ハンガリー留学の費用はいくら?予算の目安と削減のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ヨーロッパのちょうど中心にあり、国土は日本の約4分の1。千年の歴史あるブタペストを首都にもつ「ハンガリー」。日本ではあまり知られていないハンガリーですが、アジアからやってきたフン族を先祖に持つ、ヨーロッパでも異色の非常に美しい国です。絵のように美しい青いドナウ川の夜景は「欧州の宝石箱」とも言われています。

そんなハンガリーの公用語はハンガリー語ですが、近年ハンガリーでの英語留学がひそかに人気を集めています。ヨーロッパの中でも格段に物価が安く、また大学の学費も安いハンガリーは留学生にとって大変魅力的です。今回はそんなハンガリー留学かかる費用を期間ごとにご紹介。またできるだけ費用を抑えたい方必見!費用削減のコツもご紹介していきます。

記事のポイントハンガリー留学は、1年間ハンガリーで学校に通学しながら過ごすとなると、200万円程度の高額な費用がかかります。留学費用を少しでも抑える観点では、公立大学へ留学する、シェアハウスをして家賃を抑える等といったことが有効でしょう。留学保険に関しては、留学エージェントから25万円/年程度の保険を提示されたものから、保険Timesに相談したことで14万円/年程度に抑えられたという事例が多数あります。滞在費を抑える方法の一つとしてご活用ください。
<<保険Timesへのご相談はこちら>>

ハンガリー留学の費用を徹底調査!いくらあればハンガリー留学できるのか?

それでは、ハンガリー留学にかかる大まかな費用を見ていきましょう。大別すると、航空券・学費・生活費・その他留学保険費用などです。留学の期間ごとに1ヵ月・6ヵ月・1年間の3パターンの費用目安を挙げています。ご自身の留学期間・プランに合わせてチェックしてみて下さいね。

1ヵ月のハンガリー留学費用

1ヵ月のハンガリー留学の費用の平均は約30万円~35万円です。

学費の面でかなり幅がありますが、これは留学の目的によって料金が変わってきます。例えば、大学留学の場合は1学期で平均約30万円~50万円。ハンガリー語学学校の場合は1ヵ月約3万円~15万円。プライベートレッスンや音楽留学の場合はさらに金額があがる場合があります。まずはご自身の学費をチェックすると、1ヵ月の目安がみえてきます。

項目

費用

航空費 7 万円~15万円
学費 3万円~12万円
宿泊費 2万円~8万円
生活費 3万円~6万円
留学保険費用 1万円~2万円
合計 16万円~44万円

※2018年5月時点1ハンガリーフォリント0.41円を元にした費用目安です。

航空券代

日本からハンガリーへの直行便は運行しておらず、ヨーロッパの主要都市で乗換えをしてハンガリー・ブダペスト行きとなります。日本からハンガリー・ブダペストまでの所要時間は、乗り換所要時間にもよりますが約14時間~19時間。ブダペストにあるリストフェンツ国際空港利用が主です。

ローシーズンの格安チケットであれば、7万円台からあり平均は9万円~12万円です。ただし夏のバケーション時期などは価格があがるので、事前にチェックして出発日を決めるといいでしょう。

学校費用

前述にもありますが、学費はハンガリー留学の目的によって幅があります。ただ、他のヨーロッパの留学に比べても安くすまそうと思えば、超格安学校を探すことが可能です。1ヵ月の短期の場合は、大学よりは語学学校が主になります。1ヵ月のハンガリー留学は長期に比べて割高ですが、今後の長期留学やはじめての留学で雰囲気を知る目的での短期留学は人気です。1ヵ月の学校費用の平均は約5万円~8万円です。

ちなみにハンガリーではどのくらい英語は通じるのか。若い世代や高等教育を受けた人たちの英語力は高いです。しかし、年配の方や英語を全く話せない方もいます。7か国と隣接しているハンガリーではドイツ語を話す方も多いです。英語留学の場合でも、日常会話程度のハンガリー語ができれば、日々の生活がもっと楽しくなるでしょう。海外では積極的なコミュニケーションが有利です。

宿泊費用

ハンガリーでの宿泊費用は日本に比べても安いといえます。例えば大学の学生寮のルームシェアをすれば月額2、3万円から可能です。アパートを一人で借りる場合でも4万円~5万円。短期の場合のホームステイの場合は、食費込みなどで料金があがるので、節約したい方は学生寮やルームシェアの広告で自分で部屋を探すことをおススメします。

生活費用

ハンガリーの物価は、以前よりも高騰してきていますが、日本と比べると安いと感じるでしょう。ハンガリー留学の1ヵ月の生活費は約3万円~5万円です。

レストランでランチを頼むと約400~800円。(チップは別途必要)スーパーでの買い物は水1,5リットルが約80円。パン1斤が160円。ビールは500mlが120円と日本よりも安いものが多いです。ただ日本食材や輸入品、衣料品などは高くなります。特に日本の衣料品は質がいいので、日本のヒートテックなどは用意していきたいですね。

ブタペストの交通事情はバスや路面電車、地下鉄等の公共交通機関が充実しており、移動はスムーズです。交通費は1ヵ月の定期券で約3800円。学生割引が利用できると約1500円です。

留学保険

1ヵ月の留学保険は約1万円~2万円です。

ブタペストの治安は地域にもよりますが、それほど悪くはありません。例えばブタペスト中心の治安はそれほど心配ありません。留学中は最低限のセキュリティ対策をしていれば、安全に暮らせる国です。しかしブタペストの東側は貧困層やそれに伴う軽犯罪が多いと言われています。留学中は1ヵ月からの短期でも留学保険の加入を強くお勧めします。

保険Times海外保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。留学費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも留学費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

6ヵ月のハンガリー留学費用

6ヵ月のハンガリー留学の費用の平均は約100万円~120万円です。

3ヵ月以上のハンガリー留学の場合、ビザの申請が必要です。ハンガリーに入国する前に駐日ハンガリー大使館で査証を取得するか、もしくは観光ビザで入国し、ハンガリー入国後30日以内に移民国籍局へ行き、滞在許可証を申請することもできます。学生ビザは公立教育機関、全日制の教育機関と、定められた教育機関に通う人を対象にしたものです。ビザ詳細は駐日ハンガリー大使館のホームページなどで事前に確認し、書類など準備をしましょう。

項目

費用

航空費 7万円~15万円
学費 15万円~50万円
宿泊費 18万円~36万円
生活費 18万円~60万円
留学保険費用 6万円~10万円
合計 64万円~171万円

中期のハンガリー留学では、さらにいろいろな留学スタイルがあります。語学学校、交換留学、インターンシップやビジネス留学など。ハンガリーは日本人が少ないので、必然的にいろいろな国籍の友人ができます。さまざまなバックグラウンドを持つ友人ができると視野が広がります。島国日本ではできない体験もまたハンガリー留学の醍醐味ですね。

またハンガリーも中長期になってくると、いろいろな楽しみができるでしょう。例えばハンガリーはヨーロッパでも有数の温泉地。日本人には嬉しい!国内で400を超える温泉施設があり、ブタペスト市内にも多くの温泉湧出地があります。また行ってみたいのがヘヴィーズの温泉湖。日本では味わえない湖の温泉では浮き輪に浮かびながら温泉を満喫できます。勉強の合間のストレス解消に最適です。

ちなみにハンガリーの気候は12月~2月は平均気温が3度前後と冷え込みます。6月以降は日中30度以上の気温も多く、日も長く20時を過ぎても明るいです。9月10月にはワインフェスティバルなどがあり、11月には冬を感じます。気候に合わせて留学時期を考えるのもいいですね。

1年間のハンガリー留学費用

1年間のハンガリー留学費用の平均は約180万円~200万円です。学費の幅が広いのは、大学でも学期ごとの学費にかなりの差がある為です。生活費は日本にくらべてもかなり抑えられます。

項目

費用

航空費 7万円~15万円
学費 30万円~100万円
宿泊費 30万円~70万円
生活費 40万円~70万円
留学保険費用 10万円~25万円
合計 117万円~280万円

1年間のハンガリー留学となると、国内旅行も満喫していることでしょう。首都ブタペストには世界一美しいとも言われる国会議事堂やドナウ川を含む美しい街並み。スロバキアとの国境から広がるカルスト台地には多くの鍾乳洞があり、世界遺産にも登録されています。スロバキアとの国境近くに位置する小村ホローケーもまた世界遺産の村。トルコ民族の末裔のパローツと呼ばれる人々が暮らしています。

他にもハンガリーは、有名音楽家を輩出した国でもあります。ミュージカルやオペラ、クラシックなどが気軽に楽しめます。ハンガリーグルメではフォアグラで有名。ハンガリーの定番シチューのグヤーシュなど日本人の口に合いやすいです。

また、海外旅行では、ハンガリーは格安航空会社のウィズエアーがあります。ブタペストを拠点にヨーロッパの主要都市やトルコまで数千円で旅行することが可能です。日本ではありえない身軽さで旅行に行けます。折角のハンガリー留学、近隣諸国も知っていろいろな体験をしたいですね。

ハンガリーのワーキングホリデー制度

2017年2月よりハンガリーがワーキングホリデー協定国に参加しました。ワーキングホリデー制度を利用すれば働きながらの滞在が可能です。

ワーキングホリデーのメリットは働きながらの滞在。しかし、ハンガリー語が必要な職も多く、日本語を使う仕事も減っているため、仕事探しが難しいのが難点です。

学生ビザのメリットは、学生割引など学生待遇が受けられること。また、それほど生活費が高くなく、学業のみに専念できるので集中した語学力アップが望めます。

ご自身の目的や期間に合わせて最適なプランを考えましょう。

ハンガリー留学の費用を削減するコツ

さて、ここまでハンガリー留学の費用をご案内してきましたがいかがでしょうか?意外と早くハンガリー留学が実現できそうだと思いませんか?

ここからは、さらにハンガリー留学の費用の削減ポイントを4つ挙げていきます。

費用の安い公立大学への留学を目指す

前述にもありますが、近年ハンガリーの大学への英語留学が増えています。ハンガリーの大学の年間の学費が比較的安いこと。そしてハンガリーの学生、また他のヨーロッパの学生の英語力が高いこともあり英語圏でなくても十分に英語力アップを望めるのが魅力です。中長期の留学を考えている方は語学学校よりも大学留学が断然お得。半年や1年、またコースによっては数か月から大学留学できるものもあるので、希望のコースを確認してみて下さい。

また、学生向けの奨学金制度も要確認!条件に合っていれば留学の費用の負担が激減します。準備次第ではとてもお得なハンガリー留学。利用しない手はありません。

ちなみに正規の学生の場合は、学校から受け取る証明書にて学生割引が利用できることも大きなメリットです。交通定期券があれば例えば、ドナウ川を運行する公共船も平日無料で乗れるので観光にも便利。

ルームシェアやシェアハウスで暮らす

ハンガリーの宿泊費は日本に比べても安いです。ブタペスト市内でもアパートを一人で借りても約5万円。ただ、やはり1人暮らしであれば他の留学生との接点が減ります。シェアハウスやルームシェア、学生寮などを利用することによって、日常生活での語学力アップが魅力的です。しかも家賃が安くなれば言うことなし。毎月必ずかかってくるものなので、節約できればうれしいですね。

ちなみにアパートのシェアハウスやルームシェア探しはネットで簡単です。女性専用物件や条件があったりするので、要確認後、直接見学をして物件を決めます。

自炊をする

ハンガリーの外食は日本に比べても安いです。ただし、それを毎日続けるとなると食費はかさみます。スーパーで買った食材で自炊を始めるにもいい機会です。折角の留学生活、友人たちと協力して料理をするのもいい思い出になります。たまには息抜きにパブやレストランを利用して、自炊できるとこは節約するのが得策です!

留学保険の見直し

留学保険はなんとなくで、決めてしまいがちですが実はいらない補償も入っているかも。留学を決めたら、留学保険も考えてみて下さい。よく補償内容を確認しいらないものを削っていけば、最終的に保険料が安くなるということもあります。再度、留学保険を見直してみて下さい。

保険Times海外保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。留学費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも留学費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

ハンガリー留学まとめ

さてこれまで「東欧のパリ」とも称されるブタペストを中心にご案内してきましたが、ハンガリーにはまだまだ魅力的な街があります。

第2の都市であるデブレツェンやワインで有名なミシュコルツなど。どの街も散歩が楽しくなるような美しい街です。どんな街で何を勉強するのか、ぜひ一度思いを巡らせてみて下さい。

ハンガリーは温泉や歴史など何か日本人に通じるものがあります。ハンガリー留学を通して、別国からのグローバルな視点と日本の魅力の再発見ができればいいですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を