【デンマーク・ワーキングホリデー】費用と費用削減のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

洗練された、芸術性の高いデザインが特徴のインテリアやファッションブランドを多く輩出する国、デンマーク。カラフルな家々が軒を連ね、オシャレなカフェからは、目の前の川をゆっくりと下る船を見ることができ、人生で1度は住んでみたい国として多くの方に人気があります。そんなおとぎ話に出て来るような国デンマークとは、2007年よりワーホリが開始され、デンマーク語に加え、国民の英語力の高さから英語も同時に学べる唯一の国として知られています。今回は、北欧で最も美しい国の1つ、デンマークでのワーホリにかかる費用をご紹介していきます。

記事のポイントデンマークでのワーホリ費用は、1年間デンマークでワーホリ生活を送るとなると140万円程度の高額な費用がかかります。費用削減のポイントとしてはデンマーク語等はフォルケホイスコーレの講座を利用する、スーパーマーケットを活用して自炊をするといったことが有効でしょう。ワーホリ保険に関しては、留学エージェントから12万円/年程度の保険を提示されたものから、保険Timesに相談したことで6万円/年程度に抑えられたという事例が多数あります。滞在費を抑える方法の一つとしてご活用ください。
<<保険Timesへのご相談はこちら>>

1か月のデンマークワーホリにかかる費用

ワーホリにおける初めの1か月は、生活基盤を整え、文化や言語に慣れる期間となるため忙しい日々が続きますが、ここでしっかりと基盤を整えておけば、後のデンマーク生活を存分に楽しむことができます。書類面などで面倒なことも多いですが、少しずつ着実に進めていきましょう。

 

1か月のデンマークワーホリにかかる費用は、平均で約26万円です。学費、宿泊費、生活費は後でご紹介します「フォルケホイスコーレ」という教育機関に入学した場合の値段です。

項目 費用
航空費 10~15万円
学費 10~15万円
宿泊費 ※学費に含まれています
生活費 ※学費に含まれています
ワーホリ保険費用 1~2万円
合計 21~32万円

※1デンマーク・クローネ=約17.7円(2018年9月29日現在)

 

航空費

日本からデンマークまでの航空費は、10~15万円ほどです。学費が安く抑えられるデンマークワーホリにおいて、この航空費は費用の多くを占めます。冬場の11月~3月と夏前にあたる5月・6月は10~11万円前後で推移しますが、5月の大型連休を目前に控えた4月とお盆休みが重なる8月は14~15万円ほどに価格が上昇します。その他の月は12万円前後が毎年の相場と言えそうです。航空券をお求めの際は、スカイスキャナーやトラベルコといったサイトで、値段、フライト時間、経由地などを比較してから購入されることをお勧めします。

 

学費とフォルケホイスコーレ

社会福祉国家であるデンマークには、「フォルケホイスコーレ」と呼ばれる成人対象(17.5歳以上)の教育機関があり、場所やコース内容にもよりますがだいたい月々平均10~15万円ほどの学費となっており、学校やコースによっては無料というところもあります。ワーホリ参加者の多くは、移民者向けのデンマーク語コースを受講されますが、英語で政治、平和教育、メディアやジャーナリズムなど幅広い専門分野が学べるコースもあります。ただし、この英語で開講されているコースは、専門科目を英語でディベートできるだけの英語力が必要なため、受講を希望される方は、渡航前にできるだけ英語力を高めていく方がよいでしょう。また、フォルケホイスコーレの利点は、学費に宿泊費(全寮制)、生活費(食費)、さらには学校主催の修学旅行費も含まれています。寮生活では、授業外でもデンマーク語や英語を使って生活をするため、語学力アップを図ることができます。

 

宿泊費

フォルケホイスコーレに入学をすれば、その学費に宿泊費が含まれていますが、こちらではアパートを借りた場合にかかる1か月の家賃についてご紹介していきます。デンマークは、世界でも生活費が高い都市の1つとして知られており、調査によっては東京での生活費よりも高いという結果も出ています。そのため、1人でアパートを借りようと思えば、少なくとも10万円はかかります。デンマークでは、学生の多くはルームシェアをしており、上手くルームメイトや部屋を見つけることができれば月々6万円から。ただし、空室率が非常に低いデンマーク(特にコペンハーゲン)でアパートを見つけるのは難しく、渡航後数か月間はフォルケホイスコーレに入学し、その寮に滞在する方が無難と言えそうです。

 

生活費

生活費につきましても、宿泊費同様にフォルケホイスコーレであれば学費に含まれていますが、こちらではアパートで生活をしたことを想定して、それにかかる費用をご紹介していきます。物価が高いと言われるデンマークですが、食費に関しては日本と変わらないか、やや高いくらいで、ニンジンや玉ねぎ、ジャガイモなどの野菜類は1キロあたり170円ほど。豚肉も100グラムあたり100円前後と、自炊を心がけて生活をすれば1か月2~3万円ほどで食費は抑えられそうです。光熱費やインターネット代は家賃に含まれていることが多いので、部屋探しの段階で必ず確認をしましょう。

 

ワーホリ保険費

デンマークでは、滞在許可を取得してから3か月以内、もしくは在住地への滞在を完了した日から5日以内に住民登録手続き及び健康カードの発給申請をする必要があり、手続き終了後約1~2週間でイエローカードと呼ばれるものが郵送されてきます。イエローカードを持っている方は、指定されているホームドクター(かかりつけ医)であれば、ほぼすべての医療を無料で受けることができます。ただし、歯科治療は対象外ですし、ワーホリ保険の補償内容に含まれる、生活面に関わるものも対象外ですので、はじめての海外長期生活が心配という方は、是非ワーホリ保険へ加入してください。1か月のワーホリ保険費は1~2万円です。

保険Timesワーホリ保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。ワーホリ費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでもワーホリ費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

 

6か月のデンマークワーホリにかかる費用

デンマークワーホリは、就労期間が6か月と定められており、このはじめの6か月間は主に語学力向上を目標に学校に通われる方が多いと思われます。また、ワーホリの本来の目的は「休暇」であるため、デンマーク国内をゆっくりと時間をかけて旅行される方もおられます。

 

6か月のデンマークワーホリにかかる費用は、6か月間フォルケホイスコーレに通った場合、平均で76万円です。

項目 費用
航空費 10~15万円
学費 50~60万円
宿泊費 ※学費に含まれています
生活費 ※学費に含まれています
ワーホリ保険費用 7~10万円
合計 67~85万円

 

デンマークワーホリで就ける職業

6か月を過ぎた辺りから、多くの方が仕事を探し始めます。ワーホリ参加者の多くが就くことができる職業としては、以下の3つが挙げられます。

職種 時給 デンマーク語力
日本食レストラン 約1900円~ 中級程度
ヘルパー 約2100円~ 中級~上級
オペア 滞在先によって異なる 中級程度

デンマークは、最低時給が110デンマーク・クローネ(約1900円)と定められています。日本食レストランは時給1900円程度、ご自身のデンマーク語によってはローカルなレストランで雇ってもらえることもあります。福祉国家ならではの仕事と言えるヘルパーは、時給2100円ほど。今後、福祉に携わりたいという方は一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。最後の、オペアは、現地の家庭にホームステイをして、その過程の子どもたちの保育をするみかえりに報酬を受け取る、というものです。時給は滞在先の家庭によって異なりますが、子ども好きな方にとってはピッタリの仕事と言えそうです。

CPRナンバーのメリットと取得方法

デンマークに3か月以上在住する方は、「CPRナンバー」と呼ばれる、いわゆる住民登録番号を申請する必要があります。こちらでは、そのCPRナンバーについてご紹介します。

 

CPRナンバーのメリット

CPRナンバーを取得すれば、銀行口座の開設、携帯電話の契約、給与の受け取り、フォルケホイスコーレへの入学資格などを得ることができます。これらは、デンマークでワーホリをする上で必須のものとなっていますので、現地に到着次第すぐにでも申請を始めましょう。また、このCPRナンバーの申請・取得後、1~2週間で「イエローカード」と呼ばれる健康保障カードが送られてきます。こちらも、医療サービスを受けるためには必ず必要なものですので、大切に保管しておいてください。

 

CPRナンバーの取得方法

CPRナンバーの取得にあたって必要な書類は以下の通りです。

 

・ワーホリビザ

・パスポート

・賃貸契約書または在住許可証

 

最後の「賃貸借契約書または在住許可書」に関してですが、CPRナンバーの登録ができるアパートとできないアパートがあるため注意が必要です。CPR登録ができる物件は、管理側がそれに対する税金を納めなければならないため、合法的にCPR登録をできないようにしているものもあります。部屋探しの際には、「CPR Available」や「CPR Possible」といった文言が明示されている物件を選びましょう。

 

書類が揃ったら、以下の手順で申請をすることができます。

 

・ホームページで申請書をダウンロードする(https://ihcph.kk.dk/

・提出書類のPDFをオンライン上で提出する

・審査後(長くて1か月)確認メールを受信し受け取り日の予約をオンラインで行う

・後日、International Citizen Service Center (ICS)でCPRナンバーを受け取る

 

なお、受け取りの際には、オンライン上で提出した書類の原本が必要ですので、上記の必要書類を忘れずに持って行ってください。また、コペンハーゲン市内の自治体「Frederiksberg」と、北部の「Lyngby-Taarbæk」に在住の方は、それぞれの地区内にある市民サービスセンターへ直接申請しに行く必要がありますので注意が必要です。その他の地域では、原則、オンライン申請が可能となっています。

 

1年間のデンマークワーホリにかかる費用

こちらでは、1年間にかかるワーホリ費用に加えて、6か月働いた場合の予想収入額に関してもご紹介します。

 

1年間のデンマークワーホリにかかる費用は、平均で142万円です。学費については6か月間フォルケホイスコーレに通った場合の費用。宿泊費と生活費は、後半6か月間にかかるアパートやその他の生活費用を表しています。

項目 費用
航空費 10~15万円
学費 50~60万円
宿泊費 36~48万円(アパート6か月)
生活費 12~18万円
ワーホリ保険費用 15~20万円
合計 123~161万円
収入 約90~100万円(月80時間労働)

時給が高いデンマークでは、できるだけ安いアパートを見つけ、生活費も抑えれば、ワーホリ全体にかかる費用をゼロにすることも不可能ではありません。

 

ワーホリビザの取得

ワーホリ参加にはかかせないビザですが、色々と複雑なため、初めて申請される方にとっては不安要素が多くあります。以下に、ビザ申請要件と、必要書類をまとめていますので、参考にしてみてください。

 

ビザ取得要件

ワーホリビザを取得するためには、各国が定めた要件をクリアしている必要があります。デンマークのワーホリビザ取得要件は以下の通りです。

 

・日本国籍を持ち、申請時に日本に在住していること。

・主な滞在目的が休暇であること。

・申請時の年齢が18歳以上~30歳以下であること。

・原則、親族の同伴は不可(独自のビザや居住許可証を持っていれば可)。

・過去にデンマークのワーホリビザを取得したことがないこと。

・有効なパスポートを所有していること。

・往復航空券または、復路の航空券を購入できる資金を有していること。

・滞在資金15,000クローネ(約265,500)を有していること。

・健康かつ犯罪歴がないこと。

 

申請書類

デンマークのビザを取得するには、在日デンマーク大使館の窓口かオンラインで申請することが可能です。申請時には、以下の書類をご用意ください。また、記入は全てデンマーク語か英語となります。

(オンライン申請はこちらから:https://www.nyidanmark.dk/en-GB

 

・ビザ申請書(大使館のホームページからダウンロード)

・パスポート

・パスポートの全ページのカラーコピー1部

・証明写真(パスポートサイズ1枚)

・預金残高証明書(英文で15,000デンマーク・クローネ相当の金額があること)

・往復航空券(往復航空券が購入できだけの資金証明ができれば、それでも可)

 

デンマークワーホリでのトラブル

海外で長期滞在するにあたって気になるのが、現地で起こり得るトラブルです。日本ではあまり経験することのないトラブルが海外では起こります。特に、留学生やワーホリ参加者が被害に遭いやすいトラブルをご紹介します。

 

治安の問題

デンマークは、世界でも有数の安全な国として知られており、その安全度はランキングにおいて日本をしのぐほど。ただし、そんな安全な国デンマークであっても、問題を抱えているのは事実です。近年は、若者による薬物中毒者の増加や、特にコペンハーゲン内でのギャング同士の抗争が問題となっています。日中の大通りであれば、心配することはありませんが、夜中の外出や人通りの少ない通りを一人歩きするなどは控えましょう。また、観光地では置き引きやスリなどの被害も報告されていますので、私物からは目を離さないようにしてください。

 

アパートのデポジット詐欺

もう1点気を付けておきたいのが、アパートに関する詐欺トラブルです。デンマークでは、アパートを契約する際にデポジットと言われる、日本の敷金のようなものを支払います。空室率の低いデンマークでは、このデポジットを使った詐欺があり、「部屋の予約が込み合っており、デポジットを支払った方から入居していただけます。」といったメールで支払いをせかし、結局そのアパートは実在しない、といった詐欺が報告されています。そういった詐欺は、①デポジットを最も早く支払った方が入居できる、②メールの返信がかなり早い、③Emergency(緊急)などといった文言で支払いをせかす、などの特徴があります。少し怪しいと思った場合は、一旦プロセスを止めて、友人や学校の先生などに相談してみましょう。

デンマークワーホリの費用を節約するコツ

最後に、デンマークワーホリにかかる費用を削減するコツをご紹介します。デンマークは物価が非常に高く、節約できるところでは、できるだけ節約したいもの。生活面やワーホリビザならではの節約方法ですので、参考にしてみてください。

 

食費を節約する

デンマーク生活で最も節約に繋がるのは、食費の削減です。すでにご紹介したように、物価が高いデンマークですが食材は日本と変わらないか、少し高いくらいです。しかし、その値段もスーパーマーケットによって様々。NETTOやfakta、REMA 1000、føtexなどの大手スーパーマーケットは有名で、毎週各スーパーがセールを行うため、それぞれの価格を確認しできるだけ安く食材を購入すれば、食費を節約することができます。また、全体的に値段がやや高めとされているIrmaというスーパーマーケットは、果物が比較的安く、場所や物によって値段は様々なので、時間がある時にゆっくりとスーパーマーケットを回ってみてもいいかもしれません。

 

できるだけ長く学校に所属する

ワーホリ先の国の多くは、就学期間と就労期間がそれぞれ定められているところが多いですが、デンマークは6か月の就労期間が定められているだけで、就学期間に関することは明記されていません。そのため、勉強をメインに行かれる方は、できるだけ長くフォルケホイスコーレに在籍した方が費用を安く抑えられます。ワーホリと言えば、現地の仕事を体験できる制度として人気ですが、勉強期間と割り切って行ってみるのもいいかもしれません。

 

保険の見直し

最後は、ワーホリ保険の見直しです。デンマークは、住民登録をすることで歯科治療を除くすべての医療費が無料で受けられますが、盗難や持ち物の損害を補償してくれるワーホリ保険は、安心した生活を送るためには必要です。しかし、フルカスタムされたワーホリ保険は高くなってしまいます。そこで、ワーホリ保険をご自分に合わせた保険にカスタマイズされることをお勧めします。カスタマイズすることで、かなり保険費を抑えることができ、また、足りないと思う補償項目を追加することもできます。加入前には必ず、保険の見直しをしましょう。

 

まとめ

芸術性に富んだ国、デンマークでのワーホリ費用に関する情報はいかがでしょうか。北欧の中でも特に美しい町並みを誇り、安全で社会福祉の面からも非常に過ごしやすい国であるデンマークは、ワーホリ参加者数の上限を設けておらず、非常にお勧めのワーホリ先の国です。また、格安で、かつ英語で専門分野を学べるなど、英語圏の国でのワーホリとは一味違った魅力も持ち合わせており、知れば知るほど魅力がある国でもあります。オシャレな建物に囲まれた、ゆったりとしたワーホリ生活をここデンマークで過ごされてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を