクティビティはマリンスポーツが人気です。マルタでは、このエメラルドグリーンの海は島のどこからでもダイブできる、と言われるほどダイビングスポットがたくさんあります。週末を利用してダイビングライセンスを取得するのもマルタならではですね。

マルタの留学保険を安くする方法とは?

1年間のマルタ留学費用

1年間のマルタ留学費用は平均約250万円~280万円です。1年間の長期留学となれば、もうマルタのエキスパートと言われているかもしれません。

項目 費用
航空費 10万円~25万円
学費 60万円~160万円
宿泊費 70万円~160万円
生活費 40万円~70万円
留学保険費用 8万円~25万円
合計 188万円~440万円

長期留学の場合、マルタ近隣の国に旅行をする人が多いです。週末だけを利用してもかなりの国々を訪れることができるのもマルタの魅力です。お隣のイタリアはもちろん、ベルギーやスペイン、北アフリカのチュニジアやモロッコも人気の旅行先です。料金も格安チケットでなんとイタリアまで10ユーロ(約1300円)からと、隣にの県に行くように海外旅行が楽しめます。折角のヨーロッパの島での留学、しっかりと勉強をし、しっかりと遊ぶ。マルタ留学の醍醐味です。

長期滞在の際の宿泊方法ですが、マルタでは学生寮で生活する方が多いです。マルタでは、自分でシェアハウスを探すの難しいので、学校からも近く、ルームシェアにすればコストを抑えられる学生寮は人気です。

マルタ留学の費用を削減するコツ

さて、ここまでマルタ留学の費用をご案内してきましたがいかがでしょうか。短期留学からしっかり楽しめるマルタ。ここからは、さらにマルタ留学の費用を削減するポイントをまとめてみました。

ハイシーズンを外した留学計画をたてて節約

マルタ留学はハイシーズンになると、学校費用や滞在費用が高くなるところが多いです。また航空券も値上がりします。時期の調整が可能であれば、ハイシーズン料金が終わる10月以降はおすすめです。夏のビーチシーズンではなくなりますが、気候のいいマルタ共和国。まだまだ十分に楽しめます。また、夏のバケーション時は人も多く、クラブなどの誘惑も多いので、落ち着いて勉強したい方にローシーズンは狙い目です。安い金額でしっかりと勉強できれば、それに越したことはありません。マルタ留学される場合は、ぜひ一度時期を検討してみて下さい。

自炊が安い

比較的物価の安いマルタ。外食をしてお酒を飲んでも一人2,3千円で十分満足できます。日本と同じくらいか少し安いくらいの物価です。しかし、留学も長期になってくると、毎日外食ばかりでは費用がかさみます。マルタは島国なので、とても新鮮で大きな魚が丸ごと1匹とても安く売られていたり、自炊の食費はかなり安くすみます。友人たちと一緒に料理をしてシェアすることでさらに食費を削減できます。たまの外食も大事ですが、友人たちとシェアをして楽しみながら節約できれば、まさに一石二鳥。限られた予算のなかで節約できるところはしっかりと締めていきましょう。

語学学校の選び方を考えて費用削減

前述にも記載していますが、マルタの語学学校の料金は比較的高めです。大手有名語学学校も多いので、自分の目的に合わせてしっかり選ぶことが大事です。大手有名学校では、在学生が行けるプライベートビーチをもつクラブハウスの利用ができるなど、かなりリッチな設定をしているところもあります。短期留学でその期間だけ楽しむ、と決めているのであればいいかもしれませんが、長期の場合は削れる部分もありますね。また学校によっては、学生の寮の料金も変わってくるので、しっかりと勉強したい方は少し落ち着いた場所の学校もおすすめです。マルタ留学は比較的日本人も少なく、質のいい授業が行われているところが多いです。学費の占める割合は大きいですので、目的に合わせて学校を選び費用の削減を目指しましょう。

留学保険の見直し

マルタで学生ビザを取得するには残りの滞在期間をカバーする保険加入証明書を一緒に提出するので、必ず加入しなければなりません。現地の保険に入るという選択肢もありますが、細かな補償の部分で違いがあります。補償をしっかりと確認し、必要な部分をカスタマイズしていくと思いがけず留学保険が節約できる場合があります。なんとなくではなく、しっかりと確認して安全な留学を楽しみましょう。

まとめ

マルタはヨーロッパの雰囲気を存分に味わえるとても美しい留学先です。スキューバダイビングやシュノーケリングといったマリンアクティビティも人気があります。語学だけでなくアクティビティや旅行なども満喫でき、生活費も安いのが嬉しい特徴です。

マルタ留学の際に、なまりの強い英語だったといわれることがあります。しかし、ここは島国マルタ。おおらかさでなまりを超える国際的コミュニケーションが学べます。一度足を踏み入れると、リピーターも多いこの小さな島国に魅了されることは間違いないでしょう。短期留学からはじめてみるのにもぴったりのマルタ共和国。どこの国にもない独特のマルタの雰囲気を味わってみて下さいね。

マルタの留学保険を安くする方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を