ロンドン留学の費用はいくら?予算の目安と費用削減のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

長きに渡って世界の中心地であり続ける街。ひとたび街に足を踏み出せば、そこはまさに「人種のるつぼ」。あらゆる人種、文化、価値観が共存する、コスモポリタンと形容されるにふさわしい大都市ロンドン。日本では経験することのできない、本当の意味での「グローバル化した世界」がここロンドンに存在します。また、「英語」発祥の地であり、英語母語話者のアメリカ人ですらイギリス英語に憧れを持つほど、その洗練された深みのある英語は学習者を惹きつけてやみません。今回はそんなロンドンへの留学を、留学期間ごとに分けて徹底調査!また、留学費用を抑えたい方必見の、留学費を削減するコツも併せてご紹介いたします。

それでは、ロンドン留学にかかる大まかな費用を見ていきましょう。大別すると、航空券・学費・生活費・その他留学保険費用などです。留学の期間ごとに1か月・6か月・1年間の3パターンの費用目安を挙げています。ご自身の留学期間、プランに合わせてチェックしてみてください。

記事のポイントロンドン留学は、1年間ロンドンで学校に通学しながら過ごすとなると250万円程度の高額な費用がかかります。留学費用を少しでも抑える観点では、通信費の節約の為に格安携帯電話を利用する、語学留学の場合は費用が安い時間帯の講義を受講する、皆でパブで食事に行くといったこと等が有効でしょう。留学保険に関しては、留学エージェントから25万円/年程度の保険を提示されたものから、保険Timesに相談したことで14万円/年程度に抑えられたという事例が多数あります。滞在費を抑える方法の一つとしてご活用ください。
<<保険Timesへのご相談はこちら>>

 

1か月のロンドン留学の費用

ロンドンの中にある語学学校は歴史が長く、教育の質に関しては他の国の語学学校と比べてもかなり高いものとなっています。また、語学学校の数も多く、学習者の好みにあったプログラムを提供する学校を見つけられます。

 

1か月のロンドン留学の費用は平均で約35万円です。数ある学校の中でも、歴史ある学校は学費が高く設定されている傾向にあり、下記の値段には幅を持たせてあります。

項目 費用
航空費 8~13万円
学費 5~20万円
宿泊費 6~10万円
生活費 2~4万円
留学保険費 1~2万円
合計 22~49万円

※1ポンド=150円(2018年4月4日現在)

 

航空券代

ロンドンへの航空券は8~13万円となっています。ロンドンは観光地としても有名なため、観光シーズンは比較的値段が高くなってしまいます。年間で1番高い月は8月で、年平均の20%も値段が上がります。一方で、1~3月の期間は安く、中でも2月が最安値で年平均より22%値段が下がります。一般的に、航空券は春先から夏にかけて徐々に値上がりしていきますが、ロンドン行きの場合4月も急に値上がりする傾向にあるので、渡航月に気を付けて購入をされた方がよさそうです。航空券の購入にあたっては、スカイスキャナーやトラベルなど、航空会社やフライト時間などを比較できるサイトをお勧めします。

 

学校費用

ロンドンの中には、数多くの語学学校があり、中には創立60年以上の歴史ある学校も存在します。ロンドンにある語学学校の学費は1か月で5~20万円です。歴史の長い学校は英語教育メディアの選ぶ、「イギリス国内の言語教育の質が高い学校トップ5」に選出されるところもあり、本気で英語習得を考えている方にはお勧めです。しかし、質の高さゆえに、学費は一般的なイギリス国内の語学学校よりも高くなっています。また、ほとんど学校では、英語の授業以外にも、ファッション、ガーデニング、スポーツ、乗馬などプラスアルファで授業を提供しており、リラックスした雰囲気の中、「英語で学ぶ」ことができる貴重な体験ができます。

 

宿泊費用

ロンドン留学では、ホームステイかアパートが宿泊の選択肢となります。今回は、アパートの費用をメインにご紹介します。ロンドンで1か月アパートを借りた場合、6~10万円ほど費用がかかります。多くの場合、家賃にインターネットの使用料が含まれています。契約前に、何が家賃に含まれているのかをしっかりと確認しましょう。学生の場合、学生同士でルームシェアをすることも多く、ルームシェアの方が宿泊費を安く抑えられるだけでなく、お互いに気兼ねなく勉強を教え合えるため留学生にとっては良い環境と言えそうです。ちなみに、語学学校によってはホームステイを推奨しているところもあり、アパート暮らしであれば5万円ほどで、ホームステイであれば7万円弱となっています。現地での暮らしを体験したい方は、是非、ホームステイをしてください!

 

生活費用

ロンドンでの生活費用は1か月で2~4万円ほどです。世界的にみても物価が高いと言われるロンドンですが、スーパーマーケットなどで食材を買って自炊すれば思いのほか食費はかからない場合があります。特に、パンやパスタは安く、パンは1斤1ポンドほどで重さは約750g!しかし、外食となると少し値が張ります。1回の外食につき3,000円~4,000円。驚くような値段にはなりませんが、なるべく食費を抑えたい方には自炊をお勧めします。

 

留学保険費用

ロンドン留学の留学保険費用は1~2万円となっています。イギリスには「ナショナル・ヘルス・サービス」という保険制度があり、留学生もイギリス永住者と同じく無料で診断を受けられるシステムがあります。しかし、このサービスを受けるには近くの病院や医師に登録をしなければなりません。新規登録の際、現住居を証明する書類を最低2通提出しなければならないため、1か月間の短期留学生にとってこのサービスへの加入は難しいと思われます。また、このサービスを通して受診をするなら、病気になってもまず予約をしなければならず、すぐに受診してもらえないということもあり、日本で留学保険に入ってから渡航されることをお勧めします。この「ナショナル・ヘルス・サービス」については、以下の記事で解説していますので、参考にしてみてください。

 

6か月のロンドン留学費用

6か月間ロンドンで生活をすれば、英語力は飛躍的に伸び、将来的に英語を使った職業に就くことも夢ではありません。学校によっては、TOEFLやIELTSなどの試験対策もできるプログラムもあるため、是非、ご自身の英語力を証明できる点数を目指してください。

 

6か月のロンドン留学の費用は平均で約144万円です。ここでもやはり、学費をはじめ宿泊費や生活費などによって金額に差が出るため、幅を持たせた金額となっています。

項目 費用
航空費 8~13万円
学費 20~100万円
宿泊費 20~70万円
生活費 15~25万円
留学保険費 7~10万円
合計 70~218万円

 

ロンドンに限らずイギリスへ留学に行く場合、6か月以上11か月未満の滞在者は短期ビザを、12か月以上の滞在者は長期ビザを取得する必要があります。短期ビザ取得にかかる費用は約25,000円で、長期ビザは約50,000円です。1度ビザを取得すると後から延長できないため、留学期間が6か月にギリギリ満たないという方でも、可能であれば長期ビザを取得される方がいいかもしれません。

ロンドンの留学保険を安くする方法とは?

 

1年間のロンドン留学

1年間ロンドンに留学をすれば、英語力はもちろんのこと、ロンドンに関してもかなりの上級者となっていることでしょう。英語や環境に慣れてきたら、長期休暇を利用してインターンシップなどに挑戦してみてはいかがでしょうか?きっと、将来の夢へと繋がるはずです。

 

1年間のロンドン留学の費用は平均で239万円です。

項目 費用
航空費 8~13万円
学費 50~150万円
宿泊費 60~100万円
生活費 20~40万円
留学保険費 14~23万円
合計 152~326万円

 

ロンドンへ長期滞在される際は、是非、他の街へも足を運んでみてください。イギリスは歴史が長く、階層制度もあったため、各地で異なる英語が話されています。ロンドンで学んだ英語と、各地の英語の違いを実際に体験してみてください。英語の新しい世界が見えてくるはずです。

 

ロンドン留学の費用を削減するコツ

さて、ここからはロンドン留学にかかる費用を削減するコツをご紹介していきます。思ってもいなかったところで削減できることがあるので、是非、ご覧になってください。

 

格安携帯電話を購入

1年以上の長期留学をされる際、現地で携帯電話を購入・契約される方は多いと思います。日本でのスマートフォンの使用料は、月々5,000~8,000円ほどで、そこからメールや通話にかかる使用料が上乗せされる場合が多いかと思われます。しかし、ロンドンに限らずイギリスでは、多くの格安携帯電話やSIMカードが販売されており、月々約1,500円で、通話し放題、メールし放題など格安のものも存在します。時間に余裕があれば、いくつかお店を回って比べてみてはいかがでしょうか?

 

授業の受講時間帯を午後にする

すでにご紹介しましたが、ロンドンには多くの語学学校が存在します。比較的授業料の安い学校もありますが、やはり学校費用というのは留学費用全体のかなりの割合を占めるため、なるべく安く抑えたいという方は多いと思います。ロンドンにある語学学校の中には、同じカリキュラムにも関わらず受講の時間帯によって値段が異なることがあり、特に午後からの授業は午前の部と比べて平均で2万円ほど安く設定されている場合があります。午後から授業を受け始めると、日中の自由時間が短くなるなどデメリットはありますが、費用を少しでも安く抑えたい方にはお勧めです。

 

外食にはパブが安くつく

友人と休みの日に外食に出かけたり、クラスの仲間と食事会をしたりする機会は留学中何度かあると思います。しかし、外食に関してはすでにご紹介した通り、比較的値段が高く、レストランによっては最後にチップが必要な場合も少なくありません。そこで、大人数で外食、特にお酒なんかを飲まれる場合はパブをお勧めします。多くのパブでは一人1,000円あればお腹いっぱい食べることができ、飲み物も十分楽しめるため、外食をする際は是非パブへ足を運んでみてください。

 

留学保険の見直し

留学費用を考える際、見落としがちなのが留学保険です。外国で長期間生活すると、思ってもいなかったところでケガをしたり、病気にかかったりする可能性もあるため留学保険の加入は必須です。しかし、補償内容に目を通してみると、あまり自分には必要のないものもあり、その項目を補償対象から除外すると思いのほか安くなる、といったケースもあります。加入前に必ず補償内容の確認をしてみてください。

 

まとめ

「グローバル化」と言われるようになって久しいですが、島国である日本ではあまり感じられないのが現状です。一方、ロンドンでは多様な人種の人たちが街を行き交い、お互いの文化や習慣を尊重し合いながら生活をしている、まさに「世界の縮図」です。しかし、ロンドンならではの建築物や文化は失われることなく現存し、訪れる私たちを魅了します。新旧2つの顔も併せ持つロンドンで、新しい一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

ロンドンの留学保険を安くする方法とは?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を