隠れたIT留学の穴場!エストニア留学の費用は一体いくら?留学費用の目安と節約のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

日本ではまだそれほど馴染みがあるとは言えない国エストニア。エストニアは北ヨーロッパのバルト三国の中に位置しており、北海道の6割ほどの国土を有しています。バルト海沿岸にあるエストニアはフィンランドとの距離も約90kmほど位置しています。周辺諸国から支配されていた時代がありますが、1991年にエストニアという独立した国になりました。エストニアはスカイプが誕生した国でもあり、首都タリンは近年観光地としてもじわりじわりと人気が出てきており訪れる人を魅了し続けています。言語はエストニア語が使われていますが英語を話す人も多く、英語で受けられるコースが多いことから留学先の候補としても検討する方が増えています。今回ここではエストニア留学の予算について紹介していきます。また、留学に関して必要になってくる情報やコツも併せてご紹介していきます。

記事のポイントエストニア留学は、1年間エストニアで学校に通学しながら過ごすとなると、場合によっては200万円程度の高額な費用がかかる可能性があります。留学費用を少しでも抑える観点では、学生寮に住む、自炊をして食費を節約するなどが有効でしょう。留学保険に関しては、留学エージェントから25万円/年程度の保険を提示されたものから、保険Timesに相談したことで14万円/年程度に抑えられたという事例が多数あります。滞在費を抑える方法の一つとしてご活用ください。
<<保険Timesへのご相談はこちら>>

エストニアに留学する際に必要になってくる費用を大まかですが見ていきましょう。大別すると、航空券、学費、生活費、留学保険費用などが必要です。留学の期間ごとに1か月・6か月、1年間という3つのパターンにわけて、費用の目安をご紹介します。

1か月のエストニア留学にかかる費用

1か月のエストニア留学にかかる費用は20万円くらいをみておけばいいでしょう。出発する時期によって航空券の金額が大きく変わりますが、エストニアの物価は安いことから学費含めて実際に必要になってくる滞在費用は日本よりも安く感じることでしょう。

 

項目 費用
航空費 8~10万円
学費 4万5千円~5万円
宿泊費 1~4万円
生活費 2~4万円
留学保険費用 1~2万円
合計 16~23万円

 

航空費

日本からエストニアへは残念ながら直行便はありません。必ずどこかの都市で乗り継ぎが必要になってきます。フィンランド航空やロシア経由のアエロフロート、ポーランド航空、トルコのターキッシュエアなどが一般的ですが、フランス経由やオランダ経由なども出ています。エストニアに行く場合は乗り継ぎが必要になってくるとは言え、アクセスは決して悪くはありません。費用の面で言うと利用する時期によって航空券は大きく変動しますが、航空券が安い閑散期は8万円~10万円程度の航空券が見つかります。秋から冬は比較的格安航空券が見つかります。しかし、春から夏にかけてのハイシーズン、GWやお盆などという時期は20万円以上はしますし、航空券の確保が難しくなります。このような点から、航空券の予約は航空券は早い段階からスカイスキャナートラベルコでチェックして、ハイシーズンは避けるようにすると比較的安く航空券は購入することができます。

 

また、エストニアはシェンゲン協定加盟国です。そのため、乗り継ぎがシェンゲン協定加盟国であれば入国審査は乗り継ぎ国で行われるということも頭に入れておくといいでしょう。

学費とおススメの学校

エストニアの公用語はエストニア語です。しかしながら、エストニアは英語が通じやすく、英語が話せれば英語で生活できる国です。このようなことからエストニアで英語を学ぶ人もいます。また、エストニアの大学では英語で受講できるコースもあることから、英語が話せる場合はエストニアに留学という選択も可能になってくるわけです。

 

1か月のエストニア留学にかかる学費は何を学ぶかによってもちろん変わってきますが、エストニアのタリン大学などではサマースクールが開催されているので、サマースクールに通うのも一つの手段です。サマースクールは2週間程度が多いので1か月には満たないですが、英語の語学留学の場合は350~400ユーロ、日本円にすると45,000円~50,000円程度です。また、エストニア語を学ぶ場合は440~500ユーロ、日本円で55,000円~63,000円程度です。

そのほか、IT先進国であるエストニアにはITの短期留学も可能です。こちらもタリン大学でサマースクールなどを実施しており、単位が取れるコースなどもあります。

1.タリン大学

タリン大学はエストニア国内では3番目に大きな大学で、人文系ではエストニアで最も有名な大学です。日本人はおろかアジア人自体が少ないです。サマースクールなどの短期留学の受け入れもあり、英語やエストニア語、ロシア語などの語学留学も可能です。クリエイティブコースや人類学などのコースもあります。英語コースは350ユーロから。

http://summerschool.tlu.ee/courses-2/

 

2.タリン工科大学

IT先進国であるエストニアで高レベルのエンジニアリング、技術研究とイノベーション関連分野に重点を置いているエストニア唯一の国立理系単科大学。工科大学ですが経済学、法学、社会学なども取り扱っている大学です。

https://www.ttu.ee/en/

 

3.タルトゥ大学

エストニア第二の都市タルトゥにある大学。エストニアの名門大学。
https://www.ut.ee/en

 

 

エストニアの物価

エストニアの通貨はユーロですが、物価は安いことで知られています。エストニアの一か月あたりの平均賃金は800~1200ユーロ、日本円にすると10万円~15万円といわれています。しかし、地方都市などでは500ユーロくらいという人も多いので、日本から日本円を持って留学する場合は物価は安く感じることでしょう。

 

エストニアの宿泊費

サマースクールを利用する場合は大学の寮の利用が可能です。その場合の寮は100~150ユーロ(日本円で1万円から1万5千円)ほどです。エストニアの都市部で立地がよい場所ではワンルームで一か月300ユーロほど(4万円弱)ほどするので、寮を利用すればかなり安く滞在できることが伺えます。

 

エストニアの生活費<食費>

エストニアで生活するとなると必要になってくるのが生活費。必ず必要になってくる食事ですが、外食はレストランで簡単な軽食だと大体6ユーロ(日本円で750円)ほど、メイン料理は15ユーロ(1900円)くらいは必要になってきます。エストニアは物価が安い国ではありますが都市部のレストランで外食をする場合は、物価の割には高額と感じるかもしれません。日本ではワンコインで食べられるランチや牛丼、うどんなどもありますが、それよりも高額と言えます。ただし、地元の人が通うようなリーズナブルな食堂もあり、そのような店では比較的安価に食事ができます。

予算を抑えたい場合は、スーパーなどで食材を買ったり自炊する方がいいでしょう。1か月の大まかな食費は150ユーロ(20,000円弱)程度で事足りますが、慣れないうちは多めに見て300ユーロ(40,000円弱)くらいで計算するといいかもしれません。

 

エストニアの生活費<交通費>

エストニアはタリン市民の場合は、公共交通機関がなんと無料です。タリン市民でない場合は無料ではありませんが、それでも交通費は安いことで知られています。タリンの場合ですがタリン市内の交通機関乗り放題のパスがあり、1日乗車券以外に3日、5日、30日間などがあり、30日間有効のパスを購入した場合でも23ユーロ(2900円)程度です。

 

エストニアの留学保険費用

エストニアに留学する場合、短期間であっても保険には必ず加入していきましょう。クレジットカード付帯の保険もありますが、エストニアは基本的に滞在期間をカバーする海外旅行保険の加入が義務になっています。そのため、入国時に保険加入を証明できるような証書の提示を求められることもあるので、証書は必ず用意しておくようにしましょう。保険費用は一か月1万円~3万円です。

 

6か月のエストニア留学にかかる費用

エストニアに6か月という期間にわたって留学する場合は、勉強以外でも生活に少し慣れてアクティビティにも参加したり友達ができたりしていることでしょう。

6か月のエストニア留学で必要になってくる費用は以下になります。

暮らす都市によっても物価や家賃の差があることから幅を持たせた金額になっています。

 

項目 費用
航空費 8~10万円
学費 27~30万円
宿泊費 6~24万円
生活費 12~24万円
留学保険費用 8~20万円
合計 61~108万円

ビザに関する情報

エストニアに90日以上の滞在をする場合は、エストニアの滞在許可が必要になります。エストニアの滞在許可は日本のエストニア大使館から申請も可能です。ただし審査に2か月程度かかることから、事前に準備が必要です。いくつか書類が必要になってくることから、日本にいる間にできるだけ書類を用意し済ませておくことがおすすめです。日本のエストニア大使館は非常に予約等取りにくく、時間もとてもかかります。そのため、早めに準備は進めておくのがいいでしょう。

 

またエストニアへの滞在許可を取得する場合は、エストニアの保険会社との契約が必要になってきます。長期に渡り留学する場合は大学等で保険についての情報を提供しているので参考にしてみるといいでしょう。

 

1年間のエストニア留学にかかる費用

エストニアの大学に通った場合、年間の学費は3000ユーロから5000ユーロ、日本円にすると37万円から65万円ほどです。日本の大学に通うことを考えたらかなり低予算で大学に通えるというのは大きなメリットです。また大学も英語で受講を受けられるコースも多く、英語圏への留学を検討するよりも遥かに低予算で大学に通えます。

大学寮に暮らした場合は寮費や水道光熱費など合わせて2万円ほどで暮らせます。市内で一人暮らしをした場合は5万円ほどかかるのでルームシェアという手段もあります。1年単位で留学する場合は外食も減り、自炊をすることも増えることでしょう。その場合、生活費も異なってきますが、大体の大まかな計算では以下になります。贅沢をしなければ100~130万円程度あれば普通に暮らせることでしょう。

 

項目 費用
航空費 8~10万円
学費 37~65万円
宿泊費 12万円~48万円
生活費 24~48万円
留学保険費用 15~40万円
合計 96~211万円

 

エストニア留学に関する耳より情報

エストニアに留学する際に、出発前は心配も多いことでしょう。ここでは特に気になる治安や言語についてご紹介します。

エストニアの治安

エストニアの治安は決して悪くはありません。比較的安全な国と言えますが、軽犯罪は発生しているので注意が必要です。エストニアの犯罪の多くがタリンで発生しており、中心部などではスリなどの軽犯罪が多いので注意しましょう。公共交通手段の利用時や人が集まる場所などでは貴重品の管理をしっかりとし狭い路地を歩かないなど、最低限の注意を払うようにしましょう。

エストニアの言語

エストニアの公用語はエストニア語ですが、エストニアはソ連時代の影響を受けているので、ロシア語を使用しているエリアもあります。しかし近年では英語が話せてもロシア語は話せないという若者も増えており、英語で授業を受けられる学校もあり、英語が通じやすい国です。また、留学中にお世話になることもある郵便局や役所などでも英語は通じやすいので、エストニア語が分からずとも英語がわかれば生活は可能です。しかしせっかくエストニアにいるのであれば、多少のエストニア語が話せるともっと世界は広がることでしょう。

 

エストニア留学の費用を削減するコツ

学生寮に住む

エストニアに留学する場合、学生寮を利用するのが費用を削減するコツの一つ。学生寮は古い建物であることが多いのですが、内部は改装されており比較的きれいです。学生寮は水道光熱費やWi-fiなどの料金が込みで安く暮らせることから、学生寮を利用するのがおすすめです。

自炊する

エストニアは日本から訪れると物価が安く感じますが、エストニアで生活をしていると外食は決して安いと感じないことでしょう。そのため、外食の回数を減らして自炊すると費用をかなり削減できます。

保険の見直し

エストニアを訪れる場合は短期間であっても海外旅行保険の加入は必須です。その為、短期間の留学であっても保険は必ず加入していきましょう。また、長期の留学の場合はエストニア現地での保険の加入が必須になってきます。さらに不安が残る場合は日本の海外保険に加入していると、何かあった場合に日本語でサービスを受けられることもあるので安心感はあります。ただし、その分長期間になると高額になることでしょう。しかし内容をじっくり確認すると必要ないような項目もあるので、必要ない項目を外すと保険料が安くなるケースも出てくるので、加入する際には何が必要か必要でないかなどをじっくりと検討し、保険の見直しをするのも費用削減のコツです。

 

保険Times留学保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。留学費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも留学費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

まとめ

エスニアの留学費用についてご紹介しました。エストニアはまだまだ日本人が少ないというだけでなく、英語が通じやすい、留学費用が安く抑えられるということから、留学にもってこいの国と言えます。英語で受講できるコースも多く、IT先進国なので、注目度が高まっている国です。今後どんどん留学生が増えていくことでしょう。エストニアは治安は比較的いい国ではありますが、滞在中は保険は必須になります。どのような保険が自分に合っているのかを吟味して、万が一に備えるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を